不人気の中古車ランキング

不人気の車ランキング 低予算でお得に買える厳選中古車

不人気の車=悪い車ではありません。中には豪華な内装の高級車や不人気な時期があっただけで今でも人気の車種もあります。販売期間が短い、当時の販売価格が高すぎた、など不人気になる理由は様々ですが中古車市場では低予算で手に入り人気となっています。厳選した不人気車ランキングを紹介します。

不人気の車ランキング 低予算でお得に買える厳選中古車

高級車を低予算で購入できる不人気車を紹介

不人気車と言うとあまり良いイメージではありませんが、初めて車を乗る方や低予算で車を購入したい方がお得に購入できる、今人気となっている中古車のジャンルです。

・海外需要がない
・大排気量で燃費が悪い
・元値が高い

このような条件に当てはまると不人気車となることが多いです。
不人気車だから悪い車というわけでもなく、宣伝に力を入れず知名度が低いだけだったり、販売期間が短かっただけだったりと不人気になるには様々な理由がありますが、その中でも名車は存在します。
中古車で狙いたいお得に購入できる不人気車を紹介します。

10位 ホンダ エアウェイブ

エアウェイブのエクステリア

2005年から2010年まで販売していたのがホンダのコンパクトステーションワゴン エアウェイブです。2006年には年間販売台数32,253台だったのが2010年には2,685台となり、モデルチェンジの度に販売台数を減少させた車種です。

初代フィットをベースとした余裕のある室内と、前席から後席まで広がるスカイルーフと呼ばれるサンルーフは圧巻です。
低床設定で乗り降りしやすく家族で使う方にもおすすめの車種で、年式が古い車でも燃費が良いのも特徴です。スカイルーフを装備した車の流通量が多い車種のため、解放的な車内が欲しい方におすすめです。

ホンダ エアウェイブのスペック
全長 4,350mm
全幅 1,695mm
全高 1,530mm
室内長 1,930mm
室内幅 1,390mm
室内高 1,250mm
ホイールベース 2,550mm
最小回転半径 5.1m
排気量 1.496L
車両重量 1,160kg
JC08モード燃費 18.0km/L
乗車定員 5名
新車価格(ベースグレード) 1,554,000円~
中古車価格 10,000円~899,000円(2017年11月)

9位 トヨタ ヴェロッサ

ヴェロッサのエクステリア

トヨタの名車クレスタ・チェイサーの後継車種として誕生したヴェロッサは2001年から2004年の約3年間のみ販売された短命車種です。
躍動感あるインテリアは好き嫌いが分かれ総生産台数は約24,000台にとどまりましたが、一部では今でも熱狂的なファンがいます。最高出力280PSを叩き出すスポーツセダンで、カスタムベースとしても好まれています

近年はヴェロッサに限らず、セダンタイプの人気が落ち込んでいます。
セダンは高級感ある内装で乗り心地も良いため、低予算で高級車を狙えるおすすめのジャンルとなっています。

トヨタ ヴェロッサのスペック
全長 4,705mm
全幅 1,760mm
全高 1,450mm
室内長 1,950mm
室内幅 1,480mm
室内高 1,180mm
ホイールベース 2,780mm
最小回転半径 5.3m
排気量 2,491L
車両重量 1,460kg
JC08モード燃費 12.4km/L
乗車定員 5名
新車価格(ベースグレード) 2,290,000円~
中古車価格 110,000円~2,980,000円(2017年11月)

8位 トヨタ マークX ジオ

マークX ジオのエクステリア

2007年には月間7,929台を販売しランキングでも最高4位まで食い込んだマークXジオですが、末期には1,000台を割り込み2014年に生産終了となりました。
全高1550mmのボディは立体駐車場にも入る利便性をもっています。厚みのあるエクステリアは存在感があり、堂々とした雰囲気を持っています

最大7人まで乗れますが居住性はコンパクトで、ステーションワゴンとしては中途半端な存在のため不人気車となっています。
2007年からマイナーチェンジ前の2010年までは販売が好調だったため中古車も多く出回っています。

トヨタ マークX ジオのスペック
全長 4,730mm
全幅 1,785mm
全高 1,550mm
室内長 2,670mm
室内幅 1,505mm
室内高 1,220mm
ホイールベース 2,780mm
最小回転半径 5.7m
排気量 3.456L
車両重量 1,675kg
JC08モード燃費 9.8km/L
乗車定員 7名
新車価格(ベースグレード) 2,470,000円~
中古車価格 183,000円~2,340,000円(2017年11月)

7位 日産 デュアリス

デュアリスのエクステリア

日産の世界戦略車として当時はイギリスから逆輸入という形で販売されていたデュアリスは2007年から2014年まで日本で販売されていました。
海外ではキャシュカイという車名で2017年現在も販売される人気車種となっています。

エクストレイルとプラットフォームを共有するミドルサイズSUVで2007年当時としては最大級のガラスサンルーフを装備していた車種です。
販売当初は販売台数を伸ばしていましたが、モデル末期になると同クラスで豪華装備を持つトヨタのハリアーなどに押され販売終了となりました。
低予算で最大級のガラスルーフを楽しみたい方におすすめの車種です。

日産 デュアリスのスペック
全長 4,315mm
全幅 1,780mm
全高 1,615mm
室内長 1,845mm
室内幅 1,470mm
室内高 1,225mm
ホイールベース 2,630mm
最小回転半径 5.3m
排気量 1.997L
車両重量 1,520kg
JC08モード燃費 11.8km/L
乗車定員 5名
新車価格(ベースグレード) 2,370,900円~
中古車価格 290,000円~2,020,000円(2017年11月)

6位 トヨタ ブレイド

ブレイドのエクステリア

小さいボディサイズながらも最大出力280PSを叩き出す3.5Lエンジンを搭載しているのがトヨタのプレミアムコンパクトハッチバック ブレイドです。
コンパクトカーとしては販売価格が高く、末期では月間販売台数も100台を割り込んでいました

走りは非の打ちどころはありませんが、内装もプレミアムコンパクトだけあり豪華装備となっています。大排気量でスポーツ走行も楽しめるコンパクトカーを探している方におすすめの不人気車です。

トヨタ ブレイドのスペック
全長 4,260mm
全幅 1,760mm
全高 1,515mm
室内長 1,985mm
室内幅 1,480mm
室内高 1,245mm
ホイールベース 2,600mm
最小回転半径 5.5m
排気量 3.456L
車両重量 1,480kg
JC08モード燃費 10.2km/L
乗車定員 5名
新車価格(ベースグレード) 2,300,000円~
中古車価格 200,000円~1,680,000円(2017年11月)

5位 ホンダ CR-Z

CR-Zのエクステリア

2010年から2017年まで販売していたホンダの2シータースポーツがCR-Zです。
2010年には22,372台を販売していましたが、2016年には1,059台の販売となり2017年に生産終了となりました。販売当初は人気があったため、中古車市場へも多くの台数が流れています

CR-Zはスポーツ性とEVの静粛性や力強いトルクを感じられるライトウェイトスポーツカーで、中古車でも値崩れし難いスポーツモデルの中では特に狙い目の車種です。
ハイブリッドスポーツをお手軽に楽しみたい方はCR-Zを探してみましょう。

ホンダ CR-Zのスペック
全長 4,105mm
全幅 1,740mm
全高 1,395mm
室内長 1,605mm
室内幅 1,430mm
室内高 1,080mm
ホイールベース 2,435mm
最小回転半径 5.0m
排気量 1.496L
車両重量 1,180kg
JC08モード燃費 21.6km/L
乗車定員 4名
新車価格(ベースグレード) 2,700,000円~
中古車価格 368,000円~2,988,000円(2017年11月)

4位 マツダ プレマシー

プレマシーのエクステリア

プレマシーはマツダから販売されるコンパクトミニバンです。
プレマシーは1999年に誕生した歴史のある車ですが、販売台数が伸びず販売中止の噂もある不人気車です。
一時はミニバンブームに乗り年間販売台数29,273台を販売していましたが、2016年には6,063台まで減少しています。

乗り降りしやすく、アイポイントが高めに設定されているため運転しやすいのが特徴で、可愛らしいルックスから女性からの支持も集めています。

マツダ プレマシーのスペック
全長 4,585mm
全幅 1,750mm
全高 1,650mm
室内長 2,565mm
室内幅 1,490mm
室内高 1,240mm
ホイールベース 2,750mm
最小回転半径 5.3m
排気量 1.998L
車両重量 1,580kg
JC08モード燃費 10.6km/L
乗車定員 7名
新車価格(ベースグレード) 2,008,800円~
中古車価格 30,000円~2,180,000円(2017年11月)

3位 日産 ムラーノ

ムラーノのエクステリア

日産が2002年から2015年まで販売していたフルサイズSUVがムラーノです。
3.5Lの大排気量と豪華な装備が特徴のプレミアムSUVとして販売していましたが、販売当初から月間販売目標の1,000台を割ることが殆どで、モデル末期の2014年には年間販売台数694台の散々な結果となった車です。
海外では3代目へフルモデルチェンジをして販売が継続され、特に北米では日産を代表する人気車種となっています。

日本車では最大クラスの横幅1,885mmを持つムラーノは生活環境により取り回し難く販売台数は伸びませんでしたが、本革シートやナビゲーションなど豪華装備が標準で設定されているため年式が古い中古車でもラグジュアリーな内装を楽しめます

日産 ムラーノのスペック
全長 4,845mm
全幅 1,885mm
全高 1,730mm
室内長 2,040mm
室内幅 1,550mm
室内高 1,235mm
ホイールベース 2,825mm
最小回転半径 5.9m
排気量 3.498L
車両重量 1,840kg
JC08モード燃費 8.7km/L
乗車定員 5名
新車価格(ベースグレード) 3,056,400円~
中古車価格 289,000円~2,580,000円(2017年11月)

2位 トヨタ マークX

マークXのエクステリア

トヨタで爆発的な人気となったマーク2の後継車種がマークXです。今では貴重なFR(後輪駆動)セダンで、走りを追求する方に人気となっています。
2004年から販売されマークXジオと併せた2007年の年間販売台数では47,192台を販売しています。しかしこの年をピークに年々販売台数は減少していき2014年からは月間販売台数1,000台を突破するのも難しくなりました

日本の自動車市場は全体的にセダン人気が下降しています。例にもれずマークXは販売台数が減少し、生産中止が噂されています。
現在も新車販売されている中古セダンが欲しい方はマークXがおすすめです。

トヨタ マークXのスペック
全長 4,770mm
全幅 1,795mm
全高 1,435mm
室内長 1,975mm
室内幅 1,500mm
室内高 1,170mm
ホイールベース 2,850mm
最小回転半径 5.2m
排気量 3.456L
車両重量 1,560kg
JC08モード燃費 10.0km/L
乗車定員 5名
新車価格(ベースグレード) 2,656,800円~
中古車価格 98,000円~4,100,000円(2017年11月)

1位 トヨタ ハリアー

2代目ハリアーのエクステリア

1998年から販売されているトヨタ ハリアーは月間販売台数ランキング常連の日本を代表する元祖ラグジュアリーSUVです。

2005年にはSUVモデルで世界2番目となるハイブリッドモデルを追加し環境にも優しいSUVとなります。
2013年にはレクサスへ引き継ぎ生産終了となりましたが、再販の声に応え同年に日本国内専用車として再登場しています。

今では絶大な人気を持つハリアーですが、販売開始した1998年の年間販売台数49,954台をピークに生産台数は減少し2002年、2011年には10,000万台を割り、2012年には5,790台まで減少して不人気車と呼ばれるようになっていました
2013年の復活後はSUVブームもあり人気が再燃、2014年には過去最高となる年間販売台数64,920台を販売しています。

2013年以降に販売された3代目ハリアーは中古価格も高値で推移しているのですが、2005年以降に販売された2代目ハリアーは市場価格が下落傾向のためガソリンモデルもハイブリッドモデルもお得に購入できる狙い目モデルとなっています。

トヨタ ハリアーのスペック
全長 4,725mm
全幅 1,835mm
全高 1,690mm
室内長 1,965mm
室内幅 1,480mm
室内高 1,220mm
ホイールベース 2,660mm
最小回転半径 5.7m
排気量 2.493L
車両重量 1,800kg
JC08モード燃費 21.4km/L
乗車定員 5名
新車価格(ベースグレード) 2,949,480円~
中古車価格 598,000円~4,57,000円(2017年11月)

不人気車には「良い車」がたくさんある

販売価格が高い車は中古車価格の下落が激しく、燃費を重視するユーザーが増えたことにより大排気量の車の価値が下がっています。
新車価格が年々上昇する昨今、中古車市場で注目を集めるのが不人気車です。ボディタイプで言えばセダン全体の価格が下落、今人気のSUVも大排気量の車種は価値が下がっています。

このような不人気車を狙って中古車を探すと低予算で高級感もある「良い車」に出会えることでしょう。