新型アルファードのマイナーチェンジ情報

トヨタ新型アルファードがマイナーチェンジで安全面を強化

トヨタのラグジュアリータイプのミニバンであるアルファードのマイナーチェンジが、2017年の10月頃に行われます。新型モデルには衝突回避支援パッケージである「トヨタセーフティセンスP」を搭載、LEDシーケンシャルターンランプを採用する見込みです。マイナーチェンジ後の販売価格も予想します。

トヨタ新型アルファードがマイナーチェンジで安全面を強化

新型アルファードをマイナーチェンジ!2017年10月頃に発売予定

トヨタのミニバンのフラッグシップカーでアルファードが、兄弟車であるヴェルファイアとともに2017年の10月頃にマイナーチェンジされます。

今回のマイナーチェンジでは、トヨタの先進安全技術である「セーフティセンスP」の搭載に注目が集まっています。エクステリアにおいては、C-HRなどに取り付けられている「シーケンシャルターンランプ」や「リヤコンビネーションランプ」の設置が見込まれます。

アルファードはトヨタのラグジュアリータイプのミニバン

現行アルファードのエクステリア

2015年1月にフルモデルチェンジが行われ3代目モデルが誕生した「アルファード」は、トヨタが販売する大型クラスのラグジュアリータイプのミニバンです。

アルファードの初代モデルは、7~8人乗りのハイエースの後継車として2002年5月に販売をスタートしました。初代モデルでは、パワーウィンド付きの両側スライドドアを全車に搭載・日本の車として初めてパワーバックドアが採用した事で話題を集めました。

3代目モデルの開発テーマは「大空間高級サルーン」です。アルファードのラグジュアリーなイメージを助長しようと、エクステリアではメッキ加飾で光沢感が漂うフロントグリルを採用しています。リア部分ではコンビネーションランプとガーニッシュとを組み合わせることで車全体のイメージをグレードアップさせています。

インテリアでも、デザインに和のテイストも取り入れて室内空間に深みを持たせることに成功しています。安全面では、インテリジェントクリアランスソナーやプリクラッシュセーフティシステムなどの機能を備えています。

マイナーチェンジ車にはトヨタセーフティセンスPが搭載され安全面が強化される

マイナーチェンジが行われるアルファードの新型モデルには、「ハリアー」や「クラウン」などに搭載されているトヨタセーフティセンスPが導入されます。

トヨタセーフティセンスPには、以下の衝突回避支援システムがパッケージングされています。

プリクラッシュセーフティシステム

トヨタのプリクラッシュセーフティシステム

ミリ波レーダーや単眼カメラで先行車や歩いている人との衝突の恐れを調べます。衝突してしまう可能性が高い場合は、警戒音を鳴らす・ディスプレイに危険性を表示させてドライバーに状況を知らせます。衝突を避けるため・被害を最小限にするために、自動的にブレーキを作動させる事もあります。

レーンディパーチャーアラート

トヨタのレーンディパーチャーアラート

単眼カメラで道路の白線や黄色い線を監視します。ドライバーがウインカー操作を行っていないのに、走行車線をはみ出しそうなケースでは、警戒音を鳴らす・ディスプレイ表示させて注意を促します。走行車線からはみ出さないように、ステアリング操作のサポートもします。

オートマチックハイビーム

トヨタのオートマチックハイビーム

単眼カメラで周囲の明暗や対向車のヘッドランプ、先行車のテールランプの「ON」「OFF」を確認します。ハイビームの光が他の車に運転の邪魔になりそうであると判断すれば、自動的にハイビームからロービームに切り換わります。

レーダークルーズコントロール

ミリ波レーダーを用いて先行車との車間距離を調べます。先行車の速度に併せて自車のスピードを調整することで、一定の車間距離を保ちながらの走行がしやすくなります。

また、新型アルファードにはプリウスに搭載されているブラインドスポットモニターが装備されるとの噂もあります。同技術が導入されれば、車線変更がスムーズになります。

エクステリアに「LEDシーケンシャルターンランプ」を追加か

2015年1月に行われたフルモデルチェンジでは、フロントマスクの刷新が行われるなどのエクステリアが大幅にチェンジされました。また、アルファードは2020年にフルモデルチェンジが行われるとの噂があります。以上の点を踏まえると、今回のマイナーチェンジではエクステリアにさほど大きな変更点はないと予想します。

今回のマイナーチェンジで導入される可能性が高いのは、C-HRなどに採用されているLEDシーケンシャルターンランプとリヤコンビネーションランプです。LEDシーケンシャルターンランプの光が外側へ連なって流れるように点滅する光景は圧巻です。ウインカーとしての性能も抜群です。

C-HRのLEDシーケンシャルターンランプ

※C-HRのLEDシーケンシャルターンランプの画像です

C-HRのリヤコンビネーションランプ

※C-HRのリヤコンビネーションランプの画像です

リヤコンビネーションランプが設置されれば、ランプから放たれる光がより鮮明となるため後続車への合図がすんなりと行われます。

マイナーチェンジによってインテリアはどう変わる

現行アルファードの内装

※現行モデルの画像です

ラグジュアリーカーであるアルファードのインテリアは「エグゼクティブラウンジ」とも称され、旅客機のビジネスクラスの座席に似た雰囲気を漂わせます。現行モデルのインテリアでも十分に魅力的です。マイナーチェンジによって、室内空間にさらなるプレミアムな機能が付け加わると予想します。

新型アルファードには、エスティマに導入されている電動床下格納機能付サードシートを装備させるとの噂もあります。ボタン操作で簡単に3列目シートを床下に格納すれば、大きな荷物も楽々積めるフラットな広々スペースが誕生します。

マイナーチェンジ車の価格帯は現行モデルに15万円ほどプラスと予想します

マイナーチェンジ後の新型アルファードの新車販売価格は、現行モデルの各グレードの価格に15万円ほどプラスした金額であると予想します。

現行モデルにトヨタセーフティセンスPを搭載する。LEDシーケンシャルターンランプを導入すれば、そのくらいの価格の加算が想定されるのが予想の根拠です。

グレード メーカー希望小売価格
HYBRID Executive Lounge 6,522,218円~
HYBRID G“Fパッケージ” 5,356,800円
HYBRID G 4,775,563円
HYBRID X 4,155,055円
HYBRID SR“Cパッケージ” 5,501,127円
HYBRID SR 4,860,000円~
GF[3.5L] 4,349,000円~
G[2.5L] 3,968,000円~
X[2.5L] 3,197,782円~
SA[3.5L] 4,145,237円~
S“Aパッケージ”[2.5L] 3,754,473円~
s[2.5L] 3,537,491円~

ライバルはミニバン市場で売上が好調な日産セレナ

アルファードのライバルであるセレナ

※日産セレナのイメージ画像です

アルファードとミニバン市場でライバル関係にあるのは日産のセレナです。ボディサイズや顧客層においては異なる点もありますが、ミニバン市場において好調な売上を維持しているセレナは強力なライバルです。

今後は、セレナからもハイブリッドモデルがリリースされることもあって、ミニバン市場での競争の激化が予想されます。

アルファードのマイナーチェンジ車の発売でミニバン市場が熱くなる

2017年の10月頃にはアルファードとともにヴェルファイアのマイナーチェンジも行われます。2017年には、かつてミニバン市場で一時代を築いていたステップワゴンからハイブリッドモデルも登場します。セレナからもハイブリッドカーが発売されるなど、2017年のミニバン市場は何かと話題が豊富です。

最近はSUV勢の売れゆきが好調で、ファミリカーとしてのニーズの一部をSUVに奪われつつあります。アルファードの新型モデルの発売を機に、ミニバン市場が以前の勢いを取り戻すのかについて注目が集まります。