クラウンのモデルチェンジ

新型クラウンがモデルチェンジでクーペスタイルに進化して燃費もクラストップレベルに

クラウンのフルモデルチェンジは、2018年6月26日に行われ新しい価格帯は4,691,500円からです。クーペ風のスタイリングで、キリッとしたヘッドライトながら上品なデザインの新しいクラウンに期待が高まります。

新型クラウンがモデルチェンジでクーペスタイルに進化して燃費もクラストップレベルに

フルモデルチェンジした新型クラウンの発売日は2018年6月26日!価格帯・搭載装備・燃費を紹介

フルモデルチェンジした新型クラウンの発売日は、2018年6月26日です。新型コンパクトハッチバックのカローラスポーツと同時に発表・発売され、どちらも初代コネクティッドカーとして鮮烈なデビューを飾っています。

新型クラウンに搭載されるトヨタセーフティセンスP

次期クラウンの搭載装備は、アルファードなどに搭載される安全装備「トヨタセーフティセンスP」の次世代型を搭載し、自動車だけではなく歩行者も検知可能な自動ブレーキや車線逸脱警報の他に、オートマチックハイビームやレーダークルーズコントロールを備えています。
また次期クラウンはトヨタが推進するコネクティッドカーの第1号車種の側面もあるため、レクサスにも搭載されている通信装備のDCMを備えたこと、ナビゲーションシステムが全グレードで標準装備されることから車両価格は少し上昇しています。

新型クラウンの車両価格
2.0L ターボモデル
B 4,691,500円~
S 4,834,500円~
S Cパッケージ 5,032,500円~
RS B 5,093,000円~
RS 5,280,000円~
RS アドバンス 5,698,000円~
G 5,516,500円~
2.5L ハイブリッドモデル
S 5,071,000円~
S Cパッケージ 5,252,500円~
RS 5,516,500円~
RS アドバンス 5,907,000円~
G 5,725,500円~
S Four 5,291,000円~
S Four Cパッケージ 5,472,500円~
G Four 5,945,500円~
G エグゼクティブ Four 6,440,500円~
RS Four 5,736,500円~
RS アドバンス Four 6,127,000円~
3.5L マルチステージハイブリッドモデル
S 6,352,500円~
RS アドバンス 7,034,500円~
G エグゼクティブ 7,320,500円~
新型クラウンのJC08モード燃費
パワートレイン グレード 燃費
2.0L ターボモデル 全グレード 12.8km/L
2.5L ハイブリッドモデル S 24.0km/L
S Cパッケージ
G
G エグゼクティブ Four 20.8km/L
RS 23.4km/L
RS アドバンス
RS アドバンス Four 21.0km/L
RS Four
G Four
S Four
S Cパッケージ Four
3.5L マルチステージハイブリッドモデル S 18.0km/L
RS アドバンス
G エグゼクティブ 17.8km/L

新型クラウンはレクサス並みの装備と最新技術を搭載していることを考えると、そこまで高価な車というイメージはなく、最新技術が全て揃ったお手頃な車になったと言えます。
中でもマジェスタの後継にあたる、3.5Lマルチステージハイブリッドエンジンを搭載したモデルは、レクサスのフラッグシップセダンのLSにも搭載されているパワートレインと同一です。

LS500hのバージョンL 2WDの車両価格が14,600,000円~というのを考えると、次期クラウンの3.5Lマルチステージハイブリッドモデルの最上位グレードパッケージのベースグレードG Executiveの車両価格7,187,400円はとてもお買い得な価格に見えてきます。

初代コネクティッドカーとして登場した新型クラウン

トヨタ新型クラウンのオペレーターサービスレクサスに導入されている24時間365日オペレーターと繋がるサービスを用意

新型クラウンは車載通信機DCMを全てのグレードに標準装備しています。これにより24時間365日「車と人が繋がる」ことが可能になり、安心で快適なサービスを提供できるとしています。

新型クラウンのコネクティッド機能

  • 遠隔で走行アドバイスや車両診断が受けられるeケア
  • 24時間365日繋がるオペレーターサービス
  • 遠隔でも車の状況を操作・確認できるマイカーSecurity
  • 車同士が通信して見えない危険をお知らせするITS Connect
  • 車がお友達になるLINEマイカーアカウント

車と人を繋ぐ初代コネクティッドカーとして誕生した新型クラウンはLINEマイカーアカウントなど新機能が満載です。新型クラウンは安心で楽しいカーライフの未来の形を示しています。

注目度抜群!発表前には新型クラウンのバックオーダーは4万台を超えるという情報もあった

2018年6月26日にモデルチェンジを発表した新型クラウンのバックオーダー(先行予約受注)が4万台を超えるという情報がありましたが、トヨタが発表した発売後1か月の受注は約3万台になりました。
今回のモデルチェンジで今までロイヤル、アスリート、マジェスタという車種があったクラウンを統合しているため、既存の顧客を新型クラウンに上手く誘導できた形になったのだと考えます。
次世代のプラットフォームに変更し、室内空間を広く乗り心地を進化させたことで、商品力を強化したことも先行予約受注数に繋がっているのでしょう。

トヨタを代表するハイブリッドカーの4代目プリウスが発売前の予約が6万台、発売1か月で10万台を受注しています。
新型クラウンはプリウスとはセグメント(車格)が違うため一概に比較できませんが、高級車の代名詞とも言えるクラウンがプリウスに迫る約3万台の先行予約受注を獲得したのは驚きの状況です。

トヨタのフラッグシップモデルである新型クラウンが遂にモデルチェンジ

もともとトヨタのフラッグシップモデルであったセルシオがレクサスディーラーの展開によってレクサスLSとなってからは、クラウンマジェスタ・クラウンロイヤル・クラウンアスリートがトヨタブランドのフラッグシップセダンを担ってきました。

上品で落ち着いた日本的なデザインに加え、先進装備も充実した新型クラウンは2018年6月26日に発表・発売され、4,691,500円からの価格帯になっています。
フルモデルチェンジされたクラウンは、次の時代のスタンダードになる車種です。新たなステージへと進む新型クラウン今後に期待です。