車のエアコンフィルター

車のエアコンフィルターは交換できる?DIYやカー用品店の工賃・フィルターの役割

車のエアコンフィルターは交換する必要があるのでしょうか?実際にエアコンフィルターを交換しなくても車は走ることができますが、空調をつけたときに腐ったような臭いが強くなっていきます。車内の空気を綺麗にするためにもDIY交換やディーラーに頼んでみましょう。

車のエアコンフィルターは交換できる?DIYやカー用品店の工賃・フィルターの役割

車のエアコンフィルターって交換の必要があるの?エアコンフィルターの役割・交換方法のDIY

車のエアコンには家庭用エアコンと同様に吸い込んだ空気の汚れを取り除くフィルターが設置されています。家庭用のエアコンフィルターは簡単に取り外して清掃したり、漂白することができますが、車用のエアコンフィルターは基本的に交換することが前提です。

車のエアコンフィルターは、外気・内気から取り入れた空気に含まれている汚れなどを取り除いてくれるものです。ホコリや虫などをフィルターがキャッチしてくれ、キレイになった空気をエバポレーターに送っています。エバポレーターで冷やされた空気はそのまま吹き出し口に流して冷房にするか、ヒーターコアに通して温めることで暖房となります。

エアコンフィルターは新車購入から1度も交換しなくていいわけではなく、どんどん目詰まりやゴミがたまっていくため1年~2年ごとに1回などオイル交換と同じように周期が決められています。ですが、交換しなければ故障するわけではないため、交換したことがない人もいると思います。

エアコンフィルターはホコリなどをフィルターで取り除いているためどんどん汚れていき、交換しないままでいると汚れたフィルターを通ってきた空気が車内へ送られることとなります。すると、匂いがひどい・臭いエアコンとなるため注意が必要です。

エアコンから臭いがする原因はエアコンフィルターのみではありませんが、汚れたものから新品に交換することで臭いを軽減することができるかもしれません。そこで、エアコンフィルターの役割や交換時期、交換の方法を紹介します。

車に装備されているエアコンフィルターとはエアコンの風をキレイにしてくれるろ過装置のこと

あり得ないくらい汚れているエアコンフィルターとても汚れているエアコンフィルター。ゴミやチリをキャッチしてくれクリーンな空気にしてくれる

車に装備されているエアコンフィルターは、外気や内気で取り込んだ空気をエバポレーターに送る前にエアコンフィルターに通し花粉やチリなどのゴミを取り除いてくれる装備です。最近の車種では必ずといっていいほど装着されています。

エアコンフィルターの役割

  • 空気中の汚れをキャッチする
  • チリだけではなく花粉も取り除いてくれる

チリなどの汚れや花粉を取り除いてくれるエアコンフィルターは、空調を使うごとに汚れていきます。すると、だんだん目詰まりして汚れを排除できなくなってきますし、汚いままの空気を車内へ取り込むこととなります。汚れたままのエアコンフィルターではクサい臭いが送風に乗って車内に入ることとなりますので、1年~2年周期で新品に交換する必要があります。

車のエアコンフィルターの交換をしないと汚れた空気が吹き出し口から出てくることになるため定期的な交換が必要

新品のエアコンフィルターと使用済みのフィルター新品のエアコンフィルターは真っ白でキレイだが、使っているうちに真っ黒くなっていく

車のエアコンフィルターは、空調を使うごとに汚れていきますので、1年や10,000km走行毎など定期的に交換する必要があります。家庭用エアコンのように自動クリーン機能はありませんし、基本的にはフィルターを丸ごと交換します。

車のエアコンフィルターを交換する方法

  • カーディーラーやカー用品店で交換してもらう
  • グローブボックスを外して自分でDIY交換する

カー用品店やディーラーでフィルターを購入し、お店の人に交換してもらう方法や自分でDIY交換する方法があります。整備士の人などに交換してもらった場合は、フィルター代のほかに工賃などがかかります。

エアコンフィルター交換の工賃目安

  • イエローハット:700円~
  • オートバックス:1,000円~
  • ジェームス:3,298円~(部品代込み)

エアコンフィルター自体の交換工賃は1,000円ほどでやってくれます。一部の店舗では部品代(エアコンフィルター)の代金もコミコミで行っています。また、作業時間もグローブボックスを外したら見えるエアコンフィルターを新品と差し替えるだけですので10分程度の比較的早い時間で終わるでしょう。

車のエアコンフィルターの交換はDIYでも出来る!ほとんどの車種はグローブボックスの奥に取りつけられている

グローブボックスの奥のエアコンフィルターを取り出している様子グローブボックスを外した先にあるエアコンフィルター

車のエアコンフィルターは、助手席側にあるグローブボックスを外した先に設置されていることが多く、車種によってはグローブボックスを外した空間の右奥のセンターコンソール裏にあるものもあります。

エアコンフィルターを自分で交換する方法

  1. 車種に合う新品のエアコンフィルターとプラスドライバーを用意
  2. 助手席のグローブボックスを外す
  3. エアコンフィルターのケースが見えるのでフタを開ける
  4. 装着されているエアコンフィルターの様子を覚える
  5. 古いエアコンフィルターを取り外し、装着されていたように新品と入れ替える
  6. エアコンフィルターケースのフタをしっかりと閉める
  7. グローブボックスを戻し完成

エアコンフィルターケースのフタを開けた時に初めてフィルターそのものが見えますが、いきなり取り出すのではなく、ケースに入っている方向や見た目を覚えてから取り出すと上下逆に装着するなどのトラブルを防げます。

主に日産車に多いのですが、エアコンフィルターケースがグローブボックス奥ではなく、右奥のセンターコンソール裏にケースがある場合がありますので、その場合はネジを外すドライバーなども必要になります。

何年もエアコンフィルターを交換していない場合は、フィルターにカビやホコリがものすごく堆積していて取り出した瞬間に舞い散る可能性があるため、手袋やマスクを着用して作業することをおすすめします。

車のエアコンフィルターは新品交換が基本!DIYでも出来るが不安な人はディーラーかカー用品店に頼もう

車に設置されているエアコンフィルターは、外気や内気を取り入れたときに含まれるホコリやカビ、虫や落ち葉などをキャッチしてクリーンな空気にしてくれるものです。異物を取り除くものですので、走行するたびに汚れが溜まっていき自動的に汚れを落としてくれる装置はないので、1年や10,000km走行後に新品へ交換する必要があります。

エアコンフィルターが汚れたまま走っていても、エンジンがかからなくなるなどの重大なトラブルに陥るわけではない快適装備ですが、取り換えないままだと空調をつけた時に不快な臭いがエアコンから吹きだす原因となります。

そのため10,000km走行時や、2年の車検毎に取り換えてもらうなど、エアコンフィルターもメンテナンスしておくことで快適な車内空気でドライブを楽しむことができます。エアコンフィルターはグローブボックスの奥に設置されているため、プラスドライバー1本あれば簡単にDIY交換することもできます。
自分だけではなく同乗者に悪い空気を吸ってもらわないためにも、定期的に交換することをおすすめします。