新型MAZDA3のモデルチェンジ

新型MAZDA3の改良やモデルチェンジ情報 ファストバックとセダンの価格やスペックなど

新型MAZDA3のフルモデルチェンジは2018年11月28日で2019年5月24日に販売開始しました。MAZDA3は新型エンジンのSKYACTIV-Xを搭載、セーフティ・サポートカーSのワイドに対応する安全装備や運転しやすいドライビングポジションなど、乗る人のことを考えた車作りをしています。

新型MAZDA3の改良やモデルチェンジ情報 ファストバックとセダンの価格やスペックなど

新型MAZDA3が2019年5月24日に発売!SKYACTIV-Xを搭載してアクセラから進化

日本では2019年5月24日に発売された新型MAZDA3。アクセラ4代目フルモデルチェンジのタイミングで、車名をグローバルモデルの「MAZDA3」に統一。次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」の搭載も予定されており、今後のマツダの占う重要なモデルです。

新型MAZDA3のエクステリアや搭載エンジン、搭載装備や価格帯をご紹介。商品改良、グレードの追加、マイナーチェンジ、次期型の開発など、最新情報が入りしだい更新しています。

マツダが「SKYACTIV-X」搭載グレードの発売を10月から12月に延期!

2019年8月7日、マツダ株式会社はMAZDA3に設定予定だった「SKYACTIV-X」搭載グレードを2019年10月から、2019年中旬に延期すると発表しました。

SKYACTIV-Xは、MAZDA3で初めての市販化される次世代エンジンです。世界で初めてマツダが実用化した「火花点火制御圧縮着火(SPCCI)」を採用し、ディーゼルとガソリンの良い特性を併せ持つエンジンとも言われています。

新型MAZDA3が欧州で受注をスタート!欧州仕様のスペックを紹介

欧州仕様 新型MAZDA3欧州仕様 新型MAZDA3がSKYACTIV-Xを搭載して受注開始

日本で発売されたばかりの新型「MAZDA3」ですが、マツダ欧州部門は2019年6月5日から、欧州において新型ガソリンエンジンの「SKYACTIV-X」を搭載した新型「MAZDA3」の受注を開始しました。納車は2019年秋から順次行われます。

欧州仕様 新型MAZDA3欧州仕様の新型MAZDA3はSKYACTIV-Xにエムハイブリッドを組み合わせたモデル

新型「MAZDA3」の欧州仕様のSKYACTIV-Xは「エムハイブリッド」を組み合わせ、排気量2.0L、最大出力180ps、最大トルク22.8kgmを発揮し、欧州複合モード燃費は23.3km/L、CO2排出量が96g/kmとなっており、環境にやさしく、走行シーンを選ばず、思い通りのドライビングを実現します。

マツダ新型「MAZDA3」が魂動デザインを深化させセダンとファストバックで2019年5月24日にデビューを果たした!

新型MAZDA3セダン20S L Package新型MAZDA3セダン20S L Package

新型MAZDA3ファストバックXD L Package新型MAZDA3ファストバックXD L Package

「日常が鮮やかに輝くパーソナルカー」をコンセプトにデビューした「MAZDA3」がついに販売開始されました。これまでハッチバックと呼ばれていたモデルを「ファストバック」の名称に変更し、ファストバックとセダンの異なる2つのエクステリアでデビューを果たしました。

新型MAZDA3の日本仕様は全8色のボディカラーで販売価格は2,181,000円から

アクセラはこれまで海外名は「MAZDA3」、日本名が「アクセラ」と呼ばれていましたが、新型は日本名も「MAZDA3」になります。

トランスミッションはグレードによりMTとATを設定、駆動方式もFFとAWDの2種類をグレードごとに設定しています。パワートレインはファストバック、セダン共通となり、4種類のエンジンが採用されています。

MAZDA3のパワートレイン

  • 「SKYACTIV-G 1.5」1.5リッター直列4気筒直噴ガソリンエンジン
  • 「SKYACTIV-G 2.0」2.0リッター直列4気筒直噴ガソリンエンジン
  • 「SKYACTIV-D 1.8」1.8リッター直列4気筒直噴クリーンディーゼルターボエンジン
  • 「SKYACTIV-X」2.0リッター新世代ガソリンエンジン

インテリアは3色あり、「ブラック」はファストバックとセダン共通色で、シート素材がグレードによって「ファブリック」と「レザー」から選択でき、ファストバック専用として、ダークローズ系の「バーガンディ」のレザーシートが、セダン専用色として、「ピュアホワイト」のレザーシートが採用されています。天井はファストバックが「ブラック」、セダンが「グレー」となっています。

ナビゲーションディスプレイは8.8インチとマツダモデルとしては最大サイズになり、ナビゲーションはタッチパット式を搭載、二重ガラス構造で遮音性に優れています。
スカイアクティブXの暫定価格、ガソリンモデルとディーゼルモデルの販売価格を紹介します。

新型MAZDA3(アクセラ)の日本仕様販売価格一覧
グレード 駆動 ミッション エンジン 販売価格
15S
(ハッチバックのみ)
2WD 6AT ガソリン 2,181,000円~
2WD 6MT 2,181,000円~
4WD 6AT 2,413,200円~
15S ツーリング
(ハッチバックのみ)
2WD 6AT ガソリン 2,273,880円~
2WD 6MT 2,273,880円~
4WD 6AT 2,506,080円~
20S プロアクティブ 2WD 6AT ガソリン 2,470,000円~
20S プロアクティブ ツーリングセレクション 2WD 6AT ガソリン 2,588,800円~
20S Lパッケージ 2WD 6AT ガソリン 2,649,000円~
20S バーガンディセレクション
(ハッチバックのみ)
2WD 6AT ガソリン 2,719,200円~
18XD プロアクティブ 2WD 6AT ディーゼル 2,740,000円~
4WD 6AT ディーゼル 2,972,200円~
18XD プロアクティブ ツーリングセレクション 2WD 6AT ディーゼル 2,858,800円~
4WD 6AT ディーゼル 3,091,000円~
18XD Lパッケージ 2WD 6AT ディーゼル 2,919,000円~
4WD 6AT ディーゼル 3,151,200円~
18XD バーガンディセレクション
(ハッチバックのみ)
2WD 6AT ディーゼル 2,989,200円~
4WD 6AT ディーゼル 3,221,400円~
20X プロアクティブ 2WD 6AT スカイアクティブX 3,140,000円~
2WD 6MT 3,140,000円~
4WD 6AT 3,372,200円~
4WD 6MT 3,372,200円~
20X プロアクティブ ツーリングセレクション 2WD 6AT スカイアクティブX 3,258,800円~
2WD 6MT 3,258,800円~
4WD 6AT 3,419,000円~
4WD 6MT 3,419,000円~
20X Lパッケージ 2WD 6AT スカイアクティブX 3,319,000円~
2WD 6MT 3,319,000円~
4WD 6AT 3,551,200円~
4WD 6MT 3,551,200円~
20X バーガンディセレクション
(ハッチバックのみ)
2WD 6AT スカイアクティブX 3,389,200円~
2WD 6MT 3,389,200円~
4WD 6AT 3,621,400円~
4WD 6MT 3,621,400円~

新型MAZDA3のファストバックとセダンは魁コンセプトを継承した次世代の魂動デザインを採用

世界初公開された新型マツダ3のエクステリア新型MAZDA3のファストバックとセダン 魁コンセプトを受け継ぐ流麗な美しいボディラインが特徴

以前、新型MAZDA3のファストバックとセダンがロサンゼルスモーターショー2018でワールドプレミアしましたが、披露された新型MAZDA3のコンセプトモデルはマツダが掲げる魂動デザインをさらに深化させた次世代の「魂動デザイン」を採用して、2017年に公開された魁コンセプトの繊細で立体的なデザインを受け継いでいて、見るものの目を奪いました。

新型マツダ3ファストバックのエクステリアロングノーズでスポーツ感満載のマツダ3のファストバック

新型マツダ3ファストバックのリヤビューリヤコンビネーションランプは特徴的な丸型で魁コンセプトのデザインを彷彿とさせる

新型マツダ3ファストバックのサイトビューサイドラインはシェイプされ美しい陰影が楽しめる

上から見た新型マツダ3ファストバック新型MAZDA3ファストバックは「新たなエレガンスを表現」を掲げる通り上品で繊細なスタイル

新型MAZDA3ファストバックは魁コンセプトのイメージをセダンよりも強く受け継いでいます。フロントからリアまでシームレスなデザインで滑らかで美しいラインを形成。丸型のリアコンビネーションランプも特徴的です。
マツダ自慢の匠塗「ソウルレッドクリスタルメタリック」や「マシーングレープレミアムメタリック」では深い陰影を楽しめるモデルになっています。

新型マツダ3セダンのエクステリア精悍な表情を見せるマツダ3セダンのヘッドライト

新型マツダ3セダンのサイドビュー陰影が美しいサイドビュー

新型マツダ3セダンのリヤビューセダンらしい均整のとれた美しいプロポーション

新型マツダ3セダンのテールランプセダンはハッチバックと同じ丸型のリヤテールランプを採用

新型MAZDA3セダンはファストバックのセダンバージョンで「日本の美意識を礎に描く、新たなエレガンスを表現」というマツダのコンセプト通りのボディラインを持っています。
ファストバックと同じく、丸型のリヤコンビネーションランプは魁コンセプトのイメージを強く引き継ぎ、シャープなボディラインも美しいく上品なイメージを感じます。次世代の魂動デザインはセダンボディとの相性も良く、精悍でバランスの取れたエクステリアになっています。

新型MAZDA3のボディカラー一覧

  • スノーフレークホワイトパールマイカ(32,400円高)
  • ソニックシルバーメタリック
  • ディープクリスタルブルーマイカ
  • マシーングレープレミアムメタリック(54,000円高)
  • ソウルレッドクリスタルメタリック(64,800円高)
  • チタニウムフレッシュマイカ
  • ジェットブラックマイカ
  • ポリメタルグレーメタリック(ハッチバック専用カラー)

MAZDA3 スノーフレークホワイトパールマイカ(32,400円高)スノーフレークホワイトパールマイカ(32,400円高)

MAZDA3 ソニックシルバーメタリックソニックシルバーメタリック

MAZDA3 ディープクリスタルブルーマイカディープクリスタルブルーマイカ

MAZDA3 マシーングレープレミアムメタリックマシーングレープレミアムメタリック(54,000円高)

MAZDA3 ソウルレッドクリスタルメタリックソウルレッドクリスタルメタリック(64,800円高)

MAZDA3 チタニウムフレッシュマイカチタニウムフレッシュマイカ

MAZDA3 ジェットブラックマイカジェットブラックマイカ

MAZDA3 ポリメタルグレーメタリックポリメタルグレーメタリック(ハッチバック専用カラー)

新型MAZDA3のボディカラーは、セダンに7色、ファストバックに8色が設定されています。注目のボディカラーは「ソウルレッドクリスタルメタリック」「マシーングレープレミアムメタリック」に次ぐ匠塗の「ポリメタルグレーメタリック」です。
ポリメタルグレーメタリックはファストバック専用色で、青にもグレーにも見える光沢感のあるメタリックカラーが特徴になっていて、マシーングレープレミアムメタリック同様に美しい陰影が楽しめるボディカラーになっています。

新型MAZDA3(アクセラ)はファストバックがレッドでセダンがホワイトの専用内装カラーと専用ホイールカラーを採用しコネクティッド機能も強化

新型MAZDA3はボディタイプが2つあり、ファストバックにはレッドの専用インテリアを、セダンにはホワイトの専用インテリアを設定します。ホイールもファストバックにはブラックホイール、セダンにはシルバーホイールを設定して差別化します。

注目はトヨタも採用しているコネクティッド機能(DCM専用通信機)を新型MAZDA3に採用します。2.0LスカイアクティブGと1.8LスカイアクティブDに設定され、緊急時などはオペレーターが対応することができます。
その他にも8.8インチに大型化するディスプレイを利用した新たなコネクティッド機能が追加されました。

新型MAZDA3のインテリアカラーは4種類でマツダコネクトも8.8インチに大型化

新型マツダ3のコックピット新型MAZDA3はマツダコネクトが8.8インチに大型化

新型MAZDA3はインストルメントパネルやドアトリムなどにソフトパッドを使い従来のアクセラよりも質感を向上しています。マツダ3はマツダの中ではデミオに次ぐクラスになりますが、上位モデルのアテンザやCX-5などにも劣らない上質な空間になっています。
また、賛否両論のあるマツダコネクトが8.8インチの大画面化されたのは嬉しいニュースではないでしょうか。第二世代になるマツダコネクトは大画面化されたほか、ナビゲーションシステムもアップデートされるでしょう。

新型マツダ3のインテリアカラーパーフォレーションレザー・レッド Burgundy Selection (FASTBACK)パーフォレーションレザー・レッド Burgundy Selection (FASTBACK)

新型マツダ3のインテリアカラーパーフォレーションレザー・ブラック/チャコール L Package (SEDAN/FASTBACK)パーフォレーションレザー・ ブラック/チャコール L Package (SEDAN/FASTBACK)

新型マツダ3のインテリアカラーパーフォレーションレザー ・ピュアホワイト L Package (SEDAN)パーフォレーションレザー ・ピュアホワイト L Package (SEDAN)

新型マツダ3のインテリアカラークロス・ブラック PROACTIVE Touring Selection (SEDAN/FASTBACK) PROACTIVE (SEDAN/FASTBACK) 15S Touring,15S (FASTBACK)クロス・ブラック PROACTIVE Touring Selection (SEDAN/FASTBACK) PROACTIVE (SEDAN/FASTBACK) 15S Touring,15S (FASTBACK)

インテリアカラーはベーシックで品のあるブラック系と、スポーティな印象で華やかなレッド系、高級感があり室内も広く見えるグレー系の3種類があります。これらのインテリアはブラックのレザーとファブリックがセダン、ファストバックともに共通となります。パーフォレーションレザー・ピュアホワイトは、セダン専用カラーになります。

新型マツダ3のセンターコンソールセンターコンソール周辺も高級感がある

シフトノブ周辺は艶のあるピアノブラックで加飾され、幅広のセンターコンソールを採用することでドライバーの負担を軽減します。コマンダーコントロールも小柄な方や大柄な方に関わらず、操作しやすいように配置が工夫され使い勝手が向上しています。

新型マツダ3のシートの質感厚みがあり通気性もよさそうなマツダ3のシート

シートは通気性のよさそうなファブリックを採用しています。ドライバーを包み込むような形状で高いホールド感も期待できます。シート素材はファブリックの他いにも合皮や本革などバリエーションを増やす可能性が高いです。

マツダコネクトが心地よい快適なドライブを支援 使いやすさもアップ

新型MAZDA3のナビゲーションディスプレイ新型MAZDA3のナビゲーションディスプレイはマツダモデルで最大サイズで見やすく進化

マツダコネクトはヒューマン・マシン・インターフェィス(HMI)設計で、いくつものデバイスやメディアに対応し、安全で直感的に使えるコネクティビティシステムです。センターディスプレイは8.8インチ、コマンダーコントロールを搭載して使いやすさもアップしています。

ネビゲーションシステムでは、複雑な道路状況でも3Dジャイロセンサーによって、精度の高い位置情報を得ることができ、適切なルートを導き出します。また、逆そう探知機能も搭載しているため、安心です。

インフォメーションでは燃費や運転スキルの向上に、i-stopやi-DMの動作を表示することで貢献します。忘れがちな車両の定期点検やオイル交換のタイミングなど、車のメンテナンスに関する情報を得ることができます。また、電子オーナーズマニュアルを搭載していることで、車の状態やアクシデントの際の対処法を表示します。

オーディオではBluetooh接続はもちろんのこと、USB Audioの接続も可能です。また、マツダコネクト内に8GBまでCDの楽曲を取り込むこともできます。そのほか、地上デジタルTV、DVD、HDMI接続での映像とサウンドを楽しむこともできます。

コミュニケーションではスマートフォンをBluetoohに接続してハンズフリー通話ができるほか、音声による電話の発信もでき、運転中に受信したショートメッセージサービスを表示したり、音声で読み上げることもで、定型文を使った返信まで送ることができます。

設定では、自分の感覚や好みに合わせて安全装備や車両装備を設定することが可能です。もちろん各種の画面設定や音響システム、通信設定を行うことができます。

次世代ガソリンエンジンの「SKYACTIV-X」を新型MAZDA3に搭載 燃費の詳細は不明だが30.0km/Lを超えると予想

新型マツダ3とエンジンのイメージ注目のSKYACTIV-Xはモーターと組み合わせたハイブリッドで搭載

MAZDA3に搭載されるエンジンは、全世界注目の次世代ガソリンエンジンの「SKYACTIV-X」を含めた4種類のエンジンをラインナップします。SKYACTIV-Xはディーゼルエンジンとガソリンエンジンの長所を持ち合わせたエンジンで、ディーゼルエンジンより出力がよく排気も綺麗で、最大トルクもガソリンエンジンよりあります。
SKYACTIV-Xはモーターとのハイブリッドで、詳細な燃費はまだ発表されていませんがJC08モード燃費は30.0km/L以上になると予想します。

新型MAZDA3エンジン
アクセラに搭載するエンジン 新型MAZDA3に搭載するエンジン
SKYACTIV-G 1.5L SKYACTIV-G 1.5L/SKYACTIV-G 2.0L
SKYACTIV-D 2.2L/SKYACTIV-D 1.5L SKYACTIV-D 1.8L
SKYACTIV-HYBRID SKYACTIV-X

SKYACTIV-X以外にもガソリンモデルへ「SKYACTIV-G 1.5」「SKYACTIV-G 2.0」を採用、ディーゼルモデルへ「SKYACTIV-D 1.8」を採用して全部で4つのパワートレインから選択できます。

新型MAZDA3のファストバックとセダンのスペック ※セダンは()表記
15S 20S PROACTIVE XD PROACTIVE
全長 4,460mm
全幅 1,795mm
全高 1,440mm(1,445mm)
室内長 1,160mm
室内幅 1,490mm
室内高 1,820mm
ホイールベース 2,725mm
車両重量 1,320kg 1,360kg(1,350kg) 1,470kg(1,460kg)
最小回転半径 5.3m
乗車定員 5名
トランク容量 335L(450L)
エンジン 水冷直列4気筒 水冷直列4気筒直噴ターボ
最高出力 82kW(111PS)
/6,000rpm
115kW(156PS)
/6,000rpm
85kW(116PS)
/4,000rpm
最大トルク 146Nm(14.9kgm)
/3,500rpm
199Nm(20.3kgm)
/4,000rpm
270Nm(27.5kgm)
/1,600-2,600rpm
WLTCモード燃費 17.8km/L 15.6km/L 18.8km/L
WLTC 市街地 14.1km/L 12.1km/L 15.7km/L
WLTC 郊外 18.0km/L 15.8km/L 18.6km/L
WLTC 高速道路 19.9km/L 17.7km/L 20.7km/L
使用燃料 レギュラー 51L 軽油 48L
トランスミッション 6速AT/6速MT 6速AT
フロントサスペンション マクファーソンストラット式
リアサスペンション トーションビーム式
ステアリング ラック&ピニオン式
ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク/後:ディスク
タイヤ 205/60R16 215/45R18

ドライビングポジションへの配慮とオルガン式アクセルペダルが走りの楽しさをサポート

MAZDAが理想とするドライビングポジション

運転をするときには真っ直ぐな姿勢になり、足を自然に伸ばした先にアクセルペダル、ブレーキペダルがあることが理想で、疲れないドライビングポジションといえます。

シートに座った状態で、左足だけが不自然に左に寄ったりすると、真っ直ぐな姿勢で運転することができません。MAZDA3では、マツダが理想とするペダルレイアウトを施し、両足を自然に真っ直ぐ前に伸ばした位置に、アクセルを配置しまし、自然にアクセルとブレーキの踏み替え操作を行えるよう、サポートします。

MAZDAが理想とするドライビングポジションのためのオルガン式アクセルペダルを新型MAZDA3に採用

ドライビングポジションへの配慮だけではなく、かかとの位置がずれにくく、ペダルを踏み替えやすい「オルガン式アクセルペダル」を採用しています。

自然な姿勢のままでかかとの位置がずれにくいため、ペダルの踏み替え時に余計な負担を足首にかかることなく、自然に踏みかえることがでます。また、MAZDA3では「く」の字のような形状にペダルを変更し、ドライバーかかと位置にペダルの支点をちかづけることで、効率的にふくらはぎの筋肉を使えるようになり、渋滞時で頻繁に行うペダルの踏み替え時などの足の疲れを軽減する構造に進化しています。

マツダがこだわる車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」

人間は歩く際、体のバランスを自然にとる能力をそなえています。マツダはこの能力をクルマつくりに応用し、誕生sちあのが「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」で、自分の体のようにクルマの動きを感じることができる、心地よいドライビングを提供する技術です。

人間の体の構造に沿って自然な姿勢が保てるシート

人間が歩行する際に、骨盤は立っていて背骨はS字カーブを描いています。背骨が滑らかに動き、地面からの衝撃を受けながらバランスをとることで、頭部の動きを安定させています。こうした状態をクルマのシートに座ったときに再現できる、骨盤を補助するシートを開発しました。

地面から伝わる衝撃和らげる人間の機能をクルマで再現

車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」が走行中の衝撃を和らげる

人間が歩くときは足がバネの役割をし、骨盤への衝撃をやわらかくしています。これらをクルマに生かすべく、ボディやシャーシ、タイヤが、人間の足がクッションになる代わりの構造でクルマを造りこみました。走行中の振動を和らげることで、路面から伝わる力を滑らかに伝えます。

シャーシがバネに伝える力を滑らかにする

車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」ではシャーシがバネに伝える衝撃を和らげる

剛性バランスを最も良い状態にし、力をバネ上に遅れなく、滑らかに伝えるための構造として、サスペンションンシステムにマクファーソンストラット式をフロントに、トーションビーム式をリヤに採用しています。

マツダの車両運動制御技術 G-ベタリングコントロール/i-ACTIV AWD

マツダはG-ベタリングコントロールで効率的、且つスムーズな車両の動きを追求し、i-ACTIV AWDで雪路や濡れた路面など、滑りやすい状況はもちろんのこと、乾いた路面でも優秀な走破性能と燃費性能を発揮します。

G-ベタリングコントロールプラスでクルマの挙動を制御

G-ベタリングコントロールはエンジンの駆動トルクをドライバーのハンドル操作に応じて制御し、タイヤの設置状態をオプティマイズすることで、車両挙動をスムーズで効率的なものとする世界初の技術で、ドライバーとクルマの一体感をアップしています。

長距離のドライビングで疲れが蓄積されることを抑え、乗員すべての体に感じる揺れが減ることで、乗り心地がさらによくなっています。

新しくなったG-ベタリングコントロールプラスでは、ブレーキ時の姿勢安定化制御機能を新たに追加し、ドライバーのハンドル操作への追従性をアップすることで、クルマの挙動の収束性を支援します。G-ベタリングコントロールプラスの働きによって緊急時の危険回避能力をアップさせ、車線変更やさまざまな道路状況でも、安定して安心できるドライビングを提供します。

G-ベタリングコントロールの効果

  • ステアリングの修正操舵を減らし、思うように走ることができ、運転への自信につながる
  • 乗員の体の揺れを減らし、疲労蓄積を抑えて快適な走行ができる
  • 高速走行や悪路でも安定性を保つため、安心感がある

i-ACTIV AWDが走行性能と燃費性能をアップする

路面状況変化時のAWD制御路面状況変化時のAWD制御

加減速時のAWD制御加減速時のAWD制御

Gセンサーからの情報や、走行中のタイヤの動きからクルマの走行状態を即時に検知し、素早く路面の状況やタイヤにかかる力の変化を予測します。検知した状況に応じ、タイヤの前後へのトルク配分を自動で最良のものにする先進のAWDシステムがi-ACTIV AWDです。

雪や雨の濡れて滑りやすい路面や乾いた路面でも、前後のタイヤの力を無駄なく引き出すためにトルク配分を適切に行うことで、安定してスムーズな走行を実現します。さらにG-ベタリングコントロールとの協調制御を実現し、今まで以上にニュートラルにコーナーを曲がることができ、数多くのシーンでドライバーが思うような走りをお手伝いします。

新型MAZDA3(アクセラ)の安全装備はマツダの最新型「iアクティブセンス(i-ACTIVSENSE)」を搭載

夜道を走る3代目アクセラ

3代目後期アクセラでは、「セーフティ・サポートカーSワイド」に対応する安全装備が標準搭載されていて、フルモデルチェンジ後の新型MAZDA3も同様の装備を引き継ぎ、さらに新機能を追加して今まで以上の安全性を確保しています。

アダプティブ・LED・ヘッドライトアダプティブ・LED・ヘッドライトが夜間走行時に周囲の状況を判断し照射範囲や明るさを自動的に変化させる

交通標識認識システム(TSR)交通標識認識システム(TSR)が少ない視線移動で標識を確認でき、速度超過の際は警報音で通知

360°ビュー・モニター360°ビュー・モニターで死角部分の危険を察知 ※画像はアクセラのモニターおよびディスプレイ画面

AT誤発進抑制制御[前進時/後退時]AT誤発進抑制制御[前進時/後退時]がアクセルの踏み間違いによる急発進を抑制

自転車検知機能付(SBS)自転車検知機能付(SBS)で前方の車や歩行者、自転車を検知

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)斜線逸脱警報システム(レーンキープ・アシスト・システム(LAS))で斜線からの逸脱回避をアシスト

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)が車間距離を一定に保ちながら追従する

新型MAZDA3のiアクティブセンス主要装備

  • アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
  • AT誤発進抑制制御
  • アダプティブ・LED・ヘッドライト
  • ハイ・ビーム・コントロールシステム
  • 車線逸脱警報システム

前側方接近車両検知(FCTA)前側方接近車両検知(FCTA)で左右や前方から接近する車の存在を通知

クルージング&トラフィック・サポート(CTS)クルージング&トラフィック・サポート(CTS)が追従走行とステアリングアシストで、高速道路や自動車専用道路の渋滞時に運転疲労の軽減をサポート

新型MAZDA3に搭載するiアクティブセンス新システム

  • 前方から接近する車を検知する前側方接近検知(FCTA)
  • 後側方の衝突防止機能のスマートブレーキ(後側方)
  • ドライバーの目の動きを検知してアラームを鳴らすドライバーモニタリング
  • 渋滞中に発進とブレーキ、ハンドル操作を前の車に合わせて自動で行うクルージング&トラフィックサポート

上記のワイドに該当する技術の他にも、後退時の「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」や「AT誤発進抑制制御」、死角にいる車両の存在を教えてくれる「ブラインド・スポット・モニタリング」、バックで駐車スペースから出る際に迫ってくる車両の存在を教えてくれる「リア・クロス・トラフィック・アラート」、駐車時に障害物への接近を警告してくれる「リアパーキングセンサー」を搭載します。

アクセラのG-ベクタリングコントロール

G-ベクタリングコントロールも搭載されていて、カーブに差し掛かった際にエンジン出力などを調整し、最適なトルクに調整することでレーンキープ性や応答性が向上する技術です。運転手にドライブの楽しさを提供するだけではなく、同乗者もカーブの際に身体が揺れにくいので酔いにくくなるメリットもあります。

アクセラの車名が消滅して「MAZDA3(マツダ3)」に統一

マツダのニュースリリースでは日本で販売している車名の「アクセラ」は使わず、海外で販売しているグローバルの車名「MAZDA3(マツダ3)」を使っていることから、日本で販売するアクセラの名前も「MAZDA3(マツダ3)」に変更して世界で統一します。

ロサンゼルスモーターショー2018でマツダ3で発表され、日本国内で使われていた「アクセラ」の名前が消滅して4代目アクセラは新型モデルの「マツダ3」へと引き継がれたことになります。
アクセラは日本でなじみ深い名前だけに車名を残して欲しいと思う方もいるかもしれませんが、マツダ3は次世代のマツダを担うモデルなので、進化をアピールするため名前をグローバルで統一する狙いがあるのかもしれません。

新型MAZDA3は販売前から海外でも話題に!?気になる海外でのMAZDA3の噂は?

海外でも発売前からMAZDA3は注目を集めていました。「アクセラ」から名前を「MAZDA3」に変えたことから、今後もますますグローバルで注目を集める1台に進化し続けていくことでしょう。

マツダ北米で2019年5月22日からMAZDA3の購入を9月3日までにするとキャッシュ・ローンに関係なく最大17万円の割引を受けられる

新型MAZDA3が北米で最大17万円の割引を実施北米で新型MAZDA3の購入に最大17万円の割引を適用!9月22日まで!

日本でも発売が待ちに待たれている新「MAZDA3」ですが、5月22日より北米において、購入時に約8万円から割引を行うと発表しました。

キャッシュやローンでの購入ばかりではなく、リースにも割引きが適用となり、家族や友人、知人に紹介し、契約が成立すればさらに割引が適用され、最大17万円もの割引が9月3日まで期間限定で実現されます。

競合モデルと差をつけるべく、新型「MAZDA3」の高いコストパフォーマンスや品質、安全性能、デザインなど、どれをとっても設定価格以上に満足できる、申し分のない1台となっています。

日本市場では2019年5月24日11時に新型「MAZDA3」が発表になります。MAZDAファンにとって、待ち遠しい時間になることでしょう。

MAZDA3(アクセラ)のアメリカ仕様の価格やスペックの詳細 2019年3月発売でスカイアクティブXは遅れて追加される可能性も

フルモデルチェンジする次期MAZDA3のアメリカ仕様車の価格やスペックが判明しました。発売日は2019年3月で、パワートレインは最高出力186hp・最大トルク252Nmの2.5L直列4気筒スカイアクティブGを搭載します。
FFモデルのトランスミッションは6速MTが標準で6速ATも選べますが、AWD(4WD)仕様のトランスミッションはATのみになります。

新型MAZDA3(アクセラ)アメリカ仕様車の販売価格一覧
グレード

駆動方式

ミッション ハッチバック セダン
MAZDA3 2WD(FF) AT 23,600USドル(約2,584,000円) 21,000USドル(約2,299,300円)
4WD(AWD) AT 25,000USドル(約2,737,300円)
MAZDA3
セレクトパッケージ
2WD(FF) AT 22,600USドル(約2,474,500円)
4WD(AWD) AT 24,000USドル(約2,628,000円)
MAZDA3
プリファードパッケージ
2WD(FF) AT 25,200USドル(約2,759,400円) 24,200USドル(約2,649,900円)
4WD(AWD) AT 26,600USドル(約2,912,700円) 25,600USドル(約2,803,200円)
MAZDA3
プレミアムパッケージ
2WD(FF) MT 27,500USドル(約3,011,200円)
2WD(FF) AT 27,500USドル(約3,011,200円) 26,500USドル(約2,901,700円)
4WD(AWD) AT 28,900USドル(約3,164,500円) 27,900USドル(約3,055,000円)

注目のスカイアクティブXについて詳細は明らかになっていませんが、日本仕様でもスカイアクティブXは遅れて搭載する、という情報もあるためアメリカ仕様も遅れてラインナップに追加すると考えます。

マツダ3の納期が判明!5月24日を皮切りに発売日によって納車時期が違う

新型MAZDA3の納車時期新型MAZDA3のエンジン別の納車時期を入手!

発売が間近に迫った、アクセラから車名が変わって生まれ変わる新型マツダ3ですが、納車時期の情報を入手しました。

エンジンの種類によって発売日が3回に分かれている新型マツダ3ですが、新しい情報での発売時期は以下のとおりです。なお、1.5LスカイアクティブG以外はすべてハッチバック、セダン共通の発売時期になります。

新型MAZDA3の発売時期

  1. 5S 1.5LスカイアクティブG(ガソリン):2019年5月24日
  2. 20S 2.0LスカイアクティブG(ガソリン):2019年7月末
  3. 18XD 1.8LスカイアクティブD(ディーゼル):2019年7月末
  4. 20X 2.0LスカイアクティブX(ハイブリッド):2019年10月ころ

まだカタログ等は配布されていませんが、見積もりを依頼すると、装備やオプションの資料をもらうことができます。5月中旬にはカタログの配布が始まるのではないかと予想します。

気になる納車時期ですが、若干の前後は考えられますが、エンジンの種類によって納車時期も異なります。

エンジン 発売日 納車開始時期 これから契約した場合の納期
1.5Lガソリン 5月24日 5月24日 6月中旬~7月上旬
2.0Lガソリン 7月末 7月末~8月上旬 8~9月
1.8Lディーゼル
2.0L SKYACTIV-X 10月頃 10月 年内

見積依頼が多いのは、「プロアクティブ・ツーリングセレクション」となっていますが、契約までたどり着く人は少ないようです。現時点で、カタログなどの資料が一切ない状況で、購入を躊躇する人も少なくないでしょう。

販売店にもよりますが、ゴールデンウィーク明けに展示車や試乗車が入る店舗もありますので、エクステリアやインテリア、乗り心地を試して購入する人が一気に増えることが予想されます。

新型MAZDA3の発表は2019年4月12日で発売は2019年5月24日開始 スカイアクティブXの発売は2019年10月予定

新型マツダ3のヘッドライト新型MAZDA3はガソリンエンジン・ディーゼルエンジン・スカイアクティブXの3つのパワートレインを搭載

新型MAZDA3は2018年11月に世界初公開されました。2019年4月12日にハッチバックとセダンを同時に正式発表して、2019年5月24日(セダンは発売が遅れる可能性もある)から発売する予定です。また、世界が注目するスカイアクティブXは少し遅れて2019年9月に予約開始予定で、2019年10月に発売する可能性が高いでしょう。ハッチバックの名称がファストバック(FASTBACK)に変更されているという情報もあります。
SNS上では既に「MAZDA3の予約をした」という呟きも見られますので購入を検討している方は早めにディーラーへ行き確認しましょう。

新型MAZDA3の発売日

  • 15S 1.5LスカイアクティブG(ガソリン)の発売日は2019年5月24日
  • 18XD 1.8LスカイアクティブD(ディーゼル)の発売日は2019年5月24日
  • 20S 2.0LスカイアクティブG(ガソリン)の発売日は2019年7月~8月
  • 20X 2.0LスカイアクティブX(ハイブリッド)の発売日は2019年10月

フルモデルチェンジするMAZDA3は、海外でも大きな話題になっていて、内外装はもちろんですが、新たに搭載される新型エンジン「SKYACTIV-X」が注目されています。

新型MAZDA3(アクセラ)の欧州仕様車が公開 ハッチバックのスカイアクティブX最上級グレードの販売価格は日本円で約4,453,940円

新型MAZDA3の欧州仕様車が発表され、同時にポーランドで販売される価格や最高出力が判明しました。グレードは「KAI」「KANJO」「HIKARI」「ENSO」の4グレードで展開していて、注目スカイクティブX(SKYACTIV-X)エンジンを搭載するグレードはセダンで112,900PLN(日本円で約3,376,000円)から138,900PLN(日本円で約4,153,600円)、ハッチバックは122,900PLN(日本円で約3,675,200円)から148,900PLN(日本円で約4,453,940円)となっています。

新型MAZDA3(アクセラ)欧州仕様車(ポーランド)の販売価格一覧
グレード ミッション 最高出力 ハッチバック セダン
Kai スカイアクティブG 2.0 6MT 181hp 94900(約2,838,670円)
Kai スカイアクティブG 2.0 6AT 181hp 102900(約3,077,970円)
Kai スカイアクティブX 2.0 6MT 181hp 122900(約3,675,200円) 112900(約3,376,000円)
Kai スカイアクティブX 2.0 6AT 181hp 130900(約3,915,520円) 120900(約3,616,400円)
Kanjo スカイアクティブG 2.0 6MT 122hp 99900(約2,988,160円)
Kanjo スカイアクティブG 2.0 6AT 122hp 107900(約3,227,450円)
Kanjo スカイアクティブX 2.0 6MT 181hp 127900(約3,825,680円) 117900(約3,526,570円)
Kanjo スカイアクティブX 2.0 6AT 181hp 135900(約4,064,980円) 125900(約3,765,860円)
Hikari スカイアクティブG 2.0 6MT 122hp 109900(約3,287,280円)
Hikari スカイアクティブG 2.0 6AT 122hp 117900(約3,526,570円)
Hikari スカイアクティブX 2.0 6MT 181hp 133900(約4,005,160円) 123900(約3,706,040円)
Hikari スカイアクティブX 2.0 6AT 181hp 141900(約4,244,450円) 131900(約3,945,330円)
Enso スカイアクティブX 2.0 6MT 181hp 140900(約4,214,540円) 130900(約3,915,420円)
Enso スカイアクティブX 2.0 6AT 181hp 148900(約4,453,940円) 138900(約4,153,600円)

新型MAZDA3のセダンとハッチバックが東京オートサロン2019で日本初公開

ロサンゼルスモーターショー2018でワールドプレミアされ注目を集めた新型MAZDA3(旧アクセラ)のセダンとハッチバックが2019年1月11日~13日の日程で行う東京オートサロン2019で日本初公開されました。
東京オートサロンは世界最大級のカスタムカーショーで、マツダは「Be a driver. ~マツダの新時代の始まり~」のテーマのもと、新型MAZDA3・CX-5・CX-8・ロードスターのカスタムカーを展示しています。

新型MAZDA3は2017年の東京モーターショーで公開された魁コンセプトをベースにした次世代のマツダを示す新型車で、パワートレインには夢のエンジンと言われるスカイアクティブXを搭載しています。流麗なスタイリングと新技術で話題をさらった新型車が日本デビューを果たしました。
またMAZDA3の注目のエンジン「スカイアクティブX」の詳細も2019年3月のジュネーブモーターショーで発表されています。

フルモデルチェンジ後の新型MAZDA3の生産は2月以降?従来の現行モデルのアクセラは2019年2月22日に生産終了

CX-5から始まった魂動コンセプトから7年が経過し、マツダが次世代商品群の第1弾として開発する新型MAZDA3の量産が2018年9月下旬から始まると言う情報がありましたが、実際には2019年2月以降にずれこむことが濃厚になっています。
現行モデルのアクセラが2019年2月22日に生産終了して、2019年3月上旬から新型MAZDA3が生産開始されます。

新型となるマツダ3は2017年に発表した「魁コンセプト」をベースにして開発され、次世代エンジン「SKYACTIV-X」を搭載しています。
社運を背負う車種になるだけにマツダの計画通りに2019年5月末の発売を目指します。

新型MAZDA3スポーツ(ハッチバック)とマツダ3セダンのディザー画像を公開し同時にロサンゼルスモーターショー2019で初公開することを発表

新型マツダ3セダンとハッチバックのティザー画像公開されたディザー画像には新型MAZDA3セダン(左)と新型MAZDA3スポーツ(右)が掲載されている

2018年11月28日から開催されるロサンゼルスモーターショーに新型MAZDA3を世界初公開することを、2018年11月9日にマツダが公式発表しました。新世代車両構造技術や世界初の初の技術を搭載するSKYACTIV-Xなど見所が多い新型車で世界中が注目しています。SKYACTIV-Xについては今後発売する新モデルの全てに搭載することも明言したのも朗報です。
ワールドプレミアの場であるロサンゼルスモーターショー2018で新型MAZDA3セダンと新型MAZDA3スポーツの日本発表日や販売日、燃費や価格帯やグレードなど詳細情報も期待できます。

新型MAZDA3(アクセラ)と思われるティザー動画をマツダ公式が発表

新型マツダ3と思われる画像公開された動画には2017年に発表された魁コンセプトのような流麗なボディラインが見える 最後には「A New Era Begins November 2018(2018年11月に新時代が始まる)」と予告

新型MAZDA3を示唆するティザー動画を2018年10月17日にマツダが公式発表しました。
動画は車のリヤとサイドが映し出されていますが、ヘッドライトを含むフロント部分は見えません。

公開された動画の最後には「A New Era Begins November 2018」という気になる言葉が示されていて、日本語に訳すと「2018年11月に新時代が始まる」になります。
次世代エンジンSKYACTIV-Xを初採用して2018年11月末から開催されるロサンゼルスモーターショーに出展が予定される新型MAZDA3は動画メッセージの「2018年11月に新時代が始まる」に限りなく近いイメージのため、このディザー動画は「新型MAZDA3の市販モデル」と考えます。

新型モデルの次期アクセラと思われるイラストを紹介 マツダコネクトが大型化か

新型マツダ3と思われるイラストマツダの新型MAZDA3と噂されるイラスト エクステイアやインパネなどが描かれている

某掲示板にて「2019年」「MAZDA3(アクセラの海外名)」と記載されているエクステリアとインパネのイラストが投稿され、これが新型MAZDA3ではないか、という噂になっています。
このイラストを見る限りマツダコネクト(マツダのナビゲーションシステム)が大型化するのではないかと考えます。

またこのイラストはアテンザではないか、新型MAZDA3は魁コンセプトのまま発売される、というように様々な噂が飛び交っています。ワールドプレミア(世界初公開)は2018年11月に行われるロサンゼルスモーターショーに行われる予定なので続報を待ちましょう。

新型発表前にはMAZDA3(アクセラ)のエクステリアは「魁コンセプト」とほぼ変わらないスタイルになるとの噂もあった

フルモデルチェンジ後の次期マツダ3は、3代目後期とほぼ同じエクステリアです。サイドミラーの色は「エターナルブルーマイカ」ですが、ほかのボディは艶消しのラッピングを施しているので詳細は分かりにくくなっています。

現行の3代目アクセラ3代目後期アクセラのエクステリア

ボディサイドには「SKYACTIV-X」と「5」の文字がうっすらと見えますが、スパイショットされた車両と直接関係があるのかは残念ながら不明です。サイドビューから見ると、3代目後期のアクセラは、給油口の位置が左側テールランプに近いのに対し、マスキングされた車両ではテールランプと離れているのが分かります。

リアビューでは、マツダのエンブレムがはっきりと見えていてテールレンズも隠されていないことから、3代目後期型のテールレンズから変更はないと考えられます。

これらの予想の他にも信ぴょう性の高い情報として新型MAZDA3は「魁コンセプトとほぼ変わらないデザイン」になっているとの噂もあります。
魁コンセプトは2017年の東京モーターショーで発表されたマツダのコンセプトカーの1つで、新型となる次期マツダ3を示唆しているのではないかと言われていました。

次期マツダ3になる魁コンセプト魁コンセプトは流線形デザインのコンセプトカー フルモデルチェンジする新型MAZDA3は「ほぼ魁コンセプトのまま」という噂がある

この情報が正しければ新型MAZDA3は流麗なクーペデザインに大きく変更されることになります。テールランプまでシームレスに繋がる美しいスタイルで市販化された場合は大きな話題になることは間違いないでしょう。

ロサンゼルモーターショー2018でワールドプレミアされる前に新型MAZDA3(アクセラ)のスパイショットが撮影される 内装の一部も撮影されているのでチェック

撮影されたスパイショットは厚いカモフラージュに覆われているためヘッドライトやテールランプの形状、ボディ形状なども不明瞭ですが、シャープなスタイルは魁コンセプトに近いものを感じます。

撮影された新型MAZDA3のドアトリムにはボルドーカラーのソフトパッドとアルミ調ガーニッシュが見えます。コックピットに配置された3眼のセンターメーターもスポーティな印象を受けます。注目はインフォテインメントシステムのマツダコネクトで、画面の大きさは従来のアクセラとさほど変わらないため7インチを採用している可能性が高いです。

新型MAZDA3(アクセラ)はモデルチェンジで新たなガソリンエンジンの未来を切り開く

マツダの次世代ガソリンエンジンである「SKYACTIV-X」は、2019年5月末に発売した新型MAZDA3への初搭載を皮切りに、「SKYACTIV-G」から切り替わっていくでしょう。

SKYACTIV-Xの次世代ガソリンエンジンは、出力や排気のクリーンさだけではなく、ディーゼルエンジンにも負けないトルクやレスポンスの良さを持っているエンジンで、ガソリンとディーゼルの長所を持ち合わせている特徴があります。

新型MAZDA3の発表は2018年11月に行われ、その後の2019年5月に発売されました。コンセプトカーは2017年の東京モーターショーで発表された「マツダ魁 CONCEPT(マツダ カイコンセプト)」です。
4ドアセダンと5ドアファストバックのボディタイプを用意していて、マツダの標準モデルともいえる新型MAZDA3の今後が楽しみです。