新型マークX GRスポーツ最新情報

新型マークXにGRスポーツが追加!トヨタFRセダンNo.1のハイパワー

トヨタの新型マークX GRスポーツが2017年9月19日に登場します。名車マーク2の後継モデルとしてデビューしたマークXに待望のスポーツモデルのエクテリア、インテリア、パワートレイン、価格を紹介します。GRスポーツの中でもトップレベルのパワーを持つマークX GRスポーツをチェックしましょう!

新型マークXにGRスポーツが追加!トヨタFRセダンNo.1のハイパワー

マークXにスポーツグレード GRスポーツが2017年9月19日登場

国産車では珍しいFR駆動(後輪駆動)を持つ本格的なスポーツ高級セダンがマークXです。
2004年にトヨタの名車マーク2の後継車種として誕生したマークXは、低い車高と3連ヘッドライトを装備したインパクトのあるエクステリアで登場しました。
先代のマーク2よりもスポーティーさを押し出したスタイリングは走りを求めるユーザーから絶大な支持を集めました。

高級スポーツセダンのマークXにはトヨタのGAZOOレーシングがカスタマイズしたG’sというグレードがありましたが、2016年11月のマイナーチェンジのタイミングで廃止となりました。
そして2017年9月19日に登場するマークXのスポーツグレード GRスポーツは廃止されたG’sの後継グレードとして登場します。

マークXの新グレードGRスポーツの最新情報を紹介します。

マークX GRスポーツのエクステリア

新型マークX GRスポーツのフロントビュー

新型マークX GRスポーツのリヤビュー

新型マークX GRスポーツのフロントスポイラー

新型マークX GRスポーツのヘッドライト

新型マークX GRスポーツのフォグランプ

新型マークX GRスポーツのリヤスポイラー

新型マークX GRスポーツのマフラー

新型マークX GRスポーツのマフラーカッター

新型マークX GRスポーツに標準装備の19インチアルミホイール

新型マークX GRスポーツにオプション設定される19インチアルミホイール

※メーカーオプションの19インチアルミホイール

マークXにはかつてG’sというグレードがありました。G’sはマークXをカスタマイズしたスポーツグレードとして人気となりましたが2016年11月に廃止となりました。
2014年にはサーキット走行も楽しめる専用チューンを施したG’sグレードの上位版となるGRMNグレードも全国100台限定で登場しています。

先代のG’sグレードでは新しいデザインの19インチアルミホイールやマフラーが用意され、運動性能を高めるためのエアロを装備し、足回りのチューンナップも行われました。
これらの装備は全て専用で用意されたプレミアムなモデルとなっています。

マークX GRスポーツはG’sの後継グレードとして登場するためエアロパーツや19インチアルミホイールなどG’s同様に専用装備が用意されています。
エクステリアだけでなく足回りもチューンナップされているため、日本国内で販売されるFRセダン最速モデルの一角として登場しました

ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャインとプレシャスブラックパールのオプションカラーを含む全6色展開となっています。

ホワイトパールクリスタルシャインの新型マークX GRスポーツ

ホワイトパールクリスタルシャイン(37,800円高)

シルバーメタリックの新型マークX GRスポーツ

シルバーメタリック

ブラックの新型マークX GRスポーツ

ブラック

プレシャスブラックパールの新型マークX GRスポーツ

プレシャスブラックパール(54,000円高)

ダークレッドマイカメタリックの新型マークX GRスポーツ

ダークレッドマイカメタリック

トゥルーブルーマイカメタリックの新型マークX GRスポーツ

トゥルーブルーマイカメタリック

マークX GRスポーツのインテリア

新型マークX GRスポーツのスポーツシート

新型マークX GRスポーツのステアリング

新型マークX GRスポーツのメーター

新型マークX GRスポーツのエンジンスタートスイッチ

新型マークX GRスポーツのシフトブーツ

新型マークX GRスポーツのフロントコンソール

新型マークX GRスポーツのドアグリップとコンソールボックス

新型マークX GRスポーツのドアスカッフプレート

新型マークX GRスポーツのシフトノブ

マークX GRスポーツのインテリアには専用装備が多数用意されています。
先代のマークX G’sのインテリアを確認すると、シルバーステッチの入ったスポーティーな本革巻き4本スポークステアリングホイール、G’sのロゴ付きレッドカラーのパワースイッチ、フロントシートにもG’sのロゴが入ったスポーティーシートが装備されています。

インパネのレジスターやクラスター、ドアトリムも専用のピアノブラック加飾がされラグジュアリーなスポーツセダンを演出します。

コクピットのセンターに配置されるタコメーターや、エンジンスタートと同時に表示される初期画面もG’s専用のものに置き換えられているほど、手の込んだ仕様となっています。

マークX GRスポーツの内装もこれらの専用装備が用意され、G’s同様、気合の入ったスポーツモデルとなっています
GRスポーツは人気グレードになることは間違いないですが、GRMNのように台数限定モデルではないため購入できない心配はありません。

マークX GRスポーツのパワートレイン

疾走感溢れる新型マークX

※新型マークXのエクステリア

マークX GRスポーツのベースとなるのは3.5L V型6気筒DOHCエンジンを積んだ350RDSグレードと2.5L V型6気筒DOHCエンジンを積んだ250Sグレードになります。

両車種ともパワートレインは変わらず、350RDSモデルは最大出力318PS、最大トルク38.7Nmを発生させるハイパワーモデルとなり、250Sモデルは最大出力203PS、最大トルク24.8Nmのスムーズな加速を楽しめるレスポンスの良いモデルとなっています。

GRスポーツではサスペンションもチューニングされボディ剛性も高まるため、マークXのハイパワーを思う存分楽しむことができます。
ここでマークX GRスポーツのベースとなる350RDSグレードのスペックも紹介するのでチェックしましょう!

新型マークX 350RDS スペック
全長 4,770mm
全幅 1,795mm
全高 1,435mm
室内長 1,975mm
室内幅 1,500mm
室内高 1,170mm
ホイールベース 2,850mm
車両重量 1,560kg
最低地上高 155mm
最小回転半径 5.2m
駆動方式 2WD(FR)
エンジン型式 2GR-FSE
エンジン種類 V型6気筒DOHC
総排気量 3.456L
使用燃料 無鉛プレミアム ガソリン
最高出力 234kw(318PS)/6,400rpm
最大トルク 380Nm(38.7kgm)/4,800rpm
乗車定員 5名
JC08モード燃費 10.0km/L
ボディカラー 6色
価格 3,850,200円~

マークX GRスポーツの販売価格は3,809,160円から

マークX GRスポーツのフロントフェイス

新型マークX GRスポーツは2つのグレードが用意されています。1つは250Sをベースとした2.5Lの「250S GRスポーツ」、もう1つは350RDSをベースとした3.5Lの「350RDS GRスポーツ」です。

それぞれのベース車両の価格とGRスポーツの価格を紹介します。

グレード 価格
350RDS 3,850,200円~
350RDS GRスポーツ 4,428,000円~
250S 3,207,600円~
250S GRスポーツ 3,809,160円~

ベース車両の250Sと250S GRスポーツの価格差は601,560円、350RDSと350RDS GRスポーツの価格差は577,800円となっています。
エアロパーツ、インテリア、19インチアルミホイール、特別にチューンされた足回りなど専用装備が豊富にあるマークX GRスポーツは、価格差以上にお得なパッケージングと言えます。

今後マークXはカムリに統合される可能性がある

フルモデルチェンジした新型カムリ

2017年9月19日にGRスポーツが販売されるマークXですが、同じくトヨタから販売されるセダンのSAIと一緒に、今後カムリへ統合され消滅するという噂があります。
ハイブリッドカーやSUVが販売台数を伸ばす中、セダンタイプの自動車は販売台数が減少傾向にあります。マークXも例にもれず、近年の販売台数は振るいません。

統合先のカムリは2016年時点で世界累計販売台数1,800万台以上を販売している、トヨタを支える世界戦略車です。

マークX GRスポーツの販売が好調となれば統合の話もなくなる可能性があるので、今後のマークXの動向に注目しましょう。

マークX GRスポーツはセダン復活の起爆剤になれるか

1969年から33年間の間、年間新車販売台数首位を守り続けてきたセダンタイプのカローラはまさに国民車と言える存在でした。しかし現在の販売台数を占める殆どの車種が、コンパクトカー、SUV、ミニバンとなっています。

一足先にフルモデルチェンジを果たし販売された新型カムリと共に、セダン復権の鍵を握っているのがマークX GRスポーツです。
自動車市場へどのような変化を巻き起こすのか期待しましょう!