スズキ新型クロスビーの最新情報

クロスビーをハスラーのスペックやボディサイズと比較しながら解説

スズキの新型SUVクロスビーが2017年12月に発売されます。同車のエクステリアやインテリアの特徴、 ボディカラーやエンジンスペック等をハスラーと比較しながら紹介します。各グレードの販売価格や標準装備についても取り上げます。

クロスビーをハスラーのスペックやボディサイズと比較しながら解説

スズキ新型SUVクロスビーのボディサイズなどをハスラーと比較して紹介

東京モーターショー2017で世界初公開されたスズキの新型クロスオーバーSUV「XBEE(クロスビー)」は、そのエクステリアがハスラーにあまりにも似ていた事からハスラーのワイド版と言われていました。

ハスラーは、SUVに軽自動車の魅力を組み合わせた車であるのに対して、クロスビーはSUVにWAGONの室内スペースの広さや収納力を組み合わせた車です。
ワゴンの収納力とSUVの走行性能が融合するクロスビーは、普通車となるためハスラーよりも高出力エンジンを搭載することができます。

2017年12月に発売されるハスラーのワイド版とも言える「クロスビー」に、ハスラーという固有名詞を付けないのは、これから世界展開を行っていく上で米国の雑誌ハスラーと混同されるのを避ける狙いがあると思われます。

世界的なSUVブームの影響を受けて新たに誕生するスズキの新型SUVクロスビーのエクステリアやインテリアなどの魅力を紹介します。

新型クロスビーのエクステリア

新型クロスビーのエクステリア

スズキの新型SUVクロスビーは、東京モーターショー2017で初披露された際にハスラーと類似性の多いエクステリアに話題が集まりました。

ここでは、クロスビーのエクステリアの特徴を紹介しながら現行モデルのハスラーとどういった点で似ていてどういう点で異なっているのかについての比較も行います。

フロントビュー

クロスビーでもハスラーが採用する丸みを帯びたキャッチーなデザインのヘッドライトとフォグランプを採用します。横幅のある台形スタイルのフロントグリルは、クロスビーではワイド化され迫力を増しています。

サイドビュー

クロスビーではハスラーとは異なりサイドウインドウがリア部まで連なっています。そうすることで、後部方向の死角が少なくなり視認性が高まります。ドアノブにはメッキ加飾を施すことでハスラーよりも高級なイメージが加わります。

ハスラーのサイドガーニッシュではさほど主張していないのに対して、クロスビーでは選択したボディカラーによってはインパクトの度合いが大きくなります。

リヤビュー

ハスラーのリア部ではシンプルな箱型デザインを採用しているのに対して、クロスビーは立体構造で特徴を与えることで躍動感をアップさせます。テールランプの外形は六角形へと変わり、クロスビーではハスラーにはないリフレクターが設置されます。

インテリアは冒険心を刺激する遊び心で満載

新型クロスビーのインテリア

新型クロスビーの室内空間は、ワゴン車のような充実した広々スペースです。そのため大人5人が乗車しても窮屈さを感じることはありません。

防汚加工を施したラゲッジフロアや大容量ラゲッジアンダーボックスは、アウトドアシーンで大活躍します。リヤシートは利用しない時に倒すことでラゲッジスペースは拡張されます。

インテリアのデザインコンセプトは「大人の冒険心を刺激する」です。シート側面にはビビッドカラーを採用したりする遊び心を取り入れることで、運転中のワクワク感は高まります。

新型クロスビーの4WDは路面状況が変化しても対応できる

クロスビーの4WDモデルでは、雪道やアイスバーンでの走行をサポートするスノーモードや、傾斜のある登り坂でもパワフルな走りを実現するスポーツモードなどドライブシーンに適した走行モードを備えます。

その他には、ぬかるんだ泥道で威力を発揮するグリップコントロールや、角度のある下り坂で車のスピードを自動制御するヒルディングコントロールを搭載することで、変化する路面状況に対する対応力を高めます。

新型クロスビーのパワートレイン

横に並ぶ新型クロスビー

軽自動車であるハスラーでは660ccの排気量を超えるエンジンを搭載することは出来ません。
普通車であるクロスビーでは、その上限値を超える1.0L直噴ターボエンジン「BOOSTER JET ENGINE」を搭載します。

クロスビーとハスラーのパワートレインの比較
クロスビー ハスラー
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD
エンジン型 直列3気筒1L VVT 直列3気筒エンジン
最高出力 75kw/5,500rpm 47kw/6,000rpm
最大トルク 150Nm/1,700-4,500rpm 95Nm/3,000rpm
燃費 22.0km/L 20.6km/L 27.8km/L 26.2km/L
トランスミッション 6速AT CVT
モーター最大出力 2.3kw/1,000rpm 1.6kw/1,000rpm
モーター最大トルク 50Nm/100rpm 40Nm/100rpm
乗車定員 5名 4名

マイルドハイブリットシステム

クロスビーでは、発電効率が優れたISG(モーター機能付発電機)をエンジンに組み合わせます。
車が減速する際に発生するエネルギーを巧く利用して発電を行い、発生した電気は専用バッテリーに蓄えられます。

車を加速する際に電力はエンジンをアシストするのに用いられることで、燃費のさらなる向上を目ざします。

ボディカラーは全部で11パターン

クロスビーのボディカラーには、ルーフとサイドガーニッシュで変化を加える3トーンコーディネートが2種類。ハスラーで好評だったルーフ部で変化を加える2トーンルーフが6種類。
スーパーブラックパールなどのモノトーンが3種類と合わせて11パターンを用意します。

3トーンコーディネート

ミネラルグレーメタリック3トーンコーディネート(C7S)

ミネラルグレーメタリック3トーンコーディネートの新型クロスビー

スーパーブラックパール3トーンコーディネート(DCD)

スーパーブラックパール3トーンコーディネートの新型クロスビー

2トーンルーフ

ラッシュイエローメタリック ブラック2トーンルーフ(C7B)

ラッシュイエローメタリック ブラック2トーンルーフの新型クロスビー

キャラバンアイボリーパールメタリック×ホワイト2トーンルーフ(C7G)

キャラバンアイボリーパールメタリック×ホワイト2トーンルーフの新型クロスビー

クラッシーブラウンメタリック×ホワイト2トーンルーフ(CH2)

クラッシーブラウンメタリック×ホワイト2トーンルーフの新型クロスビー

スピーディーブルーメタリック×ブラック2トーンルーフ(C7R)

スピーディーブルーメタリック×ブラック2トーンルーフの新型クロスビー

ファーベントレッド×ブラックルーフ2トーンルーフ(CFH)

ファーベントレッド×ブラックルーフ2トーンルーフの新型クロスビー

フレイムオレンジパールメタリック×ブラック2トーンルーフ(CFK)

フレイムオレンジパールメタリック×ブラック2トーンルーフの新型クロスビー

モノトーンカラー

ミネラルグレーメタリック(ZMW)

ミネラルグレーメタリックの新型クロスビー

スーパーブラックパール(ZMV)

スーパーブラックパールの新型クロスビー

ピュアホワイトパール(ZVR)

ピュアホワイトパールの新型クロスビー

新型クロスビーのボディサイズをハスラーと比較

クロスビーのボディサイズを、エクステリアやインテリアのデザインに類似性が多いハスラーと比較します。

クロスビーの全高は、ハスラーよりも40mmほど高く、全幅は200mmほど広がります。
全長で比較すれば400mm近くもワイド化されています。クロスビーはハスラーよりも、ボディサイズがワイド化された事にともなって室内スペースが拡張されています。

クロスビーとハスラー ボディサイズ比較
クロスビー ハスラー
全長 3,760mm 3,395mm
全幅 1,670mm 1,475mm
全高 1,705mm 1,665mm
ホイールベース 2,435mm 2,425mm
室内長 2,173mm 2,160mm
室内幅 1,355mm 1,295mm
室内高 1,280mm 1,250mm

車両重量は1,000kg以下となる

クロスビーの開発には、バレーノより導入されるスズキの新プラットフォームHEARTECT(ハーテクト)が採用されます。ハーテクトを導入することで作業の効率化や車両重量の軽量化が望まれます。

クロスビーでは、ライバル車が多いコンパクトSUV市場でアピール力をつけるため、燃費の向上・操舵安定性に直結する車両重量を抑えて1,000kg以下にすると予想します。

販売価格は170万円台から

新型クロスビーの販売価格は、マイルドハイブリッドシステムやラゲッジアンダーボックス、ブースタージェットエンジンなどを標準装備する「HYBRID MX」では170万円台からです。

その上位グレードである「HYBRID MZ」では、それらに加えてデュアルセンサーブレーキサポートやLEDフロントフォグランプなどを標準装備することで販売価格は上がり190万円台からとなります。

グレード 販売価格
1.0L HYBRID MZ 1,911,300円~
1.0L HYBRID MX 1,749,600円~

雨天時でも衝突を事前に回避できるデュアルセンサーブレーキサポートを装備

クロスビーのHYBRID MXでは、複数のレーダーと搭載する単眼カメラで、人・先行車・障害物を判別して衝突の危険性があれば、警戒音あるいは自動ブレーキを発動させる「デュアルセンサーブレーキサポート」を標準装備します。

センサー機能を果たす単眼カメラやレーザーレーダーの発光部は、ワイパー作動域に設置されているため、雨天や降雪時であっても作動します。

クロスビーのカスタムモデル

新型クロスビーの展示

東京モーターショー2017に出展されたクロスビーのカスタムモデル「クロスビー・アウトドア・アドベンチャー」「クロスビー・ストリート・アドベンチャー」には、そのデザインやコンセプトの完成度の高さから話題が集まりました。

クロスビーに関するスズキの公式HPを見る限り、両カスタムモデルの発売は未定です。今後の発売が期待される両モデルのエクステリアの特徴を紹介します。

クロスビー・アウトドア・アドベンチャー

クロスビー・アウトドア・アドベンチャーは、アウトドア志向の強い大人をメインターゲットとするカスタムモデルです。

サイドガーニッシュやコンソールパネルなど内外装の各部に、木目調のデザインを採用することで移ろいゆく景色だけではなく室内からも自然を意識することが出来ます。

クロスビー・アウトドア・アドベンチャーでキャンプに出かければ思い出が深まります。

クロスビー・ストリート・アドベンチャー

クロスビー・ストリート・アドベンチャーは、街乗りで自分の個性を発揮したい方々にお勧めのカスタムモデルです。

ビビットカラーのイエローをサイドガーニッシュやフロントガーニッシュ、ホイールなどに用いるカラーインパクトは他車にはない魅力のため街中では目立ちまくりです!

2017年12月に発売されるクロスビーはハスラーに走りの魅力を加えた車

2017年12月に発売されるクロスビーは、ハスラーにカッコ良さと走りの魅力を加えた車です。軽自動車であるハスラーに搭載するエンジンには制限が加えられます。普通車であるクロスビーにはよりパワフルなエンジンを搭載する事ができるので走りの魅力が高まります。

ボディカラーを比較すれば、ハスラーは可愛い色が多いのに対してクロスビーではカッコ良い色が揃っています。

ハスラーのエクステリアの魅力を引き継ぎながら、室内空間が広くなって機能性が増すクロスビーの登場によって、ホンダ・ヴェゼルやトヨタ・C-HRといった強力なライバル車がいるコンパクトSUV市場の動向がどう変化していくのかに注目が集まります。