ボルボの新型SUV「XC40」の特徴

ボルボの新型SUV「XC40」が2018年3月に日本で限定発売

ボルボの新型SUV「XC40」が、2018年3月に発売されます。日本市場では限定300台からスタートする同車の価格、T字型ヘッドライトやカジュアルな車体が特徴的な外装、操作性が優れた9インチ縦型タッチパネル、新たな安全機能の追加や「インテリセーフ」の魅力などを紹介します。

ボルボの新型SUV「XC40」が2018年3月に日本で限定発売

ボルボ初のコンパクトSUV「XC40」が2018年3月に発売

ボルボ・カー・ジャパンは、2018年1月26日のプレスリリースで、ボルボにとって初のコンパクトSUVである「XC40」の予約を開始し、同年の3月に発売する事をアナウンスしました。

日本市場に先行投入されるのは、300台限定モデルの「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」です。ボルボのフラッグシップSUV「XC90」、2017年の年末に日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した「XC60」と比較すれば、コンパクトな「XC40」の車体は、日本の道路事情にマッチします。

2018年1月26日に日本でも受注をスタートした、ボルボ期待のコンパクトSUV「XC40」の日本での販売価格や、エクステリアなどの特徴を紹介します

ボルボ「XC40」限定モデルの販売価格は559万円から

街の中を運転するボルボ「XC40」

日本市場に投入されるXC 40の限定モデル「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」の販売価格は、559万円からです。

ヨーロッパ市場や北米市場で先行発売されるXC40は、ボルボがジーリー・ホールディング・グループ(吉利汽車)と共同開発した小型車向け新プラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を採用します。

2018年3月に日本で発売される「XC40」は、最高出力185kW、最大トルク350Nmをクリアする直列4気筒2.0リッターターボエンジンに、トランスミッションではロックアップ機能が付いた電子制御式8速ATを組み合わせます。

ボルボ「XC40」のスペック
モデル名 XC40 T5 AWD
R-Design 1st Edition
エンジン Drive-E 2.0リッター
4気筒直噴ガソリンエンジン
トランスミッション 電子制御式8速AT
(ロックアップ機構付)
販売予定価格 5,590,000円~

エクステリアは共通アイコンとオリジナリティーが融合

ボルボ「XC40」のフロントビュー

「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」のエクステリアは、新世代ボルボの共通アイコンに、XC40ならではのオリジナリティーを融合させます。

フロントビューで目立つのは、北欧神話に登場するトール・ハンマーをモチーフにしてデザインされた、T字型ヘッドライトです。

XC40では、フロント・ボンネット・ボディサイドパネルを形作る曲線に、彫りの深い立体加工を組み合わせる、パーツ各部のディテールにも徹底的にこだわる事で、XC40に都市型走行にマッチするスポーティーさとカジュアルさを与えます。

ボルボ「XC40」のサイドビュー

サイドビューでは、階層的に掘り込みの深さを変化させるフロントドアとリヤドアの大胆な造形美、ホイールの躍動感と深みのあるデザインが特徴的です。

ボルボ「XC40」のリアビュー

XC40にも採用されるリヤコンビネーションランプは、上部まで伸ばすことで、高いデザイン性と機能性を発揮します。

インテリアは実用性と快適性が充実

ボルボ「XC40」の内装

XC40ではXC90シリーズ、新型XC60と同様に操作性と視認性が優れた9インチ縦型タッチパネルを採用し、情報・エンターテイメント・車両管理を効率化するボルボのインフォティメントシステム「SENSUS Connect」を進化させます。

XC40では、アプリ機能を利用して、インフォティメントシステムと連動できるタブレット端末を機能的に収納できるスペースも設けます。

XC40では「インテリセーフ」に新たな安全機能が追加される

「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」に、ボルボ・XC60が選ばれました。XC60が装備するボルボの先進安全・運転技術であるインテリアセーフは、多くの審査員から高い評価を受けました。

XC40では「歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」などの安全機能に「オートブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」を新たに追加し、16種類をこえる先進安全・運転支援技術をパッケージングした「インテリセーフ」を装備します。

※City Safety(歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)

※RSI(ロード・サイン・インフォメーション)

※CTA(クロス・トラフィック・アラート)

2018年ボルボは「XC40」を投入して日本のSUV市場でシェアを拡大する

2018年ボルボは、日本の道路事情に適した新型コンパクトSUV「XC40」をラインナップすることで、日本のSUV市場でのシェアを拡大します。

日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞後の「XC60」の売れ行きは好調です。ボルボは、2018年3月に「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」を発売してから、300万円台後半から500万円台後半の価格帯の車種を充実させる販売計画を立てています。

今後は「XC40」のパワートレインでディーゼルエンジンあるいは、PHEV方式を採用するモデルのラインアップも期待されます。カジュアルでスポーティーなエクステリア、先進の安全技術が搭載される「XC40」は魅力的な車です。

そんな、ボルボの新型SUVは、日本市場でシェアを拡大する可能性を大いに秘めています。