軽自動車のおすすめマニュアル車

軽自動車MTおすすめ車種!普段の買い物からアウトドアまで

軽自動車のマニュアル車でおすすめの車を紹介します。普段使いに使いやすいアルトにミラ、ドライブを楽しみたいのならS660とコペン、アウトドアやウィンタースポーツには、ジムニーとハスラーなど、趣味や使い方にピッタリのマニュアル車が揃っています。

軽自動車MTおすすめ車種!普段の買い物からアウトドアまで

新車で購入できるマニュアルの軽自動車おすすめ車種まとめ

普通自動車に比べてパワーがないと感じやすい軽自動車ですが、マニュアル車なら自分でギアを変えられ好きな回転数まで引っ張ることも出来るので、同じ車でもオートマ車に比べて加速もいいと感じることが多いものです。

また、AT車に比べて車両価格も安くなる傾向にあるので、新車を購入する時に少しでも安く済ませたいと思っている人には、軽自動車のMT車はおすすめの1台となります。

そこで、新車で購入できる軽自動車の中からマニュアルのトランスミッションを選べる車種をメーカー毎にまとめました。価格帯や搭載している装備、ターボの有無などを見比べながらどの車種を購入しようか検討してみてください。

コペン/ダイハツ

ダイハツコペンのエクステリア

ダイハツが販売する「コペン」は、2シーターオープンカーで、2014年6月に「ローブ」、2014年11月に「エクスプレイ」、2015年6月に「セロ」を販売しています。

2017年の時点で販売しているのは2代目モデルで、2002年から2012年まで販売していた初代モデルも中古車市場で在庫数も豊富にあります。駆動方式はFFの2WDのみで、5速MTのトランスミッションが選べます。

ボディカラーは全10色あり、「リキッドシルバーメタリック」は、ローブとセロの専用色、「オフビートカーキメタリック」は、エクスプレイ専用色、「ブリティッシュグリーンマイカ」は、セロ専用色になっています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,280mm
室内長 910mm
室内幅 1,250mm
室内高 1,040mm
総排気量 658cc
車両重量 850kg
ホイールベース 2,230mm
最低地上高 110mm
駆動方式 2WD(FF)
過給機 ターボ
最小回転半径 4.6m
乗車定員 2名
ボディカラー 全10色
燃費 22.2km/L
価格 1,873,800円~

ミラ/ダイハツ

ミラのエクステリア

1980年から販売されているダイハツのミラは、スズキのアルトと長年ライバル関係にある車両で、2006年にはフルモデルチェンジして7代目へと進化しました。

最小回転半径は、驚きの4.2mで狭い路地でも楽々とUターンをすることができます。ボディカラーは黒・白・シルバーの基本的な色の他にも、ブラウンやピンクの女性に似合う色をラインナップし全5色の設定です。

ライトローズマイカメタリックのミラ

※ライトローズマイカメタリック

プラムブラウンクリスタルマイカのミラ

※プラムブラウンクリスタルマイカ

グレードは「X“Special”」の1グレード展開で、UVカットガラス、キーレスエントリー、パワーウィンドウなど基本的な装備はもちろん装備されています。2WDの他にも4WDの設定もありますので、雪の降る地域に住んでいる人でも安心して運転できます。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,530mm
室内長 2,000mm
室内幅 1,350mm
室内高 1,265mm(1,290mm)
総排気量 658cc
車両重量 750kg(800kg)
ホイールベース 2,490mm
最低地上高 160mm(155mm)
駆動方式 2WD・FF/4WD
過給機 なし
最小回転半径 4.2m
乗車定員 4名
ボディカラー 全5色
燃費 24.2km/L(21.6km/L)
価格 884,572円~(1,025,486円~)

※()内は4WDモデルの数値・金額

アルト/スズキ

アルトのエクステリア

スズキが販売する軽自動車のアルトは、1979年から販売しているロングセラーモデルで、ダイハツのミラと長年ライバル関係にある車です。2014年にはフルモデルチェンジを果たし8代目へと進化しています。燃費は、2WDのCVT車で37.0km/Lと、上位をキープしています。

マニュアル設定があるグレードは、ベースグレードの「F」グレードで、13インチのスチールホイールを装備し、ボディカラーは全7色設定です。

また、スポーティーに仕上げた「アルトワークス」の派生モデルもマニュアル設定があります。ターボRSというモデルもありますが、5AGSのオートマトランスミッションを装備しています。値段はターボRSが129万~143万、ワークスは150万~163万です。

アルトワークスのエクステリア

※アルトワークス

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,475mm
室内長 1,985mm
室内幅 1,255mm
室内高 1,215mm
総排気量 658cc
車両重量 610kg(660kg)
ホイールベース 2,460mm
最低地上高 155mm
駆動方式 2WD・FF/4WD
過給機 なし
最小回転半径 4.2m
乗車定員 4名
ボディカラー 全7色
燃費 27.2km/L(25.2km/L)
価格 847,800円~(953,640円~)

ワゴンR/スズキ

新型ワゴンRのエクステリア

スズキが販売するワゴンRは1993年に発売され、2017年にはフルモデルチェンジし6代目へと進化しています。新しいワゴンRが発売された当初はマニュアルトランスミッションが設定されていませんでしたが、2017年8月23日には、ベースグレードである「FA」にMTが設定されました。

ボディカラーは全10色で、「ピュアホワイトパール」は21,600円高になります。燃費は23.4km/L(4WD)、25.6km/L(2WD)ですので、2017年現在では自動車取得税20%、重量税25%のエコカー減税が適用されます。価格帯は、1,078,920円~1,199,880円で2WDはCVT車と変わりありませんが、4WD車は2,160円安くなっています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,650mm
室内長 2,450mm
室内幅 1,355mm
室内高 1,265mm
総排気量 658cc
車両重量 730kg(780kg)
ホイールベース 2,460mm
最低地上高 150mm
駆動方式 2WD・FF/4WD
過給機 なし
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全10色
燃費 25.6km/L(23.4km/L)
価格 1,078,920円~(1,199,880円~)

※()内は4WDモデルの数値

ハスラー/スズキ

ハスラーのエクステリア

スズキが2014年から販売しているハスラーは、乗用車よりも車高が高くフェンダーモールを装備したSUVルックで、販売当初から人気がある車種です。

同社のワゴンRをベースとして開発された車で、最低地上高は175mm~180mmとクロスオーバーSUVらしい車高で、15インチの大径ホイールを履いているのでとても迫力があります。Aグレードのボディカラーは全5色設定で、黒・白・シルバーの他に可愛らしいアイボリー、アウトドアに似合うカーキがラインナップしています。

クールカーキパールメタリックのハスラー

※クールカーキパールメタリック

シフォンアイボリーメタリックのハスラー

※シフォンアイボリーメタリック

マニュアル設定があるグレードは、ベースグレードの「A」と、上級グレードの「G」で、2WDと4WDモデルが設定されています。上級グレードのGではボディカラーバリエーションが増えて、ルーフとボディで色分けされたツートンカラーが全6色設定されています。

パッションオレンジ・ホワイトルーフのハスラー

※パッションオレンジ・ホワイトルーフ

サマーブルーメタリック・ホワイトルーフのハスラー

※サマーブルーメタリック・ホワイトルーフ

キャンディピンクメタリック・ホワイトルーフのハスラー

※キャンディピンクメタリック・ホワイトルーフ

ムーンライトバイオレットパールメタリック・ホワイトのハスラー

※ムーンライトバイオレットパールメタリック・ホワイト

アクティブイエロー・ブラックルーフのハスラー

※アクティブイエロー・ブラックルーフ

フェニックスレッドパール・ブラックルーフのハスラー

※フェニックスレッドパール・ブラックルーフ

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,665mm
室内長 2,035mm
室内幅 1,295mm
室内高 1,250mm
総排気量 658cc
車両重量 750kg(800kg)
ホイールベース 2,490mm
最低地上高 180mm(175mm)
駆動方式 2WD・FF/4WD
過給機 なし
最小回転半径 4.6m
乗車定員 4名
ボディカラー 全11色
燃費 26.4km/L(25.6km/L)
価格 1,078,920円~(1,199,880円~)

※()内は4WDモデルの数値・金額

ジムニー/スズキ

崖を下るジムニー

スズキが販売しているジムニーは、1970年に初代が販売されて以降、47年間で2回しかフルモデルチェンジを行っていないロングセラーモデルです。軽自動車のクロスカントリー車といえばジムニーと言われるくらい有名な車種で、海外でも人気があります。

頑丈なラダーフレームを採用し、雪山やわだちの多いガタガタ道でも余裕を持って走破できる性能は、雪の降る地域に住んでいる人に人気で、アウトドアを楽しむ人にとっても頼もしい相棒になります。MT設定があるグレードは、ベースグレードの「XG」の他にも上級グレードの「XC」にも設定されています。

2014年8月を最後に10型へとマイナーチェンジして以来、改良が行われていないジムニーですが、2018年にはフルモデルチェンジして4代目へと進化すると見られています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,680mm
室内長 1,660mm
室内幅 1,220mm
室内高 1,210mm
総排気量 658cc
車両重量 980kg
ホイールベース 2,250mm
最低地上高 200mm
駆動方式 4WD
過給機 ターボ
最小回転半径 4.8m
乗車定員 4名
ボディカラー 全3色
燃費 14.8km/L
価格 1,296,000円~

S660/ホンダ

S660のエクステリア

2015年3月から販売しているホンダの「S660」は、2シータータルガトップオープンタイプで、6速マニュアルが設定されているスポーティーな軽自動車です。上級グレードの「α」と、ベースグレードの「β」が設定されていて、αには、クルーズコントロールやスポーツペダル、本革巻きのステアリングなどを装備しています。

駆動方式はMRの2WDで、軽自動車では「ビート」「AZ-1」以降の発売になります。2017年6月には11月30日までの限定で、ブルーノレザーエディションと呼ばれる特別仕様車を販売していて、専用色の「ベルベットマルーン・メタリック」が採用されています。

ブルースレザーエディションのS660

※特別仕様車のブルースレザーエディション

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,180mm
室内長 895mm
室内幅 1,215mm
室内高 1,020mm
総排気量 658cc
車両重量 850kg
ホイールベース 2,285mm
最低地上高 125mm
駆動方式 2WD・MR
過給機 なし
最小回転半径 4.8m
乗車定員 2名
ボディカラー 全6色
燃費 21.2km/L
価格 1,980,000円~

SEVEN160/ケータハム

SEVEN160のエクステリア

ケータハムから販売されている「SEVEN160」は、スズキ製の660ccターボエンジンを搭載した車で、重量は490kg、0~100km加速が6.9秒、最高出力は80PS、最高速度は160km/hを誇ります。

設定されているトランスミッションは5速マニュアルで、フルオープンのボディタイプです。とてもクラシカルな車体デザインは、道行く人々が振り返ってくれるほど目立つデザインです。

全長 3,100mm
全幅 1,470mm
全高 1,090mm
室内長
室内幅
室内高
総排気量 658cc
車両重量 490kg
ホイールベース 2,225mm
最低地上高 100mm
駆動方式 2WD
過給機 ターボ
最小回転半径
乗車定員 2名
ボディカラー 全13色
燃費
価格 3,996,000円~

軽自動車のMTを燃費や値段で選ぶならアルト

いまの時代はほとんどがオートマで、マニュアル車といえば、スポーツカーしか設定がないイメージがありますが、新車で購入できる乗用の軽自動車では7車種がラインナップしています。

燃費や価格で選ぶなら「アルト」や「ミラ」、ドライブを楽しみたいのなら「S660」「コペン」「セブン160」、アウトドアを楽しみたいのなら「ジムニー」「ハスラー」と、趣味や使い方に合わせて軽自動車のマニュアル車を選ぶことができます。