N-WGNのフルモデルチェンジ

N-WGNは2019年にフルモデルチェンジで低燃費を実現

ホンダN-WGNが2019年にフルモデルチェンジ。新型モデルでは、マイルドハイブリッドシステムを搭載し低燃費を実現する見込み。助手席スーパースライドシートを導入してホンダセンシングを装備、内外装の特徴や販売価格等を予想も交えて紹介します。

N-WGNは2019年にフルモデルチェンジで低燃費を実現

N-WGN がフルモデルチェンジで新型モデル登場!内外装等の魅力を紹介

ホンダの軽自動車Nシリーズの売上は好調です。人気No.1はN-BOXですが、N-ONEやN-WGNは顧客満足度の高い車です。

N-BOXが2017年8月にフルモデルチェンジを行ってから、N-ONEやN-WGNのフルモデルチェンジのタイミングにも注目が集まっています。

N-WGNはライバルであるスズキのワゴンRやダイハツのムーヴと比較すると、燃費の面で見劣りしています。その影響もあって販売台数が下降気味です。

今回は、N-WGNのフルモデルチェンジの時期や新型モデルの内外装の魅力や安全性能、販売価格等について予想も交えて紹介していきます。

特別仕様車として7つの「SSパッケージ2」をN-WGN/N-WGNカスタムに設定

特別仕様車「SSパッケージ2」のN-WGNとN-WGNカスタム2018年7月6日に発売されたN-WGNとN-WGNカスタムの特別仕様車「SSパッケージ2」

2018年7月6日にN-WGNとN-WGNカスタムに特別仕様車「SS(スズキスペシャル)パッケージ2」を設定しました。SSパッケージ2はN-WGNに1つ、N-WGNカスタムに6つ設定された特別仕様車で、それぞれで特別装備が異なります。

N-WGN Gの特別仕様車「SSパッケージ2」に追加される特別装備

・あんしんパッケージ
・運転席&助手席シートヒーター
・インパネガーニッシュ
・クロームメッキ・エアコンアウトレットリング
・ディスチャージヘッドライト(HID)
・専用色モーニングミストブルー・メタリックを設定

N-WGNカスタムの特別仕様車「SSパッケージ2」に追加される特別装備

・あんしんパッケージ
・運転席&助手席シートヒーター
・本革巻セレクトレバー
・常時点灯3眼メーター
・ホワイトイルミネーション
・専用色サンセットオレンジ2を設定

N-WGNカスタムの特別仕様車「ターボSSパッケージ2」に追加される特別装備

・あんしんパッケージ
・運転席&助手席シートヒーター
・本革巻セレクトレバー
・常時点灯3眼メーター
・ホワイトイルミネーション
・本革巻ステアリングホイール
・サイドシルガーニッシュ
・15インチアルミホイール
・専用色サンセットオレンジ2を設定

N-WGNカスタムの特別仕様車「SSブラックスタイルパッケージ」に追加される特別装備

・あんしんパッケージ
・運転席&助手席シートヒーター
・プライムスムース&ジャージコンビシート
・本革巻ステアリングホイール
・本革巻セレクトレバー
・ブラック塗装フロントグリル
・ブラック塗装アウタードアハンドル
・ブラック塗装リアライセンスガーニッシュ
・ブラック塗装フォグライトガーニッシュ
・ブラック塗装モール付リアバンパー
・14インチアルミホイール
・専用色サンセットオレンジ2を設定

N-WGNカスタムの特別仕様車「ターボSSブラックスタイルパッケージ」に追加される特別装備

・あんしんパッケージ
・運転席&助手席シートヒーター
・プライムスムース&ジャージコンビシート
・本革巻ステアリングホイール
・本革巻セレクトレバー
・ブラック塗装フロントグリル
・ブラック塗装アウタードアハンドル
・ブラック塗装リアライセンスガーニッシュ
・ブラック塗装フォグライトガーニッシュ
・ブラック塗装モール付リアバンパー
・14インチアルミホイール
・本革巻ステアリングホイール
・サイドシルガーニッシュ
・15インチアルミホイール
・専用色サンセットオレンジ2を設定

N-WGNカスタムの特別仕様車「SS2トーンカラースタイルパッケージ2」に追加される特別装備

・あんしんパッケージ
・運転席&助手席シートヒーター
・プライムスムース&ジャージコンビシート
・本革巻ステアリングホイール
・本革巻セレクトレバー
・常時点灯3眼メーター
・レッドイルミネーション
・インパネガーニッシュ
・ドアオーナメントパネル
・ピアノブラック調エアコンパネル
・ダーククロームメッキ&ブラック塗装フロントグリル
・ダーククロームメッキ・アウタードアハンドル
・ダーククロームメッキ・リアライセンスガーニッシュ
・ブラック塗装フォグライトガーニッシュ
・ブラック塗装モール付リアバンパー
・14インチアルミホイール

N-WGNカスタムの特別仕様車「ターボSS2トーンカラースタイルパッケージ2」に追加される特別装備

・あんしんパッケージ
・運転席&助手席シートヒーター
・プライムスムース&ジャージコンビシート
・本革巻ステアリングホイール
・本革巻セレクトレバー
・常時点灯3眼メーター
・レッドイルミネーション
・インパネガーニッシュ
・ドアオーナメントパネル
・ピアノブラック調エアコンパネル
・ダーククロームメッキ&ブラック塗装フロントグリル
・ダーククロームメッキ・アウタードアハンドル
・ダーククロームメッキ・リアライセンスガーニッシュ
・ブラック塗装フォグライトガーニッシュ
・ブラック塗装モール付リアバンパー
・サイドシルガーニッシュ
・15インチアルミホイール

特別仕様車「SSパッケージ2」の販売価格は1,261,000円から

N-WGN/N-WGNカスタムの特別仕様車「SSパッケージ2」の販売価格は1,261,000円から1,789,000円になっています。全ての特別仕様車にあんしんパッケージなどの安全装備を採用しているお得な特別仕様車になっています。

N-WGN/N-WGNカスタム特別仕様車「SSパッケージ2」の価格
タイプ 駆動 販売価格
N-WGN
「SSパッケージ2」
FF 1,515,000円~
4WD 1,645,000円~
N-WGNカスタム
「SS パッケージ2」
FF 1,515,000円~
4WD 1,645,000円~
N-WGNカスタム
「ターボSSパッケージ2」
FF 1,599,000円~
4WD 1,729,000円~
N-WGNカスタム
「SSブラックスタイルパッケージ」
FF 1,515,000円~
4WD 1,645,000円~
N-WGNカスタム
「ターボSSブラックスタイルパッケージ」
FF 1,599,000円~
4WD 1,729,000円~
N-WGNカスタム
「SS2トーンカラースタイルパッケージ2」
FF 1,575,000円~
4WD 1,705,000円~
N-WGNカスタム
「ターボSS2トーンカラースタイルパッケージ2」
FF 1,659,000円~
4WD 1,789,000円~

N-WGNのフルモデルチェンジは2019年

5色並んだN-WGN

※現行N-WGN

ホンダNシリーズは、軽自動車市場で熾烈なシェア争いを繰り広げるスズキやダイハツを意識して商品戦略が行われます。1967年のN360をルーツとするNシリーズは「New Next Nippon Norimono」をコンセプトに掲げます。

2011年に登場したN-BOXは2017年にフルモデルチェンジが行われました。2012年に発売を開始したホンダ・ゼストの後継車にあたるN-ONEのフルモデルチェンジは2018年が既定路線です。同様のタイミングであると考えれば、2013年に初代モデルが販売されたライフの後継車にあたる軽ハイトワゴンN-WGNのフルモデルチェンジの時期は2019年となると予想されます。

新型N-WGNのエクステリアはカスタムグレードでは様変わり

N-WGNの現行モデル

※現行N-WGN標準モデル

2017年8月にフルモデルチェンジが行われ誕生したN-BOXはキープコンセプトであったため、N-WGNでも、前モデルのエクステリアの流れは受け継ぐものと思われます。標準モデルで変更点があるとすれば、ヘッドライトのデザインを若干いじるくらいです。

N-WGNカスタムの現行モデル

※現行N-WGNカスタムグレード

現行モデルと比較して大きな変更点が見られるとすれば、カスタムモデルです。

カスタムモデルでは大型グリルを設置してフロントマスクの迫力をアップ、メッキ加飾で華やかさを付け加えデザイン面で車にこだわりを持つユーザーの購買意欲を刺激します。

N-BOXカスタムに見られるようなプレミアム感が加わったグレードもN-WGNではラインナップする見込みです。

新型N-WGNでも助手席スーパースライドシートを採用

N-WGNのベージュインテリア×ブラウンシート

※現行モデルのベージュインテリア×ブラウンシート

N-BOX同様にN-WGNでもキープコンセプトの考え方でフルモデルチェンジが行われます。
N-WGNの標準モデルでは、ベージュカラーを中心とした落ち着いた色合いが好印象で、フロアカーペットのブラックカラーは、汚れが目立ちにくいと子育てをしているママさん達から好評です。

N-WGNのブラックインテリア×カスタムブラックシート

※現行カスタムモデルのブラックインテリア×カスタムブラックシート

現行モデルのカスタムグレードのインテリアは、シックなブラックで攻めていて、内外装にかっこ良さを求める男性を意識した仕上がりです。

今回のフルモデルチェンジでは、標準モデル及びカスタムグレードのインテリアではデザインの大幅な変更は行いません。

新型N-BOXのスーパースライドシート

新型N-WGNでも、N-BOX同様に助手席スーパースライドシートを導入します。

60cm近くも前や後ろへと動かす事が可能なシートを利用することで、多彩なシートアレンジが可能となり荷物の積載能力が上がります。導入する効果は、車への乗り降りが楽になる、室内でお子さんの面倒も見やすくなる等があります。