MR2のタイヤ

MR2のタイヤ~ハイグリップなストリートスポーツタイヤやSタイヤがおすすめ

トヨタのMR2は、Midship Runabout 2seaterが車名の由来となっている、国内初の市販ミッドシップ車。MR-Sの発売に伴い、1999年に生産終了となりましたが、SW20やMRスパイダーは今もなお高い人気を誇ります。今回は、最近になって新型の発売が噂されるMR2のタイヤのおすすめを紹介していきます。

MR2のタイヤ~ハイグリップなストリートスポーツタイヤやSタイヤがおすすめ

MR2におすすめのストリートやサーキットで活躍するスポーツタイヤ4選

ここで紹介するのは、1997年12月~1999年8月に販売されたMR2のSW20型の純正サイズに適合するタイヤです。

この2代目のMR2には、195/55R15 84V(フロント)と225/50R15 91V(リア)のタイヤが標準装備されました。後輪駆動のMR車では、より強力なトラクションを得るために、リアのタイヤ幅を太くした前後異幅にすることがあります。

MRといえば、F1のようなレーシングカーやスーパーカーでお馴染みの駆動方式。そんな走り最優先のMRを採用しているMR2には、運動性能の高いスポーツタイヤのうち、ストリートスポーツタイヤとSタイヤがおすすめです。

MR2におすすめの15インチの純正サイズに適合するストリートスポーツタイヤ

はじめにMR2の純正サイズ「195/55R15(フロント)」「225/50R15(リア)」に適合するストリートスポーツタイヤを見ていきましょう。

ストリートスポーツタイヤとはその名の通り、一般道の走りに求められる快適性・耐久性・操縦安定性などの性能に優れたスポーツタイヤ。中でも、ヨコハマのグローバル・フラッグシップブランド「アドバン」のストリートスポーツタイヤがおすすめです。

ヨコハマ(YOKOHAMA)の「アドバン A052」は素直なハンドルフィールとハイスピードレンジによってMR2のストリートからサーキットまでの走りを極める

YOKOHAMA ADVAN A052 195/55R15 89V XL(フロント)

YOKOHAMA ADVAN A052 195/55R15 89V XL(フロント)ヨコハマ アドバン A052の優れた走行性能によりタイムドロップが少ない早く安定したラップタイムを叩きだす

車種 MR2
メーカー ヨコハマ
ブランド アドバン A052
タイヤサイズ 195/55R15
タイヤ外径 595mm
タイヤの種類 スポーツタイヤ
ロードインデックス 89
速度記号 V
悪路走破性
静粛性 ★★
燃費 ★★
耐久性 ★★
価格 22,000円~

YOKOHAMA ADVAN A052 225/50R15 95V XL(リア)

YOKOHAMA ADVAN A052 225/50R15 95V XL(リア)ヨコハマ アドバン A052のトレッドパターンが縦方向と横方向へ剛性を高めてタテ溝により排水性にも配慮

車種 MR2
メーカー ヨコハマ
ブランド アドバン A052
タイヤサイズ 225/50R15
タイヤ外径 607mm
タイヤの種類 スポーツタイヤ
ロードインデックス 95
速度記号 V
悪路走破性
静粛性 ★★
燃費 ★★
耐久性 ★★
価格 31,000円~

ヨコハマのADVAN A052(アドバン エイ ゼロゴーゼロ)は、アドバン最強のストリートタイヤ「NEOVA AD08R」を凌ぐグリップ力とハンドリング性能を発揮するストリートスポーツタイヤです。さらに、ストリートだけでなくサーキット走行を可能にする、ハイスピードレンジを実現。また、転がり抵抗の低下や車外通過音に配慮することで、MR2の快適性を高めます。

MR2におすすめの15インチの純正サイズに適合するSタイヤ

続いて紹介するのは、MR2の純正サイズ「195/55R15(フロント)」「225/50R15(リア)」に適合するSタイヤです。

Sタイヤとは、「セミレーシングタイヤ」や「セミスリックタイヤ」といわれるレーシングタイヤに近いタイヤのことで、公道での使用が認められていないレーシングタイヤに対して、公道を走ることができるほか、ウェット路面で使用できないのが特徴です。

Sタイヤについては、こちらで詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

MR2には、ヨコハマのアドバンシリーズのレーシング用タイヤのほか、ブリヂストンのスポーツタイヤブランド「ポテンザ」やトーヨータイヤのグローバル・フラッグシップタイヤブランド「プロクセス」のモータースポーツタイヤがおすすめです。

ヨコハマ(YOKOHAMA)の「アドバン A050」はサーキット走行で優れたドライグリップを発揮しながら独走的な方向性パターンがMR2の公道走行を可能にする

YOKOHAMA ADVAN A050 195/55R15 85V(フロント)

YOKOHAMA ADVAN A050 195/55R15 85V(フロント)ヨコハマ アドバン A050の浅溝構造によって強力なグリップを実現してサーキットでのラップタイムを短縮

車種 MR2
メーカー ヨコハマ
ブランド アドバン A050
タイヤサイズ 195/55R15
タイヤ外径 595mm
タイヤの種類 スポーツタイヤ
ロードインデックス 85
速度記号 V
悪路走破性
静粛性
燃費
耐久性
価格 22,000円~

YOKOHAMA ADVAN A050 225/50R15 91V(リア)

YOKOHAMA ADVAN A050 225/50R15 91V(リア)ヨコハマ アドバン A050のコンパウンドにはサーキット走行やジムカーナに適した4つのタイプをラインナップ

車種 MR2
メーカー ヨコハマ
ブランド アドバン A050
タイヤサイズ 225/50R15
タイヤ外径 607mm
タイヤの種類 スポーツタイヤ
ロードインデックス 91
速度記号 V
悪路走破性
静粛性
燃費
耐久性
価格 31,000円~

ヨコハマのADVAN A050(アドバン エイ ゼロゴーニ)は、ジムカーナ、サーキット、ターマックラリーなどでMR2の優れたポテンシャルを発揮する競技用スポーツタイヤ。柔らかな曲線を描くパターンが高いグリップ力を発揮して、耐摩耗性にも優れています。本サイズには、ジムカーナ専用のG/2SとG/Sのほか、サーキット走行に適したMとMHのコンパウンドが設定されています。

ブリヂストン(BRIDGESTONE)の「ポテンザ RE-11S」は強力なグリップとコントロール性能によりモータースポーツでMR2の優れたパフォーマンスを発揮

BRIDGESTONE POTENZA RE-11S 195/55R15 85V(フロント)

BRIDGESTONE POTENZA RE-11S 195/55R15 85V(フロント)ブリヂストン ポテンザ RE-11Sのシームレスステルスパタンがドライのグリップとウェットの排水性を両立

車種 MR2
メーカー ブリヂストン
ブランド ポテンザ RE-11S
タイヤサイズ 195/55R15
タイヤ外径 593mm
タイヤの種類 スポーツタイヤ
ロードインデックス 85
速度記号 V
悪路走破性
静粛性
燃費
耐久性
価格 18,000円~

BRIDGESTONE POTENZA RE-11S 225/50R15 91V(リア)

BRIDGESTONE POTENZA RE-11S 225/50R15 91V(リア)ブリヂストン ポテンザ RE-11Sのスペックにサーキット走行用のRH/RSとジムカーナ用のWH2/WS3をラインナップ

車種 MR2
メーカー ブリヂストン
ブランド ポテンザ RE-11S
タイヤサイズ 225/50R15
タイヤ外径 605mm
タイヤの種類 スポーツタイヤ
ロードインデックス 91
速度記号 V
悪路走破性
静粛性
燃費
耐久性
価格 24,000円~

ブリヂストンのPOTENZA RE-11S(ポテンザ アールイー イチイチエス)は、グリップとコントロール性に優れたジムカーナやサーキット向けのモータースポーツタイヤ。MR2の用途に合わせて4つのコンパウンドのうち、サーキット走行では走行性能の高いRH、ジムカーナでは4~10月のシーズンに適したWH2と、冬場のウェットや低温路面に使えるWS3が選べます。

トーヨータイヤ(TOYO TIRES)の「プロクセス R888R」は優れたトラクションとコントロール性能によりサーキットでのスポーツ走行でMR2の実力を発揮

TOYO TIRES PROXES R888R 195/55R15 85V(フロント)

TOYO TIRES PROXES R888R 195/55R15  85V(フロント)トーヨータイヤ プロクセス R888Rのイン側のコンパウンドがサーキット走行で優れたドライグリップを発揮

車種 MR2
メーカー トーヨータイヤ
ブランド プロクセス R888R
タイヤサイズ 195/55R15
タイヤ外径 595mm
タイヤの種類 スポーツタイヤ
ロードインデックス 85
速度記号 V
悪路走破性
静粛性
燃費
耐久性
価格 8,000円~

TOYO TIRES PROXES R888R 225/50ZR15 91W(リア)

TOYO TIRES PROXES R888R  225/50ZR15 91W(リア)トーヨータイヤ プロクセス R888Rのアウト側の大ブロック化により横剛性を高めてコーナリング性能がアップ

車種 MR2
メーカー トーヨータイヤ
ブランド プロクセス R888R
タイヤサイズ 225/50R15
タイヤ外径 607mm
タイヤの種類 スポーツタイヤ
ロードインデックス 91
速度記号 W
悪路走破性
静粛性
燃費
耐久性
価格 14,000円~

トーヨータイヤのPROXES R888R(プロクセス アールハチハチハチアール)は、走りを追求したサーキットやジムカーナ向けのリアルスポーツラジアルタイヤ。ハイグリップコンパウンドがサーキット走行で優れたグリップを発揮して、安定したコーナリング性能を実現します。さらに、センターのワイドリブが路面をしっかり捉えることで、MR2のステアリングレスポンスを高めます。

MR2の夏タイヤ交換の参考になるグレード別の純正タイヤサイズと純正ホイールサイズ一覧

MR2のグレード タイヤサイズ 型式 ホイールサイズ
G 5MT フロント:195/55R15
リヤ:225/50R15
E-SW20 フロント:15インチ X 6.0J(+45)
リヤ:15インチ X 7.0J(+45)
G 4AT フロント:195/55R15
リヤ:225/50R15
E-SW20 フロント:15インチ X 6.0J(+45)
リヤ:15インチ X 7.0J(+45)
G Tバールーフ 5MT フロント:195/55R15
リヤ:225/50R15
E-SW20 フロント:15インチ X 6.0J(+45)
リヤ:15インチ X 7.0J(+45)
G Tバールーフ 4AT フロント:195/55R15
リヤ:225/50R15
E-SW20 フロント:15インチ X 6.0J(+45)
リヤ:15インチ X 7.0J(+45)
G リミテッド 5MT フロント:195/55R15
リヤ:225/50R15
E-SW20 フロント:15インチ X 6.0J(+45)
リヤ:15インチ X 7.0J(+45)
G リミテッド 4AT フロント:195/55R15
リヤ:225/50R15
E-SW20 フロント:15インチ X 6.0J(+45)
リヤ:15インチ X 7.0J(+45)
G リミテッド Tバールーフ 5MT フロント:195/55R15
リヤ:225/50R15
E-SW20 フロント:15インチ X 6.0J(+45)
リヤ:15インチ X 7.0J(+45)
G リミテッド Tバールーフ 4AT フロント:195/55R15
リヤ:225/50R15
E-SW20 フロント:15インチ X 6.0J(+45)
リヤ:15インチ X 7.0J(+45)
GT-S 5MT フロント:195/55R15
リヤ:225/50R15
E-SW20 フロント:15インチ X 6.0J(+45)
リヤ:15インチ X 7.0J(+45)
GT-S Tバールーフ 5MT フロント:195/55R15
リヤ:225/50R15
E-SW20 フロント:15インチ X 6.0J(+45)
リヤ:15インチ X 7.0J(+45)
GT 5MT フロント:195/55R15
リヤ:225/50R15
E-SW20 フロント:15インチ X 6.0J(+45)
リヤ:15インチ X 7.0J(+45)
GT Tバールーフ 5MT フロント:195/55R15
リヤ:225/50R15
E-SW20 フロント:15インチ X 6.0J(+45)
リヤ:15インチ X 7.0J(+45)

MRのおすすめのタイヤで自宅からサーキットまでの履き替えが不要に

ここで紹介したMR2におすすめのタイヤは、サーキットと一般公道の両方の走行が可能なため、自宅とサーキットとの往復の際のタイヤ交換の手間が省くことができます。

ただし、ストリートスポーツタイヤやSタイヤは、ドライグリップに優れている一方、降雨などにより路面が濡れていると、ハイドロプロニング現象よって滑りやすくなることから、ウェット路面でのスピードの出しすぎには注意が必要です。

また、前後異幅タイヤの場合、前後のタイヤローテーションができないため、偏摩耗によるタイヤの摩耗が起こりやすくなります。特に、Sタイヤは浅溝構造の上、摩耗しやすいことから、公道を走る際は必ずタイヤの溝の深さが適正かどうかを、スリップサイン等で確認することをおすすめします。