ノア特別仕様車Si W×B2の最新情報

ノア特別仕様車Si W×B2が標準装備を充実させ2017年11月24日に発売

ノア特別仕様車「Si W×B2」がインテリアイルミネーションやウェルカムランプ等を標準装備して2017年11月24日に発売します。新たなボディカラーの追加や販売価格、ベース車と内外装はどう変わるのかについても予想を交えて紹介します。

ノア特別仕様車Si W×B2が標準装備を充実させ2017年11月24日に発売

ノア特別仕様車「Si W×B2」が11月24日に発売!標準装備されるパーツ等を紹介

トヨタは2017年7月3日に販売を開始した新型ノアの特別仕様車にあたる「Si W×B 2(ダブルバイビーツー)」を同年の11月24日に新たに発売する事を決定しました。マイナーチェンジによって誕生した兄弟車である新型モデルのヴォクシーの特別仕様車「ZS 煌3(キラメキスリー)」も同時発売されます。

ヴォクシーがちょっぴりヤンチャ系&ワイルド系な車体が魅力なのに対して、ノアの車体には安心感があって優等生的なイメージがする人気のファミリーカーです。そんな、ノアの特別仕様車の予約販売は2017年11月9日から始まり納車は12月下旬を予定します。

特別仕様車Si W×BのWはWHITE、BはBLACKの頭文字をとったものです。2016年7月6日発売された前モデル「Si W×B」は、ホワイトカラーとブラックカラーを大胆にあしらったデザインも魅力の一つでした。その後継モデルにあたる「Si W×B2」の内外装の魅力や標準装備されるパーツや、予想される販売価格について紹介します!

ノア特別仕様車の内外装は標準モデルよりも魅力的

標準モデルの新型ノア

※標準グレードの新型ノア

Si W×B2は新型モデルのグレードSiをベース車両として開発が行われ、エクステリアではフロントグリルにモールダークメッキ加工を施し、専用パンパーガーニッシュや車体に特注エンブレムの設置、専用アルミホイールを設置する可能性が高いです。

内装に関しては、メーカーオプションで人気となっているインテリアイルミネーションやプラズマクラスター付きルームライトを設置し、運転サポートパッケージを標準装備することで安全性の強化を図ります。
前ノアの特別仕様車で好評であった内装の特別設定色であるブラック×ブラックは、合成皮革の素材に変化を加えるなどスケールアップして登場する見込みです!

ノア特別仕様車にはウェルカムランプ等が標準装備される

新型ノアのサイドミラー

2017年7月のマイナーチェンジによって誕生したノアの全グレードには、変速の際のショックを和らげスムーズな走りを実現する「Super CVT」やエコドライブモード、衝突の際に車体がつぶれにくい新設計GOAボディ等が標準装備されています。

トヨタのミニバンの特別仕様車は、標準装備が充実しているため人気が高いことで知られています。ノアの特別仕様車Si W×B2(ダブルバイビーツー)には、ウェルカムランプ等の家族が喜ぶ嬉しい機能が標準装備される見込みです!

ウェルカムランプ

C-HR等に導入されているウェルカムランプは、車に接近するとスマートキーにセンサーが反応して、ドアミラーに内蔵されたLEDランプがドライバーを光でお迎えしてくれます
ウェルカムランプは夜間時にはほっとするような嬉しい機能です!

リバース連動ドアミラー

車庫入れやバック駐車をする際にシフトレバーをRレンジに切り換えると、助手席側のドアミラーが自動的に下側に角度を変えて、リヤタイヤ付近を中心に映し運転をサポートします。
室内に設置されているミラースイッチでも位置の調整は可能です。Rをシフトチェンジすれば、ドアミラーは元の位置に戻ります。リバース連動ドアミラーはノアのような車体の大きい車には嬉しい機能です

プラズマクラスター付きLEDルームランプ

室内を明るく照らすだけではなくて、空気の浄化効果までついているLEDルームランプは、ファミリーカーとして人気の高いノアユーザーにとっては機能性抜群です。
プラズマクラスターが発動すれば、お子さんが室内で何かをこぼした際でも匂いが室内にとどまり続けることはありません。

インテリアイルミネーション

車のドアを開くと足元を照らす優しい発色が印象的なブルーライトの灯り、インテリアイルミネーションの光によってお出迎えされる心境は、ペットの猫が帰宅した時に玄関前で待っていてくれた時に感じる嬉しい気持ちに近くて、車への愛着度がどんどんと高まっていきます。

後席確認ミラー・電子インナーミラー

ファミリーカーとしてのニーズが高いノアは、安全性を充実させる事で滞在層の購買意欲の刺激につながります。
後席確認ミラーは運転中にインナーミラーでは見づらいリアシートに座るお子様の状態を確認するのに役立ちます。電子インナーミラーを設置すれば、バックドアガラス内側に設置したカメラの映像をインナーミラーに映し出す事が出来るので安全性が高まります。

ノア・グレードSiのガソリン車・ハイブリッド車のスペック

横並びの新型ノア

ノア特別仕様車「Si W×B2」は、2017年7月にマイナーチェンジによって誕生した3ナンバ―のグレードSiをベース車とします。
特別仕様車は主に装備品等を充実させて、車として商品力を高める販売戦略をとります。そのため、エンジン等のパワーユニットについては改良を加えないケースが多いです。「Si W×B2」でも、Siと同じスペックとなります。

グレードSi(2WD)ボディサイズ
7人乗り 8人乗り
全長 4,710mm
前幅 1,735mm
全高 1,825mm
ホイールベース 2,850mm
車両総重量 1,985kg 2,040kg
グレードSi パワートレイン
ガソリンモデル ハイブリッドモデル
エンジン型式 3ZR-FAE 2ZR-FXE
総排気量 1.986L 1.797L
種類 直列4気筒 直列4気筒
燃料供給装置 EFI※ EFI※
最大出力 112kW/6,100rpm 73kW/5,200rpm
最大トルク 193Nm/3,800rpm 142Nm/4,000rpm
モーター型式 5JM
モーター種類 交流同期電動機
モーター最高出力 60kW
モーター最大トルク 207Nm

※電子制御式燃料噴射装置

ノア特別仕様車「Si W×B2」でも新たなボディカラーは追加されると予想

2017年11月24日に発売される「Si W×B2」では、前特別仕様車Si W×Bであったような「アイスチタニウムマイカメタリック」のような特別設定のカラーバリエーションの追加はあるのかと注目されます。

車名の由来であるW=ホワイトカラー、B=ブラックカラーのラインナップをSi W×B2では増やしてくるかもしれません。

ホワイトパールクリスタルシャインの新型ノア

ホワイトパールクリスタルシャイン

ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークの新型ノア

ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

ブラックの新型ノア

ブラック

ブラッキッシュアゲハガラスフレークの新型ノア

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

ボルドーマイカメタリックの新型ノア

ボルドーマイカメタリック

シルバーメタリックの新型ノア

シルバーメタリック

アバンギャルドブロンズメタリックの新型ノア

アバンギャルドブロンズメタリック

ノア特別仕様車の販売価格はガソリン車で300万円以下、ハイブリッド車で350万円以下

新型ノアのリヤビュー

ノア特別仕様車のSi W×B2の販売価格は、ガソリン車で300万円以下・ハイブリッド車では350万円以下と予想します。
グレードSiへの装備が期待されるリバース連動ドアミラーやインテリアイルミネーション等のパーツの合計を概算すれば30万円以上となります。

その合算値をそのままグレードSiのガソリン車に足せば販売価格は300万円を超え、HYBIRID モデルでは350万円を超えてしまいます。
そうすれば、価格面でのインパクトが薄まりお得感を味わいにくくなるためガソリン車では300万円以下、ハイブリッド車では350万円以下の価格設定で臨んでくると思われます。

新型ノアのグレード別価格表
グレード メーカー希望小売価格
X 2,466,720円~
G 2,756,160円~
Si 2,745,360円~
HYBRID X 3,014,280円~
HYBRID G 3,142,800円~
HYBRID Si 3,269,160円~
Si GR SPORT 3,257,280円~

ノアに特別仕様車が加わる事で選択肢がさらに広がります

ノアが属するミドルクラスのミニバン市場には、日産・セレナやホンダ・ステップワゴンといった強力なライバル車がいます。

ノアとヴォクシーの兄弟車は発売してから根強い人気を誇っていますが、その地位はずっと安定している訳ではありません。
セレナの販売は好調を維持しブランド力をつけ始めていますし、かつてのミニバン市場で一時代を築いていたステップワゴンは巻き返しを狙います。

ノアは福祉車両としての可能性が広がるサイドリフトアップチルトシート装着車を発売し、走りの魅力を高めたSi GR SPORTをラインナップさせます。そして、特別仕様車「Si W×B2」がいよいよ2017年11月に登場します。

ノアのマイナーチェンジが行われてから新たな特別仕様車の販売を心待ちにしていた人は多くいるはずです。内外装がさらに洗練され、魅力的な装備が充実して安全性が高まった家族が喜べる車であるノアの特別仕様車がいよいよ発売されます!