軽自動車の寿命は自分で決める

軽自動車の寿命の平均は何年?走行距離との関係から解る事

軽自動車の寿命は平均すれば10年・走行距離1万kmと言われているのは、タイミングベルトなどのお金のかかるパーツの交換時期と重なるからです。メンテナンスをしっかりと行えば10年以上も同じ車に乗り続けられる事、その際の税額負担についても紹介します。

軽自動車の寿命の平均は何年?走行距離との関係から解る事

軽自動車の寿命は何年くらい?走行距離数との関係などについて

低燃費・車の購入費用が安い・維持費が安いというポジティブなイメージがある軽自動車には、普通車に比べて寿命が短いというネガティブなイメージが定着していた時期がありました。

ひと昔前までなら、軽自動車の寿命の目安としては走行距離数が10万kmで、10年持つか持たないかと言われていました。しかし技術力が進歩した今の時代では、メンテナンスチェックをしっかりと行うという条件設定を満たせば10万kmを超えて、20万kmに達してもなお同じ車で走行し続けることは可能です。

軽自動車に10年以上も乗り続けた場合に気になる税額負担のアップについても紹介していきます!

軽自動車はボディサイズや排気量に制限があるため寿命(耐用年数)にも影響が出ることも

放置され錆る自動車

現在の軽自動車の規格は「全長3,400mm以下・全幅1,480mm以下・全高2,000mm以下、排気量が660cc以下、貨物積載量が350kg以下」です。

軽自動車として認証されるためには、指定された規格を満たす必要があります。軽のボディサイズの制限は普通車と比較するときつく、ニーズとして強く求められている低燃費を実現するために車両重量のダウンも大切です。それら課されている条件の基で車を開発すれば、普通車よりもボディの剛性は増し難くなってしまいます。

また、エンジンの排気量が660cc以下と制限されている事も寿命に影響を与える要因です。その条件下でエンジンの高性能化を目指すと、エンジンの回転数が早まってしまいます。エンジンオイルの交換を定期的に行っていれば、エンジンの耐用年数をあげる事も可能ですが、もしも怠ってしまえばエンジンの回転数の早い軽では、普通車よりも早いタイミングでエンジンの故障を招いてしまいます。

軽自動車の寿命は10年?メンテナンス次第で伸びることもある

軽自動車を整備する男性

軽自動車の寿命は平均すると10年くらいと言われていたのには理由があります。10万km走行すると、エンジンを作動するのには不可欠なタイミングベルトやイグニッションコイルなどのパーツが交換のタイミングを迎えるからです。

走行距離10万km前後でそれらの部品を交換する際には、付随して燃料フィルターなど他のパーツも交換する必要があります。その際にかかる交換費用の合計は数十万円にもなってしまいます。

そういったお金のかかる部品の以外の交換のタイミングは、

  • エンジンの状態を維持するために必要となるエンジンオイルは半年に1回
  • エンジン内で着火装置の役目を果たしているプラグは2年に1度
  • 車の安定走行にも関わるタイヤは3年に1度

メンテナンスをしっかりと行うことで、走行距離10万kmを過ぎても10年以上が経過しても同じ軽自動車に乗り続ける事ができます。

車の購入を意識してしまうお金のかかる部品の故障

新品の車のタイミングベルト

車の寿命と言えば抽象的で漠然としていますが、タイミングベルトなどの車を動かすために必要なパーツが故障してしまった時期が一つのターニングポイントとなります。

それら部品の交換には数十万円にも交換費用が及んでしまいます。お金のかかる部品を交換して車に乗り続ける方もいれば、「そんなにお金がかかるなら…」と思って違う車に乗り換える方もおります。

ガレージに駐車することで車の寿命は延びる

車をとめる自宅のガレージ

車を運転していない時に駐車する際には、屋根が付いたガレージに保管することで車の寿命は延びます。夏場の日差しの強さや、底冷えする冬、秋などにやってくる防風雨、地域によっては降りしきる雪によるダメージが車の寿命を間接的に縮めてしまう要因です。

そういった天候による影響を遮断できるガレージ内に車を駐車することで、車の寿命を延ばす事ができます。

車に乗り続ける事で負担金額が増してしまう税金もある

計算機と小銭

メンテナスをしっかりと行えば10年以上も軽自動車に乗り続ける事は可能です。ただ、10年以上も車に乗り続けることで負担金額が増してしまう税金もあります。

車の排気量に応じて加算される自動車税は新車登録から13年が経過すると、税額負担金が12,900円となります。金額のアップ率は、平成27年の4月1日以降が初度登録年月である車か、それ以前の車かどうかで変わってきます。

初度登録年月(※) 13年未満の軽自動車の自動車税 13年以上経過した車の自動車税
平成27年3月31日以前 7,200円 12,900円
平成27年4月1日以降 10,800円 12,900円

(※)初度登録年月とは、運輸支局に初めて車を登録申請して受理された年月のことで、車検証に記載されています。

また、車検時に支払い義務が生じる自動車重量税は、新車登録から13年の経過のタイミングで、18年が経過したタイミングで各々1割ほど負担金額が増してしまいます。

軽自動車の寿命は車を買い替えるタイミング!その時期は自分で決めよう

軽自動車は購入費用が安く新車であっても100万円以下で購入できる車もあり、寿命を迎えて廃車となるタイミングを待たずして買い替える人もおります。

中古車市場では、同じ車であっても走行距離が10万kmの車よりも3万kmの方が高値で売れます。そのため、10年近くも同じ車に乗り続けて査定金額が0円となる前に売ってしまうドライバーさんも多くいます。

車の寿命というと何となく後ろめたさがありますが、新しい車に乗り換えるタイミングだと思って、自分自身でその時期を決める事でカーライフをより充実させることが出来ます。もちろん、お気に入りの車へのメンテナンスをしっかりと行って寿命を伸ばして、出来るだけ長く乗り続けるという事もありです!