ワゴンRのフルモデルチェンジ情報

ワゴンRのフルモデルチェンジ情報!燃費向上と軽初装備が満載

ワゴンRのフルモデルチェンジ情報を紹介:ハイブリッドモデルでは、2つのフェイスを用意している、車だけではなく人も検知するレーダーブレーキサポートを搭載、燃費は2WDモデルで33.4km/Lを記録など、新型ワゴンRの情報をまとめた。

ワゴンRのフルモデルチェンジ情報!燃費向上と軽初装備が満載

ワゴンRは2017年2月にフルモデルチェンジ

スズキが販売する軽自動車「ワゴンR」が2017年2月、フルモデルチェンジされ6代目へと進化しました。ハイブリッドシステムを搭載し、2WDのハイブリッドモデルは33.4km/Lの燃費を記録しています。

ハイブリッドモデルではスタイリングの違いによって「FZ」「FX」に分けられ、「可愛い」「カッコいい」ワゴンRがラインナップしています。さっそく、フルモデルチェンジして新しくなったワゴンRのエクステリアやインテリア、搭載されている装備・エンジン、価格帯をチェックしていきましょう。

フルモデルチェンジ後のエクステリア

スズキ新型ワゴンRのHYBRID FX

※HYBRID FX

スズキ新型ワゴンRのHYBRID FZ

※HYBRID FZ

フルモデルチェンジして新しくなったワゴンRは、可愛いFX・カッコいいFZの2種類のスタイリングが用意されています。

FXは従来と同じくヘッドライト・スモールライト・ウィンカー・ハイビームが一緒になったヘッドライトを装備し、FZではバンパーを挟んで2段になったデザインで、上段がスモールランプにハロゲンハイビームとウィンカー、下段がLEDヘッドライトに分かれています。

スズキ新型ワゴンRのリアビュー

リアビューは、テールライトがリアウィンドウ周辺ではなく、バンパー周辺に取りつけられています。LEDのハイマウントストップランプも装備されていて、後続車からも見やすくなっています。

フルモデルチェンジ後のインテリア

スズキ新型ワゴンRのベージュ内装

※ベージュ内装

スズキ新型ワゴンRのブラック内装

※ブラック内装

フルモデルチェンジされて新しくなったワゴンRのインテリアは、HYBRID FXではベージュ内装とブラック内装が、HYBRID FZではブラック内装を選ぶことができます。

収納はインパネトレイ、運転席・助手席のペットボトルホルダー、グローブボックス、運転席下のグローブボックスなどたくさんあります。後部座席には、軽自動車初の傘ホルダーが装備されていて、車外に雨水が抜ける構造になっているので気にせず傘を差すことができます。

スズキ新型ワゴンRのアンブレラホルダー

※アンブレラホルダー

バックドアを開けると開口高840mm、開口幅1,165mm、荷室幅1,180mmのトランクが表れ、大きな荷物でも楽々積むことができます。また、セカンドシートを倒すと荷室と繋がりフルフラットになるので、トランクだけでは収まらない荷物を積む時に便利です。バックドア側からもセカンドシートを倒すことができるので、わざわざ後部座席を開けて倒して再びバックドアに戻る手間もありません。

スズキ新型ワゴンRのトランク開口部寸法

※トランク開口部寸法

スズキ新型ワゴンRの荷室フルフラットモード

※荷室フルフラットモード

メーカーオプションでナビゲーションシステムを装着できて道案内、ラジオやテレビはもちろんのこと、USBインターフェイスが装備されているので、スマホの充電なども行えます。また、Bluetoothでスマホとナビを接続して通話できるハンズフリー機能も搭載されています。

スズキ新型ワゴンRのナビシステム

また、「Apple CarPlay」「android auto」にも対応していて、メッセージの読み上げや、スマートフォンでの対応したアプリを使うことができます。

フルモデルチェンジ後の搭載装備

フルモデルチェンジされたワゴンRには、リア側だけではなくフロント1か所、サイド2ヶ所にカメラが搭載されていて、車の周りを全て見渡せる全方位モニターがメーカーオプションで用意されています。

スズキ新型ワゴンRのビューモニター

車を真上から見下ろしたような視点で周りの状況を確認できるので、難しい縦列も落ち着いて駐車することができます。ですが、カメラからの視点と実際の距離とでは少しのズレがあるので、過信しすぎず目視で周りを確認することも大事です。

スズキ新型ワゴンRのフロントカメラ

※フロントカメラ

スズキ新型ワゴンRのサイドカメラ

※サイドカメラ

また、見えにくい交差点の角などをフロントカメラで確認しながら進むことができるので、カーブミラーの設置されていない箇所などで便利です。他にも、道幅が狭い路地でのすれ違いや、駐車時の幅寄せなどにはサイドカメラの映像を見ながら行うことができます。

スズキ新型ワゴンRの単眼カメラとセンサー

単眼カメラとセンサーにより、車だけではなく人も検知して衝突回避をサポートする「デュアルセンサーブレーキサポート」がメーカーオプションで装備でき、自動ブレーキだけではなく、踏み間違いによる「誤発進抑制機能」、車線をはみだした時に警告する「車線逸脱警報」、蛇行運転した時に警告してくれる「ふらつき警報機能」、前走車が発進したにもかかわらず動かない時に教えてくれる「先行車発進お知らせ機能」、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる「ハイビームアシスト機能」が備わっています。

スズキ新型ワゴンRのヘッドアップディスプレイ

他には、高級車などに装備されていることが多い「ヘッドアップディスプレイ」がメーカーオプションで装備でき、速度やシフトレンジ、ナビの案内などを表示してくれるので、前方から視線を外さずに情報を確認することができます。

フルモデルチェンジ後のボディカラー

HYBRID FZのボディカラーは全8色で、HYBRID FX・FAのボディカラーは全10色展開になっています。また、HYBRID FXではベージュ・ブラックの内装カラーも選べることが嬉しいポイントです。

ブリスクブルーメタリックのスズキ新型ワゴンR

※ブリスクブルーメタリック

ブレイブカーキパールのスズキ新型ワゴンR

※ブレイブカーキパール(HYBRID FZ専用色)

リフレクティブオレンジメタリックのスズキ新型ワゴンR

※リフレクティブオレンジメタリック

ピュアレッドのスズキ新型ワゴンR

※ピュアレッド

ムーンライトバイオレットパールメタリックのスズキ新型ワゴンR

※ムーンライトバイオレットパールメタリック(HYBRID FZ専用色)

スチールシルバーメタリックのスズキ新型ワゴンR

※スチールシルバーメタリック(HYBRID FZ専用色)

ブルーイッシュブラックパール3のスズキ新型ワゴンR

※ブルーイッシュブラックパール3

ピュアホワイトパールのスズキ新型ワゴンR

※ピュアホワイトパール

サニーイエローメタリックのスズキ新型ワゴンR

※サニーイエローメタリック(HYBRID FX・FA専用色)

フィズブルーパールメタリックのスズキ新型ワゴンR

※フィズブルーパールメタリック(HYBRID FX・FA専用色)

スペリアホワイトのスズキ新型ワゴンR

※スペリアホワイト(HYBRID FX・FA専用色)

シルキーシルバーメタリックのスズキ新型ワゴンR

※シルキーシルバーメタリック(HYBRID FX・FA専用色)

フルモデルチェンジ後の価格帯

フルモデルチェンジ後のワゴンRは、エントリーグレードの「FA」、ハイブリッドモデルの「HYBRID FX」「HYBRID FZ」の3種類あります。どのグレードでもトランスミッションはCVTで、FFの2WDと4WDが用意されています。

新型ワゴンRでドライブする夫婦

FAグレードでは、HYBRID FXと同様に全10色のボディカラーが用意されていますが、内装カラーはベージュのみです。また、ハイブリッドシステムが搭載されていないガソリン車モデルになり、燃費は26.8km/L(2WD)、25.4km/L(4WD)になります。

FA・2WD 1,078,920円
FA・4WD 1,202,040円

HYBRID FXでは、FAと同様のボディカラーですが、内装カラーがベージュだけではなくブラックも選べます。ハイブリッドシステムも搭載しているので、燃費は33.4km/L(2WD)、30.4km/L(4WD)になります。また、レーダーブレーキサポートなどを搭載したセーフティパッケージ搭載車のモデルもあります。

HYBRID FX・2WD 1,177,200円
HYBRID FX・4WD 1,298,160円
HYBRID FX・2WD セーフティパッケージ 1,273,320円
HYBRID FX・4WD セーフティパッケージ 1,394,280円

HYBRID FZでは、2段に分かれたヘッドライトなど専用のエクステリアが装備されたり、専用のボディカラー「ブレイブカーキパール」「ムーンライトバイオレットパールメタリック」「スチールシルバーメタリック」が用意され、全8色設定です。燃費は、HYBRID FXと同様に33.4km/L(2WD)、30.4km/L(4WD)を記録しています。

HYBRID FZ・2WD 1,350,000円
HYBRID FZ・4WD 1,470,960円
HYBRID FZ・2WD セーフティパッケージ 1,409,400円
HYBRID FZ・4WD セーフティパッケージ 1,530,360円

2017年8月23日には5速MT車が登場!

5MTの新型ワゴンR

2017年8月23日には、ベースの「FA」グレードに5速マニュアルのトランスミッションが設定されました!フロアシフトの設定なので操作しやすく、自分の思い通りに動かせるマニュアル車は、CVT車に比べてパワフルな走りを実現してくれます。

ワゴンRの5速MT車専用装備

・フロントシートはセパレートタイプ
・インパネセンターポケットが装備される
・フロアシフトに手動式のパーキングブレーキ

価格は、2WD車が107万円、4WD車が119万円と、かなり求めやすく通勤や通学だけではなく、営業車にも使えそうな価格帯です。

燃費 価格
2WD 25.6km/L 1,078,920円
4WD 23.4km/L 1,199,880円

ワゴンRのフルモデルチェンジで、より低燃費で乗りやすい車へ

2017年2月にフルモデルチェンジし6代目へと進化したワゴンRは、初代の販売当初より人気の軽自動車です。今回のフルモデルチェンジでは、新型のプラットフォーム「HEARTECT」を採用したり、マイルドハイブリッドを装備して燃費が2WDモデルで33.4km/Lへと伸びました。

レーダーブレーキサポートなどを搭載し、安全面でも強化された新型ワゴンRは、新社会人や初めて車を購入する人、普段の買い物カーやセカンドカーにおすすめの車です。