かっこいい軽自動車ランキング

かっこいい軽自動車最新ランキングTOP10

かっこいい軽自動車が欲しい方必見のスタイリッシュで煌びやかな軽自動車を紹介します。どちらかというと可愛いイメージが先行する軽自動車ですが、中には思わずかっこいい!と叫びたくなるようなスタイリングの車種もあります。今回はそんなかっこいい車種トップ10をランキングしました。

かっこいい軽自動車最新ランキングTOP10

モテる軽自動車決定版!キビキビ走るかっこいい軽自動車ランキング

軽自動車は乗用車と比較すると安く購入でき税金面でも優遇されているため、交通機関の整っていない地方では生活必需品となっています。
交通機関に変わる普段使いとして使われることが多い軽自動車ですが、今ではレジャーなど家族で使うのにも必要十分な快適性のある車も増えてきました。

そしてかっこいい軽自動車も次々と登場しています。
キリッとした押し出しの強いフロントマスクやキビキビした軽快な走りは、モテる要素が沢山積み込まれています。
つい「かっこいい!」と言葉に出るような素敵な軽自動車ランキングTOP10を紹介します。

10位 三菱 eKスペース カスタム

都会に良く似合うeKスペース カスタム

三菱が販売するeKシリーズの1つがeKスペースカスタムです。
新型RVRやアウトランダーと同じフロントマスクのデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を大型クロームメッキグリルで表現した大胆なデザインが魅力です。
見るもの圧倒する押し出しの強さは軽自動車とは思えない、かっこいいスタイリングとなっています。

eKスペース カスタムのフロントマスク

LEDヘッドライト、ハイビームとロービームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム、電動格納式リモコンドアミラー、タッチパネルオートエアコン、駐車をアシストするマルチアラウンドモニターなど乗用車並みの充実した装備が整っているのも魅力です。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,775mm
室内長 2,235mm
室内幅 1,320mm
室内高 1,400mm
総排気量 659L
車両重量 950kg
ホイールベース 2,430mm
最低地上高 150mm
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全9色
燃費 22.0km/L
価格 1,752,840円~

9位 ダイハツ ウェイク

ウェイクのフロントビュー

ダイハツのウェイクは広い室内が魅力で、今人気の車中泊が楽々できる所がかっこいいポイントです。軽自動車クラストップレベルの室内高は体格の良い男性でも狭さを感じさせません。またアウトドアシーンにぴったりの爽やかなボディカラーが用意されているのもウェイクの魅力です。

ウェイクのフルフラットモード

軽自動車では最多となる5つのシートアレンジを搭載しフルフラットにすることもできます。日産のエクストレイルに代表される撥水加工シートも軽自動車では初搭載となっています。
また多人数乗車を楽にしてくれる両側パワースライドドアも搭載しているため非常に使い勝手の良い軽自動車となっています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,835mm
室内長 2,215mm
室内幅 1,345mm
室内高 1,455mm
総排気量 658L
車両重量 990kg
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 140mm
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全14色
燃費 25.4km/L
価格 1,350,000円~

8位 ホンダ N-WGN カスタム

N-WGN カスタムのフロントビュー

ホンダが販売するN-WGN カスタムは端正な顔つきと、上下に分かれたメッキパーツがかっこいい軽自動車です。
日差し対策として全ての窓が紫外線を99%カットするプライバシーガラスやプラズマクラスターを搭載するフルオートエアコンが用意されています。

N-WGN カスタムのブラックの内装

N-WGN カスタムはブラックを基調としたシックな内装となっています。格子状のシートデザインはドアの内張まで続き車内に一体感を演出します。
乗用車でも上位グレードに搭載される、助手席と運転席両対応のシートヒーターが用意されている上質な空間となっています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,655mm
室内長 2,055mm
室内幅 1,355mm
室内高 1,300mm
総排気量 658L
車両重量 840kg
ホイールベース 2,520mm
最低地上高 150mm
最小回転半径 4.5m
乗車定員 4名
ボディカラー 全12色
燃費 29.4km/L
価格 1,380,000円~

7位 ホンダ S660

S660のフロントビュー

ホンダが販売するS660は軽自動車では希少な2シーターのスポーツカーです。MRレイアウト(エンジンを後輪の手前に設置)にすることでスポーツカーらしい高次元の操作性を実現しています。
また最大の特徴は天井が開くオープンカーという事です。
暑い時期のドライブや気分を変えたい時など、オープンカーとして走らせるととてもかっこ良く注目を集めることができるでしょう。

S660のレーシーな内装

一体感のあるブラックの内装で、コクピット周りはドライバーが使いやすい配置になるよう工夫されています。
S660をスムーズに操作できるように開発された専用スポーツシートも乗り心地が良く、いつまでもドライブを楽しみたくなります。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,180mm
室内長 895mm
室内幅 1,215mm
室内高 1,020mm
総排気量 658L
車両重量 830kg
ホイールベース 2,285mm
最低地上高 125mm
最小回転半径 4.8m
乗車定員 2名
ボディカラー 全6色
燃費 24.2km/L
価格 1,980,000円~

6位 ダイハツ コペン

可愛いスタイリングのコペン

軽自動車2シータースポーツカーは2台しかありません。1つはホンダのS660で、もう1つがダイハツのコペンです。S660のように走りに特化しているわけではないコペンの人気の秘密は収納力と電動ハードトップです。

コペンのトランクルーム

コペンにはS660にはないトランクルームがあります。屋根を収納していない時は2シーターとしては十分な収納力があります。
また屋根のオープンは電動となっています。S660は手動で、乗用車であるマツダのロードスターも手動なことから、電動ハードトップを持つコペンには大きなアドバンテージがあります。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,280mm
室内長 910mm
室内幅 1,250mm
室内高 1,040mm
総排気量 658L
車両重量 850kg
ホイールベース 2,230mm
最低地上高 110mm
最小回転半径 4.6m
乗車定員 2名
ボディカラー 全10色
燃費 25.2km/L
価格 1,852,200円~

5位 ダイハツ ムーヴ カスタム

LEDが特徴的なムーヴ カスタム

ダイハツが販売するムーヴカスタムはヘッドライトをぐるりと囲むLEDと、フォグランプの下に配置されたLEDが輝く軽自動車です。
テールランプやフォグランプも全てLEDとなっているので低い消費電力で低燃費にも貢献しています。LEDは夜間の視認性を上げてくれるので、より安全にドライブを楽しむことができます。

ムーヴ カスタムのシックな内装

内装は落ち着いたブラックで、リヤシートはスライドとリクライニングが左右独立で設定できます。4種類のシートアレンジで大きな荷物も積み込むことができます。
そしてインパネボックスや、中央の収納トレイ、カップホルダーはイルミネーション付なので、車内もラグジーな雰囲気となっているのが特徴です。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,630mm
室内長 2,080mm
室内幅 1,320mm
室内高 1,280mm
総排気量 658L
車両重量 830kg
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 150mm
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全11色
燃費 31.0km/L
価格 1,350,000円~

4位 スズキ スペーシア カスタム

橋を渡るスペーシア カスタム

中央のメッキパーツが目を惹くダイハツの軽自動車がスペーシアカスタムです。同社のムーヴカスタムのような派手さはないものの、シンプルでスタイリッシュな主張が感じられます
フロントマスク下部に配置されたフォグランプ横のラインが今までの軽自動車には見られなかったデザインとなっています。

スペーシア カスタムの内装

スペーシアカスタムは安全装備も充実していて、特に見えない部分を映し出す全方位モニターは運転の苦手な方には嬉しい装備となるでしょう。他にも2つのカメラで衝突被害を軽減するデュアルカメラブレーキサポートも用意されています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,735mm
室内長 2,215mm
室内幅 1,320mm
室内高 1,375mm
総排気量 658L
車両重量 870kg
ホイールベース 2,425mm
最低地上高 150mm
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全4色
燃費 30.6km/L
価格 1,533,600円~

3位 ホンダ N-BOX カスタム

LEDが眩しいN-BOX カスタム

精悍な印象があるN-BOXから一変してワイルドな印象になっているのがN-BOXカスタムです。N-BOXとは別グレードとなっていてメッキパーツを多用した堂々としたフロントマスクが特徴です。リヤライセンスガーニッシュやテールゲートスポイラーなど専用パーツも装備しています。

N-BOX カスタムの前席シート

シートにはレザー調の触り心地の良い素材をふんだんに使用しドライバーと同乗者をおもてなしします。内装パターンは全5種類、ボディカラーは全12色から選べるカスタマイズ性の高さも人気の理由となっています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,780mm
室内長 2,180mm
室内幅 1,350mm
室内高 1,400mm
総排気量 658L
車両重量 960kg
ホイールベース 2,520mm
最低地上高 150mm
最小回転半径 4.5m
乗車定員 4名
ボディカラー 全12色
燃費 25.6km/L
価格 1,480,000円~

2位 ダイハツ タント カスタム

タント カスタムのド派手はフロントマスク

ヘッドライト周り、その下へ伸びるメッキパーツ、フォグランプ周りがド派手に彩られたのがダイハツのタントカスタムです。とにかく目立つフロントマスクが特徴的で、夜のドライブでは視線を集めること間違いありません

ブラックで統一されたタント カスタム

内装はシンプルかつ機能性が詰まった便利な仕様となっています。
両側電動スライドドアを装備しドアロックも予約してくれます。また半ドアの位置から自動でドアを閉めてくれるイージークローザーも搭載し、かっこよさと快適性を両立した家族で乗る方にも人気の車種となっています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,750mm
室内長 2,200mm
室内幅 1,350mm
室内高 1,365mm
総排気量 658L
車両重量 960kg
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 145mm
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全8色
燃費 28.0km/L
価格 1,593,000円~

1位 スズキ ワゴンR スティングレー

ハイブリッドシステムを採用したワゴンR スティングレー

3段に区切られたヘッドライトと中央の開口部が個性的でかっこいい軽自動車がスズキのワゴンRスティングレーです。特徴的なのはエクステリアだけではなく軽自動車では唯一EV走行が可能なハイブリッドカーということです。(OEM提供先のマツダ フレアもEV走行可能なハイブリッドカー)

ワゴンR スティングレーのかっこいいシート

シートのサイド部分はレッドに装飾され、背面と座面は六角形の裁縫がされています。シンプルですが上質さも感じられる質感となっています。
JC08モード33.4km/Lと軽ワゴンNo.1の低燃費を誇るワゴンRスティングレーがかっこいい車のトップに輝きました。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,650mm
室内長 2,450mm
室内幅 1,355mm
室内高 1,265mm
総排気量 658L
車両重量 770kg
ホイールベース 2,460mm
最低地上高 150mm
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全6色
燃費 33.4km/L
価格 1,293,840円~

軽自動車選びは低燃費も重要視される時代へ

軽自動車にも様々な種類がある中、人気となっている車種の特徴の中に「燃費性能」が挙げられます。かっこいい車や可愛い車など車のスタイリングも重要ですが、購入基準の中に低燃費という条件も見られるようになりました。

今回1位に挙げたワゴンRスティングレーは軽自動車では初のハイブリッドシステムを搭載しています。プリウスやアクアなど乗用車ではハイブリッドカーが全盛となっているため、その流れを受け今後軽自動車市場にもハイブリッドカーが次々と登場してくるかもしれません