デリカD5の維持費

デリカD5の維持費は年間いくら?ディーゼルモデルで検証

デリカD5の維持費は年間で38万円かかります。車検代は2年間で8万円ほど、自動車税は毎年45,000円、燃料代は1万キロで98,000円ほどかかります。検証したモデルはクリーンディーゼルエンジンモデルで燃費も良く力強いモデルです。

デリカD5の維持費は年間いくら?ディーゼルモデルで検証

デリカD5の維持費は?クリーンディーゼルエンジンで検証

雪道を走るデリカD5

デリカD5の維持費はいくらくらいかかるのでしょうか?発売から10周年が経ったデリカD5のディーゼルモデルは、冬の特別仕様車であるシャモニーが発売されています。

そこで、シャモニーを購入した場合の自動車税や燃料代、車検代やメンテナンス代などを詳しく計算しました!デリカD5を買うと年間にいくらくらいかかるのか、購入してから後悔しないようしっかりとチェックしておきましょう。

デリカD5のスペック

雪山で停車している黒と白のデリカD5

デリカD5は、2007年にフルモデルチェンジして誕生したモデルで、2WDと4WDの駆動方式を備えています。4WDは初代アウトランダーのシステムである電子制御4WDで、2WDと4WDオート、直結の4WDロックの3つのモードがあり、オフロード性能はミニバンの中でも最高クラスです。

全長は4,730mm、全幅は1,795mm、全高は1,870mmの3ナンバーサイズで、最低地上高は210mmあります。乗員定員は7・8人乗りで、スライドドアを備えているので家族や仲間を乗せての旅行や遊びにも困らない車です。

デリカD5のボディサイズ
全長 4,730mm
全幅 1,795mm
全高 1,870mm
ホイールベース 2,850mm
最低地上高 210mm
室内長 2,915mm
室内幅 1,505mm
室内高 1,310mm
乗員定員 7・8人
最小回転半径 5.6m
燃費 13.0km/L

デリカD5が搭載しているディーゼルエンジン「4N14」

搭載されているエンジンは、4N14と呼ばれるディーゼルエンジンで、排気量は2.2L、最高出力は109KW、最大トルクは360Nmです。燃費は13.0km/Lあり、タンク容量は64Lあるので、満タンで約800km走れます。使用燃料は軽油でレギュラーやハイオクに比べて価格が安いことが魅力です。

デリカD5搭載のディーゼルエンジン
型式 4N14
種類 直列4気筒
排気量 2,267cc
最高出力 109KW/3,500rpm
最大トルク 360Nm/1,500~2,750rpm
使用燃料 軽油
タンク容量 64L

クリーンディーゼルモデルは、電動スライドドアを標準装備した「D-Powerパッケージ」、最上級グレードの「D-Premium」、エアログレードの「ROADEST」、特別仕様車の「CHAMONIX(シャモニー)」と、オレンジ配色が魅力的な「ACTIVE GEAR」がラインナップしています。

デリカD5「D-Powerパッケージ」のサイドビュー

※デリカD5「D-Powerパッケージ」

デリカD5「D-Premium」のフロント

※デリカD5「D-Premium」

デリカD5「ROADEST D-Powerパッケージ」のフロント

※デリカD5「ROADEST D-Powerパッケージ」

デリカD5「CHAMONIX(シャモニー)」のサイドビュー

※デリカD5「CHAMONIX(シャモニー)」

デリカD5「ACTIVE GEAR」のサイドビュー

※デリカD5「ACTIVE GEAR」

デリカD5の価格帯
D-Powerパッケージ 3,534,840円
D-Premium 4,055,400円
ROADEST D-Powerパッケージ 3,740,040円
ROADEST ROYAL TOURING 4,298,400円
CHAMONIX 3,834,000円
ACTIVE GEAR 3,763,800円~

デリカD5の年間維持費は38万円

デリカD5の年間維持費は人によって状況が様々に違う任意保険を除き38万円がかかります。この金額には駐車場代の12万円が含まれているので、自宅に駐車スペースがある場合はもっと安くなり年間26万円になります。

デリカD5にかかる年間維持費
自動車税 45,000円
燃料代 96,100円
駐車場代 120,000円
車検代 43,000円
メンテナンス代 80,000円
合計金額 384,100円

自動車税45,000円の内訳

電卓と車のミニチュア

自動車税は毎年3月31日に自動車の所有者に対してかけられる税金で、基本的には5月末までに支払わなければなりません。自家用3ナンバーの場合は排気量で税額が決められています。デリカD5に搭載されているディーゼルエンジンの排気量は2,267ccで、排気量2,000cc~2,499ccの45,000円にあたります。

車の分類 総排気量 税額
自家用車 1L以下 29,500円
1L超~1.5L以下 34,500円
1.5L超~2.0L以下 39,500円
2.0L超~2.5L以下 45,000円
2.5L超~3.0L以下 51,000円
3.0L超~3.5L以下 58,000円
3.5L超~4.0L以下 66,500円
4.0L超~4.5L以下 76,500円
4.5L超~6.0L以下 88,000円
6.0L超~ 111,000円

燃料代96,100円の内訳

年間にかかる燃料代は、予想される年間走行距離と燃費、燃料価格がわかれば計算が出来て、年間走行距離の平均である1万キロと、一般的にいわれる実燃費はカタログ値の8割で計算すると、961リットル(10,000÷10.4km/L)で、軽油価格の100円をかけると年間の燃料代は96,100円と算出できます。

デリカD5の年間燃料代

・10,000km÷10.4km/L=961リットル
(想定年間走行距離÷実燃費=想定年間燃料使用量)
・961リットル×100円=96,100円
(年間燃料使用量×年間平均軽油価格=想定年間燃料代)

駐車場代120,000円の内訳

車でいっぱいの屋外駐車場

駐車場代については、自宅に駐車スペースがある人はかかりませんし、地域によっても値段に差があるので、自分の状況に合わせて計算をしてください。全国的な平均値である1万円を目安に計算すると、年間では12万円かかることになります。

  • 全国平均の相場:10,000円
  • 東京(23区)の相場:30,000円
  • 大阪市の相場:25,000円
  • 横浜市の相場:17,000円
  • 名古屋市の相場:11,000円
  • 福岡市の相場:11,000円
  • 札幌市の相場:10,000円

デリカD5のボディサイズは全長4.7m、全幅1.79m、全高1.87mですので自走式の立体駐車場は入れることが多いですが、機械式の立体駐車場は無理です。屋根のない一般的な月極駐車場では狭い場所以外なら大きすぎて止められないわけでもないので駐車場選びに苦労しません。

車検代40,300円の内訳

車検代は2年に1度払う必要があり、車検切れの状態で公道を走行していると違反になります。また、自賠責保険も同時に加入しなければいけないので、車検が切れている=自賠責保険も切れている状態がほとんどで2重に違反となりますので注意が必要です。

車検代には「法定費用」と「メンテナンス代」が必要で、法定費用は「重量税」、「自賠責保険」、「印紙代」の3種類がかかります。メンテナンス代は「オイル交換代」などが必要になります。

デリカD5にかかる法定費用
重量税 32,800円(車両重量2.0t未満・24ヶ月)
自賠責保険 25,830円(24ヶ月加入)
印紙代 1,800円
合計金額 60,430円(24ヶ月)

車検にかかる法定費用は60,430円、これにオイル交換代1万円、車検代行料1万円などを加算すると2年間でかかる費用は80,430円です。1年単位では40,300円ほど貯めれば間に合う計算になります。もちろん、メンテナンス代などは車両の状態によって変わるのでこれより高額になるケースもあります。

メンテナンス代80,000円の内訳

オイル交換をしている車

デリカD5の年間にかかるメンテナンス代は、「オイル交換」や「タイヤ交換」などで、オイル交換を1年に2回、タイヤ交換を3年に1回のペースで行った場合を例に計算していきます。

デリカD5のD-Powerパッケージに装着されているタイヤサイズは「225/55R18」で、メーカーはブリヂストンを選んだ時の参考価格をまとめました。

デリカD5の新品タイヤ代
(2018年1月時点)
夏タイヤ 86,920円(デューラーH/L)
冬タイヤ 120,200円(ブリザックVRX2)
合計金額 207,120円

夏タイヤと冬タイヤの金額合計は20万円ほどになりました。1年で一気に夏冬どちらも交換するとお金がかかるので、交換時期をずらすなどで負担を減らすことができます。3年に1回取り換えるサイクルだと年に7万円ほどタイヤ代にかかります。

デリカD5のエンジンオイル量は5.9Lで、DL-1規格のオイルを使わなければいけません。三菱のディーラーで交換することが間違いなく確実で、半年に1回の年に2回交換して費用はおよそ1万円です。

デリカD5は2018年内にモデルチェンジを行う可能性

2007年から販売を開始したデリカD5は、2018年で11周年を迎えていて、そろそろモデルチェンジの時期にさしかかっています。噂では2018年内にフルモデルチェンジするといわれていて、夏に発表すると見られています。

最低地上高も高く雪道にも強いミニバンであるデリカD5がいよいよ販売終了を迎え、いよいよデリカD6へと変わります。いまのボディサイズやルックスのデリカD5が欲しい方は、早めに検討を開始したほうが良さそうです。