スポーツセダン人気ランキング

スポーツセダン国産車ランキング 4ドアスポーツカーの人気おすすめ車種

スポーツセダンの人気ランキングを紹介します。4ドアのスポーツカーは走行性能の高さはもちろん、後席の居住性をしっかり確保しているのが特徴です。そのためファミリーカーとしても使う事ができる万能さが魅力です。外車を除いた新車購入できる国産車を限定してスポーツ走行を楽しめ使い勝手も良い車種を厳選しました。

スポーツセダン国産車ランキング 4ドアスポーツカーの人気おすすめ車種

スポーツカー人気が再燃!国内で新車購入できる4ドアのスポーツセダンランキング

世界的なSUVブームの中、トヨタは2017年9月19日にスポーツグレードのGRスポーツ、GR、GRMNを発表、ヴィッツやハリアーやヴォクシーなど様々な人気車種に設定しました。
後を追うように日産も、スポーツグレードNISMOのラインナップを拡大し、新たにAUTECHというスポーツグレードを設定することを発表しました。
2シーターライトスポーツのトヨタ86は女性人気が高いことで知られている通り、男女問わずスポーツカーが再注目されています。

スポーツカーは室内が狭いイメージが強い方もいるかもしれませんが、家族や友人と楽しくドライブできるスポーツセダンというジャンルがあります。
スポーツカーが欲しいけど室内が狭く普段使いができないから、と躊躇している方におすすめしたい4ドアスポーツセダンの国産車人気車種をランキングしました。

10位 マツダ アテンザ XD L パッケージ

アテンザ XD L パッケージのエクステリア

アテンザはマツダのフラッグシップセダンです。
最高出力175PSを発揮するディーゼルエンジンを採用し、人馬一体の走りを実現するスカイアクティブテクノロジーのもと、走行性能が鍛えられています。
アイドリングストップ機能を搭載するなど、走りだけでなく環境に配慮した優しい車がアテンザです。

アテンザ XD L パッケージの内装

フラッグシップセダンのため内装は国内屈指の豪華仕様となっています
メルセデス・ベンツなど高級な外車にしか採用されていない、最高品質のナッパレザーをふんだんに使った内装は圧巻です。

全長 4,865mm
全幅 1,840mm
全高 1,450mm
室内長 1,960mm
室内幅 1,550mm
室内高 1,170mm
車両重量 1,540kg
ホイールベース 2,830mm
最低地上高 160mm
最小回転半径 5.6m
総排気量 2.188L
最高出力 129kW(175PS)4,500rpm
最大トルク 420Nm(42.8kgm)2,000rpm
ボディカラー 8色
JC08モード燃費 19.6km/L
乗車定員 5名
価格 3,774,600円~

9位 ホンダ アコード ハイブリッド EX

アコード ハイブリッド EXのエクステリア

JC08モード燃費31.6km/Lを実現する燃費性能の高いスポーツセダンがホンダのアコードです。
グレード設定はハイブリッドのみで、ベースグレードのハイブリッドLXが31.6km/L、装備が充実したハイブリッドEXが30.0km/Lになっています。
スポーツセダンとして快適に乗るのであれば専用スポーツシートや18インチアルミホイールが標準装備のEXがおすすめです。

アコード ハイブリッド EXの内装

独特の煌きを放つヘッドライトと横に配置されたフォグランプがフロントマスクをダイナミックに演出、質感の高いピアノブラックを採用した内装は精悍なイメージを連想させます
エンジン最高出力145PS、モーター最高出力184PSのパワフルなスポーツセダンです。

全長 4,945mm
全幅 1,850mm
全高 1,465mm
室内長 2,050mm
室内幅 1,595mm
室内高 1,195mm
車両重量 1,600kg
ホイールベース 2,775mm
最低地上高 160mm
最小回転半径 5.9m
総排気量 1.993L
最高出力 107kW(145PS)6,200rpm
最大トルク 175Nm(17.8kgm)4,000rpm
モーター最高出力 135kW(184PS)5,000-6,000rpm
モーター最大トルク 315Nm(32.1kgm)0-2,000rpm
ボディカラー 4色
JC08モード燃費 30.0km/L
乗車定員 5名
価格 4,100,000円~

8位 日産 スカイライン 350GT ハイブリッドタイプSP

スカイライン 350GT ハイブリッドタイプSPのエクステリア

1957年に販売開始されたスカイラインは、日産で一番有名な車種と言っても過言ではありません。
スポーツセダンとして誕生し長い歴史を持つスカイラインは、その運動性能を武器に数々のモータースポーツで活躍してきました。

スカイライン 350GT ハイブリッドタイプSPの内装

2013年に販売開始された現行モデルのスカイラインは海外ではインフィニティQ50として販売されているため、エンブレムはインフィニティのものが付けられています。
現行モデルは2017年12月20日にマイナーチェンジ、エクステリアを刷新しアルミホイールのデザインも変更されています

全長 4815mm
全幅 1820mm
全高 1440mm
室内長 2000mm
室内幅 1480mm
室内高 1180mm
車両重量 1810kg
ホイールベース 2850mm
最低地上高 130mm
最小回転半径 5.6m
総排気量 3.498L
最高出力 225kW(306PS)6,800rpm
最大トルク 350Nm(35.7kgm)5,000rpm
モーター最高出力 50kW(68PS)
モーター最大トルク 290Nm(29.6kgm)
ボディカラー 9色
JC08モード燃費 17.8km/L
乗車定員 5名
価格 5,559,840円~

7位 スバル WRX S4 2.0GT-S アイサイト

WRX S4 2.0GT-S アイサイトのエクステリア

インプレッサから独立したスポーツセダンがWRX S4です。
スバルが伝統的に採用している水平対向エンジンを採用、AWDを搭載した足回りもスポーツセダンに相応しい動力性能になっています

WRX S4 2.0GT-S アイサイトの内装

2017年8月7日にマイナーチェンジを行いD型に進化したWRX S4は、フロントグリルやバンパー、18インチアルミホイールを一新して、よりスポーティーなルックスへ生まれ変わりました。
内装ではインストルメントパネルやドアスイッチパネルへ加飾を追加して質感を向上、スポーツの中にもラグジュアリーを取り入れた特別感のある室内になっています。

全長 4,595mm
全幅 1,795mm
全高 1,475mm
室内長 2,005mm
室内幅 1,490mm
室内高 1,205mm
車両重量 1,540kg
ホイールベース 2,650mm
最低地上高 135mm
最小回転半径 5.6m
総排気量 1.998L
最高出力 221kW(300PS)5,600rpm
最大トルク 400Nm(40.8kgm)2,000-4,800rpm
ボディカラー 6色
JC08モード燃費 12.4km/L
乗車定員 5名
価格 3,736,800円~

6位 トヨタ カムリ X

カムリ Xのエクステリア

日本より北米で知名度が高いトヨタの世界戦略車がスポーツセダンのカムリです。
北米ではクラストップの販売台数を持ち、セダンと言えばカムリと言えるほど知名度の高い車種です。
2017年7月10日にフルモデルチェンジが行われ、エクステリアやインテリアが大幅に変更されています。

カムリ Xの内装

新たに採用されたパワートレイン「ダイナミックフォース2.5Lハイブリッドエンジン」は力強さと低燃費を実現した評価の高いエンジンです。
予防安全技術トヨタセーフティセンスPを搭載し、安心してスポーツ走行を楽しむことができます

全長 4,885mm
全幅 1,840mm
全高 1,445mm
室内長 2,030mm
室内幅 1,535mm
室内高 1,185mm
車両重量 1,540kg
ホイールベース 2,825mm
最低地上高 145mm
最小回転半径 5.7m
総排気量 2.487L
最高出力 131kW(178PS)5,700rpm
最大トルク 221Nm(22.5kgm)3,600-5,200rpm
モーター最高出力 88kW(120PS)
モーター最大トルク 202Nm(20.6kgm)
ボディカラー 7色
JC08モード燃費 33.4km/L
乗車定員 5名
価格 3,294,000円~

5位 ホンダ レジェンド ハイブリッド EX

レジェンド ハイブリッド EXのエクステリア

ホンダのフラッグシップスポーツセダンがレジェンドです。
日本では月平均販売数が100台以下になることもあり一時は販売終了されましたが、北米ではアキュラRLXとして販売され絶大な人気を持つ車種です

レジェンド ハイブリッド EXの内装

2018年2月にビッグマイナーチェンジを行い、エンジンと3つのモーターを制御する世界初の技術「スポーツハイブリッドSH-AWD」を採用、エクステリアとインテリアも刷新します。
車との一体感が感じられるハイクオリティのスポーツセダンです。

全長 4,995mm
全幅 1,890mm
全高 1,480mm
室内長 2,080mm
室内幅 1,540mm
室内高 1,155mm
車両重量 1,980kg
ホイールベース 2,850mm
最低地上高 145mm
最小回転半径 6.0m
総排気量 3.471L
最高出力 231kW(314PS)6,500rpm
最大トルク 371Nm(37.8kgm)4,700rpm
モーター最高出力 前:35kW(48PS)3,000rpm
後:27kW(37PS)4,000rpm
モーター最大トルク 前:148Nm(15.1kgm)500-2,000rpm
後:73Nm(7.4kgm)0-2,000rpm
ボディカラー 5色
JC08モード燃費 16.8km/L
乗車定員 5名
価格 6,800,000円~

4位 トヨタ マークX 350RDS

マークX 350RDSのエクステリア

トヨタの歴史的な名車 マーク2の名前を引継ぎ2004年に登場したマークXは大胆なデザインとハイパフォーマンスな走りで注目された車種です。
最高出力318PSを持つ350RDSはトヨタで販売されているFRセダン最速のモンスタースペックです。

マークX 350RDSの内装

最も売れた2007年には47,192台が販売されましたが、2009年の現行モデルが販売されてから販売台数は下落し、2016年には7,033台の販売数に留まりました。
このまま販売終了の噂もある中、2017年9月19日にスポーツグレード「GR」が設定され巻き返しを狙います。

全長 4,770mm
全幅 1,795mm
全高 1,435mm
室内長 1,975mm
室内幅 1,500mm
室内高 1,170mm
車両重量 1,560kg
ホイールベース 2,850mm
最低地上高 155mm
最小回転半径 5.2m
総排気量 3.456L
最高出力 234kW(318PS)6,400rpm
最大トルク 380Nm(38.7kgm)4,800rpm
ボディカラー 6色
JC08モード燃費 10.0km/L
乗車定員 5名
価格 3,850,200円~

3位 レクサス GS F

レクサス GS Fのエクステリア

レクサス唯一の本格的な性能を持つ4ドアスポーツセダンがGS Fです。
国産4ドアスポーツセダンではトップの最高出力477PSを持ち、サーキット走行もできるよう足元も専用チューンされ、意のままのコーナリングを実現するためにTVDという駆動力制御システムも採用しています。

レクサス GS Fの内装

内装はさすがレクサスといったところで、スポーツカーとラグジュアリーを上手く融合させた巧みの業を感じさせる内装に仕上がっています
運動性能も国内トップレベルですが、販売価格も国内トップレベルの11,120,000円~となっています。

全長 4,915mm
全幅 1,855mm
全高 1,440mm
室内長 2,025mm
室内幅 1,535mm
室内高 1,180mm
車両重量 1,830kg
ホイールベース 2,850mm
最低地上高 130mm
最小回転半径 5.6m
総排気量 4.968L
最高出力 351kW(477PS)7,100rpm
最大トルク 530Nm(54.0kgm)4,800-5,600rpm
ボディカラー 7色
JC08モード燃費 8.2km/L
乗車定員 5名
価格 11,120,000円~

2位 ホンダ シビック タイプR

シビック タイプRのエクステリア

2017年9月29日に発売されたシビック タイプRは、世界一過酷なコースとして知られるニュルブルクリンク北コースで当時世界最速タイムを叩き出したFFハッチということで大きな話題になりました。
約6年振りに復活を果たしたタイプRは、ピュアスポーツとしての側面を持ちながら4ドアの使い勝手の良い車になっています

シビック タイプRの内装

全幅1,875mm、室内幅1,465mmのサイズで、室内は普段使いに十分な広さになっています。後席は大人2人が余裕を持って乗れるので、ファミリーカーとしての需要も満たせます。
世界トップレベルの運動性能とファミリーカーを兼ねるスポーツカーです。

全長 4,560mm
全幅 1,875mm
全高 1,435mm
室内長 1,905mm
室内幅 1,465mm
室内高 1,160mm
車両重量 1,390kg
ホイールベース 2,700mm
最低地上高 125mm
最小回転半径 5.9m
総排気量 1.955L
最高出力 235kW(320PS)6,500rpm
最大トルク 400Nm(40.8kgm)2,500-4,500rpm
ボディカラー 4色
JC08モード燃費 12.8km/L
乗車定員 4名
価格 4,500,360円~

1位 スバル WRX STI タイプS

WRX STI タイプSのエクステリア

数々の世界ラリー選手権で輝かしい記録を打ち立てた伝説的な車がWRX STIです。
もともとはインプレッサ WRX STIとして販売されていましたが、2014年8月25日に独立車種のWRX STIとして誕生しました。

WRX STI タイプSの内装

ラリー選手権で培ったノウハウをふんだんに取り入れ、悪路の走行性能は突出しています。本格的スポーツセダンを探している方も必ず満足する走行性能と、大人5人が乗れる居住性を持っているのがスバルWRX STIです。

全長 4,595mm
全幅 1,795mm
全高 1,475mm
室内長 2,005mm
室内幅 1,490mm
室内高 1,205mm
車両重量 1,490kg
ホイールベース 2,650mm
最低地上高 140mm
最小回転半径 5.6m
総排気量 1.994L
最高出力 227kW(308PS)6,400rpm
最大トルク 422Nm(43.0kgm)4,400rpm
ボディカラー 6色
JC08モード燃費 9.4km/L
乗車定員 5名
価格 4,060,800円~

4ドアのスポーツセダンはファミリーユースに最適

スポーツセダンは家族がいるからスポーツカーを諦めていた方に最適な車です。
後席もしっかり確保されているため、家族と一緒に使う時も快適なドライブを楽しめます。また、ハイパワーで運動性能も抜群なため、5人乗っても軽やかなハンドリングと力強い運動性能で思い通りの走りを堪能できます。

4ドアスポーツセダンは「走りと室内の快適性を両立したファミリーカー」としておすすめです。