フォレスターのモデルチェンジ

新型フォレスターがフルモデルチェンジで「eボクサー(e-BOXER)」のアドバンス追加

フォレスターのフルモデルチェンジ情報を紹介。2015年に発表された新型フォレスターのコンセプトモデルや、一新されたパワートレインの2.5Lガソリンエンジンと2.0Lハイブリッドe-BOXERエンジン、標準装備されるツーリングアシストなど新型フォレスターの最新情報を紹介します。

新型フォレスターがフルモデルチェンジで「eボクサー(e-BOXER)」のアドバンス追加

新型フォレスターライバルを「X-BREAK」などグレード別に紹介

新型フォレスターも分類されるミドルクラスSUV市場は、車市場全体で見ても、成長を続けていて、滞在層や顕在層も多く、自動車メーカーにとっては重要となるマーケットです。

そのため、各自動車メーカーは、積極的に新型モデルを投入したり、ハイブリッドカーをラインナップさせたりしてシェア率アップを目指します。

そんな競争な激しいミドルクラスSUV市場においても、充実した安全装備や水平対向エンジンによる安定した走りで、グローバル市場においても評価されるフォレスターの新型モデルのライバル車を紹介します。

マツダCX‐5は発売以来、フォレスターと比較される機会の多いライバル車

新型フォレスターのライバルCX-5のエクステリアCX-5はディーゼルモデルもラインナップするマツダの主力SUV

スバルの世界戦略車にあたる新型フォレスターは、「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」にて開発が行われました。

SGPの基で開発される新型フォレスターは、スタンダードモデルである「ツーリング(Touring)」においても、2.5L DOHC直噴エンジンを搭載し、フルオートエアコン・シートヒーター等の快適装備を充実させて、プリクラッシュブレーキ等がパッケージングされる「アイサイトver.3」を標準装備します。

マツダのCX‐5も、スタンダードモデル「S」で、高性能エンジンを搭載させて、ハイ&ロービーム等の機能が備わるLEDヘッドランプ、ピアノブラック塗装が施されるシフトパネルやドライブセレクトを標準装備します。

ともに、スタンダードモデルが充実し、2列シート5人乗りモデルのミドルクラスのクロスオーバーSUVであるCX‐5とフォレスターは発売以来、比較され続けてきました。

CX‐5 グレード25S・4WDモデルのスペック
全長 4,545mm
全幅 1,840mm
全高 1,690mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン SKYACTIV‐G 2.5 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量 2.488L
最高出力 138kW/6,000rpm
最大トルク 250Nm/4,000rpm
燃費(JC08モード) 14.2km/L
販売価格 2,721,600円~

新型フォレスターのガソリン車に搭載される2.5L DOHC 直噴エンジンと、CX‐5のガソリン車に搭載されるエンジン「SKYACTIV‐G 2.5」を比較すれば、若干の違いはあるものの互いの数値は近いと言えます。

ボディカラーで比較すれば、新型フォレスターはアイスシルバー・メタリックなど全9色であるのに対して、CX‐5ではソウルレッドクリスタルメタリックなど全8色であり、フォレスターの方が塗装色の選択肢が広がります。

フォレスターのエクステリアは、スバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」の基で完成される、鍛え抜かれた剛性の伴う迫力感のあるボディを特徴とします。

一方のCX‐5のエクステリアは、魂動デザインのコンセプトの基で完成される、無駄な要素をどんどん省くことによって生まれる洗練された美しさに、精悍さや躍動感を加えて、生命力が宿るような力強さを与えているのが特徴です。

三菱エクリプスクロスはX‐BREAKのライバル車

新型フォレスターのライバル三菱エクリプスクロスのエクステリア三菱渾身の新型モデルとして登場したエクリプスクロス

新型フォレスターのグレード「X‐BREAK」は、ルーフレールやステアリンホイール等のパーツにレッドオレンジカラーによる加飾を行うなどして、大人の冒険心を刺激する、アウトドア志向の強いドライバーを満足させる車です。

2018年3月に誕生した、三菱の新型クロスオーバーSUV「エクリプスクロス」は、ダイナミックシールド等の先進デザインテクノロジーを導入して、SUVらしい筋肉質なボディラインに、クーペのようなスタイリッシュさを加えます。

エクリプスクロスに搭載される、三菱の新開発エンジン「直噴MIVECインタークーラー付ターボ」、S‐AWC(車両運動統合制御システム)と高剛性ボディによって実現される、シビアコンディションに対するストレスのない走りは、大人の冒険心を刺激するには、十分すぎるほどの魅力を秘めています。

エクリプスクロス グレード「G・4WD」のスペック
全長 4,405mm
全幅 1,805mm
全高 1,685mm
ホイールベース 2,670mm
エンジン 直噴MIVECインタークーラー付ターボ
最高出力 110kW/5,500rpm
最大トルク 240Nm/2,000rpm‐3,500rpm
総排気量 1.498L
燃費 14.0km/L
販売価格 2,922,480円~

グレード「X‐BREAK」などのガソリン車に搭載される、2.5L水平対向直噴エンジンとエクリプスクロスのエンジンを比較すれば、総排気量や燃費面ではX‐BREAKの方が上ですが、最大トルクではエクリプスクロスの方が優れています。

新型フォレスターでは、駆動力やブレーキング力を調整して、シビア路面からの脱出をサポートする「X‐MODE」等の走行性能を充実させて、エクリプスクロスに対抗します。

日産エクストレイルのハイブリッドモデルはAdvanceのライバル車

新型フォレスターのライバル日産エクストレイルのエクステリアアウトドアユーザーから絶大な支持を集めるエクストレイルにはハイブリッドモデルもラインナップされている

新型フォレスターのグレード「Advance」は、水平対向エンジンにe‐BOXERによるモーターアシストがパワーユニットで加わる、同車にとっては初となるハイブリッドカーです。

エクストレイルのハイブリッドカーの4WDモデルでは、雪道の急勾配の坂・スタック脱出などで高い走破性を実現する電子制御4WDシステムに、発進・クリープ・減速・全開加速時といった走行シーンにおいて、モーターとエンジンを効率よく使い分ける日産独自の高性能ハイブリッドシステムを組み合わせます。

エクストレイル グレード「20X HYBRID 2列 4WD」のスペック
全長 4,690mm
全幅 1,820mm
全高 1,750mm
ホイールベース 2,705mm
エンジン DOHC筒内直接燃料噴射直列4気筒
総排気量 1.997L
最高出力 108kW/6,000rpm
最大トルク 207Nm/4,400rpm
モーター RM31 交流同期電動機
最高出力 30kW
最大トルク 160Nm
燃費(JC08モード) 20.0km/L
販売価格 3,098,520円~

新型フォレスターのハイブリッドカー「Advance」と、エクストレイルのハイブリッドカーの4WDモデルのパワートレインを比較すれば、エンジンとモーターを完全分離する等の蓄積した技術力で勝る、日産エクストレイルの方が、燃費性能やアシスト力において優れています。

フォレスターのグレード「Advance」は、水平対向エンジンにe‐BOXERによるモーターアシストが加わる未体験の走りに、ドライバーモニタリングシステムやアイサイト・ツーリングアシスト等の安全性能を充実させて、エクストレイルに対抗します。

ニューヨークモーターショーで2018で5代目フォレスターが世界初公開

ワールドプレミアされたニューヨークモーターショー2018では新開発の2.5Lガソリンモデルのみ公開されました。
ハイブリッドe-BOXERエンジンは今後アップグレードされトヨタから供与されるTHS2を独自改良し搭載する可能性もあります。

新型フォレスターと北米モデルのスペック比較
新型フォレスター(北米モデル) 5代目フォレスター
全長 4,625mm 4,610mm
全幅 1,815mm 1,795mm
全高 1,730mm 1,715mm
ホイールベース 2,670mm 2,640mm
最低地上高 220mm 220mm
排気量 2.498L 1.995L
駆動方式 シンメトリカルAWD
乗車定員 5名

4代目フォレスターは2017年に一部改良された

フォレスターは2017年3月13日にマイナーチェンジ(一部改良)を行い安全装備の「Eyesight(Ver.3)」を搭載し、ベースグレードにもアイサイトが搭載されました。EyeSightバージョン3へアップグレードしたことで、走行中の車線を維持する技術「アクティブレーンキープ」が60km/h以上で機能するようになりました。

高い走破性を魅せるスバルフォレスター

また「X-BREAK」のグレードで、フォグランプ周りとサイドスカートなどにオレンジの加飾を施した「カラーアクセント仕様」には、黒く塗装されたホイールとルーフレール、リアにはオレンジ色の「X-BREAK」のエンブレムが追加され、よりスタイリッシュに進化しています。

歴代フォレスターは5年周期でフルモデルチェンジしている

歴代フォレスターのモデルチェンジ周期を見てみると、ちょうど5年ごとにフルモデルチェンジしていることが分かります。

歴代フォレスター販売周期
初代フォレスター 1997年~2002年
2代目フォレスター 2002年~2007年
3代目フォレスター 2007年~2012年
4代目フォレスター 2012年11月~

3代目のSHフォレスターが、2011年10月に仕様変更のマイナーチェンジが実施されて2012年11月に4代目のSJフォレスターにフルモデルチェンジされた実績があります。

2012年11月から販売された4代目フォレスターも、2017年11月で販売から5年が経ち2018年6月20日にスバルから発表され、2018年の7月19日からガソリンモデルが販売開始となります。

viziv futureが新型フォレスターのコンセプトモデル

2015年東京モーターショーで世界初出展された「スバル viziv future concept」が、次期フォレスターのコンセプトカーです。

2018年登場が噂される新型フォレスター

アイサイトによる安全技術や、小さい排気量+ターボエンジンやハイブリッドe-BOXERシステムを搭載したモデルが開発されます。どっしりとしたフロントマスクやオレンジ色のアクセントが、4代目のフォレスターX-BREAKカラーアクセント仕様を連想します。

新型フォレスターのバックショット

リアバンパーを引き出して自転車を運ぶ姿は、まさに都会から郊外までアクティブに楽しむフォレスターの使い方にピッタリのアイディアです。

自転車も積み込める積載量を誇る新型フォレスター

また、後部座席を倒すと自転車を固定するレールが出現するなどアウトドアにピッタリなシートアレンジが出来ます。

フォレスター初のハイブリッドe-BOXERを搭載して進化

2018年3月に開催された自動車の新技術や新車種・コンセプトモデルを発表する「ニューヨークモーターショー」にて新型フォレスターが発表され話題になりました。
その後2018年6月20日に日本で新型フォレスターが発表され受注予約の4割がe-BOXERモデルとなったことからハイブリッドモデルが注目されている状況になっています。

エクステリアはキープコンセプトですが、新型ハイブリッドエンジンの搭載、アイサイトのアップグレード、次世代プラットフォームの採用など正当進化を果たしています。
今後はPHEVモデルの追加や次世代e-BOXERを採用したエンジンのリファインもされる可能性があるため続報に期待しましょう。