新型エクストレイルの内装

日産新型エクストレイルの内装はシートアレンジ多彩なアウトドア仕様

日産の新型エクストレイルの内装を紹介します。アウトドアに特化しているエクストレイルの特徴は防水シートや防水フロアに見られる「防水性能」とミドルクラスSUVでは珍しい7人乗り機能です。アウトドアを楽しみたい層とファミリー層に大人気の日産エクストレイルの内装の魅力を存分にご覧ください。

日産新型エクストレイルの内装はシートアレンジ多彩なアウトドア仕様

アウトドアに最適な日産エクストレイルの内装をチェック

エクストレイルは2000年11月3日に日産から販売されたミドルサイズクロスオーバーSUVです。防水シートや力強い4WD性能、多彩なシートアレンジや広いラゲッジルームが主にアウトドアを楽しむユーザーに支持され、大人気となりました。
2017年6月8日にはマイナーチェンジされエクステリアが洗練されただけではなく、自動運転の第一歩とも言えるプロパイロットがオプション選択できるようになりました。

世界的なSUVブームの中、日本市場でもSUV人気が高まっています。そんな中でエクストレイルはどこまで人気を伸ばすことができるのでしょうか。
今回はエクストレイルのシートアレンジやラゲッジルームなど内装の魅力を紹介します。

エクストレイルの魅力は防水性能

新型エクストレイルの内装

エクストレイルの魅力はなんと言っても「防水性能」に尽きます。車内のフロアはもちろんラゲッジルーム、そしてシートも防水仕様となっています。
スキー・スノーボード、サーフィンなどが趣味の方はそのまま車に乗り込むことができます。室内空間も広く、170cmの大人が4人乗っても余裕のある空間となっています。
そしてSUVでは珍しい7人乗りシートもあるので、大人数での移動も楽々行えます。日産エクストレイルはまさにアウトドアを楽しむ大人のためにある車と言えます。

ガソリン仕様車 ハイブリッド仕様車
全長 4690mm
全幅 1820mm
全高 1740mm
室内長 2005mm
室内幅 1535mm
室内高 1270mm
ホイールベース 2705mm
乗車定員 5名・7名 5名・7名
車両総重量 1785kg 1845kg
最小半径 5.6m
燃費 16.0km/L 20.0km/L
メーカー希望小売価格 2,404,080円~ 2,796,120円~

※4WDモデルの諸元

エクストレイルのシートは2種類+特別シート2つの合計4種類

新型エクストレイルの防水シート

エクストレイルのシートにグレード差はなく「防水シート」が標準装備となっています。マリンスポートやウインタースポーツが趣味の方にはとても嬉しい仕様となっています。

新型エクストレイルのクロスシート

オプション設定では高級感のあるスエード調トリコットのクロスシートを選択することもできます。クロスシートは防水機能がないので注意しましょう。

そして特別シートを装備しているのが日産車のカスタムカーを制作しているオーテックジャパンから特別仕様車として販売された「エクストレイル モード・プレミア」です。
モード・プレミアに標準装備されるのがブラックレザーシートです。

モード・プレミア標準装備ブラックレザーシート

モード・プレミア ハイコントラスインテリアのグレードに装備されるのがホワイトレザーシートです。ハイコントラストインテリのグレードは本革巻きステアリングもホワイトレザーに変更となります。
モード・プレミアのレザーシートも防水シートではありません。

ハイコントラスインテリアのホワイトレザーシート

エクストレイルのシートアレンジ

エクストレイルのラゲッジスペース

エクストレイルはアウトドア志向の強い車のため大容量のラゲッジスペースを利用し、用途に合わせた自由自在なシートアレンジが可能です。SUVでは珍しい7人乗り仕様もあるので子育て中のファミリー層の方もミニバンから乗り換えるには最適なSUVと言えます。
※二列シートのハイブリッド車の画像です。

フルフラットモード

エクストレイルのフルフラットモード

サーフボードやスノーボード、ゴルフバックなど長さのある荷物を収納するのに最適なシートアレンジです。十分なラゲッジルームを持つエクストレイルの最大の特徴となるフルフラットモードは大人も横になれるほど広大なため車中泊も楽々こなせます

2段収納モード

エクストレイルの2段収納モード

ラゲッジスペースに段差を設ける2段収納モードです。マリンスポーツなどで水気が残っている物を下段に、濡らしたくないお買い物用品を上段に、というように別の荷物を収納するのに便利な機能です。
他のSUVでは見られない機能ですが、実際に使うととても便利な機能となっています。

バーチカルモード

エクストレイルのバーチカルモード

ラゲッジスペースを縦に仕切ることで、転がりやすい荷物を収納するモードです。野球やサッカーなど球を用いるスポーツを趣味とする方にはとても便利な機能となっています。

エクストレイルのコクピット

新型エクストレイルのコクピット

アウトドアに特化しているとはいえ、内装に妥協はしていません。ブラックが基調となっている高級感のある内装は全グレードに標準装備となっています。
使い勝手の良いシンプルなスイッチ類と曲線的なデザインはアグレッシブなエクストレイルにマッチしています。
高級車にありがちなゴテゴテした内装ではないので、飽きのこないスマートな印象を感じられます

エクストレイルは全グレードが防水仕様

エクストレイルの最大の特徴は防水です。車内のフロアやラゲッジスペース、標準装備されるシートも防水仕様となっています。

防水シート

新型エクストレイルの防水シート

エクストレイルの最大の特徴なのが防水シートです。防水シートがあるからエクストレイルを選んだ、という方もいるように、とても人気のある機能です。
エクストレイルの防水シートは防水性のみならず快適性も両立しています。水は通さず空気を通す機構を備えているので長時間のドライブでも快適な座り心地となっています。

防水フロア

新型エクストレイルの防水フロア

アウトドアだけではなく、雨の日のドライブでも恩恵を感じられるのが防水フロアです。掃除が簡単になるだけでなく、滑り難さも兼ね備えているため転倒の事故も防ぐことができます
荷物が入りきらない時はフロアも活用できるのは大きなメリットとなります。

防水ラゲッジルーム

新型エクストレイルの防水ラゲッジルーム

雪や水など水分を含む荷物も気にせず収納できます。
防水の特徴は水を吸い込まないことだけではなく、掃除が楽になることです。
お子様がいる家庭では泥や砂なども荷物に紛れやすいため、お手入れの簡単な防水仕様のラゲッジルームはとても助かる機能となるでしょう。
防水ラゲッジルームはガソリン仕様車だけの機能となっています。

エクストレイルはファミリー層にも大人気

新型エクストレイルの7人乗りシート

エクストレイルの内装の特徴は防水仕様ですが、SUVではランドクルーザーやパジェロなどのラージサイズSUVしかない3列シート7人乗り仕様があることも大きな特筆するべき特徴となっています。

ファミリー世代にも人気の7人乗り仕様と防水仕様が相まって、活躍できるシーンはとても幅広いのがエクストレイルの魅力です。
また先代エクストレイルに見られた内装のチープさも新型エクストレイルには全く感じられないのでこれから益々人気のSUVとなることは間違いありません。