eKワゴンの内装

eKワゴンの内装は安全装備が強化されグレードアップ!収納力も高くて実用的

eKワゴンの内装にはアイボリーとブラックのインテリア、シートはスエード調のトリコットとファブリックを採用。三菱新型eKワゴンはドライバーが運転しやすいコックピット環境で、安全性を強化しアクティブスタビリティコントロールやブレーキアシストなどの様々な先進安全機能を標準装備しています。

eKワゴンの内装は安全装備が強化されグレードアップ!収納力も高くて実用的

三菱の新型eKワゴンの内装はどう変わった?コックピットやシートデザインを紹介

2019年3月28日にフルモデルチェンジし、4代目を迎えたMITSUBISHIの新型eKワゴンの内装を紹介します。新型eKワゴンは内装・外装の質感をアップし、従来モデルよりもさらにスタイリッシュに生まれ変わりました。

大きく進化した新型eKワゴンの内装を、コックピット・シート・安全性能・荷室スペース・収納などに注目して掘り下げていきます。従来型からインテリアがどのように変化したのか詳しく見ていきましょう。

新型eKワゴンのコックピット設計はすっきりとシンプルなデザインで運転しやすい

新型eKワゴン M(上)とG(下)のコックピット画像4代目となる新型eKワゴンのMとGのコックピット画像

MITSUBISHI新型eKワゴンは標準仕様のMと上級グレードのGの2グレード構成となっています。それぞれのコックピットを見比べてみると、エアコンやインパネ周り以外はさほど違いは見受けられません。チルト機構付きのウレタン製ステアリングホイールが標準装備されています。

新型eKワゴンのメーターとマルチインフォメーションディスプレイはっきりくっきりと見やすい新型eKワゴンのメーターとマルチインフォメーションディスプレイ

メーターは両グレードともコンビメーターで、視認性の高いデザインです。スピードメーターとタコメーターの間に配置されるマルチインフォメーションディスプレイには、低燃費運転を支援する車両情報のほか、メンテナンス情報やタイヤアンクルガイドなど多彩な情報を映し出します。

新型eKワゴン Gモデル標準装備のフルオートエアコンフルオートエアコンは新型eKワゴンのGモデルにのみ標準装備される快適装備

タッチパネル式で直感的な操作が可能となったフルオートエアコンは、Gグレードに標準装備されています。乗員にとって快適な車内温度をキープします。

新型eKワゴン ディーラーオプションのオリジナルナビゲーション大型ディスプレイで見やすいオリジナルナビゲーションはディーラーオプション品

オリジナルの9インチナビゲーションはディーラーオプションでMとGどちらにも装着可能です。マルチアラウンドモニターの映像も鮮明に映し出します。

新型eKワゴン Gグレードのマルチアラウンドモニターメーカーオプションで新型eKワゴンのGグレードに装着可能なマルチアラウンドモニター

マルチアラウンドモニターは新型eKワゴンのGモデルに装着可能な機能です。歩行者や自転車などを検知する移動物検知機能が付いています。

新型eKワゴンのデジタルルームミラー明るく鮮明な映像を映し出し安全運転をサポートするデジタルルームミラーは特に注目したい装備

マルチアラウンドモニター表示機能付デジタルルームミラーは軽自動車としては初採用となります。マルチアラウンドビューモニターと同様、メーカーオプションでGにのみ装着できます。

高速道路を走行中の新型eKワゴンのイメージイラストMI-PILOT機能はステアリングスイッチで使えるため走行中の操作も簡単

高速道路でのドライブを快適にするMI-PILOT(マイパイロット)は、Gグレードにメーカーオプションで装備可能となっています。MI-PILOTにはアダプティブクルーズコントロールと車線維持支援機能の2つの機能が含まれます。

三菱新型eKワゴンの内装シートはナチュラルでおしゃれなファブリックを採用

eKワゴンのファブリックシート明るい室内空間にマッチするおしゃれなファブリックシートを標準装備した現行型eKワゴン

新型eKワゴンのシートデザインはGとMで共通しており、ブラウン×アイボリーのファブリックシートが設定されています。ドアトリムにもシートと同じアイボリーカラーを採用し、ナチュラルで居心地の良い空間を演出。男性も女性も親しみやすいデザインです。

MITSUBISHI新型eKワゴンは政府が推奨する「サポカー S ワイド」対象車

新型eKワゴンの先進安全システム新型eKワゴンはサポカー S ワイドに該当する先進安全システムを標準装備している

新型eKワゴンは「サポカー Sワイド」としてその安全性が認められています。先進安全パッケージe-Assistをはじめ、以下の安全装備を全車に標準装備しています(Safetyレスパッケージを選択した場合を除く)。

  • 衝突被害軽減ブレーキシステム
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • 車線逸脱警報システム
  • 車線逸脱防止支援機能
  • オートマチックハイビーム
  • オートライトコントロール
  • フロント3点式ELR付シートベルト
  • リヤ3点式ELR付シートベルト
  • シートベルト非着用ウォーニング
  • ソナー(フロント×4、リヤ×4)

走行中だけでなく、駐車場での事故などを見越した踏み間違い衝突防止アシストなどの装備も用意されています。あらゆるシーンでのヒヤリハット・事故を減らし、ドライバーや同乗者、車両本体をしっかり守ります。

新型eKワゴンのラゲッジルームには大きめの荷物も余裕で積載可能

リアゲートを跳ね上げ、ラゲッジスペースにスーツケースを縦に積んだ新型eKワゴンのリアビューMITSUBISHI新型eKワゴンには大きなスーツケースなども積載できる

見た目は非常にコンパクトな新型eKワゴンですが、ラゲッジスペースは広々としていて買い物や旅行でも大活躍してくれます。地上高はおよそ655mmと低床のため、荷物の積み下ろしもラクラク行えるのもポイントです。

ラゲッジアンダーボックスを使ってベビーカーを積載したeKワゴンのラゲッジスペースラゲッジアンダーボックスを使えば高さのある荷物も積むことができる

三菱eKワゴンの2WD車にはラゲッジアンダーボックスを標準搭載しています。これにより、ベビーカーのように高さのある荷物も安定して乗せられます。

後部座席のリクライニングやスライド操作のイメージ後部座席のリクライニングやスライド等の操作もラクラク

eKワゴンのGグレードには後部座席の肩口にスライドレバーを標準装備しており、荷室の拡大操作がスムーズに行えます。リアシートは分割可倒式のため、自由自在にシートアレンジが可能です。

eKワゴンは収納スペースも豊富でユーティリティの高い作り

新型eKワゴン室内に接地された収納ポイントの数々新型eKワゴンにはドライバー席からでも余裕で手の届く収納ポイントがたくさん設置されている

運転席から手の届きやすい場所に、便利な収納スペースを多数配置している新型eKワゴン。ドリンクホルダーや引き出し式のセンタートレイ、アンダートレイなどが用意されています。

三菱新型eKワゴンドアに設置された収納ポケットとドリンクホルダーかさばる車検証も三菱新型eKワゴンならスッキリと収納できる

車検証のような重要書類はかさばるので保管場所に困るものですが、eKワゴンなら専用のスペースがあるので安心です。その横にはペットボトルホルダーが設置されています。

eKワゴン助手席に設置された収納ポイントの5例eKワゴンは助手席の収納も豊富なため、大切な人とのドライブも快適に楽しめる

新型eKワゴンは助手席側の収納も豊富です。オープントレイや最大耐荷重3kgのコンビニエントフック、引き出しタイプのシートアンダートレイなどがあります。

新型eKワゴンの内装は従来型よりもさらに便利な実用的デザインに進化した

MI-PILOTやe-Assistなどの先進感あふれる機能がプラスされたことにより、さらに便利で乗りやすいモデルへと進化した新型eKワゴン。内装シートやインパネ周りのデザインもスタイリッシュに刷新され、車を運転するのが楽しくなる作りとなっています。荷室の広さやシートアレンジの多彩さにおいても優秀です。
多くのメーカーが競合する軽自動車市場においても、順調に女性を中心にファン層を拡大していくことが予想されます。