スペーシアギアの内装

スペーシアギアの内装は黒×オレンジで遊び心いっぱいなアクティブデザイン

スペーシアギアの内装を紹介。SUVな軽ハイトワゴンとして登場したスズキ新型スペーシアギアの内装シートは黒にオレンジカラーでスポーティなデザイン。コックピットはガンメタカラーのインパネで収納性も優れています。全グレードにスズキセーフティサポートを標準装備した安全性能の高いモデルです。

スペーシアギアの内装は黒×オレンジで遊び心いっぱいなアクティブデザイン

スズキ新型スペーシアギアの内装をコックピットやシート・安全性能まで徹底解説!

2018年12月20日にスズキが発売したスペーシアギアの内装をまとめました。スズキ・スペーシアギア(SpaciaGEAR)は同社が販売する「スペーシア」の派生モデルです。

SUVな軽ハイトワゴンというコンセプトのもと誕生したスペーシアギアは、外装・内装ともにスポーティでアクティブなデザインを採用しており、新しい軽トールワゴンの魅力を提案しています。スペーシアギアのグレード展開はハイブリッドXZターボとハイブリッドXZの2モデルとなります。

同じく軽SUVのハスラーやジムニーなどに続くヒット車種となりそうな新型スペーシアギアの内装シートやコックピット設計、ラゲッジルーム、安全性能など気になる点を詳しくチェックしていきましょう。

SUZUKIスペーシアギアのコックピットはオレンジをアクセントカラーとしたスポーティなデザインが特徴

新型スペーシアギアのコックピットガンメタカラーでSUVらしい質実剛健なイメージを演出するスペーシアギアのコックピット

新型スペーシアギアのハイブリッドXZターボのコックピット画像です。HYBRID XZターボとHYBRID XZのグレード間での違いは、メッキシフトノブボタン付き本革巻シフトノブやパドルシフト、クルーズコントロールシステムの有無などがありますが、黒×オレンジという基本的なデザインは共通しています。

インパネ周りはごちゃごちゃし過ぎずスッキリとしていて、スイッチ類の配置にも工夫がなされており使い勝手のよいデザインです。インパネカラーパネルにはガンメタリックカラーを採用しており、インパネアッパーボックスはツールボックスのような頑丈でしっかりとした作りとなっています。ステアリングは全てのグレードに本革ステアリングホイールが標準装備されます。

新型スペーシアギアのセンターメーターオレンジカラーを取り入れ視認性に優れた1眼メーター

メーター機器については、どちらも1眼デザインを採用しています。パキッとしたオレンジカラーのリングがスペーシアギアらしいアクティブな個性を放っています。

新型スペーシアギアのヘッドアップディスプレイ先進的なヘッドアップディスプレイはメーカーオプションでスペーシアギアに装着可能

ヘッドアップディスプレイは、フロントガラスに投影してシフト位置や走行速度などの走行情報を表示します。ハイブリッドXZターボ・ハイブリッドXZともにメーカーオプションで装備できます。

新型スペーシアギアのパドルシフトとクルーズコントロールシステムパドルシフトとクルーズコントロールシステムはハイブリッドXZターボならではの装備

スペーシアギアのHYBRID XZターボには、スムーズなシフト操作を可能にするパドルシフトと、高速道路などでアクセルペダルを踏まずに定速走行できるクルーズコントロールスイッチが搭載されています(クルーズコントロールスイッチの設定速度範囲はおよそ45km/h〜100km/h)。運転手の負担を減らし、スペーシアギアの爽快な走りをより快適に味わうことができます。

新型スペーシアギアのエアコンルーバーエアコンルーバーにもオレンジカラーを取り入れスポーティな見た目に

エアコン風向口のリングにもオレンジカラーが採用されています。エアフィルター付きのフルオートエアコンは使いやすいデザインで、クリーンな空気と快適な室温を維持します。また、エコクールを搭載しているので、アイドリングストップ中も涼しい空気を乗員に送り届けます。

エアコンルーバーには風量を調整する機能がついており、ドライバーや同乗者の顔に直接風が当たらないよう自在にコントロールできます。

新型スペーシアギアのシート生地には撥水性の生地を採用!レジャーシーンでも大活躍してくれる

新型スペーシアギアの撥水加工シートスペーシアギアのシート素材は撥水加工で濡れても問題なし

新型スペーシアギアのシートデザインはハイブリッドXZターボとハイブリッドXZで共通しています。ブラックのファブリック生地にオレンジのステッチがポイントです。

シートには撥水性の生地を採用しているため、レジャーシーンでも安心してガンガン使えます。乗員の体格にかかわらず快適な座り心地になるよう、シート構造にもとことんこだわっています。

スズキ・スペーシアギアのラゲッジルームはアウトドアを楽しむユーザーにぴったりの大容量!

新型スペーシアギアのバックドア開口部新型スペーシアギアの荷室は低床かつバックドア開口部が大きいので荷物を載せやすい

バックドアが大きく開き、さらに地上高が低く設定されているスズキ・スペーシアギアの荷室は、サイズが大きい荷物や長さのある荷物などもスムーズに積載できます。荷室は防汚仕様のため、アウトドアシーンで汚れたり濡れたりしてもふき取るだけで、お手入れがとても楽なのも高ポイントです。

新型スペーシアギアのシートアレンジシートアレンジ次第でいろんな荷物が載せられるスペーシアギア

SUZUKI新型スペーシアギアのリヤシートは左右独立式を採用していて、ラゲッジルーム側からの操作も可能です。多彩なシートアレンジで自転車やサーフボードなども余裕で載せることができます。

新型スペーシアギアのオプション装備スペーシアギアはゆとりある室内設計で車中泊も可能!アウトドアシーンに役立つカスタムアイテムも充実している

座席を全て倒してフルフラットモードにすれば、横になってのんびりとくつろげる空間が生まれるので、車中泊を楽しむユーザーにもぴったりのモデルです。

アウトドア用の純正アクセサリーとして、バックドアネットやリラックスクッション、カータープ、メッシュ付きプライバシーシェードなどが販売されています。カータープとバックドアネットがセットになったお得なアウトドアパッケージの購入もおすすめです。

ユーティリティの高い新型スペーシアギアの収納スペースをピックアップ!

新型スペーシアギアの収納スペーシアギア車内には使い勝手の良い収納ボックスやドリンクホルダーが多数配置されている

SUZUKI新型スペーシアギアの車内には、便利な収納ポイントが多数設置されています。助手席には大きく開くアッパーボックスやティッシュボックス、格納できるドリンクホルダーが装備されています。

また、フロントシートだけでなく、リヤシートにも飲食スペースやメッシュポケット、スマホの充電に便利なソケット付き収納が搭載されており、どの席に座っても収納に困らない設計となっています。

新型スペーシアギアは2017年度のJNCAP予防安全性能アセスメントで「ASV++」の高評価を獲得!サポカーS<ワイド>に認定されている

新型スペーシアギアの安全装備ハイレベルな予防安全技術を備えるスペーシアギアはJNCAP予防安全性能アセスメントでも高い評価を受けている

スズキ・スペーシアギアはスズキ独自の予防安全技術「スズキセーフティサポート」を標準装備しています(ヘッドアップディスプレイ・標識認識機能・全方位モニター用カメラはメーカーオプション)。2017年度のJNCAP予防安全性能アセスメントにおいてもその高い予防安全技術が認められており、「ASV++」の評価を得ています。

車線逸脱警報機能やふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能などの様々な先進安全機能により、ドライバーや同乗者の身の安全を守ります。

スペーシアギアの内装は軽SUVの新しい魅力を感じさせるスポーティなデザイン

スズキの軽SUVにはジムニーやハスラーなどの人気モデルが既にラインナップしていますが、スペーシアの派生モデルとして登場したスペーシアギアは、ジムニーやハスラーとはまた違った魅力がたくさん詰まったクルマです。アクティブなスペーシアギアの内装は、今すぐどこかへお出かけしたくなる幅広い年齢層から親しまれるスポーティなデザインとなっています。

スペーシア譲りの優れた収納力を持ち、安全装備ではスズキセーフティサポートを標準装備するなど、実用性も抜群です。軽SUV市場に新たに参入したスズキの新型スペーシアギアの今後の躍進に期待です!