ヴェゼルの内装は上質な空間

ヴェゼルの内装パターン・上質な空間が広がり満足度も高い

ヴェゼルの内装は、上級セダンにも使われている遮音材を使用していて静粛性が高く、上級グレードの素材は、スエードやスムースレザーを使っているなど、座り心地や満足性の高いものとなっています。グレードごとに違う内装パターンを表で分かりやすく紹介します。

ヴェゼルの内装パターン・上質な空間が広がり満足度も高い

ヴェゼルの内装から人気の秘密を探る

ホンダが2013年から販売しているクロスオーバーSUVのヴェゼルは、コンパクトカーのフィットをベースとして作られている車です。

2016年2月のマイナーチェンジでは、「シティブレーキアクティブシステム」からパワーアップした安全装備の「ホンダセンシング」を搭載しています。ガソリンエンジンの他に、ハイブリッドエンジンがあり、どちらもFFの2WDとリアルタイム4WDのラインナップを揃えています。

ハイブリッドの2WDモデルは、燃費が27.0km/h(JC08モード)もあり、エコカー減税の対象車になります。安全装備の充実と燃費の良さを両立し、都会的なクロスオーバーSUVスタイルを持つヴェゼルの内装やグレード別に設定できるシート素材や、多彩なシートアレンジ、人気のインテリアカラーを紹介します。

ヴェゼルはSUV販売台数3年連続1位の車

ヴェゼルのエクステリア

ホンダが販売するヴェゼルは、2014年度(還暦・年度ともに)から3年連続で新車販売台数ナンバーワンに輝いた車です。

グレード体系は、ガソリン車では、ベースグレードの「G」、ホンダセンシングを搭載した「X・Honda SENSING」、走りを追求した「RS・Honda SENSING」の3種類あり、燃費がいいハイブリッド車では、ベースグレードの「HYBRID」、快適装備が充実した「HYBRID X・Honda SENSING」、上級グレードの「HYBRID Z・Honda SENSING」、走行性能に重点を置いた「HYBRID RS・Honda SENSING」の4種類あります。

ヴェゼルの価格表(税込)
2WD(FF) 4WD
G 1,920,000円 2,136,000円
X・Honda SENSING 2,120,000円 2,336,000円
RS・Honda SENSING 2,390,000円
HYBRID 2,270,000円 2,486,000円
HYBRID X・Honda SENSING 2,500,000円 2,716,000円
HYBRID Z・Honda SENSING 2,670,000円 2,886,000円
HYBRID RS・Honda SENSING 2,770,000円

ヴェゼルは、都会の街中が似合うコンパクトなクロスオーバーSUVで、住宅街などでもサイズ感を気にすることなく走ることが出来ます。また、排気量は1,500ccなので自動車税も34,500円とそこまでかからないところも嬉しいポイントです。

ヴェゼルのスペック
全長 4,295mm
全幅 1,770mm
全高 1,605mm
室内長 1,930mm
室内幅 1,485mm
室内高 1,265mm
ホイールベース 2,610mm
最低地上高 185mm
定員 5人
排気量 1,496cc
使用燃料 レギュラーガソリン
タンク容量 40リットル
車両重量 1,270kg
燃費 27.0km/L

ヴェゼルの内装パターンは6種類ある

ヴェゼルの内装は6種類用意されていて、グレード別で設定される内装パターンが違います。

ヴェゼルのブラックの内装

「ブラック」は、黒を基調としたパネルにファブリック素材を使っているベースの内装パターンです。

ヴェゼルのパッションブラックの内装

「パッションブラック」は、ソフトな素材を使った黒基調のインテリアカラーで、座面と背もたれにクロスデザインのファブリックとプライムスムースレザーのコンビシートを使用しています。

ヴェゼルのジャズブラウンの内装

「ジャズブラウン」は、柔らかいレザーを使ったインテリアに、センターコンソール・クラスター・ドアトリムに明るいブラウンをあしらったデザインです。「パッションブラック」とシート素材は同じですが、ファブリックの色使いが茶色系統に変更されています。

ヴェゼルのウルトラスエードの内装

「ウルトラスエード」は、手触りのいいスエード素材を使った内装パターンで、RSグレードだけが選択できる特別なインテリアカラーです。シートは、座面と背もたれの部分にスエード素材を使い、他の部分は合皮を使ったコンビシートです。

ヴェゼルのブラックレザーの内装

「ブラックレザー」は、メーカーオプションでのみ選択できるインテリアパターンで、高級感あふれる室内空間になります。クラスター・センターコンソール・ドアトリムにも本革があしらわれ、手触りの質感も満足感の高い上質なデザインです。

ヴェゼルのブラックレザー×アイボリーの内装

「ブラックレザー(ブラック×アイボリー)」は、上級グレードのHYBRID Z・Honda SENSINGのみ選択できるメーカーオプションで、ブラックの本革シートの他に、クラスター・センターコンソール・ドアトリムにホワイトレザーがあしらわれています。

ヴェゼルの内装パターン
B PB JB US BL BL(アイボリー)
G          
X・Honda SENSING        
RS・Honda SENSING          
HYBRID          
HYBRID X・Honda SENSING        
HYBRID Z・Honda SENSING    
HYBRID RS・Honda SENSING          

※B=ブラック、PB=パッションブラック、JB=ジャズブラウン、US=ウルトラスエード、BL=ブラックレザー
※○=標準装備、●=メーカーオプション

ヴェゼルの内装は快適性も備えている

ヴェゼルの広いラゲッジルーム

ヴェゼルの荷室は、コンパクトSUVとは思えないほど広くとられています。ゴルフバッグも積みやすく、大きな開口部で荷物が積みやすく、地上からの高さもSUVの中では低いので重い荷物も積み込みが簡単にできます。

ヴェゼルの広々とした後席

また、狭くなりがちなリアシートの足元空間は広くとられていて、座る部分の奥行も十分なスペースがあり、身体が大きい人でも窮屈な姿勢をとる必要がありません。フロアアンダーカバーや遮音性の高いフロアカーペットなどを使っているので、室内は上級セダン並みの静粛性があります。

シートアレンジは4種類ある

シートアレンジの方法は4種類あり、5人乗車できるノーマルモードの他にも多彩なアレンジ方法があります。

ヴェゼルのシートアレンジノーマルモード

「ノーマルモード」は、5人乗車できるスペースに加えて広めのラゲッジスペースがあるので、5人分の手荷物などを楽々積むことができます。

ヴェゼルのシートアレンジユーティリティモード

「ユーティリティモード」は、後部座席を全て倒して最大容量荷物が積めるようにしたシートアレンジです。サイズによりますが、マウンテンバイクも前輪を外し2台分積むことができます。

ヴェゼルのシートアレンジトールモード

「トールモード」は、後部座席の座面を跳ね上げて使う方法で床面から天井までの広い空間ができるので、観葉植物など背の高い荷物も積むことができます。また、座りながら横を向くことが出来るのでスキーブーツなどを履く時も楽々装着することができます。

ヴェゼルのシートアレンジロングモード

「ロングモード」は、後部座席と助手席を倒して荷室からフロントまでかかる長尺物を積載できるようにしたモードです。運転席と後部座席で2名乗車することが出来て、サーフボードやスノーボードなどを積んで移動することが出来ます。

人気のインテリアカラーは「ジャズブラウン」

一番人気のジャズブラウン

ヴェゼルの中でも人気の内装は、「ジャズブラウン」です。やはり運転席のドアを開けた瞬間、目に飛び込んでくる明るいブラウンの色味は満足感があります。「ジャズブラウン」を選択できるグレードは、「HYBRID Z・Honda SENSING」のみですが、上級グレードだけが選ぶことができるインテリアカラーに特別感があります。

ヴェゼルの内装は上質な空間が迎えてくれる

ヴェゼルは、手頃な価格帯のコンパクトクロスオーバーSUVですが、上質な室内空間が満足感を与えてくれます。メーカー純正のナビを装着すれば、シフトレバー下にあるUSBソケットやHDMIソケットを使うことができ、スマホの充電などに役立ちます。

ドリンクホルダーを備えたセンターコンソールや、手触りのいいシートやステアリングなど、至るところにユーザーのことを考えた思いやりが散りばめられているヴェゼルの内装は上質で「買って良かった」という気持ちにさせてくれます。