スバル歴代SUV車種人気ランキング

スバルSUV歴代車種一覧の人気ランキングTOP5

スバルが今まで販売したSUVの歴代車種を一覧で紹介し人気順にランキングしました。4輪駆動にこだわりぬいた本気の走り、リズミカルな鼓動を楽しめる水平対向のボクサーエンジン。そんな魅力的なスバルのSUV車種の人気ランキングにはフォレスターやレガシィ アウトバックなど海外でも大人気の車種が登場!

スバルSUV歴代車種一覧の人気ランキングTOP5

スバルが販売する歴代の本格派SUVランキング

1917年に飛行機を作っていた工場を前身として誕生したのが富士重工業で、航空機宇宙部門や環境技術部門など自動車以外の事業も積極的に行ってきました。
スバルを付けた車名が大ヒットしたことにより「スバル」の知名度が広がり、2017年4月1日に富士重工業から正式に株式会社SUBARUへの社名が変更になりました。

スバルは4WD駆動の車を得意とし、ボクサーエンジンと呼ばれる独自の水平対向エンジンを搭載しています。日本はもとより海外での知名度が非常に高く、スバルの車を愛する「スバリスト」と呼ばれるファンを世界中で獲得しています。

今回はスバルが販売する歴代のSUV車種一覧を紹介し人気順にランキングしました。臨場感溢れるボクサーエンジンの鼓動とパワフルな4輪駆動が楽しめる車種が勢ぞろいしているのでチェックしましょう!

5位 ビッグホーン

スバルのSUVビッグホーンのエクステリア

1981年に販売されたいすゞのビッグホーンをOEM提供され、1988年に販売されたのがスバルのビッグホーンです。
いすゞのビッグホーンはホンダにもOEM提供されホライゾンと言う名前で販売されていました。
1980年代にはRV車ブームに乗り日産のテラノやトヨタのハイラックスサーフなどと並び販売台数を争う人気車種になりました。

1992年にはいすゞのビッグホーンと同時にフルモデルチェンジを果たし、3100ccと3200ccの大排気量モデルへグレードアップしました。
1993年にはOEM提供終了に合わせ生産終了となっています。

ビッグホーン ロングハンドリングバイロータス
全長 4,660mm
全幅 1,745mm
全高 1,840mm
室内長 2,550mm
室内幅 1,495mm
室内高 1,245mm
総排気量 3,165cc
車両重量 1,940kg
ホイールベース 2,760mm
最小回転半径 5.8m
乗車定員 5名
燃費 6.4km/L
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
価格 3,218,000円~

4位 エクシーガ クロスオーバー7

ステーションワゴンモデルのエクシーガ

※ステーションワゴンのエクシーガ

2008年に販売されたエクシーガはスバルで唯一の7人乗りモデルです。4輪駆動の技術に優れたスバルらしい力強い走りとカーオブザイヤー特別賞をとるほどの斬新なデザインは当時大きな話題を呼びました。

SUVのエクシーガ クロスオーバー7

※クロスオーバーSUVとなったエクシーガ

2015年にエクシーガがフルモデルチェンジを果たし、クロスオーバーSUVとなり生まれ変わりました。3列7人乗りシートを継承し国内専売モデルとなることで日本に適した動力性能にシフトチェンジし、着実にファンを増やしています。
多人数乗車が可能なファミリーカーとしても人気の車種となっています。

エクシーガ 2.5iアイサイト
全長 4,780mm
全幅 1,800mm
全高 1,670mm
室内長 2,720mm
室内幅 1,510mm
室内高 1,275mm
総排気量 2,498cc
車両重量 1,620kg
ホイールベース 2,750mm
最小回転半径 5.5m
乗車定員 7名
燃費 13.2km/L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
価格 2,754,000円~

3位 レガシィ アウトバック

スバルのSUVレガシィ アウトバック

1994年に販売されたレガシィ アウトバックはクロスオーバーSUVとステーションワゴンの中間に位置するサイズが特徴の車です。
日本よりも海外で有名な車種で、2006年には世界で販売されたスバル車の4分の1を占めるという大記録を打ち立てました
世界販売を重視するスバルにとってレガシィ アウトバックは重要な車種となっています。

豪華な内装を持つレガシィ アウトバック

SUVの走破性とステーションワゴンの居住性を兼ね備えているため、アウトドアが趣味の方も、ファミリーでツーリングする方も満足できる車種です。
日本車にはない上品な佇まいもアウトバックの魅力となっています。

レガシィ アウトバック ベースグレード
全長 4,815mm
全幅 1,840mm
全高 1,605mm
室内長 2,030mm
室内幅 1,545mm
室内高 1,240mm
総排気量 2,498cc
車両重量 1,570kg
ホイールベース 2,745mm
最小回転半径 5.5m
乗車定員 5名
燃費 14.6km/L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
価格 3,207,600円~

2位 フォレスター

初代フォレスターのエクステリア

※初代フォレスター

1997年に販売されたのがフォレスターです。販売から20年ととなりスバルを代表するクロスオーバーSUVとなりました。
グレードも豊富に展開されており、スバル本来の走りが楽しめるAWDターボモデルやオンロードの走行性能を重視するSUVらしいスポーツモデルも用意されています。

4代目フォレスターのエクステリア

※4代目の新型フォレスター

4度のフルモデルチェンジを受け、車高があがり、コの字の迫力あるフロントマスクを手に入れ、着実に進化を遂げる中で日本や海外での評価も高くなった人気車種です。
特にカナダやアメリアでは4代目フォレスターの人気が絶好調となっていて、北米でのスバル車の販売記録を次々と塗り替えています

フォレスター 2.0XT アイサイト
全長 4,595mm
全幅 1,795mm
全高 1,715mm
室内長 2,095mm
室内幅 1,540mm
室内高 1,280mm
総排気量 1,998cc
車両重量 1,610kg
ホイールベース 2,640mm
最小回転半径 5.3m
乗車定員 5名
燃費 13.2km/L
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
価格 3,128,760円~

1位 スバル XV

初代XVとして誕生したインプレッサXVのエクステリア

※初代モデルのインプレッサXV

コンパクトSUVブームの流れに乗り売れに売れているのが2010年に販売されたクロスオーバーSUVのスバルXV(初代の車名はインプレッサXV)です。
XVはインプレッサベースで開発されたSUVで、初代のXVはそのまま車高をあげたインプレッサとして販売されていました。そのため個性が少なく、販売台数は伸び悩み、2012年2月には販売終了となりました。

2017年5月に誕生した新型スバルXV

※新型スバルXV

同年の9月25日にスバルXVとして再び誕生し、インプレッサベースとは思えない個性的なエクステリアが人気となり爆発的なヒットを記録しました。スバル車初のハイブリッドモデルを投入されるなど、スバルも力を入れた車種となっています。

2017年5月24日には待望の3代目スバルXVが誕生し、公式発表された販売1ヶ月の受注状況では11,085台を突破したとアナウンスされました。
絶好調のスバルXVは今後も目が離せない車種となっています。

スバル XV 2.0i-S アイサイト
全長 4,465mm
全幅 1,800mm
全高 1,550mm
室内長 2,085mm
室内幅 1,520mm
室内高 1,200mm
総排気量 1,995cc
車両重量 1,440kg
ホイールベース 2,670mm
最小回転半径 5.4m
乗車定員 5名
燃費 16.0km/L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
価格 2,678,400円~

フルモデルチェンジを控えるフォレスターに注目

スバルは真面目で独特な車作りがファンに評価されている自動車メーカーです。
近年ではスバルXVやレガシィ アウトバックなどに見られるコの字型のヘッドライトが特徴的なフロントマスクが採用されています。
その中でも面白いのが時期フォレスターのコンセプトモデルです。

新型フォレスターのコンセプトモデル

今までのスバルでは見られない特徴的なフォグランプや堂々とした出で立ちは日本車とは思えない造形をしています。
このコンセプトモデルが時期フォレスターとなるとSUV市場へ一石を投じる存在になるでしょう。2017年から2018年に予定されているフォレスターのフルモデルチェンジに注目しましょう!