クラリティPHEVの内装

クラリティPHEVの内装は先進的デザインでハイクラスな魅力がある

クラリティPHEVの内装カラーはホワイトアイボリーとブラックの2種類があり、いずれも汚れ・シワに強く触り心地の良いプライムスムース素材を採用し高級感あるデザイン。ホンダ新型クラリティPHEVはメカの空間を最小とし人間のスペースを最大とするMM思想で広々とした居室空間。

クラリティPHEVの内装は先進的デザインでハイクラスな魅力がある

眩しさを抑えて安全性を高めるルームミラー

新型クラリティPHEVの防眩ミラー防眩ミラーで夜間のドライブも安心

新型クラリティPHEVのルームミラーは、夜間走行時において安全なドライビングができるよう、後続車のヘッドライトの光を自動で抑制し、眩しさを抑える機能がついています。

車両と連動できるHonda Remote Appに対応

新型クラリティPHEVの車両情報を見られるアプリホンダリモートアプリでバッテリー残量などの車両情報を確認

バッテリー残量や車内温度、航続可能距離といったクラリティPHEVの車両情報は、Honda Remote Appというスマホアプリを使って取得することができます。タイマー充電や出発時刻に合わせエアコンのオンオフなどの遠隔操作も可能です。

新型クラリティPHEVの荷室は512Lと大容量なのが嬉しい

新型クラリティPHEVのラゲッジルームラゲッジ容量はゴルフバックが4つ入る512Lを確保

長さのある荷物もらくらく収納可能なトランクスルー機構を導入しているクラリティPHEVですが、トランクルームの荷室容量はなんと512Lと、9.5型のゴルフバッグが4個積み込めるほどの大容量です。シートは左右それぞれ分割できるので、様々なスペースの使い方があります。

新型クラリティPHEVの収納スペース室内を存分に生かした収納力も新型クラリティPHEVの内装の魅力

ドアポケットなどのほか、運転席上部のサングラスボックスや運転席と助手席に装備されたスマートフォンポケットといった収納が多数設置されているのも嬉しいポイントです。

クラリティPHEVの内装には環境に優しい素材を多数採用

プライムスムースを採用したシートサイドの裏地やサンバイザー、ルーフライニングには植物由来素材を使用している新型クラリティPHEV。さらに、金型には低炭素製造のピラーガーニッシュやリアトレーを採用するなど、環境負荷低減素材使用率は内装表面積のおよそ70%と、地球にとても優しいクルマです。

新型クラリティPHEVの内装はMM思想を意識したゆとりある居住空間が広がる

EV車らしい先進性を取り入れた内装デザインの新型クラリティPHEV。ホンダのMM思想のもと、人のためのスペースを最大とするパッケージング技術でゆったりとした室内空間で、ドライバーや同乗者が心地よく過ごせる設計となっています。512Lの大容量のトランクルームは旅行やキャンプなどにも便利です。
四輪車グローバル販売台数の2/3を、2030年をめどに電動化することを目標として掲げているホンダ。新型クラリティPHEVは、その目標を達成するための重要な担い手的モデルとなるでしょう。