フリードのマイナーチェンジ

フリードのマイナーチェンジは2019年10月!i-DCDハイブリッド搭載でクロスターを追加

フリードのマイナーチェンジは2019年10月18日に実施。ハイブリッドエンジンi-DCD搭載でクロスオーバースタイルの「クロスター」を新設定するほか、ボディカラーに「シーグラスブルー・パール」を新設定、Honda SENSINGを標準装備化する等ビッグマイナーチェンジとなります。

フリードのマイナーチェンジは2019年10月!i-DCDハイブリッド搭載でクロスターを追加

フリードのマイナーチェンジは2019年10月 顔つきが変わりオートハイビームなどが追加

ホンダが販売しているミニバンのフリードが2019年10月にマイナーチェンジを行い後期型へ移行します。2016年9月にフルモデルチェンジして2代目へと移行していますが、2017年12月にはモデューロXを追加した以降マイナーチェンジは行われていません。フリードのマイナーチェンジは2019年10月に行われると言われていて、どのように手が加えられるのでしょうか?

さっそく、後期型となるフリードのマイナーチェンジについてチェックしてみましょう。

ホンダ・フリードが2019年10月18日にマイナーチェンジ!

新型フリードとフリード・クロスターマイナーチェンジを迎えた新型フリードとフリード・クロスター

2019年10月18日、ホンダ・フリードがマイナーチェンジを実施します。
今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインの刷新やボディカラーの追加、新グレードとなる「CROSSTAR(クロスター)」を新設定するなど非常に大がかりです。
ハイブリッドモデルはSPORT HYBRID i-DCDエンジン、ガソリン車は1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジンを搭載し、軽快ながらも低燃費な走りを実現します。

新型フリードは全車にHonda SENSINGを搭載新型フリードは全車にHonda SENSINGを搭載

ホンダ独自の安全運転支援システム「Honda SENSING」は新型フリード全車に標準装備されます。主な機能は以下の通りです。

新型フリードに搭載されるHonda SENSINGの安全機能

  • 後方誤発進抑制機能
  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • ACC(アダプティブクルーズコントロール)
  • LKAS(車線維持支援システム)

新型フリード7人乗りのコックピット・シート(インテリアカラー:モカ)新型フリード7人乗りのコックピット・シート(インテリアカラー:モカ)

新型フリード・クロスター6人乗りのコックピット・シート(インテリアカラー:ブラック)新型フリード・クロスター6人乗りのコックピット・シート(インテリアカラー:ブラック)

新型フリードのインテリアは誰もが親しみやすいナチュラルな雰囲気漂うデザイン。標準仕様、クロスターともに質感の高い木目調のインパネがおしゃれです。
FREED/FREED+にはモカのファブリックシートまたはブラックのコンビシートが、クロスターにはブラックにオレンジブラウンのステッチがアクセントとなった専用のコンビシートが設定されています。

ボディカラーのラインナップは以下の通り。「ルナシルバー・メタリック」「ミッドナイトブルービーム・メタリック」の2色はFREED/FREED+の専用カラーです。
また、今回のマイナーチェンジでは、新色として涼やかなシーグラスブルー・パールが追加されています。

新型フリードのボディカラー一覧

  • シーグラスブルー・パール
  • スーパープラチナグレー・メタリック
  • プレミアムクリスタルオレンジ・メタリックⅡ
  • クリスタルブラック・パール
  • シルバーミストグリーン・メタリック
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック
  • プラチナホワイト・パール
  • ルナシルバー・メタリック
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック

「フリード クロス」はフリード・フリード+の全ラインアップに追加予定!マイナーチェンジと同時に発売

2019年10月のフリードのマイナーチェンジ時に、SUVスタイルの「フリード クロス」も同時発売となる可能性が高いことがわかりました。早ければ9月中旬に予約を開始する見込みです。
2列シート5人乗りモデル(フリード+)、3列シート6・7人モデル、ガソリン、ハイブリッド問わず、全ラインアップの最上級グレードとして加えられる予定です。

単にSUVとして車高が高くなるだけでなく、フロントマスクも変更される見込みですから、ホンダの新たな人気車種となる可能性もあります。

マイナーチェンジでSUVスタイルの「フリードクロス」を設定する可能性

2019年10月に行うフリードのマイナーチェンジでSUVスタイルのフリードクロスを新たに設定するという情報があります。近年ハッチバックや小型車をSUVスタイルにする派生車種が増えていて、トヨタのアクアにはクロスオーバーが、日産のノートにはシーギアが、スズキのスペーシアにはスペーシアギアが設定されています。

ホンダは2019年にフルモデルチェンジを行うフィットにもSUVスタイルを用意するという噂もありますが、プチバンのフリードにもSUVスタイルの派生車種を設定して、出遅れ気味だったSUVのラインナップを拡充するということになります。

2018年にマイナーチェンジを行ったライバルのシエンタに販売台数で大きく水をあけられたフリードですが、2019年10月のマイナーチェンジで巻き返せるのか注目しましょう。

フリードのマイナーチェンジで後期型へ移行してフェイスリフトを行い新デザインのヘッドライトへ

新型ジェイドのエクステリアジェイドのエクステリア マイナーチェンジ後の新型フリードはジェイドのようなLEDヘッドライトを搭載する可能性がある

後期型へと移行するフリードのマイナーチェンジではフェイスリフトを行って、新型ジェイドや新型ヴェゼルのようなキラキラとしたLEDヘッドライトへと変わります。搭載されるのは上級モデルのみで、ジェイドのようにガソリン標準モデルは、従来のヘッドライトを装備すると考えられます。

後期型フリードの変更点予想

  • LEDヘッドライトがジュエルアイLEDになる
  • LEDフォグライトが上級グレードに設定
  • 1.0Lターボのガソリンエンジンをラインナップ
  • ホンダセンシング全グレードに標準装備
  • シャークフィンアンテナに変更
  • フロント・リヤバンパーが力強いデザインに変更

また、フロントバンパーやリヤバンパーの形状変更で力強さが増したデザインになり、2018年の時点ではモデューロXにしか採用されていないLEDフォグランプを上級グレードにも拡充するものと考えられます。

フリードのハイブリッドエンジンはi-MMDになりガソリンエンジンは1.0Lターボを搭載

2018年の時点でフリードハイブリッドに搭載されているエンジンは「i-DCD」と呼ばれる旧型のエンジンで、後期型ではステップワゴンやアコード、2018年に復活したCR-Vなどに搭載されている2モーター式の「i-MMD」のハイブリッドエンジンになると予想できます。

ステップワゴンには2.0Lのi-MMDハイブリッドエンジンが搭載されていますが、新型フリードでは1.5Lのハイブリッドエンジンが搭載されると考えられ、2モーターによるパワフルな走りが実現できます。

ガソリンエンジンには、次期フィットや新型ヴェゼルに搭載されると噂されている1.0Lターボエンジンがフリードにもラインナップすると予想されていて、ステップワゴンにダウンサイジングターボエンジンが搭載されたようにフリードにも排気量の小さいVTECターボエンジンが乗ると考えられます。

フリードのマイナーチェンジではホンダセンシングを全車標準装備へ

2016年にモデルチェンジしたフリードは、安全装備のホンダセンシングを一部グレードに搭載し安全性が増しましたが、ハイブリッドBとガソリンBには設定できずガソリンGにはメーカーオプションで装備できるようになっています。

マイナーチェンジした後期型のフリードでは、全グレードに標準装備されて搭載機能がアップグレードされると考えます。

フリード前期型のホンダセンシング内容

  • 衝突軽減ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング(40km/hまで)
  • 路外逸脱抑制機能
  • アダプティブ・クルーズ・コントロール(30km/h以上)
  • 車線維持支援システム
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

ホンダセンシングは新型が出るごとにアップデートされていて、フリードには「オートハイビーム」「後方誤発進抑制機能」「クルーズコントロールの渋滞追従機能」が搭載されていません。2代目後期型のフリードでは「オートハイビーム」と「後方誤発進抑制機能」の2つが追加されたホンダセンシングを搭載すると考えられます。

2017年12月のマイナーチェンジではモデューロXを設定した

2016年9月16日に2代目へフルモデルチェンジしたホンダのミニバン「フリード」は、2017年12月にマイナーチェンジを行いました。フリードは、2008年まで販売していた7人乗りミニバンのモビリオから新型車として発売された車で、初代は2016年まで8年間販売していました。

モデューロXと呼ばれる新しく設定されたモデルのエクステリアや、搭載エンジン、搭載装備、発売日・価格帯などをチェックしてみてください。

2017年のマイナーチェンジで追加された赤い配色が鮮やかなフリードモデューロXのエクステリア

新型フリード モデューロXのフロントビュー

2017年の東京オートサロンで登場した「フリード モデューロXコンセプト」は、2017年12月のマイナーチェンジで市販化されました。既に設定されている現行車種は「N-ONE」と「ステップワゴン」で、過去には初代N-BOXにも設定されていました。

モデューロXは標準モデルと比べて走りの質を強化していて、専用エアロやチューニングされたローダウンサスペンション、専用アルミホイールなどを装備しているのが特徴です。

フリード モデューロXコンセプトでは、赤いフロントグリル、ドアミラー、ホイールガーニッシュが装備されているのが分かります。

新型フリード モデューロXのリヤビュー

リアビューからの眺めは、フロントバンパーとサイドシル、リアバンパーの下部に赤いラインが引いているのが分かります。マフラー付近はブラックアウトされていて、フロントタイヤ付近からの切り込み、リアタイヤ上部の切り込みが空気の流れを後部へ流すデザインなのが見て取れます。

2017年のマイナーチェンジモデルは旧型フリードからパワートレインを継承

新型フリードのエンジン

フリード マイナーチェンジ後の搭載エンジンは、従来と変わらず「1.5Lのガソリンエンジン」と「SPORT HYBRID i-DCD(スポーツハイブリッドi-DCD)」が搭載されます。

フリードの搭載エンジン
型式 L15B LEB
種類 直列4気筒 直列4気筒
排気量 1,496cc 1,496cc
最高出力 131PS/6,600rpm 110PS/6,000rpm
最大トルク 155Nm/4,600rpm 134Nm/5,000rpm
モーター型式 H1
モーター最高出力 29.5PS/1,313-2,000rpm
モーター最大トルク 160Nm/0-1,313rpm
燃費 17.6-19.0km/L 25.2-27.2km/L

燃費の幅があるのは2WDと4WDの差で、低い数値のほうが4WDの燃費です。どちらもレギュラーガソリンを使用して、燃料タンクは2WDが36L、4WDが40L入ります。

2017年のマイナーチェンジで搭載されたフリードの装備

雪上を走る新型フリード

2017年のマイナーチェンジ前のモデルでもホンダセンシングが搭載されていますが全車標準装備ではなく、マイナーチェンジの一部改良で、グレード体系が見直されてホンダセンシングが上級グレードの一部に標準装備されました。

上級グレードのフリードに搭載されているホンダセンシングの機能

  • 衝突軽減ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • アダプティブ・クルーズコントロール
  • 車線維持支援システム
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

2代目N-BOXに搭載されている後方誤発進抑制機能や、オートハイビームが設定されていません。

予防安全パッケージのHonda SENSINGの他にも、VSA(ABS+TCS+横すべり抑制)が搭載されていて、雨や雪の日の滑りやすい路面で急ハンドルを切った際でもドライバーが思い描いたように車両の挙動を安定させてくれます。

急な坂道での発進時に車両がずり下がるのを抑制する「ヒルスタートアシスト機能」、急ブレーキをかけた際にハザードランプを高速点滅させ周りに異常を知らせる「エマージェンシーストップシグナル」など、色々な機能が搭載されています。

2017年のマイチェン後(現行モデル)のフリードの価格は1,880,000円から

新型フリード モデューロXの足回り

フリード マイナーチェンジ後の発売日は2017年12月に行われ、標準モデルのほかにコンプリートカーであるモデューロXが設定されます。

2代目フリードの価格帯
駆動方式 FF 4WD
フリード B 1,880,000円~ 2,096,000円~
フリード G 1,980,000円~ 2,212,200円~
フリード G・Honda SENSING 2,100,000円~ 2,332,200円~
フリード Modulo X Honda SENSING 2,830,680円~
フリード HYBRID B 2,256,000円~ 2,472,000円~
フリード HYBRID G・Honda SENSING 2,496,000円~ 2,728,200円~
HYBRID EX 2,656,000円~
フリード HYBRID Modulo X Honda SENSING 3,130,920円~

また、5人乗り仕様であるフリード+も上級グレードの一部でホンダセンシングを標準装備しています。

2代目フリード+の価格帯
駆動方式 FF 4WD
フリード+ B 1,900,000円~
フリード+ G 2,000,000円~ 2,232,200円~
フリード+ G・Honda SENSING 2,120,000円~ 2,352,200円~
フリード+ HYBRID B 2,256,000円~ 2,472,000円~
フリード+ HYBRID G・Honda SENSING 2,496,000円~ 2,728,200円~
フリード+ HYBRID EX 2,656,000円~

最上級グレードのHYBRID EXは、グレード名に「Honda SENSING」が入っていませんが、ハイブリッドGのHonda SENSINGグレードの装備を引き継ぐので、もちろん搭載しています。

フリードのマイナーチェンジではホンダセンシングのアップデートが濃厚か

コンプリートカーのモデューロは2017年12月で、ミニバンのステップワゴンと、軽自動車のN-ONEに設定されています。フルモデルチェンジして設定から外れましたが、初代N-BOXにも設定されていたモデューロXは、2017年12月に一部改良のマイナーチェンジでコンパクトミニバンのフリードにも設定されました。

東京オートサロン2017ではかなり市販車に近い段階に仕上がっていたので、このままのカラーリングやセッティングでフリード モデューロXが発売されると予想します。モデューロXの発売だけではなく、標準モデルにも何か改良はあるのか、楽しみです。

2019年10月に行われると予想されている後期型へのマイナーチェンジでは、新型ハイブリッドエンジンやダウンサイジングターボエンジンを搭載するといわれていますが、ホンダセンシングの全車標準装備やオートハイビームと後方誤発進抑制機能の追加が濃厚で、エンジンは据え置きになると予想します。