トールのマイナーチェンジ

トールのマイナーチェンジでスマアシ3がアップデート!特別仕様車も設定された

トールのマイナーチェンジは2018年11月1日に行われスマートアシスト3が標準装備になるなど、安全面に関するアップデートが行われました。特別仕様車のリミテッドも設定され、シートヒーターを装備するなど快適性が高まっています。

トールのマイナーチェンジでスマアシ3がアップデート!特別仕様車も設定された

トールが2018年11月1日に一部改良のマイナーチェンジが入りスマアシ3を標準装備

ダイハツから販売されているコンパクトトールワゴンのトールは、2016年11月に販売を開始し着実に販売台数を伸ばしているコンパクトカーです。ダイハツのほかにもトヨタやスバルにOEM供給していて、トヨタではタンク・ルーミーとして、スバルではジャスティという名前で販売されています。

トールには発売してから1度もマイナーチェンジが入っていませんでしたが、2018年11月に一部改良のマイナーチェンジが入りました。その内容はスマートアシスト2がスマートアシスト3になる、前後ソナーを装備しぶつかりそうな時は音で知らせてくれるコーナーセンサーを標準装備しています。

ほかにも、GとカスタムGの2種類に特別仕様車のリミテッドを設定し、コンフォータブルパックやパノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパックの2つが特別装備されます。

さっそく、新型トールのマイナーチェンジや設定された特別仕様車の内容、スペックや価格帯などをチェックしていきましょう。

新型トールの安全装備はスマートアシスト2からスマートアシスト3へ進化

新型トールのエクステリアトールのスマアシ3を装備して自動ブレーキ対象が歩行者にも拡大された

新型トールになってアップデートされた安全装備のスマートアシスト3は、自動ブレーキの作動範囲が車両だけではなく歩行者にも拡大しています。被害軽減ブレーキアシスト機能は、対車両の場合は時速約30kmから80kmの間、対歩行者の場合は時速約30kmから50kmで作動します。

ブレーキアシストのほかにも、車線逸脱警報機能や前方・後方の誤発進抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能、オートハイビームの機能が搭載されています。

スマートアシスト3の搭載装備

・被害軽減ブレーキアシスト機能(対車両・対歩行者)
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能(前方・後方)
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム

新型トールのソナー

ほかにも、フロント4か所・リア4か所の合計8か所あるソナーが障害物と車両との距離を測り近づきすぎていると警報で教えてくれるコーナーセンサーを標準装備していて、狭い場所への駐車などでぶつける可能性が低くなります。

スマートアシスト3やコーナーセンサーはXを除く全グレードに標準装備されていて、Xグレードではメーカーオプションでも設定されていないため装備することができない点に注意が必要です。

新しいトールに設定された特別仕様車のリミテッドはパノラマモニターを標準装備し便利に

2018年11月1日のマイナーチェンジで追加された特別仕様車のリミテッドは、Gグレード・カスタムGグレードの2種類をベースにした車です。Gリミテッドのインテリアには、カスタムGリミテッドに採用されているメッキインナードアハンドルやピアノブラック塗装、シルバー加飾が施されていて豪華な内装になっています。

リミテッドの特別装備は、通常モデルではメーカーオプションとなっている「パノラマモニター&純正ナビ装着用アップグレードパック」と「コンフォータブルパック」の2つが搭載されています。

新型トールのパノラマモニター

パノラマモニター・純正ナビ装着用アップグレードパックは、前後左右に取りつけられたカメラの映像をそれぞれ表示し、自車を上から見下ろしているかのようなイメージで駐車などを行うことができます。コンフォータブルパックは、運転席と助手席にシートヒーターとシートバックテーブルを装着できるパッケージで、座面と腰付近を温めてくれます。

新型トールのシートヒーターとドリンクホルダー

冬の寒い時期は暖房をかけてもエンジン始動直後は冷たい風が出てくるばかりで暖まりませんが、シートヒーターを併用することでそこまで寒い思いをすることなく運転できます。

また、運転席と助手席のシートバックにはテーブルが装着されていて、食べ物や飲み物を置くことができるため車内で食事をするときにも便利です。ショッピングフックも装備されているためコンビニで購入した食事をそのまま下げておくこともできます。

どちらの特別仕様車もGとカスタムGをベースとしているため、2WDと4WDが用意されていて冬は雪が積もるため4WDじゃないと不安と思う人にも安心して選ぶことができます。

新型トールリミテッドの価格帯
2WD 4WD
G リミテッドSA3 1,738,800円 1,911,600円
カスタムG リミテッドSA3 1,884,600円 2,057,400円

マイナーチェンジされたトールのスペック 販売価格は1,463,400円からで燃費は24.6km/L・ターボモデルは21.8km/L

新型トールとトールカスタムのエクステリアトールは5ナンバーのコンパクトカーで広い室内とスライドドアを搭載した使い勝手の良さが支持されている

2018年11月1日にマイナーチェンジし一部改良が施されたトールは、ダイハツが販売するコンパクトカーで高さがあるトールワゴンです。普通車のため乗車人数は5人乗りで、1リッターターボエンジンまたは1リッターNAエンジンを積んだ経済的な車です。

ボディサイズは全長3,700mm・全幅1,670mm・全高1,735mmの5ナンバーサイズで、ブーンと同クラスのサイズ感です。カスタムグレードでは全長が少し伸びて3,725mmになっています。最低地上高は130mmで4WDモデルでも同様です。

新型トールのボディサイズ
全長 3,700mm(3,725mm)
全幅 1,670mm
全高 1,735mm
ホイールベース 2,490mm
最低地上高 130mm
車両重量 1,355kg~1,405kg

搭載するエンジンは1.0Lの自然吸気とターボエンジンの2種類で、1.0Lモデルは軽自動車のターボモデルくらいの出力、1.0Lターボは1,500ccエンジン並みの出力を出すことができます。カスタムGターボには15インチホイールが、それ以外のグレードでは14インチホイールが装着されています。

新型トールのエンジンスペック
NA タ-ボ
型式 1KR-FE 1KR-VET
種類 直列3気筒 直列3気筒ICターボ
排気量 996cc 996cc
最高出力 51kW/6,000rpm 72kW/6,000rpm
最大トルク 92Nm/4,400rpm 140Nm/2,400~4,000rpm
燃費 24.6km/L 21.8km/L

燃費は2WDのNAエンジンで24.6km/L、ターボモデルでは21.8km/Lを記録しています。4WDモデルではすべて22.0km/Lです。

新型トールの価格帯はエントリーグレードのXで146万円、エクステリアが変わるカスタムモデルのターボグレードでは、196万円になります。エントリーグレードのXでは、今回の一部改良で標準装備になったスマートアシスト3とコーナーセンサーは装備されないことに注意が必要です。

新型トールの価格帯
2WD 4WD
X 1,463,400円 1,636,200円
X SA3 1,528,200円 1,701,000円
G SA3 1,684,800円 1,857,600円
G リミテッドSA3 1,738,800円 1,911,600円
GターボSA3 1,803,600円
カスタムG SA3 1,836,000円 2,008,800円
カスタムGリミテッドSA3 1,884,600円 2,057,400円
カスタムGターボ SA3 1,965,600円

トールはマイナーチェンジでスマアシ3やコーナーセンサーを標準装備して安心して運転できる車へ

新型トールは若い子育て世代の夫婦や独身世代、免許とりたての初心者さんや2WDしかなかった頃から車を乗りこなしてきたベテランドライバーまで、全ての人におすすめできる車で、2018年11月の一部改良のマイナーチェンジにより安全装備もアップデートされ、より安心して走ることができます。

価格帯は146万円からですが、エントリーグレードのXグレードでは安全装備のスマートアシスト3とコーナーセンサーが装備できないため、それらの装備が欲しいときは152万円からのX SA3グレードを購入する必要があります。
OEM先のトヨタ・ルーミーやタンクなども同じくマイナーチェンジしていて、選ぶ楽しみもあります。遊びにも子育てにも使いやすい新型トールでたくさんの思い出を作りましょう。