ジュークのモデルチェンジ

新型ジュークのフルモデルチェンジは2019年夏 e-power搭載で三菱RVRの兄弟車として登場

新型ジュークは日産が販売するコンパクトSUVです。小回りが利くので狭い小路の多い都市部でも運転しやすく、車高が高いので砂利道や雪道にも強いオールマイティな車です。様々な最新技術を詰め込んだ次期ジュークの情報を紹介します。

新型ジュークのフルモデルチェンジは2019年夏 e-power搭載で三菱RVRの兄弟車として登場

次期ジュークか?日産のコンセプトカー「グリップスコンセプト」

コンセプトモデルのグリップス

日産が2015年フランクフルトモーターショーで発表した「グリップスコンセプト」が次世代ジュークの構想になると予想します。

グリップスの先進的な内装

グリップスコンセプト諸元
全長 4,100mm
全幅 1,890mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,580mm

ボディサイズを比べると、現行ジュークのサイズにとても似ています。パワートレインは、ハイブリッドEVシステムを採用していて、ノートに採用した「e-power」と同じ機能が搭載されると予想します。

スポーティーな走りを期待させるグリップスのコクピットグリップスコンセプトの運転席

グリップスコンセプトの内装現行ジュークの運転席

観音開きのドアや、前席から後部座席まで伸びるセンターコンソールに未来的なデザインがあり、ジュークが発表された時と同じように目新しい斬新なデザインであること、コクピット周りのデザインもとても似ていて、ますます「グリップスコンセプト」が、2代目ジュークのイメージとなることが期待できます。

ジュークのフルモデルチェンジは2019年夏に登場予定でe-powerに注目

グリップスのガルウイング

2010年の登場と共に斬新なフロントデザインやブーメラン型のリアテールで、話題を呼んだジュークの新型へのモデルチェンジは、e-powerモデルの登場やグリップスコンセプトの市販化など、2019年は新たな話題を呼ぶことを予想します。
現状では、2WDの駆動方式しかないe-power初の4WDモデルとなることも考えられるコンパクトSUV「新型ジューク」の誕生が待ち遠しいです。