新型ヴォクシーGRスポーツまとめ

新型ヴォクシーGRスポーツのエクステリアやパワートレインまとめ

ヴォクシーGRスポーツは2017年9月19日に発表・発売されます!GRスポーツはG’sの後継モデルであり、専用のフルエアロやサスペンションを装備します。搭載エンジンには変更はありませんが、スポーティな見た目でカッコいいヴォクシーGRスポーツに期待したい。

新型ヴォクシーGRスポーツのエクステリアやパワートレインまとめ

ヴォクシーGRスポーツは9月19日に発売!注目の発売日やスタイリング

トヨタの5ナンバーミニバンであるヴォクシーは、7月3日にマイナーチェンジし新型になると同時に従来のスポーティモデルである「G’sヴォクシー」が、販売終了になりました。

トヨタは従来のスポーツモデルである「G’s」を「GR」へとブランドを切り替えて販売するとしていて、新型ヴォクシーではエクステリアをスポーティなものに変えた「GRスポーツ」が発売すると見られていて、9月19日に発表・販売すると見られています。

そこで、新型ヴォクシーGRスポーツのエクステリアやインテリア、搭載装備やパワートレインなど、ノーマルヴォクシーからの変更点を交え紹介します。

新型ヴォクシーGRスポーツのエクステリア

新型ヴォクシーGRスポーツのフロントビュー

※ヴォクシーGRスポーツのフロントビュー

ヴォクシーGRスポーツはZSグレードの2WD・7人乗りヴォクシーをベースに専用のGRスポーツエアロを装備しています。

新型ヴォクシーGRスポーツのリヤビュー

※ヴォクシーGRスポーツのリアビュー

フロントバンパーやサイドステップ、リヤバンパーはもちろんのこと、ヘッドライトやリヤランプの加飾、サイドとバックドアにGRスポーツエンブレムの装着、215/45R18にインチアップした専用ホイールを装備しています。

ヴォクシーGRスポーツのスポーツサスペンション

また、G’sヴォクシーでは専用のスポーツサスペンションや排気音をチューニングしたマフラーを装備していますが、GRスポーツモデルのヴォクシーでも、もちろん搭載されました。また、ボディサイズはZSグレードのヴォクシーと変わりありませんが、専用スポーツサスペンションを装備しているので最低地上高と全高が下がります。

ヴォクシーGRスポーツのホイール1

ヴォクシーGRスポーツのホイール2

※GRスポーツ専用メーカーオプションホイール

ヴォクシーGRスポーツ
ボディサイズ
全長 4,795mm
全幅 1,735mm
全高 1,810mm
ホイールベース 2,850mm
最低地上高 145mm

ボディカラーは全5色設定されていて、「ブラック」と「シルバーメタリック」が標準塗装、「ホワイトパールクリスタルシャイン」、「イナズマスパーキングブラックガラスフレーク」、「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」の3色が特別塗装色になっています。

ホワイトパールクリスタルシャインのヴォクシーGRスポーツ

※ホワイトパールクリスタルシャイン(32,400円高)

シルバーメタリックのヴォクシーGRスポーツ

※シルバーメタリック

ブラックのヴォクシーGRスポーツ

※ブラック

ブラッキッシュアゲハガラスフレークのヴォクシーGRスポーツ

※ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(32,400円高)

イナズマスパーキングブラックガラスフレークのヴォクシーGRスポーツ

※イナズマスパーキングブラックガラスフレーク(32,400円高)

新型ヴォクシーGRスポーツのインテリア

ヴォクシーGRスポーツの内装

ヴォクシーGRスポーツのインテリアは、ベースグレードのZSに加飾したインテリアになりました。先代のG’sヴォクシーでは、プッシュスタートスイッチ、アクセル・ブレーキペダル、メーターに加飾が行われ、マルチインフォメーションディスプレイでは専用のオープニング画面になっていました。

今回も同じようにインテリアに加飾が行われ、プッシュスタートの専用デザイン、スポーツタイプのアクセル・ブレーキペダルを採用、ブラックメーターからシルバーメーターへの変更などが行われます。

新型ヴォクシーでは、助手席バックにトレイが装備、リヤクーラーの標準装備など機能面でも充実したマイナーチェンジだったので、GRスポーツでもG’sヴォクシーより使いやすい1台になります。

ヴォクシーGRスポーツのステアリングホイール

※GRスポーツ専用小径ステアリングホイール

ヴォクシーGRスポーツのオプティトロンメーター

※GRスポーツ専用オプティトロンメーター

ヴォクシーGRスポーツのプッシュスタートスイッチ

※GRスポーツ専用プッシュスタートスイッチ

ヴォクシーGRスポーツのアルミアクセル・ブレーキペダル

※アルミアクセル・ブレーキペダル

新型ヴォクシーGRスポーツのパワートレイン

ヴォクシーGRスポーツのエンジン

新型ヴォクシーGRスポーツのパワートレインは、ベース車のZSグレードから変更はなく「3ZR-FAE」が搭載されます。

3ZR-FAE諸元
種類 直列4気筒
排気量 1,986cc
エンジン最高出力 152PS/6,100rpm
エンジン最大トルク 193Nm/3,800rpm

ガソリンエンジンでは、2.0Lのエンジンを搭載し最高出力は152PS、最大トルクは193Nmを発揮します。ガソリンはベースのZSグレードと同様にレギュラー仕様です。

新型ヴォクシーGRスポーツの搭載装備

新型ヴォクシーには安全装備の「トヨタセーフティセンスC」が搭載されていて、G’sから進化するヴォクシーGRスポーツでも搭載されます。

トヨタセーフティセンスCの内容

・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・先行車発進告知機能

ヴォクシーのプリクラッシュセーフティシステム

「プリクラッシュセーフティシステム」は約10km~80km/hの速度帯で自動ブレーキが作動し、衝突回避・被害を軽減する装備です。

ヴォクシーのレーンディパーチャーアラート

「レーンディパーチャーアラート」は、カメラが車線を認識しながら走行し、ウインカーが作動していない状態で車線をはみ出しそうになると警報してくれるシステムです。

ヴォクシーのオートマチックハイビーム

また、オートマチックハイビームは対向車や歩行者をカメラで認識し、いないと判断した場合に自動的にハイビームへ切り替えてくれます。

新型ヴォクシーGRスポーツの発売日・価格帯

新型ヴォクシーGRスポーツは、2017年9月19日に発表・発売になりました。G’sモデルと同様にエクステリアの変更、スポーツサスペンションへの変更、インテリアに専用加飾が施される、搭載エンジンの変更はないパターンになります。

気になる価格帯は、ベース車のZSグレードガソリン車が274万、ハイブリッド車が326万で、専用エクステリア・インテリア・ホイール・サスペンションを装備し、ヴォクシーGRスポーツはガソリン車のみの設定で価格は3,257,280円~になりました

新型ヴォクシーGRスポーツは9月19日に発売

G’sモデルの後継として登場するGRスポーツは、ヴォクシーだけではなくアクアやノア、プリウスPHVやハリアーなど、様々なボディタイプの車種に設定されていきます。

GRスポーツの第1弾となるヴォクシーの他にもハリアーが同じ9月19日に発表を控えていて、一気にGRスポーツグレードのラインナップが増えることとなりました。

ZSグレードでは物足りない、他の人と同じヴォクシーには乗りたくないと思っている人にピッタリのヴォクシーGRスポーツは3,257,280円~の価格帯となっています。