福祉車両タイプの軽自動車を紹介

福祉車両におすすめの軽自動車~スズキなどの人気車6台

福祉車両として利用可能な軽自動車を紹介。助手席などが乗降できる・車椅子のまま乗車できる装備が充実しているスズキ「ワゴンR・ウィズ」やホンダ「N-BOX+」などの6車種、減税措置を受ける事のできる税金などについても取り上げます。

福祉車両におすすめの軽自動車~スズキなどの人気車6台

福祉車両におすすめしたい軽自動車の人気の6車種を紹介

社会の高齢化が進むにつれて、福祉車両のニーズは高まっていきます。そんな中でも、燃費が良く・維持費が安く・街中走行に適している軽自動車タイプの福祉車両は、今後はますます注目が集まります。

福祉車両として認識されている車には様々なタイプのものがありますが、今回紹介していくのは車椅子に乗られている方にとって便利な、以下の機能が備わっている車です。

  • 車椅子のまま乗車する事ができるスロープが付いている
  • 助手席あるいは後部座席が昇降できる

その条件を満たしているスズキの「スペーシア」やホンダの「N-BOX+」などの人気のおすすめ6車種を紹介していきます。

ダイハツ タントスローバー

福祉車両のタントスローバー

「タントスローバー」は、ダイハツが2003年に発売を開始したタントをベース車とした車椅子のまま乗車できるタイプの福祉車両です。

タントスローバーの内装

タントは室内高を高く設定するなど、広々設計の室内スペースを誇る軽自動車です。そのため、車椅子のまま乗車しても窮屈な思いをしにくい設計となっています

車内リヤ部分の両サイドには、回転式で取り外しが簡単にできる手すりが設置されています。そのため、走行中の車が左右にブレてしまっても手すりを利用すれば体をしっかりと支える事が可能です。

タントスローバーのスロープ

スロープはコンパクトに折り畳む事ができて、車椅子を備え付けの専用ベルドでしっかりと固定すれば車の中には4人が乗る事ができます。

スローバーにはタント同様にダイハツの先進安全装備である「スマートアシスト3」が搭載されている事も、福祉車両として人気が集まる理由です。

X SA 3
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,750mm
室内長 1,930mm
室内幅 1,350mm
室内高 1,365mm
ホイールベース 2,455mm
最小回転半径 4.4m
燃費 26.0km/L
燃料 無鉛レギュラーガソリン
乗車定員 4名
車両重量 980kg
エンジン 水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
総排気量 658cc
ボディカラー 10色
駆動方式 2WD
メーカー希望小売価格 1,600,000円

ダイハツ ムーヴ・フロントシートリフト

ムーヴ・フロントシートリフトのエクステリア

「ムーヴ・フロントシートリフト」は助手席が昇降するタイプの福祉車両です。ベース車としているムーヴはライバル関係にあるスズキのワゴンRを意識して作られた車です。

ムーヴ・フロントシートリフトの昇降シート

助手席のシートリフトはリモコン操作で簡単に昇降することが出来ます。シート側面にはリモコンポケットが付いていて便利です。シートの下側には「折り畳式フットレスト」が設置され、使わない時には片手でしまえる機能性を有しています。

ムーヴ・フロントシートリフトの収納スペース

車椅子を収納するスペースには、ホールド力の強い「車いす固縛ベルト」が設置されています。車椅子をしっかりと固定することで、運転中に車椅子がカタカタと動いてしまう事はなくなります。そして、車椅子とリヤガラスがぶつかり合ってしまう恐れもなくなります。

Xターボ SA 3
全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1630mm
室内長 2080mm
室内幅 1320mm
室内高 1280mm
ホイールベース 2455mm
最小回転半径 4.4m
燃料 無鉛レギュラーガソリン
乗車定員 4名
車両重量 870kg
エンジン 水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ横置
総排気量 658cc
ボディカラー 10色
駆動方式 2WD
メーカー希望小売価格 1,474,000円

スズキ ワゴンR・ウィズ

ワゴンR・ウィズのエクステリア

スズキのワゴンRは、軽自動車のウィークポイントであった室内空間の狭さを車高に幅を持たせる事で克服したパイオニア的な車です。スズキは自社の車をWITH(ウィズ)シリーズで福祉車両に改造しています。ワゴンRのウィズは、助手席が昇降するタイプの車両です。

ワゴンR・ウィズの昇降シート

シート昇降スイッチを押せば、シートはゆっくりと旋回しながら車椅子とほぼ同じ高さまで降りてきます。そのため、車椅子から助手席シートへの移動をスムーズに行う事が出来ます

助手席シートには、ホールド力を高める胸部固定用ベルトや専用のアームレスト・フットレストが装備されています。

ワゴンR・ウィズの安全装備

ワゴンRでは、福祉車両には嬉しい安全性能も充実しています。車内に設置している単眼カメラや検知能力が優れているレーダーを利用することで、自動ブレーキ機能や誤発進抑制機能などの安全サポートシステムが充実します。

ワゴンR・ウィズのヘッドアップディスプレイ

ワゴンRでは軽自動車として初めてヘッドアップディスプレイを搭載しています。ダッシュボードの上に、車の速度や安全システムの作動状況を表示させるヘッドアップディスプレイを設置することで、ドライバーは運転中の視線を移動させる回数が減るなどして、運転に集中できるため安全性が増します。

FX
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,650mm
ホイールベース 2,460mm
最小回転半径 4.4m
燃料 無鉛レギュラーガソリン
乗車定員 4名
車両重量 870kg
エンジン 水冷4サイクル直列3気筒DOHC12バルブ吸排気VVT
総排気量 658cc
ボディカラー 10色
駆動方式 4WD
トランスミッション CVT
メーカー希望小売価格 1,502,000円

スズキ スペーシア・ウィズ

スペーシア・ウィズのエクステリア

スズキのスペーシアは2013年に発売された軽トールワゴンの車です。その福祉車両にあたるスペーシア・ウィズは、車椅子のまま乗車する事ができるスロープが付いた車です。スロープは、簡単操作で力のない女性であっても楽に開閉する事ができます。

スペーシア・ウィズのスペース

室内には、車椅子を乗り降りさせる際にサポートしてくれる電動ウインチや、「ハの字」型のオシャレな色合いが印象的な手すりが設置されています。

スペーシア・ウィズのレーダーブレーキサポート

スペーシアにはレーダーブレーキサポート機能が標準装備されています。同安全システムでは、渋滞中などのロースピード状況下で、先行車との衝突のリスクがあれば自動的にブレーキが作動して衝突の危険性を回避します。

スペーシア・ウィズのサンシェード

車椅子が乗るリヤ側のドアには、スライド方式で利用できるロールサンシェードを取り付けています。サンシェードは乗車中のプライパシーの保護に役立つだけではなくて、プレミアムUV・IRカットガラスと併用することで紫外線や赤外線を大幅にカットすることができます。

X リヤシート付車
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,735mm
ホイールベース 2,425mm
最小回転半径 4.2m
燃料 無鉛レギュラーガソリン
乗車定員 4名
車両重量 900kg
エンジン 水冷4サイクル直列3気筒DOHC12バルブ吸排気VVT
総排気量 658cc
ボディカラー 3色
駆動方式 2WD
メーカー希望小売価格 1,690,000円

ホンダ N-BOX+

N-BOX+のエクステリア

ホンダが発売した四輪車の中で最速で累計販売台数100万台を突破したN-BOXの派生車である「N-BOX+」は、N‐BOXに新しい可能性をプラスするために開発されました。

N-BOX+のスロープ

N-BOX+では、車椅子のまま室内に乗り込む事ができるアルミ製のスロープの設置・介護する人の負担を減らして安全に乗り降りができる電動ウインチなどを導入して福祉車両としての可能性を広げていきました。

N-BOX+の収納スペース

N-BOX+は、アルミスロープの床下にある収納スペースとマルチボート利用することで、介護以外の買い物や子育てのシーンでも便利に使える車でもあります。

G
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,780mm
室内長 1,885mm
室内幅 1,350mm
室内高 1,400mm
ホイールベース 2,520mm
最小回転半径 4.5m
燃費 24.4km/L
燃料 無鉛レギュラーガソリン
乗車定員 4名
車両重量 1020kg
エンジン 水冷直列3気筒横置
総排気量 658CC
ボディカラー 9色
駆動方式 FF
メーカー希望小売価格 1,560,000円

日産 デイズ LV

デイズ LVのエクステリア

インテリジェント軽とのキャッチコピーのある日産のデイズからも福祉車両がラインナップされています。日産では福祉車両の事をライフケアビーグル・LV(Life Care Vehicle)と呼び、日々の暮らしの中でやってくる様々な場面において、人々の助けとなる乗り物を目指して車の開発を行っています。

車内には車椅子を折り畳んだまま荷台に固定できるゴムネット、助手席の両側にはアームレストが付いてリクライング機能を付けるなど乗り心地の面でも充実化が図られています。

全長 3,395mm
全幅 1,475 mm
全高 1,620 mm
室内長 2,085 mm
室内幅 1,295 mm
室内高 1,280 mm
ホイールベース 2,520 mm
燃料 無鉛レギュラーガソリン
乗車定員 4名
車両重量 880kg
駆動方式 2WD
メーカー希望小売価格 1,569,000円

福祉車両に関する税制度や助成制度について

福祉車両を購入・利用する際には、「消費税」「自動車税(軽自動車税)」「自動車取得税」で税制上の恩恵を受ける事が出来ます。福祉車両への改造が一定レベルならば、ベースとなっている車と同じくエコカー減税の対象車となります。また、お住みになられている自治体に申請を行えば助成制度を受ける事も可能です。

福祉車両に関する税制度の恩恵|消費税は非課税となる・自動車税や自動車取得税は減免される

車椅子などを自動車に乗せるための昇降装置と、自動車の中で車椅子を固定するために必要となるアクセサリーを装備している福祉車両は、車の購入費用やリース料などにかかる消費税は非課税となります。

福祉車両を購入・リースした場合の消費税
車本体への価格 非課税
車の販売メーカーのアクセサリー等 非課税(車を購入した場合)
届け出書類の手数料等 課税
リース契約の料金 非課税

自動車税(軽自動車税)や自動車取得税は、福祉車両に限らず「身体に不自由を抱えている方が自分で運転する自動車」「体に不自由を抱えている方と一緒に暮らしている家族の方が運転する自動車」などの条件を満たしていれば、申請を行うことでそれらの税金は減免されます。

詳細や諸手続き事項に関しては、お住みになられている地区にある税務署や福祉事務所、各市区町村の税務担当課で確認する事が出来ます。

福祉車両に関する助成制度や貸付制度

身体に不自由を抱えている方が自動車を購入するケース・車の免許を取得する・車を福祉車両に改造する際などの必要に応じて、各自治体は様々な貸付・助成制度を設けています。

項目 内容
貸付制度 自動車購入資金 通勤・通院・通学など日々の暮らしが便利となるため、社会参加のために車が必要であれば資金を貸付ける
車の免許取得費用 自営または働く事を目的として車の免許を取得する場合に、費用の貸付を行う
助成制度 自動車購入資金 身体に不自由を抱えている方を雇う事業主に対する制度。従業員が通勤用に利用する自動車に適用されます
車の免許・技能習得費用 自営または働く事を目的として車の免許を取得しようと場合に、費用を助成します
福祉車両への改造資金 身体に不自由を抱えている方が就労等で車を改造する必要がある場合に、その費用を助成します
車の燃料代 身体に不自由を抱えている方やその家族が運転する車のガソリン代を助成します。

その他にも有料道路の通行料金が割り引かれる制度などもあって、それらも含めた制度を利用できるかについては、お住みになられている自治体や福祉事務所で確認する事ができます。

福祉車両の軽自動車のニーズはこれから高まる

これからの社会は益々高齢化していきます。年を重ねるにつれて脳梗塞などになりやすく、その影響で体にマヒを抱えるなど体が不自由になりやすくなってしまいます。そのため、福祉車両のニーズは高まります。

ご家族の方に介護が必要となれば、介護制度や助成制度は整えられておりますが、予想以上に出費が膨らんでしまいます。通院の際や買い物など際にあると便利な車は、ご家族の中に体が不自由な方がいれば車椅子も乗せられる福祉車両が必要となります。

軽自動車タイプの福祉車両は、購入費用や維持費も安いのでその他の出費の事も考えると、選択肢とする方がこれからも増えていくのでニーズは更に高まっていきます。