フランス車メーカー別おすすめ車

フランス車の特徴とルノーなどのメーカー別おすすめ車種

フランスの車の特徴は「エンジンのパワーがスゴイ」・「デザインのクオリティーが高い」などです。そんな特徴を持った、ルノーやプジョーやシトロエンの各自動車メーカーが手掛けているカングーやグランドC4ピカソなどの車の魅力も紹介します。

フランス車の特徴とルノーなどのメーカー別おすすめ車種

フランス車の特徴とルノーやプジョーなどのメーカー別おすすめ車種を紹介!

フランスと言えば、映画人なら憧れるカンヌ国際映画祭・世界最大クラスの展示品を誇るルーブル美術館・ファッションのトレンドを形成するパリコレなど、芸術を愛する国民性が世界に通じる多くの文化やイベントを誕生させました。

実はフランスは自動車の発祥の地でもあります。けれども、日本での外車と言えばドイツ勢のラグジュアリーブランドやイタリア勢のスーパーカーがやはり有名で人気があります。

フランスの車の知名度は低いかもしれませんが、ドイツの車やイタリアの車と比較しても引けを取らないほどの実力を持っている車が多数あります。そんなフランス車の特徴やルノーやプジョーなどのメーカー事情にも触れつつ、おすすめ車種も紹介していきます!

フランス車の3つの特徴-ハイセンスなデザイン・高性能エンジン・タフな車体

3台並んだルノールーテシア

やっぱり車のデザインがハイセンス

芸術を愛する国民が作り続けているフランスの車は、やはりイメージ通りでハイセンスです。アート先進国であるフランスのプライドは、車のエクステリやインテリアにも大いに活かされています。車のカラーリングは常に洗練されていて深みと気品があるのが特徴です。

エンジンのパワーが実はスゴイ

フランスは他国に農作物を多く輸出している農業大国でもあります。自国には農業に従事する国民が多く、舗装されていない農道も国内には多くあります。

日本でいうところのオフロード走行が多いお国事情から、フランスを走る車にはエンジンの高出力が求められます。国内の期待に応えた結果、フランスの車のエンジンはパワフルな性能を誇っています。

車体がタフで耐久性が優れている

日本の道路に比べれば、フランスでは舗装の行き届いていない道路の割合が多いです。未舗装の道路を走行する際には、車体に加わるダメージを軽減するため、タフで耐久性が優れている車の構造が求められます。また、車の衝撃力を吸収できるサスペンション機能の強化やシートのクッション性の充実も必要となります。

それらの条件を全て備えているフランスの車の乗り心地の良さは評判です!

ルノー

ルノーのエンブレム

※ルノーのエンブレム

ルノールテーシアR

※ルテーシアRS

ルノートゥインゴ

※トゥインゴ

日産の親会社にあたるルノーは、フランスのパリに本社機能を置く国際的にも有名なヨーロッパ最大の自動車メーカーです。ルノーの会長兼CEOであるカルロス・ゴーン氏は日本のビジネスシーンにおいて度々登場することで知名度は抜群です。

フランスの街を走るトゥインゴ

1898年にフランス人のルノー兄弟によって創業された同社の経営的特徴と言えば、株式の20%を政府が保有しているという事です。政府の意向や監視も加わることで、ルノーの車の特徴である「丈夫で」「安全性が高く」「優れたデザイン性」を持った車を世界市場に供給する事が可能となります。

モータースポーツに参加するルノー

ルノーは創業当時からモータースポーツに積極的に参戦し、ラリーやF1などのカーレースで数々の華々しい成績をおさめてきました。その各過程で、空気抵抗の少ない流線形ボディの実現・当時の世界最高速度をたたき出した高性能エンジンを搭載した車の開発に成功しました。

モータースポーツへ参戦することで培ってきた技術力は、公道を走る市販車にも活かされています。

湖を走るルノーカングー

※ルノーカングー

ルノーのカングーは日本では見かける機会は少ないかもしれないですが、ヨーロッパの国々ではその室内空間の広さ・高性能さから大衆車的な人気を誇っています

現行モデルでは1.2Lターボエンジンと6速変速のトランスミッションを組み合わせる事で、ギアチェンジを行ってもスムーズで安定感のある走りを実現しています。

カングーの内装

ルドスパスとも呼ばれる広い室内スペースに設置してあるフワフワのシートは長時間のドライブをしていて体に疲れが残りにくくいと評判です。そんなカングーに乗れば休日のドライブを満喫する事ができます。

日本のカングーユーザーの楽しみと言えば、山梨県の山中湖で毎年5月にユーザーを集めて行われるイベントである「ルノーカングージャンボリー」です。

ZEN 6MT
全長 4,280mm
全幅 1,830mm
全高 1,810mm
ホイールベース
車両重量 1,430kg
エンジン ターボチャージヤー付筒内直接噴射
直列4気筒DOHC16バルブ
排気量 1.197L
最高出力 115ps/4,500rpm
最大トルク 190Nm/2000rpm
トランスミッション 6速MT
乗車定員
ハンドル設定
価格 2,470,000円

プジョー

プジョーのエンブレム

※プジョーのエンブレム

プジョー3008

※プジョー3008

プジョー308

※プジョー308

プジョーは1882年に創業した世界最古の自動車メーカーです。蒸気自動車の製造からスタートし、蓄積したエンジン製造のノウハウはダイムラーにガソリンエンジンをライセンス生産するという形で採用されました。

エンジンの製造以外でも着実に他の自動車メーカーにひけを取らないような技術力を得て、世界的な自動車メーカーとして成長していきました。

プジョーの車の特徴としては、弾力感が優れているサスペンションと、独自の技術力で完成に至ったショックアブソーバーとを組み合わさる事で実現した「猫足」とも呼ばれる走行中の路面に吸い付くような車体の安定感が挙げられます。

1974年には経営不振だったフランスの自動車メーカーであるシトロエンを吸収して、PSA・プジョーシトロエンたる企業グループを形成しました。

プジョー208

プジョー208は「フレンチコンパクト」とも呼ばれて親しまれている人気の1台です。スタイリッシュなフォルムの車体に、深みと存在感のあるコバルトブルーなどの配色の組み合わせは抜群です
スポーティな走りを実現する1.2Lピュアテックターボエンジンは最高出力110psを誇ります。

プジョー208の内装

コックピットでは人間工学に基づき開発が行われ、視覚的に解りやすく操作をしやすいモニターを採用しています。コックピットが充実することで、車に乗る爽快感と充実感が高まります。

プジョー208 First Selectionは、日本では限定240台の販売のため希少価値もありおすすめの1台です。

プジョー208 First Selection
全長 3,975mm
全幅 1,740mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,540mm
車両重量 1,140kg
エンジン ターボチャージャー付
直列3気筒DOHC
排気量 1.199cc
最高出力 110ps/5,500rpm
最大トルク 205Nm/1,500rpm
トランスミッション 6速オートマチック
乗車定員
ハンドル設定
価格 1,990,000円

シトロエン

シトロエンのエンブレム

※シトロエンのエンブレム

シトロエンC3

※シトロエンC3

現在はPSAプジョーシトロエンの子会社となっている「シトロエン」は、アメリカの自動車メーカーであるフォードを目標に1919年に創業されました。

シトロエンのロゴと車

他の自動車メーカーに先駆けてFF式駆動方式を採用したり、優れた衝撃吸収力を達成した独自のサスペンション「ハイドロニューマチック」を開発するなど、他の自動車メーカーにはない特徴を持った車をラインナップさせる事が同社の魅力です。

現在シトロエンの車は、プラットフォームやエンジンなどをプジョーの車と共通化して経営の効率化を図っています。

グランドC4ピカソ

シトロエンのグランドC4ピカソのエンブレムには、ピカソの直筆をモチーフとしているデザインが施されている事でも有名です

グランドC4ピカソの魅力は、ドライブの目的と乗車人数に合わせて多彩なシートアレンジが可能となる3列シートと、最高出力121kw・最大トルク240Nmの優れたエンジン性能を誇りながらも軽量でコンパクトな1.6Lツインスクロールターボエンジンなどです。

グランドC4ピカソのエンジン

シトロエン グランドC4ピカソ SHINE
全長 4,605mm
全幅 1,825mm
全高 1,670mm
ホイールベース 2,840mm
車両重量 1,510kg
エンジン ターボチャージャー付
直列4気筒DOHC
排気量 1.598cc
最高出力 165ps/6,000rpm
最大トルク 240Nm/1,400-3,500rpm
トランスミッション 6速オートマチック
乗車定員 7名
ハンドル設定
価格 3,550,000円

フランスの車に乗ってデートに出かけよう

フランスと言えば、世界一の観光立国でもあり・料理も美味しくて・日本でも有名なブランド品を多数抱えています。日本ではフランスという国を嫌っている人は少ないです。

フランスの車は「耐久性に優れていて」「エンジンのパワーが凄く」「オシャレ」なのに、ドイツやイタリアの外車と比べれば人気はありません。

フランスの車は、自分の個性を発揮したいアーティステイックな方にお勧めしたい1台です。そんな車でデートに出かかると、車内の雰囲気も何だかロマンチックで女性は特別なエスコートを受けた感じになってしまいます。
女性は一度は憧れの国のフランスの車に乗ってみたいと思っています!