ソリオバンディットの内装

ソリオバンディットの内装はスポーティなシートや機能性に優れたコックピットを設定

現行型ソリオバンディットの内装は通常モデルのソリオとどう違うのか?コックピットの設計やシートデザインはブラックカラーでシックにまとまっておりスポーティな印象です。インパネガーニッシュの一部がハイブリッドSVとMVとでカラーが異なります。広いトランクルームが使い勝手抜群です。

ソリオバンディットの内装はスポーティなシートや機能性に優れたコックピットを設定

スズキ・ソリオバンディットの内装はソリオとどこが違う?インテリアの特徴をチェック

ソリオの派生モデルとして2012年に登場したスズキのソリオ・バンディット(SOLIO・BANDIT)は、2015年に初のフルモデルチェンジを迎え、2018年時点で2代目モデルを製造・販売しています。現行型は三菱自動車へデリカD2カスタムとしてOEM供給されました。2016年にはソリオバンディットの特別仕様車「Fリミテッド」を販売し、2018年7月にはソリオとともにマイナーチェンジが行われました。

通常モデルのSUZUKIソリオとの違いは、ハイブリッドSVとハイブリッドMVのハイブリッドカーのみがラインナップしている点や、ヘッドライトやグリルなど丸みのあったエクステリアがよりシャープになりグレードアップしていること等が挙げられます。今回は現行型ソリオバンディットの内装がソリオと比べてどう変化しているのか、コックピットやシートインテリアを中心にまとめていきます。

ソリオバンディットに採用されている独創的なパッケージング技術に注目

ソリオバンディットの室内の広さソリオバンディット「ハーテクト」プラットフォームを採用してコンパクトクラストップの室内長を確保

それぞれエクステリアの一部に違いはあるものの、ソリオバンディットのボディサイズは通常モデルのソリオと変わりません。車両の骨組みには「ハーテクト(HERTECT)」と呼ばれるスズキ独自の次世代テクノロジーを採用しています。室内長はソリオと同じくコンパクトハイトワゴンナンバー1を誇る2,515mmと頭上空間が広く確保されており、閉塞感のないくつろぎ空間を演出しています。

ソリオバンディットのシートアレンジシートアレンジで広い室内を自由に使えるのが特徴

コンパクトカーのレベルを超える広さを持つソリオバンディットは、そのときに載せる荷物や乗車人数に応じて自由にシートアレンジが可能です。リアシートは5:5可倒式となっており、大きな荷物を載せるのはもちろん、フルフラットにもできるので車中泊でも活躍してくれます。リアシートを倒す際、荷室側からもレバー操作ひとつで簡単にできるのでとても便利です。

ソリオバンディットのシート内装にはスポーティな黒のファブリックが標準装備されている

ソリオバンディットの内装ソリオとソリオバンディットの内装の大きな違いはシート地でバンディットは立体感があるシート地を採用

ソリオのシートがシンプルな無地のファブリック生地であるのに対し、新型ソリオバンディットのシート生地は立体感のある柄入りのファブリックを採用し差別化されています。ハイブリッドSV・ハイブリッドMVともにブラックカラーで同じデザインです。ボディカラーに深みのあるダークカラーやブラックの2トーンルーフデザインがラインナップするソリオバンディットによく似合います。

バンディット本来のスポーツテイストの強いスタイリッシュなシートのままでももちろんかっこいいのですが、物足りない方はシートカバーを付けて自分らしくカスタムするのもアリでしょう。レジャーやアウトドアでの使用を考えるなら、純正アクセサリーとして販売されている防水性のシートカバーを取り付けるのもおすすめです。

シートとシートの間にセンターウォークスルー構造を採用することで、運転席や助手席から後部座席へのアクセスも良好となっています。大人でも足を組んでゆったりとくつろげる空間が広がります。フロントだけでなく、左右リアシートにもそれぞれ独立したリクライニング機構とスライド機構を採用しています。

ソリオバンディットのコックピットは見晴らしがよくインパネの操作性もばっちり

ソリオバンディットのコックピット燃費状況で変化するステータスインフォメーションランプ

ソリオのメーターは通常モデルのソリオと同じく視認性の高いデザインで、燃費状態によって色が青・緑・白に変化するステータスインフォメーションランプを搭載しています。スイッチの配置もごちゃごちゃしておらず、シンプルで操作しやすいのがポイントです。
ステアリングホイールはドライバーの手によくフィットする握り心地の良い本革巻です。メーカーオプションによりステアリングハンズフリースイッチの装備が可能となっています。

ソリオバンディットの運転席Aピラーを細くしているため運転が苦手な男性や女性も安心できる

インパネ周りのデザインはグレードごとに特に大きな違いはありませんが、インパネアッパーガーニッシュはハイブリッドSVがブルーメタリック、ハイブリッドMVがシルバーメタリックとそれぞれ異なるカラーが設定されています。また、ピラーを細くすることで前方視界の死角を減らし、運転しやすさをアップしています。

ソリオバンディットのインフォメーションディスプレイソリオバンディットのインフォメーションディスプレイ

マルチインフォメーションディスプレイは、ソリオバンディットのハイブリッドSV・ハイブリッドMVの両方に標準装備されています。トリップメーターや後続可能距離、時計など様々な走行情報を表示します。

よりスポーツテイストを全面に押し出したいという方は、純正アクセサリーのルームミラーカウルやアルミペダルセット、本革ステアリングカバーの取り付けもおすすめです。バンディットのインテリアをレーシーにイメージチェンジできます。

ソリオバンディットの荷室には自転車もゴルフバッグもらくらく積める!

ソリオバンディットの収納力ソリオバンディットは室内高があるので自転車も積み込める

ソリオバンディットのラゲッジルームはテールゲートが大きく、また地上高も665mmと低く設定されているため、力のない方でも大きな荷物を持ち上げることなくスムーズに載せることができます。写真のように9.5インチのゴルフバッグや26型・20型自転車の積載も可能です。

ソリオバンディットのサブトランクサブトランク付きなので荷物を仕分けできることが嬉しい

ソリオのハイブリッドMVグレードにはサブトランクが備わっています。写真はハイブリッドMVの2WD車ですが、4WD車の場合はトランクの容量が違います。

ソリオバンディットの車内には気の利く収納ポイントが数多く設置してある

ソリオバンディットの収納スペース室内のいたるところに配置される収納スペース

便利な収納スペースが至るところに確保してあるのもソリオバンディットの魅力です。運転席にはインパネボックス、助手席にはインパネトレーを設置しています。インパネボックスには小銭入れなどを入れたり、インパネトレーには駐車券やティッシュボックスを置くのも良いでしょう。

ソリオバンディットのドリンクホルダー500mlの紙パックが入るドリンクホルダーを完備

運転席と助手席それぞれにドリンクホルダーがついています。どちらもペットボトルだけでなく、500mlの紙パック飲料を保管することも可能です。

ソリオバンディットのインパネアンダーボックス様々な使い方ができるインパネアンダーボックス

取り外しがきくインパネアンダーボックスは、運転席と助手席の間に設置してあります。小物入れとしても、ゴミ箱としても使えます。

ソリオバンディットのアンダーボックス革靴やサンダルなど替えの靴を収納

助手席シートの下にはアンダーボックスを装備しています。替えの靴をすっきり保管するのに便利な収納スペースです。

ソリオバンディットのフロントドアポケットフロントドアポケットの収納も豊富

フロント・リアともにドアにもドリンクホルダーが備わっています。フロントドアポケットには書類や書籍などを入れられるゆとりがあります。

ドライバーをあらゆる危険から守るソリオバンディットの安全装備いろいろ

ソリオバンディットの安全装備ソリオバンディットはコンパクトカーでもトップレベルの安全装備

スズキ・ソリオバンディットは衝突被害軽減ブレーキや誤発信抑制機能、車線逸脱警報機能など、基本安全・予防安全・衝突安全を考えたさまざまな安全システムを搭載しています。また、イモビライザーやセキュリティアラームシステムといったクルマの盗難防止のためのシステムも充実しています。

ハイブリッドSVとハイブリッドMVのグレード間における安全装備の違いは、車両接近通報装置の有無のみです。ハイブリッドSVには車両接近通報装置が標準装備されていますが、ハイブリッドMVには装着されていません。全方位モニター用カメラは両グレードともにメーカーオプションで装着することができます。

SUZUKIソリオバンディットの内装は用途の自由度が高い便利な設計

ソリオの派生モデルとして登場した、シャープでスタイリッシュな外観のスズキ・ソリオバンディット。その内装はソリオとはまた違ったスポーティなシートデザインで、コックピットも実用性にも優れた設計です。

ソリオと同様のボディサイズなので座席にも荷室にもゆとりがあり、普段使いからレジャーまで、ドライバーのライフスタイルに合わせて様々な使い方が楽しめます。女性でも乗りこなしやすいコンパクトカーサイズで、さらにリアにはスライドドアを採用し乗降性にも優れた低床フロアのため、子育て中の家庭にも重宝されること間違いなしの車です。バンディットはハイブリッドSVとハイブリッドMVの2グレード展開ですが、どちらを選んでもドライバーを満足させてくれるでしょう。