ピクシスジョイの内装

ピクシスジョイの内装はC・F・Sグレードごとの個性あふれるデザインに注目

ピクシスジョイの内装はグレードによってスポーティだったりファッショナブルなデザインを選べます。トヨタ新型ピクシスジョイのコックピットやインパネ周りのガーニッシュやシート素材も其々違います。安全装備ではスマートアシスト3を搭載。自動ブレーキなどの先進機能で安全運転をサポートします。

ピクシスジョイの内装はC・F・Sグレードごとの個性あふれるデザインに注目

TOYOTAピクシスジョイの内装をコックピットやシートデザインなどに触れて紹介

トヨタの新型ピクシスジョイはダイハツ・キャストをOEM供給元とした軽自動車です。トヨタのピクシスシリーズの第5弾として登場したピクシスジョイは、丸みのあるネオクラシックな見た目が可愛らしく、さらにスポーツモデルも販売されていることから女性にも男性にも人気のモデルです。

レトロなビジュアルを持つ人気車種ピクシスジョイの内装を、C・F・Sのグレードごとにコックピットやシートデザインに触れて解説していきます。ピクシスジョイの内装カスタムにおすすめしたい純正アクセサリーもまとめました。

トヨタ・ピクシスジョイのコックピットはグレードによってデザイン・設計に差がある

ピクシスジョイのコックピット上からC G SA III プライムコレクション・F G SA III プライムコレクション・S SA IIIのコックピット画像

新型ピクシスジョイはグレードごとにコックピットのデザインや設計が異なります。それぞれに設定されているインパネ系のカラーによって受ける印象も随分と変わってきますので、グレード間における装備差にも注目したいところです。

メーター周りを見てみると、2眼デザインなのは全グレード共通していますが、イルミネーションカラーに違いがあります。CとFは視認性に優れたホワイトカラーが設定されています。スポーツモデルのピクシスジョイSのメーターとメーター針には、いかにもな赤のスポーツデザインが採用されていて、ユーザーの走りへの期待を高めてくれます。

ピクシスジョイの助手席の収納新型ピクシスジョイはCとS、Fとで助手席の収納に違いがある

CとSはほぼ同じ形状でインパネトレイが搭載されていますが、Fにはインパネアッパーボックスが装備されます。ちょうどティッシュケースなどを入れるのに適したサイズです。

ピクシスジョイのカップホルダー未使用時にはワンプッシュでスマートに格納できる便利なカップホルダーを搭載

助手席に設置されるドリンクホルダーは、ワンプッシュでオープンから格納までできるようになっています。一部グレードを除き、ほぼ全てのグレードがシンボル照明付きとなります。

ピクシスジョイのフロントセンターアームレスト大きめのボックス付きで色々なものを入れられる新型ピクシスジョイのフロントセンターアームレスト

運転席と助手席の間にはフロントセンターアームレストが設置されています。ボックス付きで小物入れとしも使えます。

ピクシスジョイのオーバーヘッドコンソールサングラスやメガネ入れとして使えるオーバーヘッドコンソール

運転席の頭上にあるオーバーヘッドコンソールは、メガネやサングラスを入れるのにちょうどいいスペースです。運転中にサッと取り出しやすい位置にあります。

新型ピクシスジョイの内装シートはC・F・Sそれぞれに合ったデザインが設定される

ピクシスジョイのインテリアアクセントカラーピクシスジョイCのインテリアアクセントカラーはブラックとシルバーがラインナップ

クロスオーバーモデルのピクシスジョイCの内装カラーには、剛健なブラック(ボディカラー対応色に変更可・ブラックマイカメタリックはブラックのみ)×レザー調ブラックかスッキリと爽やかな印象のシルバー×ディープボーダー柄のフルファブリックが設定されます。プライムコレクションがブラック、その他モデルがシルバーです。
その他のモデルの場合、メーカーオプションでインテリアアクセントカラーをシルバーからボディカラー対応色へと変更できます。

ピクシスジョイのFの内装色ピクシスジョイFの内装色はブラウンとシルバーが展開している

ファッショナブルでおしゃれな外観を持つピクシスジョイFの場合、インテリアアクセントカラーは高級感のあるブラウン×レザー調ブラックまたはナチュラルなイメージが強いシルバー×スエード調のフルファブリックの組み合わせです。ブラウンが設定されるのはプライムコレクションで、それ以外はシルバーが標準設定となります。
メーカーオプションでシルバーのインテリアアクセントカラーをバーガンディへと変更可能です。

ピクシスジョイのSの内装色スポーティな新型ピクシスジョイSの内装色はレッドandブラックが設定されている

スポーツモデルのピクシスジョイSには、外装にもマッチした走りを予感させるレッドandブラックの内装色を採用しています。シート素材はCやFにも設定されているブラックのレザー調生地が使われています。

現行型ピクシスジョイのラゲッジルームは荷物を載せやすいのが特徴!多彩なシートアレンジで使い道も広がる

ピクシスジョイのラゲージアンダーボックス深底ラゲージアンダーボックスつきの荷室を有したトヨタ・ピクシスジョイ

新型ピクシスジョイの内装は、コンパクトなボディの中に軽カーとしてはかなりの荷室容量を備えています。荷室フロア高はFとSが660mm、Cが690mmとモデルごとに多少の差はありますが、いずれも低床でテールゲート開口部が大きいため積載性に優れています。ピクシスジョイのラゲッジスペースには大容量の深底ラゲージアンダーボックスを搭載しており、背の高い荷物を載せることも可能です。

ピクシスジョイのシートアレンジサイズの大きい荷物から重量のある荷物までスムーズに積載できる新型ピクシスジョイ

新型ピクシスジョイでは、荷物や乗車人数に応じたシートアレンジが可能です。長尺物の積載はもちろんですが、ロングソファモードにして足を伸ばしてのんびりとくつろげるスペースを作ることもできます。

新型ピクシスジョイはセーフティサポートカーSワイドの評価を受けているスマアシ3搭載車!

ピクシスジョイの安全装備TOYOTA新型ピクシスジョイはスマアシ3を標準装備(C XとF X以外)とし、事故防止のための努力がなされている

トヨタ新型ピクシスジョイは安全装備として、スマートアシスト3を搭載しています。スマアシ3はC XとF Xの2グレードを除くピクシスジョイ全車に標準装備されており、スマアシ装着車のピクシスジョイは国が推進するセーフティサポートカーS<ワイド>に認定されています。
対車両・歩行者の衝突警報機能と衝突回避支援ブレーキ機能・車線逸脱警報機能・オートハイビーム・誤発進抑制制御機能などの先進安全システムによって、事故につながるさまざまなヒヤリ・ハットを防ぎ、ドライバーや乗員の身の安全を確保します。

トヨタ・ピクシスジョイに装着可能な純正アクセサリーは?おすすめを紹介!

ピクシスジョイのセンタークラスターとスイッチベーススタイリッシュなセンタークラスターとスイッチベースのセットでピクシスジョイの内装をイメージチェンジできる

新型ピクシスジョイのインパネ周りのカスタムを検討するなら、お得なインテリアパネルセットがおすすめです。センタークラスターとスイッチベースの2点セットとなっていて、ウッド調とピアノブラック調から選べます。

ピクシスジョイのステアリングカバー新型ピクシスジョイ用のステアリングカバーは高機能タイプのブラックと通常モデルのホワイトからセレクト可能

ピクシスジョイS“SA III“以外の全車に取り付けることができるステアリングカバーは、ステアリングが極端に熱くなったり冷たくなるのを防ぐ「クオーレモジュレ」と呼ばれる特殊な素材を使ったブラック、清潔感のあるすっきりとしたホワイトカラーの2種類があります。

ピクシスジョイの革調シートカバーピクシスジョイの内装を格上げする革調シートカバーはブラックとタンの2カラーが展開

純正アクセサリーの革調シートカバーをカスタムすれば、一気にピクシスジョイの内装の印象が変わります。革調シートカバーのカラーは大人っぽいブラックとスポーティなタンがラインナップしており、C・FのGターボ“SA 3“プライムコレクションとG“SA 3“プライムコレクション、Sの“SA 3“を除く全てのピクシスジョイに装着可能です。

現行型ピクシスジョイの内装は目的・用途に配慮したデザインで使い勝手も抜群!

新型ピクシスジョイの内装は、クロスオーバーモデルらしい質実剛健なC、洗練されたおしゃれなF、レッドカラーをアクセントとしたスポーティなSなど、グレードごとに個性を出した内装デザインが楽しめるのが魅力です。それぞれがカーデザイナーの遊び心が詰まったおしゃれな室内となっています。
また、安全装備システムも装備しており、幅広い年齢層のユーザーにとって乗り回しやすいモデルとなっています。社外品や純正アクセサリーでカスタムして自分だけの一台に近づけるのも良いでしょう。