フロントガラスのウロコ対策

フロントガラスのウロコ対策!綺麗な窓にリセットする方法

フロントガラスのウロコは汚れた水分が蒸発することによって発生しやすいので、撥水コートをかける、洗車後は自然乾燥させずに必ず拭きあげることで防ぐことができます。ウォータースポットを取り除いたら、油膜をとり、撥水コートをかけることが安全運転にも繋がるのです。

フロントガラスのウロコ対策!綺麗な窓にリセットする方法

フロントガラスにウロコ汚れが出来る原因と直し方

ウロコ汚れがあるフロントガラス

いくら洗車をしてキレイに拭き上げても乾いたあとに浮き上がってくるフロントガラスのウロコ。油膜取りを使ってもキレイに取れませんし、発生してから時間が経っているガンコなものでは、取り除くには時間がかかります。

やはりボディと同じように、ガラスもピカピカにしておきたいものですので、フロントガラスにウロコが出来る原因を知っておけば、取り除いたあとに再び発生することも避けられることが多くなります。そこで、フロントガラスにウロコが出来る原因と除去する方法を紹介します。

フロントガラスにウロコが出来る原因

ウォータースポットができたフロントガラス

フロントウィンドウにウロコ状の汚れは「ウォータースポット」とも呼ばれ、ガラスにある水分が太陽光に当たるとレンズのような役割をして、ガラスへ汚れが焼き付くことによって発生します。

水分は汚れ(排ガスなど)を吸いやすい性質を持っていて、ただの真水なら蒸発するだけで跡は残りにくいものですが、蒸発できない汚れが水分中に含まれていると水滴の形(ウロコ状)になってこびりつきます。

特にウロコ状の汚れがつきやすいのが、「雨が降った後に直射日光を受けて蒸発した時」や「洗車後に拭き上げを行わず水分が乾いた時」などです。ウィンドウについた水分が蒸発する時にウォータースポット(ウロコ)が発生するので、洗車後はなるべく拭き上げを行うことがオススメです。

フロントガラスのウロコ取りの方法

フロントガラスのウロコ汚れを除去する整備士

フロントガラスのウロコを除去するためには、専用のクリーナーが必要になります。通常の洗車では落としきれない油膜やウロコ(ウォータースポット)を除去するもので、「溶かしてキレイにするタイプ」と、削り取ってキレイにする「コンパウンドタイプ」の2種類があります。

フロントガラスのウロコを除去する手順

1.カーシャンプーでフロントガラスの汚れを落とす
2.水分を拭き上げる
3.ウロコがある部分をクリーナーで磨く

まずは、カーシャンプーを使ってガラス表面の汚れを落とし、水分を拭きとったらクリーナーの説明書きにしたがってウロコを除去してください。水をかけて拭き取った時にウロコ状のウォータースポットが見えなくなれば完了です。

ウロコ状の汚れがなくなったフロントウィンドウは視界良好で、雨の日に運転していても見えにくい心配もありません。良く見えるフロントウィンドウは安全運転にも繋がるので、ウロコが気になるときは自分でクリーナーを使い施工するか、ディーラーやガソリンスタンドでもサービスを行っているところがあるので、頼むのもいいです。

その他にも、ホームセンターなどで売られている「メラミンスポンジ」を使って擦り落とす方法、お酢やクエン酸を薄めてカルシウムを溶かし除去する方法などもありますが、ウィンドウ以外の部分(ボディや窓枠のゴムなど)に悪影響が出ないとも限りませんので、専用のクリーナーを使うことをオススメします。

フロントガラスのウロコを防ぐ方法

ウロコ汚れになりそうなフロントガラス

フロントガラスのウロコを除去してキレイになっても、またしばらくするとウロコが発生したらガッカリです。窓ガラスにウォータースポットを発生させにくくする方法を確認してください。

ウロコを除去したら油膜取りと撥水加工を行う

油膜取りを行う整備士

フロントガラスのウロコを除去したら、一緒に油膜取りと撥水処理を行うことで水滴が流れやすくなりウォータースポットもつきにくくなります。ガラスの油膜取りもウロコ除去と同じく「油膜クリーナー」がカー用品店で売っていますので、説明書きの通りに除去してください。

油膜を除去したあとは、水がダラダラと自然にながれていく「親水性」になっているので、速度に応じて水分が散っていく「撥水性」にすることでガラスに水滴が留まりにくくなります。

また、撥水コートをフロントガラスにかけると標準ワイパーのままでは引っ掛かりが発生しビビる原因にもなりますので、同時にグラファイトワイパーに交換することが大切です。

洗車後は必ず拭きあげを行う

洗車後に水滴を拭き上げる男性

日中の洗車後で直射日光が当たっていると、勝手に乾いていき楽だと思いがちですが、水道水には「カルキ」などが含まれていて、水分が蒸発するとウロコ状に跡が残る時があります。陽が出ている時に洗車した時は乾く前に拭きあげを行うか、陽が落ちた夕方・夜間に行うことがオススメです。

また、駐車中はフロントガラスだけでもカバーをかけておくだけで、雨などの水分の付着を防げますし、直射日光による車内温度の上昇を抑えることができます。

フロントガラスのウロコ取りは安全運転の第1歩

フロントガラスのメンテナンスは見た目を綺麗にするだけではなく、見やすい視界を確保できるので安全運転に繋がります。

ウィンドウメンテナンスを自分で行うことで車にも愛着が沸き、ワイパーが劣化して切れている異常などにも早く気がつくことができます。また、キレイな状態で保つためにも擦らないよう慎重に運転するなどの安全運転をするようになります。