新型ジェイド マイナーチェンジ

新型ジェイド マイナーチェンジ!5人乗りRSモデル追加でイメージを一新

ホンダの新型ジェイドが2018年5月18日にマイナーチェンジします。新型ジェイドには中国で販売されている5人乗り仕様が追加されます。ヘッドライトにはレジェンドやシビック タイプRに装備されるジュエルアイLEDが追加、先進的なエクステリアへ生まれ変わります。アップグレードされるホンダセンシングにも注目です。

新型ジェイド マイナーチェンジ!5人乗りRSモデル追加でイメージを一新

2018年5月18日ジェイドがマイナーチェンジ!ゆとりの空間を持つ5人乗りモデルRSを追加

ホンダの最高級ミニバン オデッセイとステーションワゴンのストリームを統合した車種として2013年に中国、そして2015年2月13日に日本で販売開始されたのがジェイドです。
日本投入当初はハイブリッド専用車でしたが、同年5月28日にガソリンモデルが販売されました。

同クラスにはSUVのヴェゼル、ミニバンのフリード、ステーションワゴンのシャトルがあるためどうしても影に隠れている車種で、販売価格の高さからも販売台数は振るいません。
日本国内では販売終了の声も聞こえる中、2018年5月18日にマイナーチェンジを行い販売開始されました。

今回のマイナーチェンジでは3列6人乗りモデルの「RS・Honda SENSING」「HYBRID RS・Honda SENSING」「G・Honda SENSING」を2列目スペースに余裕がある2列5人乗りモデルへ仕様変更しました。
また歩行者事故低減ステアリング機能を新たに追加した予防安全技術「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全グレードに標準装備しています。

新型ジェイドに中国で販売中の5人乗り仕様が追加

新型ジェイドの6人乗り仕様3列6人乗りモデルの新型ジェイド

新型ジェイドの5人乗り仕様マイナーチェンジで仕様変更され追加された2列5人乗りモデルの新型ジェイド

ジェイドは中国でも販売されている世界戦略車です。中国仕様と日本仕様には違いがあり、中国仕様には2列シートの5人乗りモデルが存在します。
元々ジェイドの3列目シートは大人が乗るには少し狭いため、荷室を広くとるためのものとして割り切っている方が多くいました。

2×2×2という特殊なシート構造で、2列目のキャプテンシートを目当てにする方もいるほど、一定のファンを獲得しましたが、それ以上に5人乗りモデル追加の要望が増えたため、今回のマイナーチェンジで待望の5人乗りモデル追加になりました。

中国仕様車で5人乗り仕様があるので、そのまま逆輸入という形をとりマイナーチェンジのタイミングで日本投入となります。
従来の6人乗りモデルは継続販売されるため、6人乗り、5人乗りの2つのラインナップから選ぶことができます

新型ジェイドはフルLEDヘッドライトを装備

新型ジェイドのフルLEDヘッドライト新型ジェイドはヘッドライトとフォグランプをLED化してシャープな印象に

新型ジェイドのマイナーチェンジでは5人乗りモデルの追加の他に、エクステリアの変化にも注目されています。

ホンダのフラッグシップセダン レジェンドやFF最速のホットハッチ シビックタイプRなど上級車種に搭載されているフルLEDヘッドライトを装備します。

新型ジェイドのアルミホイール新たにデザインされた18インチのRS専用アルミホイール

新型ジェイドのフロントビューマイナーチェンジでRSのフロントグリルにハニカムメッシュを採用 フォグランプもインラインライプに変更された

RSのフロントバンパーの左右に配置されるフォグランプは横長のインラインタイプのLEDに変更されています。
フロントグリルにはハニカムメッシュを採用、新たにデザインされた専用の18インチアルミホイールも魅力的です。

ブラックルーフを採用した2トーンカラーを新設定

新型ジェイドのマイナーチェンジに合わせてブラックルーフの2トーンカラーが新たに6色設定されました。
ボディを引き締めてくれるブラックルーフはスポーティな印象の強い新型ジェイドにピッタリの配色なので人気カラーになるでしょう。

その他にも新たに追加された3色のボディカラーなど、全13色のラインナップを紹介します。

プレミアムクリスタルオレンジ・メタリックの新型ジェイド プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック(59,400円高・新色)

プラチナホワイト・パールの新型ジェイド プラチナホワイト・パール(37,800円高・新色)

プレミアムクリスタルレッド・メタリックの新型ジェイド プレミアムクリスタルレッド・メタリック(59,400円高・新色)

コバルトブルー・パールの新型ジェイド コバルトブルー・パール

モダンスティール・メタリックの新型ジェイド モダンスティール・メタリック

スーパープラチナ・メタリックの新型ジェイド スーパープラチナ・メタリック(37,800円高)

クリスタルブラック・パールの新型ジェイド クリスタルブラック・パール

プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック&ブラックルーフの新型ジェイド プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック&ブラックルーフ(118,800円高)

プラチナホワイト・パール&ブラックルーフの新型ジェイド プラチナホワイト・パール&ブラックルーフ(97,200円高)

プレミアムクリスタルレッド・メタリック&ブラックルーフの新型ジェイド プレミアムクリスタルレッド・メタリック&ブラックルーフ(118,800円高)

コバルトブルー・パール&ブラックルーフの新型ジェイド コバルトブルー・パール&ブラックルーフ(70,200円高)

モダンスティール・メタリック&ブラックルーフの新型ジェイド モダンスティール・メタリック&ブラックルーフ(70,200円高)

スーパープラチナ・メタリック&ブラックルーフの新型ジェイド スーパープラチナ・メタリック&ブラックルーフ(97,200円高)

ホンダセンシングがグレードアップし機能が追加

ジェイドのホンダセンシング

マイナーチェンジに伴い新型ジェイドのホンダセンシングがグレードアップします。

  • ACC(アダブティブ・クルーズ・コントロール)が全車速対応
  • 歩行者事故低減ステアリング機能の追加

新型ジェイドの価格帯としてはやや貧弱だったホンダセンシングの機能が強化され、同価格帯以上の安全装備を備えることとなります。
特にACCの全車速に対応したホンダの車種はレジェンドとアコードのみとなっているので、大きな魅力を備えました。

マイナーチェンジ後の新型ジェイドのスペック

新型ジェイドのパワートレイン

ジェイドにはハイブリッドモデルとガソリンモデルがあります。
中国市場でも販売されるジェイドはガソリンモデルのみですが、日本でも販売されるモデルはハイブリッドモデルとガソリンモデルが用意され、販売価格は2,398,680円~3,088,800円の価格帯となっています。

RSには「全開加速ステップアップシフト制御」や「ブレーキ時ステップダウンシフト制御」を追加した専用セッティングで、伸びのある加速フィールを楽しむことができるよう進化しました。
ハイブリッドモデルではSPORT HYBRID i-DCD(スポーツハイブリッド i-DCD)の制御を見直しレスポンスが向上しています。
また全グレードでパドルシフトを標準装備してよりドライバーが楽しめる車に生まれ変わりました。

マイナーチェンジ後の代表的なモデルとなる、2列5人乗りRS・Honda SENSINGガソリンモデルのスペックと、全グレードの価格一覧を紹介します。

RS・Honda SENSINGのスペック
RS・Honda SENSING
全長 4,660mm
全幅 1,775mm
全高 1,530mm
室内長 2,200mm
室内幅 1,505mm
室内高 1,230mm
ホイールベース 2,760mm
最低地上高 150mm
最小回転半径 5.7m
車両重量 1,450kg
総排気量 1.496L
最大出力 110kW(150PS)5500rpm
最大トルク 203Nm(20.7kgm)1600rpm-5000rpm
乗車定員 5名
JC08モード燃費 17.6km/L
ボディカラー 13色
価格 2,558,520円~
グレード シート 販売価格
新型ジェイドの価格一覧
G・Honda SENSING 2列5人乗り 2,398,680円~
RS・Honda SENSING 2列5人乗り 2,558,520円~
X・Honda SENSING 3列6人乗り 2,748,600円~
HYBRID RS・Honda SENSING 2列5人乗り 2,898,720円~
HYBRID X・Honda SENSING 3列6人乗り 3,088,800円~

ジェイドが販売終了するという噂の真相

新型ジェイドのリヤビュー

前モデルのジェイドが2017年10月にオーダーストップし「ジェイドが販売終了するのではないか」という噂もありました。
また、新型シビックハッチバックに統合されるのではないか、という意見もありました。

確かに販売台数が伸びずホンダの車種の中でも影が薄いジェイドは、他メーカーにも強力なライバルがひしめく中で戦っています。そのため販売終了や統合の話が出ても不思議ではありません。

しかし実際には販売終了することはありませんでした2015年から販売されているジェイドは2018年で3年目となりマイナーチェンジのタイミングが来た、ということで一時的にオーダーストップがかかっていただけで2018年5月18日に待望のマイナーチェンジを迎えます。
ジェイドは2列目がキャプテンシート、クラストップレベルの燃費性能という個性も持ち合わせています。加えて中国で販売しているグローバルモデルです。

ホンダ公式から2018年5月18日にマイナーチェンジと発表されたため、販売終了の噂のあったジェイドは販売継続されることになりました。

新型ジェイドは5人乗りモデル追加で大ヒットモデルになるか

ジェイドはミニバンとステーションワゴンの中間クラスですが、ミニバンにしてはスライドドアを搭載せず、3列目があるためステーションワゴンにしては狭い車内となっていました。
中途半場な立ち位置にあるジェイドですが、乗り味は高評価されています。

5人乗りモデルを追加することで燃費性能も向上し24.2km/Lを達成し低燃費なステーションワゴンとして登場したため大ヒットを予感させます。
2018年5月18日のマイナーチェンジ後の販売台数にも注目しましょう!