トヨタ新型JPN TAXIのまとめ

JPN TAXIはタクシーの新型車!トヨタらしい快適空間を提供

JPN TAXIは、従来のタクシーのイメージを覆す斬新的な新型車で、LPGハイブリッドシステムを搭載して燃費も良くなっています。後部スライドドアを装備して乗り降りしやすく、充電用USB端子を搭載しているなど乗客にとって快適な空間が待ち受けています。

JPN TAXIはタクシーの新型車!トヨタらしい快適空間を提供

JPN TAXIが10月23日発売!トヨタが新しいタクシーの形を提案

トヨタ自動車はJPN TAXI(ジャパンタクシー)を、2017年10月23日に発売しました。名称にタクシーと入っていることから、街中を走るタクシー仕様の新型車ということは容易に想像ができますが、「日本の風景を変える」と、コンセプトに掲げるほどですので、JPN TAXIにはトヨタ自動車の自信がうかがえます。

タクシーといえばボディタイプがセダンの車をイメージしますが、JPN TAXIは2BOXの両側スライドドアを搭載したボディタイプを採用していて、トヨタ車の中ではタンクやルーミーが近いイメージになります。

そこで、新しく発表されたJPN TAXIのエクステリアやインテリア、搭載装備や価格帯、発売日、燃費などをチェックしていきましょう。個人で購入することは難しいと思われますが、いずれJPN TAXIが普及し乗り込む日が待ち遠しくなるに違いありません。

JPN TAXIのエクステリア

JPN TAXIサイドビュー

JPN TAXIのエクステリアは、エンジンルームと客室・カーゴスペースに分かれた2BOXのスタイリングで、タクシーらしくフェンダーミラーを装備しています。後ろドアは助手席側に大型スライドドアを採用していて乗り降りしやすく、頭をぶつける心配も少なくなります。

ボディカラーは3種類用意されていて、高級感があり格調高い「深藍(しんあい)」のほかに、ブラックとスーパーホワイト2があります。

深藍のJPN TAXI

※深藍

ブラックのJPN TAXI

※ブラック

スーパーホワイト2のJPN TAXI

※スーパーホワイト2

助手席側のパワースライドドアには、運転席にコントロールスイッチが搭載されていて挟み込み検知機能やイージークローザーが備わっているので、お客さんが挟まれる心配も少なくドライバーも指1本で操作ができるので負担も減ります。

JPN TAXIのラゲッジスペース

ハッチバックのリアドアを採用したラゲッジスペースには、77サイズのスーツケース2個、9.5インチのゴルフバッグを4個、車いすを1台収納できる荷室容量401リットルが用意されているので、空港からホテルへお客さんを輸送する際にも安心です。

車いすを押すタクシー運転手

ほかにも、ユニバーサルデザイン要件に適合する車いす用スロープが設定されていて、助手席を折りたたみ後ろ座席をチップアップすると車いすのまま乗車できるスペースができます。

JPN TAXIのインテリア

インテリアカラーには、ビジネスユースに最適な「黒琥珀」と、日常ユースに最適な「琥珀」の2種類用意されています。

黒琥珀の内装

※黒琥珀のインテリアカラー

琥珀の内装

※琥珀のインテリアカラー

手前に見えるブラックとイエローのグリップは、乗り降りしやすいように設置されたアシストグリップで、掴むことにより座席へ移動しやすくなります。助手席側のBピラーには小さなお子さんにも配慮して、チャイルドグリップが装備されているので、大人と同様に子供も乗り降りしやすくなっています。

JPN TAXIのアシストグリップ

※アシストグリップ

JPN TAXIのチャイルドグリップ

※チャイルドグリップ

ほかにも、両窓側のリヤシートベルトバックルには、差し込み口にLED照明が装備されているので、分かりやすく何度もシートベルト装着に失敗することが少なくなります。

JPN TAXIのLED照明付きリアシートベルト

※LED照明付きリアシートベルト

後部座席には静粛性を高めたり、新開発のサスペンションを使って乗り心地を良くする、シート表皮には合皮を使って高級感を与えつつ清掃がしやすい実用的な工夫がいくつも施されています。

他にも手帳や観光マップを確認する時に便利なLED読書灯、スマホやタブレットを使っている人に嬉しい充電用USB端子、エアコンにはナノイーを搭載、寒い冬や雨の日に素早く温めてくれるリヤシートヒーターなど、たくさんの機能が充実しています。

JPN TAXIの搭載装備

JPN TAXIのインパネ

運転席エリアは、お客さんが乗る席とは違いハッキリと黒のシートカラーで色分けされていて、プロのための座席という雰囲気があります。

ステアリングホイールには、乗用車とは違い頻繁に使用するハザードスイッチが設置されていて、そのほかのよく使用するスイッチ類はパネルシフトに集約されています

シフトノブには上から「日報灯スイッチ」「ルームランプスイッチ」の2種類がくっついて配置され、「VSC OFFスイッチ」、「EVドライブモードスイッチ」、「車両接近通報一時停止スイッチ」の走行に関わるスイッチが3種類固められています。

運転席ドアには、日報などの書類が入るA4サイズのバインダーを入れるスペースと、500mlのペットボトルが入るポケットがあり、コンソール側には内側にアクセサリーソケットがある収納スペースがあり、料金バッグや消臭スプレー、決済端末などが収納可能です。

ほかには、安全装備の「トヨタセーフティセンスC」が全車標準装備になっていて、アクセルの踏み間違いによる暴走や衝突被害を軽減する、パーキングサポートブレーキを搭載した「インテリジェントクリアランスソナー」をオプション装備や6つのエアバッグを標準装備しています。

JPN TAXIの燃料・燃費・スペック

空港で駐車中のJPN TAXI

JPN TAXIには2つのグレードがあり、標準グレードの「和」と上級グレードの「匠」が用意されています。上級グレードの匠には、185/65R15と15インチスチールホイールが標準装備され、メーカーオプションで同じサイズのアルミホイールが設定できます。

アウタードアハンドルやフェンダーミラー、バックドアガーニッシュにはメッキパーツが使われ、ヘッドライトには、Bi-Beam LEDヘッドライトやLEDクリアランスランプ、LEDデイライトが装備されます。

ボディサイズは全長4,400mm、全幅1,695mm、全高1,750mmの5ナンバーサイズで、狭い路地などが多い日本の道路事情に適したサイズになっています。

JPN TAXI諸元
全長 4,400mm
全幅 1,695mm
全高 1,750mm
ホイールベース 2,750mm
最低地上高 145mm
車両重量 1,390~1,410kg
車両総重量 1,665~1,685kg
最小回転半径 5.3m
燃費 19.4km/L
定員 5人(3人)

※車いす乗車の場合は3人になる

搭載エンジンは、「1NZ-FXP」とよばれる1.5Lエンジンで、燃料はタクシー仕様なのでLPGを使用します。最高出力は74PS、最大トルクは111Nmで、燃料タンク容量は52リットルです。駆動方式はFFの2駆、搭載されているモーターの最高出力は61PS、最大トルクは169Nmです。

JPN TAXIの搭載エンジン
型式 1NZ-FXP
排気量 1,496cc
最高出力 74PS/4,800rpm
最大トルク 111Nm/2,800~4,400rpm
モーター最大出力 61PS
モーター最大トルク 169Nm

JPN TAXIの発売日・価格帯

日本家屋のまででお出迎えするJPN TAXI

JPN TAXIの発売日は、2017年10月23日に発売しており、標準グレードの「和(なごみ)」は、3,277,800円、上級グレードの「匠(たくみ)」は、3,499,200円になっています。どちらのグレードもLPGハイブリッドシステムを搭載し、駆動方式はFFの2WDになります。

JPN TAXIは乗り降りしやすい新しい日本タクシーの形

JPN TAXIは、従来のセダンタイプのタクシーとは違いリアドアにスライドドアを搭載した車種です。乗用車でもスライドドアを搭載したコンパクトトールワゴンが流行っているように、後部座席にアクセスしやすく身長のある人や足の不自由な人でも乗り降りしやすいJPN TAXIは、まさにユニバーサルなタクシーといえます。

LPG燃料のハイブリッドシステムを搭載しているので燃費は19.4km/Lを記録していて、充電用のUSB端子を2ヶ所装備しているので、旅先でのスマホやタブレットの電池切れにも対応できます。

安全装備のトヨタセーフティセンスCを搭載しエアバッグも6個標準装備しているJPN TAXIは、順次古いタクシーから切り替えられていくと見られていて、10年後20年後には日本を走るタクシーのスタンダードモデルになっていると予想できるJPN TAXIは、乗客にはもちろん運転手にも優しく使いやすい車です。