プラド150系 2018年6月に一部改良

ランクル プラド150系 2018年6月末の一部改良でディーゼルを水冷化

ランドクルーザー プラド150系が2018年6月一部改良します。内容はディーゼルモデルのインタークーラーを水冷化し、ラゲッジレールや3列目シートの電動格納を廃止します。一部改良の変更点やディーゼルモデルを現在の空冷式から水冷式に変更する理由などを考察します。現行プラドのスペックや価格も併せて紹介します。

ランクル プラド150系 2018年6月末の一部改良でディーゼルを水冷化

ランドクルーザー プラド150系が2018年6月に一部改良

2017年9月12日に2度目のマイナーチェンジを行ったプラドは過去最高傑作と評価されています。
そんなプラドが2018年6月末に一部改良でディーゼルエンジンのインタークーラー(冷却装置)を変更する予定になっています。
インタークーラーを、現在採用されている空冷式から水冷式に変更することで将来的なディーゼルモデルの排ガス規制に対応することが考えられます。

空冷と水冷の違い、それぞれのメリット、一部改良のその他の変更点など2018年6月に行われるランクルプラド150系の一部改良について解説します。

2018年6月の一部改良でインタークーラーを変更

新型ランドクルーザー プラド150系のエンジンルーム2018年6月末の一部改良で注目されるのがインタークーラーの水冷化

一部改良の大きな変化はインタークーラーの変更です。
インタークーラーは過給機の熱を冷ましエンジンへ送る空気を冷やす役目をします。2018年6月の一部改良でインタークーラーを空冷式から水冷式に変更します。

プラド150系の空冷式インタークーラーランドクルーザー プラド150系の空冷式インタークーラー

水冷式に変更することにより冷やされる空気の温度が安定して排ガス値が低減されます。
なぜ空冷式から水冷式に変更するのか、理由やメリットデメリットを挙げます。

ディーゼル車を対象に行われる排ガス規制に対応

ディーゼル車の排ガス規制に不正がないか確認する試験を導入すると2018年3月30日に国土交通省が発表しました。
新型車は2022年10月1日から、継続生産車は2024年10月1からこの試験を受ける事になります。
プラド150系の場合は継続生産車に該当するため2024年までにこの試験をパスすれば良いのですが、プラドはいち早く今後のディーゼル規制に合わせてきたことになります。

2017年に行った2度目のマイナーチェンジから7年後になるので、フルモデルチェンジに合わせてディーゼルエンジンを改良しても十分間に合う期間ですが、試験的な意味で先行導入すると考えられます。

WLTCモード表記に対応

海外で既に導入されているWLTCモード表記が2018年10月に日本でも導入されます。
これは2018年10月以降に販売される新型車に義務化される燃費表記で、プラドは新型車ではないため義務とは言えませんが、ディーゼルの排ガス規制の測定にはWLTCモードのNOx排出量が使われます。

また現在日本で主流のJC08モード燃費は実燃費の差異が大きいですが、WLTCモード表記では「市街地モード」「郊外モード」「高速道路モード」の3つの燃費を表記できるため、実燃費と近い数字を示すことができます。

プラドをWLTCモード表記へ移行するため、今よりも排ガス値低減が見込める水冷式インタークーラーを採用したとも考えられます。

水冷式は燃費や出力が向上するが今回の一部改良は排ガス規制をクリアするため

風で空気を冷やす空冷式よりも、安定的に冷やせるのが水冷式のインタークーラーです。
安定的に冷やすことで出力や燃費性能も向上し、今回行うプラドの一部改良でも出力や燃費が向上する可能性もあります。

一般的には低速で走行する街乗りが多い方は水冷、高速走行が多い方は空冷が性能を最大限発揮できる環境と言われていますが、今回の一部改良はあくまで将来的に厳しくなる排ガス規制をクリアするため、空冷式から水冷式に変更すると考えられます。

デメリットは車両価格が上昇すること

空冷式から水冷式に変更するとパーツ数が増え、車両価格が上がります
現在の価格から10万円前後価格が上乗せされる可能性もあるため、今後の発表に注目しましょう。

一部改良前の現行ランクル プラド150系のスペックや価格を紹介します。

ランドクルーザー プラド150系の価格一覧
グレード 価格
TX (ガソリン)5人乗り 3,538,080円
TX (ガソリン)7人乗り 3,692,520円
TX (クリーンディーゼル)5人乗り 4,152,600円
TX (クリーンディーゼル)7人乗り 4,307,040円
TX Lパッケージ (ガソリン)5人乗り 4,047,840円
TX Lパッケージ (ガソリン)7人乗り 4,202,280円
TX Lパッケージ (クリーンディーゼル)5人乗り 4,667,760円
TX Lパッケージ (クリーンディーゼル)7人乗り 4,822,200円
TZ-G (クリーンディーゼル)7人乗り 5,363,280円
ランドクルーザー プラド150系のスペック
駆動方式 フルタイム4WD
全長 4,825mm
全幅 1,885mm
全高 1,850mm/TZ-G:1,835mm
室内長 5人乗り:1,825mm/7人乗り:2,520mm
室内幅 1,565mm
室内高 1,240mm
ホイールベース 2,790mm
最低地上高 220mm
最小回転半径 5.8m
車両重量 2,170kg~2,320kg
最高出力(ガソリン) 120kW(163ps)/5,200rpm
最大トルク(ガソリン) 246Nm(25.1kgm)/3,900rpm
最高出力(クリーンディーゼル) 130kW(177ps)/3,400rpm
最大トルク(クリーンディーゼル) 450Nm(45.9kgm)/1,600rpm~2,400rpm
乗車定員 5名/7名
JC08モード燃費 9.0km/L~11.8km/L

その他の一部改良で行う変更点

注目の変更点はディーゼルモデルのインタークーラーの変更ですが、その他にも変更点があります。

  • ラゲッジレールの廃止
  • 3列シートの電動格納廃止
  • Lパッケージの運転席にシートメモリー機能を追加

インタークーラーの水冷化に伴い増えた車重を、ラゲッジレールと3列シート電動格納の廃止で調整します。
そしてTZ-Gのみ採用されているシートメモリー機能をLパッケージの運転席に標準装備する予定です。

新型プラドの一部改良は2018年4月25日に発表

インタークーラーの水冷化を伴うランドクルーザー プラド150系の一部改良は2018年4月25日に行われ、2018年6月末から生産開始される予定です。

水冷化は将来的な排ガス規制に対応するために行われ、出力や燃費性能が向上することも考えられます。
前回のマイナーチェンジから約半年の一部改良で戸惑う方もいるかもしれませんが、空冷化や水冷化は好みの範疇で収まる可能性が高いです。