ロッキーの内装

ロッキーの内装をグレード別に解説!スマートアシスト全車装備で積載性に優れる

ロッキーの内装をコックピットやインパネ周りなどに注目し紹介。小型SUVのダイハツ・ロッキーは取り回しやすいサイズのボディを有し、内装についても実用的で使い勝手のよいデザインとなっています。ラゲッジも広く荷室容量は369Lを確保します。

ロッキーの内装をグレード別に解説!スマートアシスト全車装備で積載性に優れる

ロッキーの内装は使い勝手抜群!気になるデザインや先進装備をチェック

ダイハツ・ロッキーの内装を車載装備やシートデザイン、荷室などを中心に紹介します。
ロッキー(ROCKY)は2019年11月5日に新型コンパクトSUVとしてダイハツのラインナップに加わりました。事前受注の時点で大きな反響を呼んでおり、今後ダイハツの新たな主要モデルとなることが予想されます。

販売早々から注目されているロッキーの内装について、コックピットやシート、安全装備など様々な観点から掘り下げていきます!

新型ロッキーの内装はDNGAによりゆとりのある室内空間が広がる

新型ロッキーの内装

「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用し、独自のパッケージとすることで車内空間を広々としたものに。前後乗員距離感は900mm、フロントの頭上空間は120mm、リヤの頭上空間は50mmを確保しており、長時間のドライブでも快適な移動空間を実現しています。

新型ロッキー

運転席は着座高を高く確保しているため、見晴らしの良い前方視界が広がります。死角が少なく取り回しの良いボディサイズで運転しやすい一台となっています。

ロッキーのコックピットとシートは黒をベースとしたシックなデザイン

ロッキー Premiumのコックピットロッキー Premiumのコックピット

ロッキーのコックピットは全グレードブラックを基調としたスタイルです。Premiumはソフトレザー調素材をトリムに採用し、ラグジュアリーな魅力あふれる内装に。シートにはホワイトのステッチがあしらわれたフルファブリック×ソフトレザー調のコンビシートを採用しています。

シルバー加飾つきのステアリングホイールとシフトノブは本革を使用し、質感を高めています。
その他にもフロントにLEDフットイルミネーションランプ、黒材着×シルバー塗装の大型フロントドアグリップ、シルバー×ブラックのレジスター加飾など、Premium専用の装備が散りばめられています。
計器類にはアクティブ マルチ インフォメーションメーターと7インチTFTマルチインフォメーションディスプレイ、プッシュ式のオートエアコンを搭載します。

ロッキー Gのコックピットロッキー Gのコックピット

ロッキー Xのコックピットロッキー Xのコックピット

GとXの2グレードにはレッドカラーを取り入れ、スポーツテイストを強めたデザインとしています。ベゼルにレッド塗装を採用するほか、シートにもレッドパイピングのファブリック生地を設定。ロッキーのイメージカラーである新色「コンパーノレッド」の車体色にも非常にマッチします。

ロッキー Lのコックピットロッキー Lのコックピット

ライズ Lの内装はオールブラックでクールな印象。最廉価グレードとなるため、上級グレードと比べ加飾も最小限となり、シートもノーマルのフルファブリック素材が設定されますが、さほど安っぽい印象はありません。

大型フロントドアグリップは上級グレードがシルバー塗装なのに対し、黒材着となるほか、ステアリングホイールもシンプルなウレタン製の3本スポークとなります。計器盤は(タコメーター付き自発光式2眼メーターとマルチインフォメーションディスプレイ、エアコンはダイヤル式のマニュアルタイプです。

DAIHATSUロッキーの内装をカスタムできるおすすめ純正アクセサリー

新型ロッキーは純正アクセサリーを使った「Elegance Style(エレガンススタイル)」「Powerful Style(パワフルスタイル)」「Sporty Style(スポーティースタイル)」の3つのスタイルを提案。グレードを問わず全車対応で、内装用の純正パーツもこれらのスタイルに合わせて選ぶことができます。

ロッキー エレガンススタイルの内装アクセサリーロッキー エレガンススタイルの内装アクセサリー

ロッキー エレガンススタイルは、シルバー加飾がブラックの内装に映えるデザイン。シートは本革風の素材で上質感があります。シフトやドア周り、パワーウィンドウスイッチのベゼルパネルにはピアノブラック調を採用し、高級感あふれるスタイリングとしています。ロッキーの車内をシックで大人っぽい内装にしたいユーザーにオススメです。

ロッキー パワフルスタイルの内装アクセサリーロッキー パワフルスタイルの内装アクセサリー

こちらは見ているだけで活力が湧いてくるようなオレンジカラーが目をひくパワフルスタイルの純正アクセサリーです。撥水加工付きのシートカバーなので、アウトドアシーンや雨の日でも汚れ・水濡れ等を気にすることなく乗車できます。アクティブな日々を過ごすドライバーにぴったりのデザインです。

ロッキー スポーティースタイルの内装アクセサリーロッキー スポーティースタイルの内装アクセサリー

レッドカーボンのアクセントを取り入れたスポーティースタイル。エレガンススタイルと同じくブラックの本革調素材を使用したシートで高級感のあるデザインです。カーボン調のベゼルを散りばめたクールな内装は、ロッキーとのドライブをより盛り上げてくれるでしょう。

どのスタイルのアクセサリーも単品購入が可能ですが、インテリアパネルパック(シフトベゼルパネル・インナードアハンドルベゼルパネル・パワーウィンドウスイッチパネル)を購入した場合、それぞれ単品で購入するよりも10%お得に購入が可能となります。

エレガントスタイル

  • シート・・・56,760円
  • シフトベゼルパネル・・・13,926円
  • インナードアハンドルベゼルパネル・・・27,104円
  • パワーウィンドウスイッチパネル・・・33,704円
  • インテリアパネルパック・・・通常74,734円のところ10%オフで67,914円

パワフルスタイル

  • シート・・・34,760円
  • シフトベゼルパネル・・・13,926円
  • インナードアハンドルベゼルパネル・・・27,104円
  • パワーウィンドウスイッチパネル・・・33,704円
  • インテリアパネルパック・・・通常74,734円のところ10%オフで67,914円

スポーティースタイル

  • シート・・・56,760円
  • シフトベゼルパネル・・・13,926円
  • インナードアハンドルベゼルパネル・・・27,104円
  • パワーウィンドウスイッチパネル・・・33,704円
  • インテリアパネルパック・・・通常74,734円のところ10%オフで67,914円)

ダイハツ・ロッキーのラゲッジルームは荷室容量369Lで遠出も安心

ダイハツ・ロッキーの荷室スペースダイハツ・ロッキーの荷室スペース

新型ロッキーは長期の旅行やアウトドア、ショッピングなどに便利な広々とした荷室スペースを有します。荷室容量はコンパクトSUVとしてはかなりの広さとなる369L。2段デッキボード構造となっていて、荷物の形状やサイズに応じてデッキボード上段、下段と使い分けることが可能です。

荷室スペースの下部にはアンダーラゲージも用意荷室スペースの下部にはアンダーラゲージも用意

アンダーラゲージもある程度の容量があり、鉢植えなどの高さのある荷物を安定して運ぶことができます。ラゲッジルームの4隅にはユーティリティフックを用意。後部座席は6:4分割可倒式のため、シートアレンジによって長さのある荷物もしっかりと収まります。

ロッキーは安全装備として「スマートアシスト」を標準搭載!

スマートアシスト

ダイハツ・ロッキーは全グレードに「スマートアシスト」を標準装備する非常に安全性能の高い車です。普段の運転から高速道路走行時、駐車操作まであらゆるシーンでドライバーの手助けをします。

一部の機能はメーカーオプション扱いとなりますが、「衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)」「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」「車線逸脱警報」「先進ライト」などセーフティ・サポートカーS〈ワイド〉に相当する4つの機能を備えます。そのうち、ロッキーに搭載される衝突被害軽減ブレーキは国土交通省の認定制度である「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度」でもその性能が認められています。

ロッキーの内装はデザイン性が高く装備も充実!

新型ロッキーの内装はどのグレードもスポーティーなデザインです。純正アクセサリーは3つのスタイルが用意され、内装パーツのラインナップも豊富。ユーザーの好みに合わせたカスタマイズが可能となっています。
スマートアシストを標準装備することで高い安全性能を有し、ラゲッジスペースもしっかりと確保するなど機能性も抜群です。ダイハツの新たな主力コンパクトSUVとして、新時代を切り拓く期待の一台となるでしょう。