フィット特別仕様車コンフォートエディション

フィットの特別仕様車「コンフォートエディション」が快適装備を採用してラインナップ

フィットの特別仕様車「コンフォートエディション」が2018年5月18日に発売されました。新たに設定された「プレミアムアイボリー・パール」などの専用のボディカラーや、ベース車に追加設定された「運転席&助手席シートヒーター」などの快適装備の魅力や、タイプ別の販売価格についても紹介します。

フィットの特別仕様車「コンフォートエディション」が快適装備を採用してラインナップ

フィットの特別仕様車「コンフォートエディション(COMFORT EDITION)」は快適装備を充実させる

ホンダは2018年5月17日のプレスリリースで、フィットの特別仕様車「COMFORT EDITION」を同年5月18日に発売することを発表しました。

特別仕様車は、人気グレード「HYBRID・F」と「13G・F」をベースとし、「360° スーパーUV・IRカット パッケージ」等の快適装備を標準装備します。

ここでは、特別仕様車のタイプ別・販売価格や、ボディカラーに追加されたプレミアムアイボリー・パールなどの特別仕様車専用色についても紹介します。

フィットの特別仕様車コンフォートエディションはベース車に快適装備を追加

フィットの特別仕様車「COMFORT EDITION」では、ベース車に快適装備を追加してユーザー満足度を高めます。

HYBRID・Fをベースとする「HYBRID・F COMFORT EDITION」では、ベース車の標準装備に加えて、日焼けの原因となる紫外線や、暑さのもとである赤外線を大幅にカットできる「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」と、肌寒くなる季節に体を温める機能性が備わる「運転席&助手席シートヒーター」を特別装備します。

13G・F をベースとする「13G・F COMFORT EDITION」では、ベース車の標準装備に加えて、360°スーパーUV・IRカットパッケージや運転席&助手席シートヒーター、DC12 Vに対応するアクセサリーソケットが備わるアームレスト付センターコンソールボックスを特別装備します。

ボディカラーは全9色でフィットの特別仕様車を個性的に表現

2018年5月18日に発売されたフィットの特別仕様車「COMFORT EDITION」のボディカラーは、モーニングミストブルー・メタリックやブリティッシュグリーン・パールなどの特別仕様車専用色3色を含めた、全9色設定です。

ブリティッシュグリーン・パールのフィットCOMFORT EDITIONブリティッシュグリーン・パール(特別仕様車専用色)

モーニングミストブルー・メタリックのフィットCOMFORT EDITIONモーニングミストブルー・メタリック(特別仕様車専用色)

プレミアムアイボリー・パールのフィットCOMFORT EDITIONプレミアムアイボリー・パール(32,400円高・特別仕様車専用色)

プラチナホワイトパールのフィットCOMFORT EDITIONプラチナホワイトパール(32,400円高)

ミッドナイトブルービーム・メタリックのフィットCOMFORT EDITIONミッドナイトブルービーム・メタリック(32,400円高)

プレミアムクリスタルレッド・メタリックのフィットCOMFORT EDITIONプレミアムクリスタルレッド・メタリック(54,000円高)

ルナシルバーメタリックのフィットCOMFORT EDITIONルナシルバーメタリック

クリスタルブラック・パールのフィットCOMFORT EDITIONクリスタルブラック・パール

ルージュアメジスト・メタリックのフィットCOMFORT EDITIONルージュアメジスト・メタリック(2018年9月より選択可能)

フィット特別仕様車コンフォートエディションで設定されているインテリアカラーは全3色

特別仕様車のインテリアカラーは、ガソリン車の「13G・F COMFORT EDITION」では、ブラックを採用し、ハイブリッド車の「HYBRID・F COMFORT EDITION」では、ニュアンスブラックを採用します。

特別仕様車では、上位モデルでなければ選択できなかったインテリアパッケージである「プレミアムブラウン・インテリア」を、オプションで追加設定する事ができます。
※販売価格に54,000円が加算されます

フィット特別仕様車「コンフォートエディション」のタイプ別 販売価格

フィットの特別仕様車「コンフォートエディション(COMFORT EDITION)」は、ハイブリッド車とガソリン車の中でも人気の高いグレード「HYBRID・F」と、「13G・F」に運転席&助手席シートヒーターなどの快適装備を追加設定しました。

ガソリン車の特別仕様車である、13G・F COMFORT EDITIONの販売価格は、140万円台~160万円台です。一方のハイブリッド車の特別仕様車であるHYBRID・F COMFORT EDITIONの販売価格は、180万円~200万円台です。

タイプ エンジン トランスミッション 駆動方式 販売価格(消費税込み)
HYBRID・F
特別仕様車
COMFORT EDITION
1.5LアトキンソンサイクルDOHC i‐VTCE+i‐DCD 高出力モーター内蔵7速DCT FF 1,847,880円~
4WD 2,042,280円~
13G・F
特別仕様車
COMFORT EDITION
1.3LアトキンソンサイクルDOHC i‐VTCE CVT FF 1,461,240円~
4WD 1,655,640円~

特別仕様車「コンフォートエディション」の登場でフィットの選択肢が広がる

フィットは、ホンダ独自のセンターレイアウトによる広い室内空間と、多彩なシートアレンジ、抜群の操作性と低燃費が魅力的な車です。

そんなフィットに「360°スーパーUV・IRカット パッケージ」や「運転席&助手席シートヒーター」などが標準装備される特別仕様車・COMFORT EDITIONが加わります。

フィットが分類されるコンパクトカー市場では、トヨタのアクアやヴィッツ、日産ノート、VWのゴルフやBMWのミニなど国内外の自動車メーカーが販売する車が熾烈なシェア争いを繰り広げています。

快適装備が充実し、販売価格も魅力的な特別仕様車「COMFORT EDITION」がフィットに加わり、選択肢が広がったことで、今後のコンパクトカー市場がどう変化していくのかに注目が集まります。