新型ノアのマイナーチェンジ情報

トヨタ新型ノアのマイナーチェンジ情報!エクステリアが大幅進化

トヨタの新型ノアがマイナーチェンジし2017年7月3日にデビューしました。幅のあるメッキグリルを大胆に配置されたインパクトのあるエクステリアに進化し、より上質な大人のミニバンに生まれ変わりました。エクステリアやインテリアの変更点、新型ノアのライバルになる車種を紹介します。

トヨタ新型ノアのマイナーチェンジ情報!エクステリアが大幅進化

トヨタ新型ノアが2017年7月3日にマイナーチェンジ!

トヨタの5人~8人乗りミニバンであるノアが2017年7月3にマイナーチェンジします。大きな迫力あるエクステリアと乗り降りしやすいスライドドアが特徴のノアは、同じトヨタから販売されるヴォクシーやエスクァイアと兄弟車となっています。
マイナーチェンジするタイミングも同じなのでエクステリアやインテリアの好みで車を選んでも良いでしょう。

エクステリアやインテリアやパワートレインなど2017年のマイナーチェンジでどこが変わったのか、ノアの進化を確認しましょう。

多人数乗車や快適な居住空間が新型ノアの魅力

ノアはトヨタが販売するミニバンです。多人数が乗車できるのでファミリーカーとして人気となっています。子供や年配者でも乗り降りしやすい最低地上高、前後に大きくスライドする座席、オプション選択できる両面スライドドア、大容量の荷物も楽々載せられる豊富なシートアレンジが魅力で、購入するユーザーも全年齢層が対象となっています。

ライバルは日産のセレナ、トヨタのシエンタ、ホンダのフリードなどが該当します。
ライバル車を徹底的に研究して発売されたミニバンがノアなので、居住性や使い勝手はノア(兄弟車のヴォクシーやエスクァイアも)が優位に立ちます。

新型ノア HYBRID Si(2WD)の諸元
全長 4,710mm
全幅 1,735mm
全高 1,825mm
室内長 2,930mm
室内幅 1,540mm
室内高 1,400mm
ホイールベース 2,850mm
最低地上高 160mm
最小回転半径 5.5m
ボディカラー 全7色
乗車人数 7名
燃費 23.8km/L
価格 2,435,400円~

変更点や特徴(前モデルとの変更点やモデルチェンジ後の特徴など)

新型ノアのサイドビュー

2017年7月3日にマイナーチェンジされたノアの主な変更点は

  • エクステリアの変更
  • 新色ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークの追加
  • 内装の質感向上・専用内装装飾の追加
  • オプティトロンメーターの変更

となっています。パワートレインの変更はありませんでした。特にエクステリアは大幅な変更がされています。

迫力ある上質なエクステリアに進化

新型ノアのヘッドライト

全面に押し出されたフロントマスクが特徴的な新型ノアのヘッドライトにはオートレベリング付きのBi-Beam LEDヘッドランプとLEDクリアランスランプが採用されています。

高速道路を走る新型ノア

幅があり立体感のあるメッキグリルはノアのイメージをより都会的に表現しています。

新型ノアのリアビュー

「精悍さ」を表現した新型ノアのリアビューもシンプルながらスタイリッシュな雰囲気漂うものに変更されています。兄弟車であるヴォクシーやエスクァイアと比較すると特徴が少なかったノアですがマイナーチェンジすることで上質なラグジュアリーミニバンに進化しました。

新型ノアは全7種類のカラー展開

新型ノアのボディカラーは全7色で展開します。ホワイトパールクリスタルシャイン、ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク、ブラッキッシュアゲハガラスフレークはメーカーオプションで32,400円となっています。

ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプションで32,400円)

ホワイトパールクリスタルシャインの新型ノア

ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク(新色・メーカーオプションで32,400円)

ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークの新型ノア

ブラック

ブラックの新型ノア

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(メーカーオプションで32,400円)

ブラッキッシュアゲハガラスフレークの新型ノア

ボルドーマイカメタリック

ボルドーマイカメタリックの新型ノア

シルバーメタリック

シルバーメタリックの新型ノア

アバンギャルドブロンズメタリック

アバンギャルドブロンズメタリックの新型ノア

専用内装色「フロマージュ&ブラウン」を追加

2017年7月9日のマイナーチェンジにより新型ノアには専用内装色の「フロマージュ&ブラウン」が追加されました。柔らかく上質な印象のあるカラーリングは新型ノアの人気内装色となるでしょう。

フロマージュ&ブラウン(新型ノア専用内装)

新型ノアのフロマージュ&ブラウンのコクピット

新型ノアのフロマージュ&ブラウンのシート

セレナ・シエンタ・フリードがライバル

ライバル車は日産のセレナ、ホンダのフリード、同じトヨタのシエンタが該当します。
2015年7月9日にフルモデルチェンジしたシエンタがミニバン販売台数でトップを走り続けている状況ですが、ホンダのフリードが2017年にマイナーチェンジする可能性が浮上したことでミニバン市場に変化が起こるかもしれません。
自動運転技術のプロパイロットを搭載しているセレナ、販売台数を独走中のシエンタ、これから進化をする可能性があるフリードによる、三つ巴のミニバン市場の今後の動向に注目しましょう。

日産 セレナ

日産セレナのエクステリア

2016年8月24日にフルモデルチェンジを果たした日産のセレナは、高速道路同一車線を自動運転する「プロパイロット」を装備しています。現在エクストレイルのみ搭載されている装備なので、先進的なミニバンを探している方におすすめの車種となるでしょう。

日産セレナのインテリア

Vモーショングリルが強調されたフロントマスクや2トーンのボディカラーが特徴のエクステリア、3列シートの快適な居住性が確保されたインテリアなど、ノアのライバルに相応しいミニバンの良さを十分に感じられる車種となっています。

セレナ S(2WD)の諸元
全長 4,690mm
全幅 1,695mm
全高 1,865mm
室内長 3,170mm
室内幅 1,545mm
室内高 1,400mm
ホイールベース 2,860mm
最低地上高 160mm
最小回転半径 5.5m
ボディカラー 全12色
乗車人数 8名
燃費 15.0km/L
価格 2,435,400円~

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタのエクステリア

ノアと同じトヨタから販売されるのがシエンタです。2015年7月9日のフルモデルチェンジにより販売台数を大きく伸ばし、人気車種の仲間入りとなりました。樹脂パーツを随所に使われた個性的なフロントマスクとカラフルなカラー展開は、若い世代のファミリー層から絶大な支持を集めました。

トヨタ シエンタのインテリア

両面スライドドア、豊富なシートアレンジなどミニバンの性能も十分なのですが、さらにクラス最高レベルの27.2km/Lの燃費性能を実現しています。
ミニバンの快適な居住性、個性的なデザイン性、環境にやさしいエコな性能を求める方にお勧めの車種となっています。

シエンタ HYBRID G(2WD)の諸元
全長 4,235mm
全幅 1,695mm
全高 1,675mm
室内長 2,535mm
室内幅 1,470mm
室内高 1,280mm
ホイールベース 2,750mm
最低地上高 145mm
最小回転半径 5.2m
ボディカラー 全14色
乗車人数 7名
燃費 27.2km/L
価格 2,329,855円~

ホンダ フリード

ホンダ フリードのエクステリア

2016年9月にフルモデルチェンジをしたホンダのフリードは小型ボティに豊富な装備が魅力の6人~7人乗りミニバンです。マイナーチェンジの噂も聞こえる中、販売台数を伸ばす人気車種です。
車幅の狭い道路や、駐車場にも止めやすい丁度良いサイズのミニバンのため、女性からの支持も高いのが特徴です。

ホンダ フリードのインテリア

内装は高級感のあるブラック、大人の雰囲気を味わえるモカ、プレミアムな印象を与えるベージュなど、4種類のシートから選択できます。年代問わず乗り続けられる飽きのこないインテリアも魅力の車種となっています。

フリード HYBRID B(2WD)の諸元
全長 4,265mm
全幅 1,695mm
全高 1,710mm
室内長 3,045mm
室内幅 1,455mm
室内高 1,275mm
ホイールベース 2,740mm
最低地上高 135mm
最小回転半径 5.2m
ボディカラー 全14色
乗車人数 6名
燃費 27.2km/L
価格 2,256,000円~

新型ノアは個性的な車種に進化

2017年7月3日にマイナーチェンジを果たしたノアの特徴はエクステリアにあります。スポーティなイメージのヴォクシー、ラグジュアリーなイメージのエスクァイアと比較してキャラクターが強調され難かったノアは販売台数もヴォクシーより少ない結果でした。
しかし今回のマイナーチェンジにより強い個性を手に入れ、3兄弟の中でもトップレベルの洗練されたエクステリアとなっています。

新型ノアは兄弟車や強力なライバルがいるミニバン市場にどのような影響を与えるのか注目しましょう。