エスクードのマイナーチェンジ

エスクードのマイナーチェンジは18年8月でエクステリアが変更

エスクードのマイナーチェンジは、2018年8月でフェイスリフトが行われると考えられています。手を加えるのは1.6Lモデルで、1.4Lモデルはそのままになると予想されていて、パワートレインの変更は行われません。

エスクードのマイナーチェンジは18年8月でエクステリアが変更

エスクードのマイナーチェンジは18年8月でフェイスリフトを実行

水しぶきを上げながら走るエスクード

2015年から販売している4代目エスクードが、2018年8月にフェイスリフトを行う予定です。スパイショットで撮られているモデルは、ヘッドライトに青い加飾があるので1.6Lモデルでの変更と予想されています。

2017年7月に1.4Lターボを追加したスズキのエスクードは、どのようにフェイスリフトが行われるのか?1.4Lターボを追加したマイナーチェンジ情報も含め、エクステリアをチェックしていきましょう。

2018年8月のマイナーチェンジはフェイスリフトが行われる

フェイスリフトがカモフラージュされたエスクード

2018年8月に行われるエスクードのマイナーチェンジでは、フロント周りのフェイスリフトとリヤのデザイン変更が行われると考えられています。ヘッドライトの加飾が青いモデルですのでエンジンが1.6L(ビターラ)のもので、1.4Lターボ(ビターラS)のモデルは、手を加えられないと考えます。

カモフラージュされたエスクードのリアビュー

リアビューではバックドアからバンパーまでカモフラージュがかけられていて、テールランプはクリアやオレンジの部分がなく全て赤く染まっています。日本仕様ではレッドテールレンズが車検に通らないことが多いので、バックランプとウインカー部分をクリアにしたレンズが装着される可能性があります。

17年7月に1.4Lブースタージェットエンジンが搭載

新型エスクードの1.4Lブースタージェットエンジン

従来の1.6Lエンジンの他に、「1.4Lブースタージェットエンジン」が搭載されました。パワフルなターボエンジンで、自然吸気(NA)エンジンの2,000cc並みのパワーがあります。

1.4Lブースタージェットエンジン諸元
型式 K14C型
種類 水冷4サイクル4気筒直噴ターボ
排気量 1,371cc
最高出力 136PS/5,500rpm
最大トルク 210Nm/2,100~4,000rpm
タンク容量 47リットル
燃費 16.8km/L
使用燃料 レギュラーガソリン
旧1.6Lエンジン諸元
型式 M16A型
種類 水冷4サイクル4気筒
排気量 1,586cc
最高出力 117PS/6,000rpm
最大トルク 151Nm/4,400rpm
タンク容量 47リットル
燃費 17.4km/L
使用燃料 レギュラーガソリン

フルモデルチェンジした時の1.6Lエンジンと比べると、最高出力は19PS、最大トルクは59Nm伸びました。自動車税の面でも、1.4Lエンジンのほうが年間5,000円の節約ができるのも嬉しいポイントですが、燃費は0.6km/L下がっているのが気になる点です。

1.4エスクード燃料代:71,400円
1.6エスクード燃料代:69,000円
差額:2,400円

仮に年間10,000km走った場合、カタログ燃費のままで燃料代を計算すると、2,400円の差が出ました。1.6Lエンジンは自動車税が5,000円高く、1.4Lエンジンはターボモデルなのでオイル交換の頻度が高い点を踏まえると、維持費は両車ともほぼ変わりません。

1.4Lターボのエクステリア

新型エスクードのエクステリア

※前方がマイナーチェンジ後、後方がマイナーチェンジ前のエスクード

17年7月でのマイナーチェンジ後のエクステリアは、フロントグリルが変更されヘッドライトのインナーデザインも変更になりました。ヘッドライトはLEDタイプで標準装備されているポイントが嬉しいです。

フロントグリルは、横方向に2本のラインが流れていたデザインから、5ブロックに分かれたグリルデザインに変更になり高級感が出ています。また、ヘッドライトの中にあるプロジェクター周りには赤いガーニッシュが取りつけられています。

搭載されているフォグランプは、ハロゲンタイプなので雪がついても溶けるようになっています。フォグランプ横にはLEDイルミネーションランプが取りつけられていて、デイライトとしても役立ちます。

ホイールは、17インチアルミホイール、タイヤサイズは215/55R17が標準装備されていて、エスクード1.4ではブラック塗装の専用デザインのものが装備されます。

1.4Lターボモデルのホイール

※1.4Lターボモデルの17インチアルミホイール

1.6Lモデルのホイール

※1.6Lモデルの17インチアルミホイール

1.4Lターボのインテリア

新型エスクードのインテリア

17年7月のマイナーチェンジ後のエスクード1.4では、赤色のアクセントをいたるところに配置しターボエンジンを搭載したスポーティモデルならではのインテリアデザインです。

メーターリング、エアコンベゼル、クロックベゼル、シートステッチ、シフトブーツステッチに、赤色のリングやステッチが使われていて、白色の1.6Lエンジンとは差別化が図られています。

新型エスクードのアナログメーター

アナログクロックがインパネ中央に設置されていて、時刻を表す数字がなくダイヤルだけのシンプルデザインです。メーターのマルチインフォメーションディスプレイにあるデジタル時計の時刻合わせをすると、一緒にセンターのアナログ時計も調整される仕組みになっています。

コンビシートの新型エスクード

シート素材は、本革とスエード調表皮を使ったコンビシートで、高級感とホールド性が高いシートに仕上がっています。また、運転席と助手席にはホワイトLEDの足元ランプが備え付けられているので夜間の乗り降りもしやすくなっています。

1.4Lターボの搭載装備

新型エスクードのレーダーブレーキサポート2

1.4Lターボのエスクードには、ミリ波レーダーを使った「レーダーブレーキサポート2」が標準装備され作動可能速度帯は約5km/h~100km/hの範囲で、「衝突警報」「衝突警報ブレーキ」「衝突被害軽減ブレーキアシスト」「自動ブレーキ」の4段階でドライバーをサポートします。

新型エスクードのESP

ESPと呼ばれる車両安定補助システムが搭載され、横滑り防止だけではなく発進時などにタイヤの空転を防ぐトラクションコントロールやABSも搭載され、エンジン出力やブレーキも自動的に制御して車体の安定を補助してくれます。

新型エスクードのヒルディセントコントロール

ヒルディセントコントロールは、急な下り坂でスピードが出過ぎるのを抑制する機能で、凍った下り坂などで威力を発揮します。ブレーキ操作をしなくても時速10kmに抑えながら車体をコントロールできるので、落ち着いて対処できます。

1.4Lターボの価格・ボディカラー

悪路を走破する新型エスクード

エスクード1.4が追加されたマイナーチェンジモデルでは、モノトーンカラー3色、ブラックルーフのツートンカラーが3色の全6色展開になっています。

ブライトレッド5 ブラック2トーンルーフの新型エスクード

※ブライトレッド5 ブラック2トーンルーフ

サバンナアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフの新型エスクード

※サバンナアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ

アトランティスターコイズパールメタリック ブラック2トーンルーフの新型エスクード

※アトランティスターコイズパールメタリック ブラック2トーンルーフ

ギャラティックグレーメタリックの新型エスクード

※ギャラティックグレーメタリック

コズミックブラックパールメタリックの新型エスクード

※コズミックブラックパールメタリック

クールホワイトパールの新型エスクード

※クールホワイトパール

特別塗装色であるツートンカラーはそれぞれ43,200円高、クールホワイトパールは21,600円高になる点に注意が必要です。

エスクード1.4ターボ諸元
全長 4,175mm
全幅 1,775mm
全高 1,610mm
室内長 1,960mm
室内幅 1,480mm
室内高 1,265mm
ホイールベース 2,500mm
最低地上高 185mm
車両重量 1,220kg
定員 5人
燃費 16.8km/L
価格 2,586,600円

グレードは1グレード構成で、2,586,600円のワンプライスです。従来の1.6Lエンジンは2,343,600円で、どちらもフルタイム4WDの駆動方式なので、エンジンフィーリングやフロントマスクの好みによって選ぶといいです。

フェイスリフトが行われるのは1.6Lモデル(ビターラ)のみか

2018年8月に行われると見られているマイナーチェンジでは、ブルーアイのヘッドライトのモデルのみスパイショットが撮られていて、レッドアイの1.4Lターボ(ビターラS)は情報がありません。1.6Lと1.4Lでフロントデザインを分けて作られているので、マイナーチェンジは1.6Lモデルのみになると考えられます。

2017年7月27日にマイナーチェンジでは、1.4Lブースタージェットエンジンを搭載し、ターボモデルが追加されました。フロントマスクも5ブロックに分かれた高級感のあるデザインに変更され、ヘッドライトインナーガーニッシュはスポーティな赤色になっています。

室内もシートやシフトブーツのレッドステッチや、エアコンベゼルやクロックルーパーのレッド化が施されてよりスポーティなデザインになっています。駆動方式は従来と同様に「ALL GRIP」を搭載したフルタイム4WDで、値段は1グレード構成の2,586,600円です。

ミリ波レーダーを応用した、レーダーブレーキサポートやクルーズコントロールも標準装備されているので、とてもお買い得な1台ですし、希少性もあるので街中で目立つ車となるに違いありません。