バモスのフルモデルチェンジ情報まとめ

バモスのフルモデルチェンジは2018年8月!Honda SENSINGを搭載

バモスのモデルチェンジは2018年8月に行われると予想されています。安全装備のHonda SENSINGの搭載、2代目N-BOXのプラットフォームの採用、駆動方式はMRではなくFFになるなど、新しいバモスはどのように進化するのかまとめました。

バモスのフルモデルチェンジは2018年8月!Honda SENSINGを搭載

バモスのモデルチェンジは2018年8月!N-BOXベースの乗用車へ

ホンダのバモスは軽自動車規格の乗用車で、主に個人商店などの荷物運送などに使われている車種です。2017年12月で現行モデルになっている2代目は、1999年に発売し2007年にマイナーチェンジを行った以来、一部改良を施してきたロングセラーモデルです。

ホンダが軽乗用車にNシリーズを展開してから仲間入りしていないのはバモスのみで、2018年8月には2代目N-BOXをベースにフルモデルチェンジする噂があります。

そこで、バモスのフルモデルチェンジ後のエクステリアやインテリア、搭載エンジンや装備、発売日や価格帯などを予想していきますので、チェックしてみてください。

バモス モデルチェンジ後のエクステリア

新型N-BOXのエクステリア

※2代目N-BOX

フルモデルチェンジしたバモスのエクステリアは、2代目N-BOXに似たエクステリアになると考えられます。バモスから変わらず丸目のヘッドライトを継承し、街を走っていても周囲に溶け込み愛嬌のあるエクステリアになると予想します。

バモス・N-BOXボディサイズ比較
バモス N-BOX
全長 3,395mm 3,395mm
全幅 1,475mm 1,475mm
全高 1,755mm 1,790mm
ホイールベース 2,420mm 2,520mm

全長と全幅は変わりませんが、N-BOXのほうは全高が35mm高く、ホイールベースは100mm長くなっています。ホイールベースが長くなったことにより直進安定性が増し、荷物を安心して運ぶことができます。

バモス モデルチェンジ後のインテリア

新型バモスのインテリア

バモスは貨物車としても使える乗用車で、快適装備なども充実しています。2代目N-BOXでは、後部座席を倒してもフルフラットにならず、新型バモスではその点を改良して完全なフラットになる構造になると考えられます。

2代目バモスが搭載している快適装備

・マニュアルエアコン
・キーレスエントリー
・後部プライバシーガラス
・フロントアームレスト
・フロントハーフシェイド
・リアヒーター
・13インチアルミホイール
・撥水シート表皮
・ワイパブルマット

個人商店や法人の運送車として使われることもあるバモスは、なるべく安く済ませたいニーズに応えなければならない車でもあります。N-BOXとは違ってフルオートエアコンではなく、マニュアルエアコンや13インチアルミホイール、ハロゲンヘッドライトなどを装備していますが、その分車両価格を抑えることができます。

バモス モデルチェンジ後の搭載エンジン

新型バモスのエンジン

バモスのエンジンは「E07Z」と呼ばれるエンジンが搭載されていますが、フルモデルチェンジ後は2代目N-BOXに搭載されている「S07B」エンジンが装備されると考えられます。

バモス・N-BOXのエンジン比較
バモス N-BOX
型式 E07Z S07B
種類 直列3気筒 直列3気筒
駆動方式 MR FF
排気量 656cc 658cc
最大出力 52PS/7,000rpm 58PS/7,300rpm
最大トルク 62Nm/4,000rpm 65Nm/4,800rpm

N-BOXのエンジンは、バモスのエンジンと比べて排気量や最大出力、最大トルクが若干アップしています。また駆動方式はバモスのMRとは違いFFになっていて、2代目N-BOXのプラットフォームを採用するならば、FFが採用されると考えられます。

バモス モデルチェンジ後の搭載装備

新型N-BOXでおでかけする家族

2018年8月に行われるバモスのフルモデルチェンジで搭載される装備の1つに「Honda SENSING」があると考えられます。ダイハツの軽貨物車である「ハイゼットカーゴ」は、予防安全装備である「スマアシ3」を搭載して話題を呼びました。

予防安全パッケージがほとんどの新車で販売されている車両に搭載されていることを考えると、ダイハツだけではなくホンダなども軽乗用車だけではなく軽貨物車にも拡大して追従すると予想します。

2代目N-BOXのHonda SENSING搭載装備

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブ・クルーズコントロール
・車線維持支援システム
・オートハイビーム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

バモスのフルモデルチェンジ後に搭載されるHonda SENSINGには、「アダプティブ・クルーズコントロール」が省かれて9個の機能が搭載されると考えられます。

バモス モデルチェンジ後の発売日・価格帯

新型バモスのエクステリア

バモスのフルモデルチェンジは2018年8月に行われると予想します。価格帯はHonda SENSINGを搭載したグレード、搭載しないグレードに分かれて価格差は10万円になると考えられます。

2代目バモスの価格帯
G 137万円(151万円)
ホビオG 135万円(149万円)
ホビオPro 133万円(147万円)

※()内は4WDモデルの値段

2018年8月頃に行われるフルモデルチェンジで3代目になると見られているバモスは、140万円からの価格帯になると考えられ、Honda SENSINGを搭載したグレードは150万円からになると予想します。

バモスのモデルチェンジ後はNシリーズに仲間入りか

2018年8月にフルモデルチェンジするバモスは、名前をそのままに3代目バモスとなるのか、2代目で終了して後継車種が登場するのか分かりません。ホンダは軽自動車にNシリーズを展開していて、3代目バモスではなく新型車の「N-VAN」になるとの見方が強いです。

発売すると見られている時期が近くなると発表もあるかと思いますが、どのようなモデルに進化するのか、新型バモスの登場が楽しみです。