N-ONEの内装

N-ONEの内装はデザイン豊富で自分好みのコーディネートが選べる

N-ONEの内装はスタンダード・セレクト・プレミアム・RSの4グレードごとに設定。シートデザインはトリコット素材や上質感のあるブラウン、ブラックの本革などバラエティ豊富。コックピット・インパネ周りは実用性的なシンプルな作りで、荷室容量も十分に確保されておりリアシートを倒せば大きな荷物が積めます。

N-ONEの内装はデザイン豊富で自分好みのコーディネートが選べる

N-ONEの内装は選ぶ楽しみがいっぱい!室内空間やシートデザインを徹底調査

発売当初の2011年12月から2018年6月までの期間で国内累計販売台数が200万台を突破したHONDAのNシリーズ。そのうちのNシリーズ第3弾として登場したN-ONEは、2012年11月に発売を開始した軽自動車です。

現行型N-ONEのグレードは大きく分けるとスタンダード・セレクト・プレミアム・RSの4タイプで、その中で低全高モデルの「ローダウン」やターボ付きの「ツアラー」などさらに区分されています。Nシリーズの中では最もコンパクトなモデルですが、グレードのラインナップが豊富で自分のイメージに合うデザインを選ぶ楽しみがあるクルマです。
自分好みのスタイルによってセレクトできるN-ONEの内装を、室内空間・インテリアカラーのバリエーション・収納スペース等を中心に詳しく解説していきます。

N-ONEに特別仕様車「ホワイトクラッシースタイル」が登場!優しいパステルカラーに白色を利かせた内外装が魅力

WHITE CLASSY STYLEのN-ONE新型N-ONEの特別仕様車として登場した「WHITE CLASSY STYLE」

2018年11月2日より、ホンダN-ONEの特別仕様車「WHITE CLASSY STYLE(ホワイトクラッシースタイル)」が発売されました。可愛らしいエヌワンのエクステリア・インテリアに清潔感と上品さが加えられています。

N-ONEホワイトクラッシースタイルの内装爽やかなホワイトカラーで開放的な気持ちになれるホンダN-ONEホワイトクラッシースタイルの内装

N-ONEホワイトクラッシースタイルのインパネ周りインパネ周りやメーターリングにも白を利かせている

N-ONEホワイトクラッシースタイルの内装は、白で統一された爽やかなインテリアデザインが特徴です。派手過ぎず地味過ぎない、程よいシンプルさでドライバーの心を満たします。

N-ONEホワイトクラッシースタイルのシート優しい色合いのアイボリーホワイトのトリコットシートは座り心地が良く長時間の運転も快適に楽しめる

ホワイトクラッシースタイルの内装シートには、パステルカラーのボディカラーにもマッチした優しいホワイトアイボリーのトリコットシートが設定されています。運転席・助手席だけでなく、リアシートに座るゲストも居心地の良さを体感できます。

特許技術「センタータンクレイアウト」を採用し広々とした室内空間づくりに貢献

N-ONEのセンタータンクレイアウトセンタータンクレイアウトとは燃料タンクを床下において荷室を確保するホンダの特許技術

「センタータンクレイアウト」とは、燃料タンクをフロントシートの下部に納めるというホンダ独自の特許技術です。この合理的な技術によって、N-ONEの持ち味であるコンパクトさとゆとりのある室内空間の両方を維持しています。

N-ONEの後席空間N-ONEはセンタータンクレイアウトにより後席でも足を組めるほどの空間を確保

フロントシートの背面を後部座席に乗る人の膝に沿わせて形取ることで、リアシートでも足を組めるほどのゆとりを生み出しています。

高い視認性でドライバーの安全運転をサポートするインパネ周りはメーターの違いに注目!

N-ONEのメーターN-ONEのメーターは立体感がありドライバーが見やすいように工夫されている

新型N-ONEスタンダードのコックピットに注目してみると、計器類やインパネ周りは立体感のある構造となっています。ホワイトの照明が細かな数字もクリアに表示しているので、ドライバーは重要な走行情報を逃さずキャッチできます。インパネ周辺はセレクトグレードも同じデザインとなります。

N-ONEのブラックメーターN-ONEのプレミアムグレードはメーターの盤面をブラックにしているため統一感がある

プレミアムグレードのメーターはスタンダードやセレクトと同じくホワイトの照明が使用されていますが、スタンダードと比較すると盤面がブラックに変更されており、カジュアルさが抑えられています。シンプルですがスタイリッシュな印象です。

N-ONEのRSグレードの内装N-ONEのRSグレードはレッドカラーをアクセントにしたスポーティなデザイン

RSのコックピットには赤のイルミネーションをアクセントに採用しています。力強い走りを予感させるスポーティなデザインがかっこいいです。

スマホとの連携が可能なディスプレイオーディオはメーカーオプションで装備可能

N-ONEのカーナビゲーションBluetoothを使いスマートフォンの音楽を聴くことができる

スマートフォンとの連携によりカーナビとして使えるディスプレイオーディオは、メーカーオプションでスタンダードとスタンダードLに装着可能です。Bluetooth接続でスマートフォンの音楽を聴いたり、ハンズフリー通話もできます。明るくクリアなディスプレイで見やすさも考慮されています。

N-ONEのシートバリエーションは4種類からセレクトできる

新型エヌワンのシートデザインは、スタンダード・セレクト・プレミアム・RS の4つのグレードにそれぞれ対応する形で設定されています。ステアリングやパネル類も各シートに合わせてコーディネートされています。

スタンダードは優しい色合いでシンプルを極めたインテリアカラー

N-ONEのスタンダードシートN-ONEのスタンダードシートは自然を感じられる柔らかな内装が特徴

温かくナチュラルな風合いを出しているスタンダードのシートデザインは、スタンダード・スタンダードローダウン・スタンダードL・スタンダードローダウンL・スタンダードツアラーに適用されます。シートにはブルーが織り込まれたモカカラーのトリコット素材を使用しています。スタンダードとスタンダードローダウンのドアパネルはブラウンですが、それ以外はホワイトアイボリーが設定されています。

N-ONEのホワイトのインパネインパネ周りはホワイトを基調にした優しい雰囲気

ステアリングホイールにはホワイトアイボリーのパネルを使用し、優しい雰囲気に仕上がっています。インパネ周りもホワイトカラーのイルミネーションが優しく光り、ハイコントラストで見やすい大きめのメーターが配置されています。

セレクトの内装はカフェのようなおしゃれな室内空間が広がる

N-ONEのオシャレなセレクト内装木を使った安らぎ空間をN-ONEに求める方はセレクト内装がおすすめ

セレクトの内装は、木のぬくもりが感じられるメープルブラウンのコンビシートです。メープルカラーで乗員全員がほっと安らげるような癒しの空間を演出してくれます。

N-ONEのメープルウッド内装メープルウッド調パネルはN-ONEに上級セダンの雰囲気をプラスしてくれる

インパネやドアパネルにはメープルウッド調のパネルを採用しており、内装の上質感を引き立てています。こちらはN-ONEのセレクト・エレクトツアラーに対応します。

プレミアムはブラックカラーで統一することで引き締まった印象の内装に

N-ONEのプライムスムースシート布とプライムスムースの組み合わせた手触りの良い上質なシート

黒一色でまとめられたプレミアム・プレミアムツアラー専用のインテリアシートは、ジャージファブリック(布)とプライムスムースを融合して作られました。

N-ONEのブラック木目調パネルブラックカラーにマッチした木目調パネルがプレミアム感満載

ブラックウッドの木目調パネルはシートとの統一感があり非常にマッチしています。ステアリングホイールは本革巻で手に吸い付くような握り心地でハンドル操作性も向上しそうです。

RSはレーシングモデルらしいエネルギッシュな走りを予感させる内装

N-ONEのRSグレードホンダではスポーツグレードを「RS」として展開していてN-ONEのRSもスポーティな内装になっている

オーナーのスポーツマインドを刺激するRS専用の内装は、ブラックとシルバーグレーのコンビシートです。シートにはプライムスムースと厚みのあるダブルラッセルを使用しています。

N-ONEのRSグレードの専用装備RSグレードは専用装備が多彩で内装は通常のN-ONEとは一味違ったイメージ

インパネやステアリングのステッチにはレッドカラーをアクセントとして使用し、よりスポーティさを前面に押し出しています。レーシーな雰囲気がN-ONEでの運転をもっと楽しくさせてくれます。

新型N-ONEの快適装備で季節を問わず居心地の良い空間に

N-ONEのオートエアコンフルオートエアコンは特に女性に嬉しいプラズマクラスターを搭載

プラズマクラスター技術搭載のフルオートエアコンディショナーは全タイプに標準装備されていて、ボタンもわかりやすく操作性に優れて、寒い日も暑い日も快適な車内温度を保ちます。

N-ONEの紫外線・赤外線カットガラスN-ONEのガラスは紫外線や赤外線をカットする特殊ガラスを採用

新型エヌワンは、スタンダードとスタンダードLを除く全てのグレードに「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」を設定しています。特殊なガラス素材が熱さの原因となる紫外線(UV)と暑さの原因となる赤外線(IR)をカットし、冷房効果をアップさせます。

N-ONEのシートヒーター寒い日に嬉しいシートヒーターは運転席と助手席に設定

運転席・助手席のシートヒーターはスタンダード(4WD)・スタンダードL・セレクト(4WD)・セレクトツアラー・プレミアム(4WD)・プレミアムツアラー(4WD)に設定されています。

軽自動車では初の試み!遮音機能付フロントウインドウガラスで耳障りなノイズを排除

N-ONEの遮音フロントウインドウ遮音フロントガラスを軽自動車で初めて採用 エンジン音やロードノイズを大幅に軽減

遮音機能のあるフロントウインドウガラスはエヌワンの全グレードに標準搭載されており、走行中の不快なエンジン音を最小限に抑えます。車内の静粛性を向上することで、より快適なドライビングを心ゆくまで満喫できます。

小さく見えて収納スペースは広く確保!大きな荷物も積みやすい

N-ONEの床下収納荷室の床下にも収納スペースを設けているのでボディサイズ以上に荷物を積み込める

4人が乗車した状態でも荷室容量はしっかり確保されている新型N-ONE。荷室の床下にも収納スペースがあるので、工具類を収納するのに使えます。

N-ONEのリヤシートアレンジリヤシートを倒すとゴルフバックなど大きな荷物も積める

リアシートを倒せばフラットな収納スペースがさらに広がります。スノーボードやトランクなどの大きな荷物も、高く持ち上げなくてもスムーズに積載できます。

N-ONEのリヤシートを跳ね上げたイメージN-ONEは内側からリヤシートをはね上げることもできるため活用方法は無限大

また、リアシートは背もたれを倒すだけでなく、はね上げて使うというのもひとつの方法。テールゲートからではなく横から荷物を積みたいときに便利です。シートアレンジ次第で様々な活用法が見つかります。

N-ONEの内装は高いデザイン性とバリエーションの豊富さが魅力!

UV・IRカットパッケージやプラズマクラスター技術を搭載したエアコンなど、女性に嬉しい装備も盛りだくさんの新型N-ONEですが、デザイン性の高いスタンダードモデルから走りを楽しめるRSモデルまでを設定するなど、男女問わずターゲット層を広げて選べるスタイルとなっていることが人気の一要因として挙げられます。
フルモデルチェンジが間近とも言われている今、ホンダセンシングの搭載による安全装備の充実など、N-ONEは従来モデルからのさらなる内装の進化が期待されます。