マツダ新型CX-8最新情報

マツダ新型CX-8の発売は2017年12月14日!質感の高い3列シートに注目

マツダが2017年12月14日に販売する新型CX-8の最新情報を紹介します。「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」というマツダの掲げる魂動デザインをさらに深化させた最上級のクロスオーバーSUVは3列シートが最大の特徴です。ボディサイズや価格帯、気になる燃費性能など新型CX-8の最新情報をチェックしましょう。

マツダ新型CX-8の発売は2017年12月14日!質感の高い3列シートに注目

マツダの新型クロスオーバーSUV CX-8の最新情報を紹介

マツダ2017年12月14日から販売される新型SUVがCX-8です。CX-3、CX-5とラインナップされているマツダのSUVに最上級モデルとして設定されます。

マツダは日本国内でCX-3とCX-5、中国市場専売のCX-4とCX-7、北米市場や欧州市場で広く展開するCX-9と多くのCXシリーズを販売しています。

世界戦略として、今まで販売していたプレマシーやビアンテなどのミニバンをSUVにシフトすることを掲げているため、新型CX-8の登場により今後はCXシリーズが主力となることは間違いありません。

今回新型車として発表された新型CX-8はマツダのミニバンの替わりを担う3列シートを採用し、6~7人の多人数乗車を可能としていることが注目されています。
どのような特徴を持っている車なのか、マツダ新型CX-8の最新情報を紹介します。

新型CX-8デザインコンセプトは「TIMELESS EDGY」

2017年9月14日にマツダからリリースされた新型CX-8の発表の中には、新たな外観デザインとともにデザインコンセプトも発表されました。
CX-5で初めて採用されたマツダの共通デザインコンセプトである「魂動(こどう)-Soul of Motion」をさらに深く進化させた「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」を掲げ、国内で最上級のクロスオーバーSUVとして風格や質感にこだわりデザインされました

新型CX-8のエクステリア

橋を渡る新型CX-8

新型CX-8のリヤビュー

新型CX-8のフロントビュー

ボディカラーはソウルレッドクリスタルメタリックを含む全7色

新型CX-8にはマツダのデザインテーマであるソウルレッドクリスタルメタリックや陰影が美しく映えるマシーングレープレミアムメタリックを含む全7色で展開します。

ソウルレッドクリスタルメタリック(75,600円高)

ソウルレッドクリスタルメタリックの新型CX-8

マシーングレープレミアムメタリック(54,000円高)

マシーングレープレミアムメタリックの新型CX-8

ジェットブラックマイカ

ジェットブラックマイカの新型CX-8

チタニウムフラッシュマイカ

チタニウムフラッシュマイカの新型CX-8

ソニックシルバーメタリック

ソニックシルバーメタリックの新型CX-8

ディープクリスタルブルーマイカ

ディープクリスタルブルーマイカの新型CX-8

スノーフレイクホワイトパールマイカ(32,400円高)

スノーフレイクホワイトパールマイカの新型CX-8

新型CX-8は海外展開中のCX-9よりCX-5に近いイメージ

ドライバーを待つ新型CX-8

当初北米や欧州で展開している3列シートのクロスオーバーSUVであるCX-9が日本に逆輸入されるのではないかと憶測されていました。しかし発表されたのはCX-8というボディサイズの違う新型車でした。
CX-8は「日本で販売されているCX-5のボディサイズを拡大し3列シートにした車」と言ったほうがイメージしやすいと思います。
CX-8、CX-5、CX-9のスペックを確認しましょう。

新型CX-8 CX-5(XD) CX-9
全長 4,900mm 4,540mm 5,065mm
全幅 1,840mm 1,840mm 1,930mm
全高 1,730mm 1,705mm 1,728mm
室内長 2,690mm 1,910mm
室内幅 1,540mm 1,530mm
室内高 1,250mm 1,280mm
総排気量 2.188L 2.188L 2.488L
車両重量 1,780kg 1,560kg 1,960kg
ホイールベース 2,930mm 2,700mm 2,870mm
最低地上高 200mm 210mm 約224mm
最小回転半径 5.8m 5.5m
エンジン SKYACTIV-D 2.2 SKYACTIV-G 2.5T
トランスミッション SKYACTIV-DRIVE
乗車定員 6名/7名 5名 7名
ボディカラー 全7色 全8色 全7色
燃費 17.6km/L 18.4km/L 9.5~11.9km/L
価格 3,196,800円~ 2,775,600円~ 約3,480,000円~

最大の特徴は3列シートを搭載していること

新型CX-8の3列シート

新型CX-8の最大の特徴は3列シートを搭載していることです。
3列シートを導入する意図は現在販売中のCX-5よりも大きいサイズの車が欲しい方、家族が多いため5人乗りでは足りない方、同社が販売するプレマシーやビアンテなどのミニバンを求める方の需要を満たすためと考えられます。

注目すべきは新型CX-5には6人乗りと7人乗りが設定されていることです。
ここから分かることは2列目シートには左右独立式の「キャプテンシート」と「ベンチシート」の2つの設定があることです。
6人乗りモデルはより広く車内を使うことができ、7人乗りモデルは多人数で楽しくドライブができるでしょう。

エンジンはCX-5と同じSKYACTIV-D 2.2を搭載

水たまりを疾走する新型CX-8

新型CX-8にはアテンザやアクセラやCX-5で好評を得ている低燃費とパワフルさを両立したエンジン「SKYACTIV-D 2.2」が搭載されます。

CX-8はディーゼルモデル専用車として販売され「急速多段燃焼」と呼ぶ、少量の燃料を多段燃焼させる新技術を使いSKYACTIV-D 2.2をさらに熟成させました。評価の高いエンジンと新技術の採用でハイパフォーマンスの運動性能を発揮します。

新型CX-8のJC08モード燃費は燃費は17.6km/L

CX-5が18.4km/Lで海外販売されているCX-9が9.5~11.9km/Lとなっています。CX-8はCX-5と同じパワートレインであるSKYACTIV-D 2.2を搭載しているのに対して、CX-9はSKYACTIV-G 2.5Tという大型のエンジンを搭載しています。

CX-8はCX-5とCX-9の中間に位置するボディサイズでSKYACTIV-D 2.2を搭載していますが、JC08モード燃費17.6km/Lを実現しています。
ボディサイズによる重量アップを考えても優秀な数字と言えます。

さらに2018年10月から始まる新たな燃費の測定方法WLTCモードも発表されています。

WLTCモード燃費
燃料消費率 15.8km/L
市街地モード 12.7km/L
郊外モード 15.7km/L
高速道路モード 18.0km/L

新型CX-8の販売価格は3,196,800円から

CX-5の価格が2,775,600円~、CX-9が約3,480,000円~、中間に位置するCX-8は真ん中の3,196,800円~からのスタートとなりました。

この価格帯でCX-5と同じ質感高い内外装、そして3列シートを搭載した6人・7人乗り仕様のSUVは数少ないです

XD、XD PROACTIVE、XD L Packageの3グレードで展開する非常にコストパフォーマンスの高い新型CX-8は日本のSUV市場に大きなインパクトを与える可能性があります。新型CX-8のグレード別の価格を紹介します。

2WD 4WD
XD 3,196,800円~ 3,429,000円~
XD PROACTIVE 3,537,000円~ 3,769,200円~
XD L Package 3,958,200円~ 4,190,400円~

ライバルとなるのは日産エクストレイル

新型CX-8のライバルであるエクストレイル

新型CX-8の最大のライバルとなりうるのは日産から販売されるエクストレイルです。
エクストレイルもCX-8と同様に3列シートの設定があるミドルクラスのクロスオーバーSUVです。2017年6月8日にはマイナーチェンジを行いシャープなフロントマスクと、今注目度の高い自動運転技術レベル2である「プロパイロット」がオプションで設定されました。

価格帯も近く新型CX-8と3列シートのSUV市場でしのぎを削る強力なライバル車となるでしょう。

エクストレイル(20X)
全長 4,690mm
全幅 1,820mm
全高 1,740mm
室内長 2,555mm
室内幅 1,535mm
室内高 1,270mm
総排気量 1.997L
車両重量 1,590kg
ホイールベース 2,705mm
最低地上高 200mm
最小回転半径 5.6m
エンジン MR20DD
トランスミッション エクストロニックCVT
乗車定員 7名
ボディカラー 全12色
燃費 15.6km/L
価格 2,827,440円~

3列シートSUVの新しい主役になれるか

新型CX-8は3列シートと最大7人が乗れる広大な空間が特徴です。
マツダのプレマシーやビアンテに乗るユーザーの需要に応えることができるのか、またミニバンとSUVを融合した新たなジャンルを構築できるのか注目されています。
挑戦的なコンセプトのCX-8に注目しましょう。