ウェイクは車中泊がしやすい車

ウェイクは車中泊を最高に楽しめる軽自動車

ダイハツのウェイクは、車中泊を最もしやすい軽自動車です。シートをアレンジしてフルフラットモードにすれば、体を伸ばしきった楽な姿勢で眠る事が可能です。ジョイントクッションなどのアクセサリーを利用すれば、車の中での一夜がもっと快適になります。

ウェイクは車中泊を最高に楽しめる軽自動車

ダイハツのウェイクは軽自動車の中で最も車中泊をしやすい車です!

ダイハツのウェイクは、ユーザーが車中泊をすることを想定して開発された車です。そのため、車中泊を想定せずに開発された軽自動車に比べて圧倒的に居心地が良く、車の中で寝ていても体に負担がかかる事はありません。

ウェイクは、軽なのにこんなに室内空間が広いのかなどユーザーが寄せていた期待感をいい意味で裏切ってくれる「性能」や「機能」が満載の車です。そんな、ウェイクは車中泊におすすめしたい1台です。

車中泊の計画を立てるのに役立つウェイクのスペックを紹介

ウェイクのグレードの中でも、アウトドアシーンを楽しむユーザーを想定して開発されたGターボ レジャーエディション SA2のスペックを紹介します。ウェイクの室内長や車中泊可能人数を具体的に把握して置いた方が、車中泊の具体的な計画を立てやすくなります

Gターボ レジャーエディション SA2のスペック
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,835mm
ホイールベース 2,455mm
室内長 2,215mm
室内幅 1,345mm
室内高 1,455mm
燃料 無鉛レギュラーガソリン
乗車定員 4名
車中泊可能人数 2名
駆動方式 4WD
燃費 23.2km/L
車両重量 1,020kg
エンジン 水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
総排気量 658cc
メーカー希望小売価格 1,841,400円

シートアレンジで「仮眠」・「車中泊」モードに

ウルトラスペースとも呼ばれるウェイクの室内空間は、シートをアレンジすることで仮眠をとりたい時に便利なロングソファーモードに、熟睡したい時には体を延ばし切れるフルフラットモードなど、その時の目的に合わせて多彩にアレンジする事が可能です。

仮眠をとりたい時にはロングソファーモード

ウェイクのロングソファーモード

長時間の運転や、アウトドアのワンシーンで遊び疲れて体を休めたい時にはロングソファーモードして足を伸ばせば、リラックスできて体の疲れを取ることが出来ます。

ウェイクのソファーのクッション性は評判で、仮眠のつもりがいつの間に熟睡してしまう事もあったりするそうです。

車中泊・熟睡モード時はフルフラットモード

ウェイクのフルフラットモード

熟睡したい時・車中泊をしたい時にはやはり車内で体を完全に伸ばしきる事ができるフルフラットモードです。フルフラットモードにすることで、アクセサリーのクッションを設置することが可能となり、体に負担が最もかかりにくい状態で一晩を過ごす事が可能となります。

※フルフラットモードにするには、上下2段調節式デッキボードが必要となります。
※グレード:Gターボ レジャーエディション SA 2、Gターボ SA 2、L レジャーエディション SA2で可能。

ウェイクが車中泊用の車として適している理由

ウェイクが車中泊用の車として適しているのは、単に室内空間が広いというだけではありません。車内空間をクリーンにしてくれるスーパークリーンエアフィルターや、アンダートランクまであるトランクルームなどの機能性が車中泊をより快適にしてくれます。

スーパークリーンエアフィルターが車内空間をクリーンにしてくれる

PM2.5対策もあるウェイク

車内泊はスペースが制限された室内空間で過ごします。車内泊で気になる事の一つは、花粉やPM2.5などの空気中に含まれる有害成分の影響を受けてしまわないかという事です。けれども、ウェイクに装備されているスーパークリーンエアフィルターであれば、ある程度のサイズの微粒子であればフィルタリングで除去できて、室内環境を清潔な状態に維持する事が可能です。

シューズについた泥などの汚れを簡単に拭き取れる

ウェイクの座席側イージーケアフロア

※イージーケアフロア(座席側)

ウェイクの荷室側イージーケアフロア

※イージーケアフロア(荷室側)

キャンプなどのアウトドアの機会に同時に車中泊も楽しむ方が多くおります。アウトドアのシーンでは、舗装された道を歩く訳ではないので、靴がしばしば泥などで汚れてしまいます。泥などの汚れが残ってしまうと、土臭さが気になってしまって車中泊が快適とはなりません。

ウェイクのレジャーエディションには、シューズに付着した泥がついてしまっても簡単に拭きとる事ができるイージーケアフロアが装備されています。

シートの撥水加工はアウトドアシーンの汚れに強い

ウェイクの撥水加工シート

自然を相手にして遊ぶアウトドアシーンでは汚れはつきものものです。シートの表皮に防水・撥水加工が施されているウェイクであれば、外で遊んだ後の汚れは残りにくくなります。

シートが濡れたり・汚れたりしていれば、車内を車中泊モードにスタイルチェンジする際にスムーズには行えません。また、臭いが残ってしまえば車内は過ごしにくくなってしまいます。

ウェイクであれば、水の汚れはサッと拭くだけでキレイにする事ができて、水に溶け込んでいる臭いの成分も同時に除去する事が可能です。

アンダートランクまである大容量のラゲージルームで収納便利

ウェイクの大容量ラゲージルーム

お泊り会に参加する・小旅行をする際には、普段の外出時よりも荷物の量が増えてしまうのはしばしばです。車で車中泊をする際にも同様で、普段のドライブシーンでは持ち運ばない熱さ対策・寒さ対策などに備えた車中泊グッズを用意する必要があります。

荷物の量が増えてしまえば、車内スペースが制限されてしまって窮屈な思いをしてしまう事もあったりしますが、ウェイクのラゲージースペースには90Lもの積載容量を誇るアンダートランクも用意されているため、車中泊を行うスペースを荷物が邪魔してしまう心配はありません

ウェイクの車中泊がもっと快適におすすめアクセサリー

プライバシーシェード(フロント)

車中泊に便利なウェイクのプライバシーシェード

販売価格:15,120円(税込)
全グレードに適応

プライパシーシェードを装着すれば昼間でも夜間でも外からの視線が気になりません。運転に疲れてしまってお昼に仮眠をとりたい時、アウトドアシーンで汚れてしまった服を車内で着替える際にも役立つアクセサリーです。

ジョイントクッション

ウェイクのジョイントクッション

販売価格:39,960円(1名)
全グレードに適用

フルフラットモードで使用可能です。純正のアクセサリーなので、ウェイクの室内スペースにジャストサイズです。ウェイクで車中泊を存分に楽しみたいユーザーにはお勧めしたいアイテムです。

ウェイクは使用目的に合わせて変幻自在にチェンジできる車

ウェイクで車中泊を楽しむ家族

ダイハツのウェイクは2014年の11月に販売を開始した車です。タントをベースに開発が行われた同車の魅力は何といっても、軽自車の中では最高クラスの車体サイズです。室内高は軽の中では最も高い1.455mmを誇っています。

タントは出勤や買い物、子ども達の送り迎えといった日常生活の運転のワンシーンで活躍するだけではなく、アクセサリーを利用すれば「釣り」・「サイクリング」・「キャンプ」などの休日仕様に合わせて車を特化させることができる車としても人気です。

ダイハツのウェイクで車中泊デビュー

ダイハツのウェイクは車中泊デビューをしやすい車です。軽なので普通車に比べて、購入費用や維持費が安いです。アクセサリーも車中泊を想定して、ジョイントクッションやプライペートシェードを用意しています。また、車内に汚れが付きにくいシートやフロア・スーパークリーンエアフィルターを導入しているため、室内環境の清潔さを維持しやすくなっています。

そんな理由が相まって、ダイハツのウェイクは車中泊デビューにはお勧めの車です。ウェイクで車の中で一夜を過ごすという非日常的で思い出に残る経験を一度は体験してみましょう!