ルーミーのマイナーチェンジ

ルーミーのマイナーチェンジは2018年11月1日でスマートアシスト3を搭載か?

ルーミーのマイナーチェンジはいつ行われるのでしょうか?噂では2018年11月1日に行われるとされていて、安全装備のスマートアシストが3になるといわれています。歩行者への自動ブレーキやオートハイビームが追加されるため安心してドライブできます。

ルーミーのマイナーチェンジは2018年11月1日でスマートアシスト3を搭載か?

ルーミーのマイナーチェンジでは何がアップデートされる?スマアシ3を搭載して安全性を高める可能性

トヨタが発売している1LDカーのルーミーは、ダイハツが作っているトールのOEM車で2016年11月に発売されたモデルです。安全装備などもしっかりと揃っていますがスマートアシスト2が搭載されていて、トヨタでいうところのトヨタセーフティセンスCですので歩行者には対応していません。

2016年の発売からマイナーチェンジが1回も入っていないので、2018年11月1日に予定していると噂されているマイナーチェンジで安全装備をパワーアップさせて歩行者にも対応したスマートアシスト3を搭載すると考えられています。

さっそく、ルーミーにマイナーチェンジで搭載されると考えられているスマートアシスト3の内容やルーミーのスペックをおさらいしておきましょう。

ルーミーのマイナーチェンジで安全装備がスマートアシスト3に進化すると考えられる

ルーミーの安全装備マイナーチェンジで安全装備のスマートアシスト3を装備すると予想される

2018年11月1日にマイナーチェンジを行うと予想されているトヨタのルーミーは、安全装備を搭載していますがスマートアシスト2を装備していて歩行者の自動ブレーキに対応していない旧世代のものです。そこで、今回行われると予想されているマイナーチェンジでスマートアシスト3へ進化し安全装備をパワーアップさせます。

スマートアシスト3の機能

・衝突警報機能(対車両・対歩行者)
・衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能(前方・後方)
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム

スマートアシスト2では車両に対してのみ緊急ブレーキが作動しますが、約50km/h以内で走行中に速度差が30km/h以内の作動条件になっています。マイナーチェンジ後に搭載されると予想されているスマートアシスト3では、速度帯は約80km/hまで拡大しているので停止が間に合わなくても被害を軽減してくれます。しかも歩行者に対しても緊急ブレーキが作動するようになり約50km/hまでの速度帯で作動するシステムです。

ほかにも、車線逸脱警報機能や前後の誤発進抑制機能はスマアシ2のルーミーでも搭載していますが、新たに追加されるのがオートハイビームで、明かりがない場所を走行していると自動的にハイビームになり、対向車や先行車を検知するとロービームに切り替えてくれる機能です。

暗い場所は人や停止車両などを見つけにくく、ロービームで走行中に見つけても気がついた時にはもう遅いということがありますので、自動的にハイビームに切り替えてくれる機能は普段ハイビームを使う習慣がない人でも安心して走行できます。

ルーミーのマイナーチェンジ前にスペックをおさらいしておこう

ルーミーは2016年11月に新発売したトールワゴンで、ダイハツのトールをベースにしたOEMモデルです。全長は3,700mm・全幅1,670mm・全高1,735mmのコンパクトサイズで、全高が高いため室内の広さは抜群です。ボディカラーはモノトーンが9色、ツートンカラーが5色の全14色設定で、駆動方式はFFの2WDと4WDが用意されています。

ルーミーのボディサイズ
全長 3,700mm
全幅 1,670mm
全高 1,735mm
ホイールベース 2,490mm
最低地上高 130mm
室内長 2,180mm
室内幅 1,480mm
室内高 1,355mm
乗員定員 5人

搭載されているエンジンは、直列3気筒の1.0Lエンジンで自然吸気のNAとターボエンジンの2種類が用意されています。2WDにはNAとターボの2種類が設定されていますが、4WDにはNAしかない点に注意が必要です。

ルーミーの搭載エンジン
NA ターボ
型式 1KR-FE 1KR-VET
種類 直列3気筒 直列3気筒ターボ
排気量 996cc 996cc
最高出力 51kW/6,000rpm 72kW/6,000rpm
最大トルク 92Nm/4,400rpm 140Nm/2,400~4,000rpm
ミッション CVT CVT
燃費 24.6km/L 21.8km/L

安全装備にはスマートアシスト2のほかに、LEDヘッドライトやパワースライドドアを装備し、メーターのマルチインフォメーションディスプレイもカラー表示になっているなど、安全装備や快適装備が充実しています。

価格帯は146万円からでエアログレードの「カスタム」になると177万円からになり、グレード名にTがつくものはターボエンジンが搭載されているモデルになります。

マイナーチェンジ前ルーミーの価格帯
2WD 4WD
X 1,463,400円 1,636,200円
XS 1,528,200円 1,701,000円
G 1,620,000円 1,792,800円
GS 1,684,800円 1,857,600円
G-T 1,803,600円
カスタムG 1,771,200円 1,944,000円
カスタムGS 1,836,000円 2,008,800円
カスタムG-T 1,965,600円

マイナーチェンジで安全性能が向上する現行型ルーミーの画像6枚

左斜め前から見た現行型ルーミールーミー

現行型ルーミーのフロントビュールーミー

現行型ルーミーの後部座席ルーミー

現行型ルーミーの運転席と助手席ルーミー

現行型ルーミーのスライドドアルーミー

現行型ルーミーのリヤビュールーミー

ルーミーのマイナーチェンジは安全装備がパワーアップし安心できる車になって帰ってくるだろう

2016年から発売されたトヨタのルーミーは、コンパクトカーながら両側スライドドアを採用し全高も高いので広々と使える車です。エンジンの排気量は1.0Lですので自動車税も1番安いものになり燃費も20.0km/L以上を記録しているのでコストパフォーマンスに優れています。

搭載されている安全装備はトヨタセーフティセンスCに相当するスマートアシスト2で、対歩行者への自動ブレーキに対応していない旧世代のものです。そこで、2018年11月1日のマイナーチェンジで、歩行者への自動ブレーキにも対応したスマートアシスト3を搭載しより安心感がありお得感もある車にすると考えられます。

コンパクトなサイズで存在感もあるトヨタのルーミーは、5人乗りの普通車ですので子供などの送迎もしやすくとても使いやすい車です。スマートアシスト3になることで、オートハイビームが搭載されるので普段ハイビームを使わない人でも暗闇で障害物や人を見つけやすくなるため、事故の可能性もグンと下がります。