ノートのグレード比較まとめ

ノートのグレードを比較!SとXの違いや特別仕様車の一覧まとめ

ノートのグレードはたくさんあって何を選べばいいのか、分からないこともあります。標準グレードのSやXだけではなく、特別仕様車もたくさんあるので、何が標準装備されているのか、燃費はどのくらいか、駆動方式は何か、価格はいくらからかなどをまとめました。

ノートのグレードを比較!SとXの違いや特別仕様車の一覧まとめ

ノートのグレードを比較!自分にピッタリのノートをチョイス

日産のコンパクトカーであるノートのグレードを比較します。ノートのグレードは、XやS、新しく出たC-GEARやモード・プレミアなど色々あってどれを選べばいいのか迷うものです。

そこで、各グレードの標準装備や特別装備、オプションで設定されているもの・されていないもの、価格帯などを比較して、自分にはどのノートが必要なのかチェックしてみましょう。

ノートの標準グレード

S

ノート Sグレード

ノートの標準グレードである「S」は、エントリーグレードで価格帯も1番安く設定されています。とりあえず1番お金をかけずにノートに乗ってみたい、会社の車として経費をあまりかけたくないなどのニーズに応えてくれます。駆動方式はFFの2WDのみ、燃費は23.4km/L、価格帯は139万円からです。

Sグレードの主な標準装備

・UVカットグリーンガラス
・ハロゲンヘッドランプ
・リモートコントロールエントリーシステム
・マニュアルエアコン
・アイドリングストップ
・エマージェンシーブレーキ
・車線逸脱警報
・14インチスチールホイール

エントリーグレードの「S」は、リアガラス・バックガラスにグリーンガラスを使っていて、スモークがかかっているプライバシーガラスではありません。シート素材はトリコットを使用していて、エマージェンシーブレーキや車線逸脱警報が標準装備されています。

X/X FOUR

ノート Xグレード

標準グレードのXは、Sグレードに快適装備を充実させたグレードで、フロントドアにスーパーUVカット断熱ガラス、リアやバックドアにプライバシーガラスが装備されています。駆動方式はXがFFの2WD、X FOURがモーターアシスト式の4WDが設定されていて、2WDの燃費は23.4km/L、4WDは18.2km/L、価格帯は150万からです。

・ハロゲンヘッドランプ
・サイドターンランプ付き電動格納式ドアミラー
・マニュアルエアコン
・インテリジェントキー
・アイドリングストップ(Xのみ)
・エマージェンシーブレーキ
・車線逸脱警報
・14インチスチールホイール

Sグレードからの変更点は、リアガラスやバックドアにプライバシーガラスが装備された、SRSサイドエアバッグがメーカーオプション設定できるようになった、オーディオステアリングスイッチが設定できる、運転席シートリフターを装備したなど、快適装備が充実します。

また、X FOURグレードは、モーターアシストの4輪駆動になり、寒冷地仕様が標準装備になります。

X DIG-S

ノート X DIG-Sグレード

X DIG-Sは、XグレードをベースとしていてDIG-Sエンジンを搭載したグレードです。通常の直列3気筒1.2Lエンジンにスーパーチャージャーを搭載し、1.5Lの自然吸気エンジン並みのパワーがあります。駆動方式はFFの2WDのみで、燃費は26.2km/L、価格帯は174万円からです。

X DIG-Sの主な標準装備

・ハロゲンヘッドライト
・インテリジェントキー
・アイドリングストップ
・エマージェンシーブレーキ
・車線逸脱警報
・14インチスチールホイール

基本的に装備はXグレードと変わらず、エンジンがスーパーチャージャーを搭載したDIG-Sになります。

MEDALIST/MEDALIST X/MEDALIST X FOUR

ノート MEDALISTグレード

上級グレードに設定されているのが「MEDALIST」で、X DIG-Sをベースにした「MEDALIST」、XとX FOURをベースにした「MEDALIST X」、「MEDALIST X FOUR」の3種類あります。

駆動方式はMEDALISTとMEDALIST XがFFの2WD、MEDALIST X FOURがモーターアシスト式の4WD、燃費はMEDALISTが26.2km/L、MEDALIST Xが23.4km/L、MEDALIST X FOURが18.2km/Lです。価格帯はMEDALIST Xの163万円からです。

MEDALISTの主な標準装備

・LEDヘッドランプ(MEDALISTのみ)
・本革巻きステアリング
・助手席シートバックポケット
・ジャガード織物・合皮コンビシート
・フロントメッキバンパー
・MEDALISTエンブレム
・15インチアルミホイール(MEDALISTのみ)
・アイドリングストップ(MEDALIST、MEDALIST Xのみ)
・ヒルスタートアシスト(MEDALIST、MEDALIST Xのみ)
・ヒーター付きドアミラー

MEDALISTグレードのみ、LEDヘッドランプと15インチアルミホイールが標準装備になります。ほかには本革巻きステアリング、ジャガード織物と合皮のコンビシート、MEDALISTグレードを表すフロントメッキバンパー、ヒーター付きドアミラーを搭載しています。

4WDのFOURグレードでは、アイドリングストップとヒルスタートアシストが搭載されませんが、PTC素子ヒーター、リヤヒーターダクト、高濃度不凍液の寒冷地仕様が標準装備になります。

ブラックアロー

ノート ブラックアローグレード

ブラックアローは、Sを除くグレードに設定されている仕様で、内装のフィニッシャーがピアノブラック調、ダークシルバー調、カラードドアミラーがブラックに、ルーフもブラックのツートンカラーになります。

ブラックアローが設定されているグレード

・X
・X DIG-S
・X FOUR
・MEDALIST
・MEDALIST X
・MEDALIST X FOUR
・e-power X
・e-power MEDALIST

特別装備を除く標準装備、エンジン種別や燃費は、XやMEDALISTなどそれぞれのグレードに準じます。価格帯は、X ブラックアローの161万円からです。

スマートセーフティエディション

ノート スマートセーフティエディション

スマートセーフティエディションは、X FOUR、MEDALIST X FOURの4WDグレードに設定されている仕様で、スマートセーフティエディションのブラックアローグレードも用意されています。価格帯はX FOUR スマートセーフティエディションの183万円からです。

スマートセーフティエディションの特別装備

・インテリジェントアラウンドビューモニター
・インテリジェントルームミラー
・踏み間違い衝突防止アシスト
・フロント・バックソナー

他のグレードではメーカーオプションに設定されている「インテリジェントアラウンドビューモニター」や「インテリジェントルームミラー」、「踏み間違い衝突防止アシスト」、「フロント・バックソナー」が標準装備になっています。

踏み間違い衝突防止アシストは、前後のソナーで障害物を検知してアクセルペダルとブレーキペダルを間違えて踏み込んだ際や、ブレーキ操作が遅れた際に音と表示で警告してくれ、エンジン出力の抑制やブレーキ制御で暴走や衝突防止をアシストします。

ノートの特別仕様車

C-GEAR

ノート C-GEARグレード

ノートC-GEARは、2017年10月30日から発売されたクロスオーバーSUVルックのノートで、ルーフモールやダークメタリックのバンパー、ホイールアーチなどを特別装備しています。

パワートレインは、ガソリンとe-powerの2種類が用意されていて、ガソリン車では2WDと4WDが用意されています。燃費はX、X FOUR、e-powerと同じく、価格帯は177万円からです。

C-GEARの特別装備

・ダーククロムフロントグリル
・ダークメタリックフロントスタイリングガード
・フォグランプフィニッシャー
・ルーフモール
・ダークメタリックサイドスタイリングガード
・ダークメタリックリアスタイリングガード
・ダークメタリックホイールアーチガーニッシュ
・グロスブラック15インチアルミ
・専用シートクロス(ブラック・カーキ)

e-powerグレードに設定されているメーカーオプションの「チューニングパッケージ」を追加すると、アルミホイールは16インチになり、専用チューニングサスペンションやパワーステアリング、ボディ補強にファインレスポンスVCMが搭載されます。

モード・プレミア

ノート モード・プレミア

オーテックが手がける「モード・プレミア」は、2016年11月のマイナーチェンジで設定されたグレードで、「ライダー」と「アクシス」を統合して、モード・プレミアが設定されました。

ベースグレードは「X」で、2WDの「e-power X」、ガソリン車の「X」、「X DIG-S」、4WDの「X FOUR」の4種類に設定されています。燃費はベースグレードに準じ、価格はX モード・プレミアの169万円からです。

モード・プレミアの特別装備

・専用フロントグリル
・専用フロントバンパー
・フォグランプ
・サイドターンランプ付き電動ドアミラー
・専用リアバンパーフィニッシャー
・専用エンブレム
・専用15インチアルミホイール

ヘッドライトはハロゲンが標準装備で、メーカーオプションにLEDが設定されています。全車オートエアコンを装備し、吹き出し口にはピアノブラック調加飾、モード・プレミア専用の本革巻き3スポークステアリングが装備されています。

ノート e-powerグレード

ノート e-powerグレード

ノート e-powerグレードは、2016年11月に追加されたグレードで、電気自動車のリーフのパワートレインを使い、エンジンを回して発電するレンジエクステンダーEVです。グレードは、「e-power S」、「e-power X」、「e-power MEDALIST」のベースが3種類、XとMEDALISTにはブラックアローが設定されています。

駆動方式はFFの2WDのみ、燃費は34.0km/Lから37.2km/L、価格帯は190万円からです。

e-power SはノートSを、e-power XはノートX、e-power MEDALISTは、ノート MEDALISTをベースにしていて、標準装備などは各グレードに準じます。

e-powerだけの標準装備

・e-power専用ファインビジョンメーター
・専用フロントブルーグリル
・e-powerエンブレム
・車両接近通報装置
・クルーズコントロール(X ブラックアロー、MEDALISTのみ)
・車線逸脱防止支援システム(X ブラックアロー、MEDALISTのみ)

e-power Sでは15インチスチールホイール、e-power Xでは14インチスチールホイール、e-power MEDALISTでは、15インチアルミホイールが標準装備されています。

ノート NISMOグレード

ノート NISMOグレード

ノートの走りのパフォーマンスを高めたNISMOグレードでは、通常グレードの「NISMO」、パワートレインにEVを使用した「e-power NISMO」、ハイパフォーマンスモデルの「NISMO S」の3種類がラインナップしています。

駆動方式は全てFFの2WD、燃費は23.4km/L、価格帯は210万円からです。NISMO Sグレードには、1.6Lのエンジンと5速マニュアルトランスミッションが装備されています。

NISMOグレード共通装備

・専用フロントグリル
・専用リアバンパー(リアフォグ付き)
・専用ルーフスポイラー
・専用サイドシルプロテクター
・シャークフィンアンテナ
・専用LEDデイライト
・専用本革・アルカンターラ巻きステアリング

NISMOグレードには、専用のエアロやアンテナ、ステアリングが用意されています。e-powerグレードでは、85φのテールエンド、専用サスペンションやコンピューター、強化スタビライザー、車速感応式パワステ、スエード調スポーツシートなどが装備されています。

ノートのグレードは上質な空間や先進のEVなど揃っている

2代目の日産ノートには、標準的なコンパクトカーサイズですが、標準グレードと上級グレードの他にも、レンジエクステンダーEVを搭載した先進的な「e-power」、上質な空間の「モード・プレミア」、SUVルックな「C-GEAR」、軽快な走りを実現する「NISMO」など、様々なグレードが用意されています。

ぜひ自分にピッタリのノートがないかチェックし、検討してみてください。