ディアスワゴンのマイナーチェンジ最新情報

新型ディアスワゴンのマイナーチェンジ車が2017年11月13日に発売

ディアスワゴンが2017年11月13日にマイナーチェンジしました。ダイハツ・アトレーワゴンのOEM車で、スバルブランドで販売される同車はスマートアシスト3などを標準装備して安全性が強化されました。その他のエクステリアやインテリアの改良点や販売価格についても取り上げます。

新型ディアスワゴンのマイナーチェンジ車が2017年11月13日に発売

ディアスワゴンのマイナーチェンジ車が2017年11月13日に発売

スバルはプレスリリースにてディアスワゴンとともに、サンバーバンのマイナーチェンジを2017年11月13日に発表し、同日に両車の発売が行われました。

ディアスワゴンとサンバーバンはともにダイハツからのOEM供給を受け、スバルブランドで販売するスタイルをとります。今回のマイナーチェンジは、姉妹車にあたる「ダイハツ・アトレーワゴン」のマイナーチェンジに合わせる形で実施されました。

2017年11月13日に新しく生まれ変わったディアスワゴンのエクステリアやインテリアの魅力や、スマートアシスト3を搭載し安全性能が強化された同車の販売価格などについて取り上げます。

ディアスワゴンはダイハツ・アトレーワゴンのOEM車

マイナーチェンジした新型ディアスワゴン

ワンボックス型軽自動車であるディアスワゴンは、スバルブランドで販売するOEM車です。そんなディアスワゴンは、6代目スバル・サンバーの姉妹車として誕生しました。

2008年4月にスバルは、トヨタとダイハツ間との業務提携を強化し数年内に軽自動車の生産から撤退する事を取り決めました。その合意内容に基づき、ディアスワゴンは2009年のフルモデルチェンジを機に、ダイハツのアトレーワゴンをベースとしたOEM車へと生まれ変わりました。その後は、アトレーワゴンに合わせる形でマイナーチェンジが行われています。

ディアスワゴンはマイナーチェンジで力強くシャープとなる

新型ディアスワゴンのライト

今回のマイナーチェンジでディアスワゴンのエクステリアは、フロントマスクとリヤパンパー周辺のデザインに変更を加えて前モデルからのイメージの一新をはかります。特にフロントマスクでは、力強さを意識した新デザインを採用して迫力感をかもしだします

フロントグリルでは台形をあしらったデザイン力で安定感とダイナミックさを表現します。パンパーサイドには、交換可能なサイドカバーを取り入れて傷ついてしまった際の対応をスムーズにします。ヘッドランプでは従来モデル車よりも、シャープさを強調したスタイルが魅力的です。

多灯式のLEDヘッドランプとメッキベゼル付のLEDフォグランプを組み合わせた「LEDパック」を装備することにより、視認性が高まり夜間走行時の安心感が高まります。

リヤパンパーは前モデルよりもエッジを効かせつつ、リヤコンビネーションランプにLEDテール&ストラップランプを導入することにより見栄えがスタイリッシュになるとともに、後続車へのシグナルが強調されます。

室内空間はブラック基調で装備が充実

新型ディアスワゴンの内装

マイナーチェンジ後のディアスワゴンの室内空間は、ブラック基調のデザインを採用することで前モデルと比較すればイメージはガラリと変わってきます。車内でのその他の変更点と言えば、インパネ部のデザインには改良を施し、マルチインフォメーションディスプレイ付きメーターを採用することです。

グレードRS Limitedでは、タコメーター付きルミネセントメーターを搭載し、運転する喜びを堪能させてくれます。

スマートアシスト3とVDCを標準装備し安全性が強化

マイナーチェンジによって、ディアスワゴンには横滑りを防いで車を安定走行に導いてくれるVDC(ビークルダイナミクスコントロール)が標準装備され。軽自動車では評価の高い予防安全システムである自動ブレーキやAT誤発進抑制機能などをパッケージングした「スマートアシスト3」も標準装備することで、安全性は向上します。

パワステやアイドリングストップを採用し低燃費を実現!

マイナーチェンジが行われたディアスワゴン、サンバーバンはともに停車時のエネルギーロスを低減させるアイドリングストップやエンジン出力を利用しない操舵システムである電動パワーステアリングを採用することで全グレードにおいて低燃費を実現しています。

ディアスワゴンのボディカラーは全6色

マイナーチェンジ後のディアスワゴンのボディカラーは、プライトシルバー・メタリックやブラック・マイカメタリック、タングステングレー・メタリックなど全6色です。

「パール・ホワイト3」・「アーバンナイトブルークリスタル・メタリック」・「プラムブラウンクリスタル・マイカ」のボディカラーでは、販売価格に27,000円が加算されます。

アーバンナイトブルークリスタル・メタリック(27,000円高)

アーバンナイトブルークリスタル・メタリックの新型ディアスワゴン

プラムブラウンクリスタル・マイカ(27,000円高)

プラムブラウンクリスタル・マイカの新型ディアスワゴン

パール・ホワイト3(27,000円高)

パール・ホワイト3の新型ディアスワゴン

ブライトシルバー・メタリック

ブライトシルバー・メタリックの新型ディアスワゴン

タングステングレー・メタリック

タングステングレー・メタリックの新型ディアスワゴン

ブラック・マイカメタリック

ブラック・マイカメタリックの新型ディアスワゴン

ディアスワゴンのマイナーチェンジ後の販売価格は150万円~180万円

ダイハツの先進予防安全システムであるスマートアシスト3を標準装備して、安全性が強化されたディアスワゴンのマイナーチェンジ後の販売価格は下記の表のとおりとなります。

グレード エンジン 駆動方式 変速機 販売価格(円)
RS スマートアシスト 0.66L
ターボ
2WD

4AT

1,560,600円
RS Limited スマートアシスト 1,679,400円
RS スマートアシスト 4WD

1,695,600円
RS Limited スマートアシスト 1,814,400円

ディアスワゴンはマイナーチェンジによって安全性が強化!

ダイハツのアトレーワゴンの姉妹車にあたるディアスワゴンは、スマートアシスト3などを標準装備することで安全性が大幅に強化されました。デザイン面では違いはあるものの、車としての性能は両車ほとんど変わりがありません。

スバルブランドの軽自動車に乗りたいという方にとって、今回のディアスワゴンとサンバーバンのマイナーチェンジの知らせは購買意欲を刺激するには十分なインパクトがあります!