CX-8のグレードまとめ

CX-8のグレードごとに装備の違いや価格帯のまとめ

CX-8のグレードはそれぞれに装備の違いがあり、319万から419万円の価格帯です。安全装備が充実していてファミリーユースに使いやすいPROACTIVEや、上質な本革を使用したL Packageなど、違いや装備、価格帯を紹介します。

CX-8のグレードごとに装備の違いや価格帯のまとめ

CX-8のグレード比較!おすすめのグレードは?

2017年12月14日から販売を開始したマツダの3列シートSUVのCX-8は、日本で発売されているCXシリーズの中で1番大きなボディサイズを持つ車です。MPVとプレマシーを統合しファミリーユースにも応えてくれるCX-8にはどのようなグレードがラインナップしているのでしょうか?

そこで、CX-8に用意されているグレードごとに標準装備や価格帯、ボディカラーなどを紹介します。全グレードに共通するボディサイズや搭載エンジンなどもチェックし、どのグレードが1番自分に合っているのかチェックしてみましょう。

CX-8のスペックまとめ

新型CX-8のフロントビュー

CX-8は全長4,900mm、全幅1,840mm、全高1,730mmの3ナンバーサイズで、最低地上高は200mm確保しているクロスオーバーSUVスタイルの車です。サードシートを装備していて乗員定員は6・7人乗りですのでファミリーユースにも対応します。

CX-8のボディサイズ
全長 4,900mm
全幅 1,840mm
全高 1,730mm
ホイールベース 2,930mm
最低地上高 200mm
室内長 2,690mm
室内幅 1,540mm
室内高 1,250mm
乗員定員 6・7人
燃費 15.4km/L~15.8km/L

燃費は従来のJC08モードから国際的な基準であるWLTCモードで測定され、15.4~15.8km/Lを記録しています。JC08モードでは17.0~17.6km/Lで、サードシートを備えている車の中でも比較的いい燃費が出ています。

新型CX-8のエンジン

搭載されているエンジンは、SKYACTIV-Dと呼ばれるクリーンディーゼルエンジンで、従来のものに比べて改良され最高出力は190PS、最大トルクは450Nmを発揮します。

CX-8に搭載されているエンジン
型式 SH-VPTS
種類 直列4気筒ターボ
排気量 2,188cc
最高出力 190PS/4,500rpm
最大トルク 450Nm/2,000rpm
使用燃料 軽油
タンク容量 72~74L

搭載されている安全装備は、ブラインド・スポット・モニタリングや車線逸脱警報システムなどたくさんありますが、全グレードに標準装備されているセーフティ装備は全部で8種類あります。

CX-8に全グレード標準装備されているセーフティ装備

・ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム
・トラクション・コントロール・システム
・ヒル・ローンチ・アシスト
・アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(前進)
・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(後退)
・AT誤発進抑制制御(前進・後退)
・リアパーキングセンサー
・ブラインド・スポット・モニタリング

交通標識認識システムやドライバー・アテンション・アラートなどは上級グレードから、360°ビューモニターやフロントパーキングセンサーは、上級と最上級グレードにメーカーオプションなど、標準装備だけではなくオプション専用装備もあります。

XD

新型CX-8のXDグレード

CX-8のXDはベースグレードにあたり、駆動方式は2WDと4WD、トランスミッションは6速ATを搭載しています。ボディカラーは全7色で、「ソウルレッドクリスタルメタリック」、「マシーングレープレミアムメタリック」、「スノーフレイクホワイトパールマイカ」の3色はオプションカラーになり32,400円~75,600円高くなります。

CX-8のボディカラーまとめ

・ソウルレッドクリスタルメタリック(75,600円高)
・マシーングレープレミアムメタリック(54,000円高)
・ジェットブラックマイカ
・チタニウムフラッシュマイカ
・ソニックシルバーメタリック
・ディープクリスタルブルーマイカ
・スノーフレイクホワイトパールマイカ(32,400円高)

XDグレードのシート表皮

インテリアはクロスシートのブラックカラーを採用していて、6人乗りは2列目がキャプテンシート、7人乗りはベンチシートになっています。ホイールは17インチアルミを装備していて、メーカーオプションで19インチアルミを装備することができます。

XDの主な標準装備

・LEDヘッドランプ
・17インチアルミホイール
・センターアームレスト
・電動パーキングブレーキ
・フルオートエアコン
・ブラインド・スポット・モニタリング
・車線逸脱警報システム
・ハイ・ビーム・コントロール・システム
・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(前後)
・AT誤発進抑制制御(前後)
・リアパーキングセンサー

ベースグレードのXDにはスマート・シティ・ブレーキ・サポートやAT誤発進機能など、事故から守るための安全装備が標準装備されています。価格帯は2WDで319万、4WDは342万円で、メーカーオプションで全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールなどを装着することができます。

XDの価格帯
2WD 3,196,800円
4WD 3,429,000円

XD PROACTIVE

新型CX-8のXD PROACTIVEグレード

CX-8のXD PROACTIVEは、XDに快適装備を追加した上級グレードです。駆動方式は2WDと4WD、トランスミッションは6AT、ボディカラーは全7色で、PROACTIVEグレードから360°モニターが設定できます。

XD PROACTIVEの主な標準装備

・交通標識認識システム
・アダプティブ・LED・ヘッドライト
・ドライバー・アテンション・アラート
・レーダークルーズコントロール
・スマート・ブレーキ・サポート
・19インチアルミホイール
・ステアリングヒーター
・アクティブ・ドライビング・ディスプレイ

XDグレードの搭載されている安全装備に「交通標識認識システム」や「ドライバー・アテンション・アラート」、「レーダークルーズコントロール」などが標準装備になっています。ヘッドライトはアダプティブ・LED・ヘッドライトになり、ステアリングヒーターも装備されます。

XD PROACTIVEのインストルメントパネル

シート素材はXDと同様にクロスを採用していて、カラーはブラックです。ステアリングやシフトノブには本革が使われていて、フロントにはシートヒーターがあり、運転席にはパワーシートが設定されています。価格帯は2WDで353万円、4WDは376万円になっています。

XD PROACTIVEの価格帯
2WD 3,537,000円
4WD 3,769,200円

XD L Package

新型CX-8のXD L Packageグレード

CX-8の最上級グレードであるXD L Packageは、シート素材にナッパレザーを採用した豪華なグレードで、セカンドシートがキャプテンシートの6人乗り仕様だけの設定です。駆動方式は2WDと4WD、トランスミッションは6AT、エクステリアにはルーフレールなど標準装備しているシステムがたくさんあります。

L Packageの主な標準装備

・LEDフォグランプ
・ルーフレール
・リアウインドーサンシェード
・セカンドシートヒーター
・ナッパレザーシート
・19インチアルミホイール

CX-8の最上級グレードであるL Packageには、標準装備で屋根にルーフレールが装着されていて、キャプテンシートになっているセカンドシートにもシートヒーターが装備されているので快適に過ごすことができます。寒い時だけではなく暑い時にはサンシェードが役立ちます。

XD L Packageのディープレッド表皮

※ディープレッド

XD L Packageのピュアホワイト表皮

※ピュアホワイト

L Packageに設定されているシートは、素材にナッパレザーを使いカラーリングは、ディープレッドとピュアホワイトの2色が設定されています。もちろん安全装備のi-ACTIVE SENSEを搭載されていて、上級グレードのPROACTIVEと同様の機能が備わっています。

価格帯は2WDが395万円、4WDが419万円で、全てのグレードが寒冷地仕様になっています。

L Packageの価格帯
2WD 3,958,200円
4WD 4,190,400円

おすすめのグレードは、上級グレードのPROACTIVE

6・7人乗りのクロスオーバーSUVのCX-8は、上級グレードのPROACTIVEがおすすめです。7人乗りの設定があり、シート素材はクロスなのでファミリーユースにもピッタリで、安全装備も最上級グレードのL Packageと同様の内容になっています。

最上級グレードのL Packageは、ナッパレザーを使用した高級感のあるグレードで、上質な大人の空間を演出してくれます。6人乗りモデルでセカンドシートもキャプテンシートを採用していてゆったりと過ごすことができます。

PROACTIVEの価格帯は357万円から、L Packageの価格帯は395万円からですので、自分の予算に合ったCX-8をぜひ検討してみてください。