ボディタイプ別の軽自動車燃費ランキング

軽自動車の燃費ランキング!ボディタイプ別TOP5

軽自動車の燃費をボディタイプ別でまとめ、価格帯や車の特徴も紹介します。買い物や通勤に使いやすいハッチバック、両側スライドドアでファミリーカーとしても使えるハイトワゴン、アウトドアに使いやすいSUVなど、ボディタイプごとに軽自動車の燃費をまとめた。

軽自動車の燃費ランキング!ボディタイプ別TOP5

軽自動車ボディタイプ別の燃費ランキング

「軽自動車」とひと口に言っても、ヒンジドアの5ドアハッチバックから、両側スライドドアを搭載したファミリーカー、ターボエンジンを搭載しキビキビとした走りをするスポーツタイプ、晴天の海岸通りを走ってみたいオープンタイプ、車高が高くアウトドアに便利なSUVタイプ、雪道に強いが燃費は2WDに比べて悪い4WDモデルなど、様々あります。

そこで、ヒンジドアハッチバック、スライドドアを搭載車種、スポーツタイプ・オープンタイプ、SUVタイプ、4WDモデルの5タイプから燃費がいい順にTOP5の車種を紹介します。

それぞれの用途や趣味に合わせて、燃費のいい軽自動車を探してみてください。

5ドアハッチバック車種

5ドアハッチバックとは、1台の車に5枚のドアが装備されていてバックドアが跳ね上げ式の車種のことを差します。ほとんどの車種は、後部座席のドアが運転席などと同じ横開きのドア(ヒンジドア)を採用していて、荷室と後部座席に隔たりがありません。

普通車でいうところのコンパクトカーの分類に入る5ドアハッチバック軽自動車の中から、燃費のいい車種を紹介します。

1位 アルト・キャロル 37.0km/L

アルト キャロルのエクステリア

※アルト・スズキ

マツダのキャロルのエクステリア

※キャロル・マツダ

スズキが販売するアルトは、2014年にフルモデルチェンジされ8代目になりました。2WD・CVTのLグレードからXグレードまでがカタログ燃費で37.0km/Lあります。

車両価格も89万円~113万円と比較的安めの価格設定で、レーダーブレーキサポートを搭載している車種は1万~2万円ほど高くなります。ボディカラーは「L」、「S」グレードが全7色、最上級グレードの「X」には、バックドアがミディアムグレーのツートンカラーが4色追加され、全11色展開です。

また、スズキのアルトは、マツダでキャロルとしてOEM販売もされていて、燃費は同じく37.0km/Lあります。

L 894,240円~
S 1,002,240円~
X 1,134,000円~

2位 アルトラパン 35.6km/L

アルトラパンのエクステリア

アルトラパンは、女性をターゲットにしたアルトの派生車種で2002年から販売を開始し、2015年には3代目にフルモデルチェンジしています。2WD・CVTの「L」グレードから「X」グレードが、カタログ燃費で35.6km/Lを記録しています。

車両価格は120万~138万の価格設定で、「L」グレードは全8色のボディカラー、「S」グレードからはホワイトルーフのツートンカラーが4色追加され全12色設定になっています。さらに、最上級グレードの「X」では、インテリアカラーに「ベージュ」「キャメル」「ブラウン」の3パターンが追加されます。

L 1,202,040円~
S 1,285,200円~
X 1,389,960円~

3位 ミライース・プレオプラス 35.2km/L

ミライースのエクステリア

※ミライース・ダイハツ

プレオプラスのエクステリア

※プレオプラス・スバル

2017年5月にフルモデルチェンジし2代目となったミライースは、安全装備のスマアシ3を搭載した燃費も良く安心して走れる車です。純正バンパーでフルエアロのようなフォルム、鋭いヘッドライトなど、標準グレードでもカッコいいシルエットになっています。

燃費が35.2km/Lを記録しているグレードは、「B」「L」とそれぞれのスマアシ3を搭載している4グレードで、価格は84万~93万と100万円を切る価格帯です。ボディカラーはベースグレードの「B」が全3色、標準グレードの「L」が全7色です。上級グレードではイエローを追加した全8色設定になります。

また、ミライースはスバルへプレオプラスとしてOEM販売されていて、「F」「Fスマートアシスト」グレードが35.2km/Lの燃費を記録しています。

B 842,400円~
B SA3 907,200円~
L 874,800円~
L SA3 939,600円~
X SA3 1,080,000円~
G SA3 1,209,600円~

4位 ワゴンRハイブリッド 33.4km/L

ワゴンRハイブリッドのエクステリア

2017年2月にフルモデルチェンジしたワゴンRは、ハイブリッドエンジンを搭載したグレード「HYBRID FX」と「HYBRID FZ」の2グレードが、33.4km/Lを達成しています。安全装備のレーダーブレーキサポートは、2グレードともにメーカーオプションですが、車だけではなく歩行者も検知し自動ブレーキサポートなどの支援をしてくれます。

価格帯は「HYBRID FX」が117万からでボディカラーは全10色のベージュ内装とブラック内装が選べ、「HYBRID FZ」の価格は135万からで、ボディカラーが全8色、内装はブラックのみのラインナップです。

HYBRID FX 1,177,200円~
HYBRID FX セーフティパッケージ搭載車 1,273,320円~
HYBRID FZ 1,350,000円~
HYBRID FZ セーフティパッケージ搭載車 1,409,400円~

5位 ムーヴ・ステラ 31.0km/L

ムーヴのエクステリア

※ムーヴ・ダイハツ

ステラのエクステリア

※ステラ・スバル

2014年6月にフルモデルチェンジしたムーヴは、「X」「L」グレードで31.0km/Lの燃費を記録しています。また、2017年8月1日には、マイナーチェンジが行われミライースと同様にスマアシ3が搭載され、衝突回避支援ブレーキが歩行者にも対応しました。

価格帯は、ベースグレードの「L」が111万から、プッシュスタートやアルミホイールを装備した標準グレード「X」では、120万からの価格帯です。ボディカラーは、「L」「X」ともにモノトーンカラーで全10色展開されています。他にも、スバルへOEM販売されていてステラとして販売されていて、こちらも8月1日にマイナーチェンジを行い新型へと進化しています。

L 1,112,400円~
L SA3 1,177,200円~
X 1,209,600円~
X SA2 1,274,400円~

両側スライドドア搭載車種

両側スライドドアを搭載している車種は、後部座席へのアクセスがカンタンなだけではなく、駐車中に隣の車両との間隔が狭い時でもぶつけないか気にすることなく乗り降りすることができます。

軽自動車のミニバン・ファミリーカーともいえる両側スライドドアを搭載している車種の燃費ランキングを紹介します。

1位 スペーシア 32.0km/L

スペーシアのエクステリア

スズキが2013年から販売しているスペーシアは、ハイブリッドシステムの「S-ene CHARGE」を搭載し、標準グレードの「G」、上級グレードの「X」の2WDモデルにおいて、燃費32.0km/Lを記録しています。上級グレードの「X」では、歩行者にも反応する「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載しています。

価格帯は、「G」グレードが127万から、「X」グレードが145万からになっていて、ボディカラーは「G」グレードが全7色、「X」グレードはホワイトルーフのツートンカラーを3色加えた全10色展開です。

G 1,274,400円~
X 1,458,000円~

2位 ムーヴキャンバス 28.6km/L

ムーヴキャンバスのエクステリア

ムーヴシリーズ初のスライドドアを採用した車種で、2016年9月から販売している車種です。ハイトールワゴンに比べてルーフは低く設計されていて、いたるところに収納スペースがあり女性に使いやすい1台になっています。

全グレードの2WDモデルで28.6km/Lの燃費を記録していて、ムーヴに搭載されている安全装備と同じスマアシ2が搭載されているグレードもあります。標準グレードのベースである「L」グレードは118万から、メイクアップモデルの上級グレード「G」は154万円からの価格帯です。

ボディカラーは豊富に用意されていて、標準グレードではモノトーンカラーが全9色、メイクアップではモノトーンカラーの他にツートンカラーが8色、内装カラーは3パターン用意されています。

L 1,188,000円~
L SA2 1,252,800円~
X 1,296,000円~
X SA2 1,360,800円~
Xリミテッド SA2 1,425,600円~
G SA 1,490,400円~
Xメイクアップ SA2 1,414,800円~
Xリミテッドメイクアップ SA2 1,479,600円~
Gメイクアップ SA2 1,544,400円~

3位 タント 28.0km/L

タントのエクステリア

2013年にフルモデルチェンジしたタントは、先代のミラクルオープンドアを受け継ぎ助手席側の柱がないピラーレス構造で、乗り降りしやすく長い荷物も積みやすい車です。

ターボエンジン以外の2WD「X」「G」「L」「Xホワイトアクセント」の4グレードで燃費28.0km/Lを記録していて、ボディカラーは「X」「G」「L」がモノトーン全10色、「Xホワイトアクセント」は、ホワイトルーフのツートンカラーで全2色展開されています。

安全装備も人を検知するスマアシ3が搭載されているので、安心して運転できます。

L 1,220,400円~
L SA3 1,285,200円~
X 1,355,400円~
X SA3 1,420,200円~
Xホワイトアクセント SA3 1,485,000円~
G SA3 1,533,600円~

4位 初代N-BOX 25.6km/L

初代N-BOXのエクステリア

2011年に販売し、軽自動車の中でも年間販売台数トップを獲得したことがあるN-BOXは、スライドドアを採用した全高1,800mmのスーパーハイトワゴンです。8月31日にはフルモデルチェンジを控えていて更なる燃費の向上が見込めます。

燃費は、自然吸気のNAエンジンを搭載したグレードの2WDが25.6km/Lを記録しています。値段もベースグレードの「C」が119万円から、カスタムグレードの特別仕様車SSパッケージでは164万からの価格帯になっています。

C 1,198,000円~
G 1,270,000円~
G Lパッケージ 1,370,000円~
G SSパッケージ 1,460,000円~

5位 ウェイク 25.4km/L

ウェイクのエクステリア

ウェイクは2014年11月に販売されたスーパーハイトワゴンで、全高はホンダのN-BOXよりも高い1,835mmで、室内高も1,455mmあるのでとても広い快適空間になっています。

燃費は、ターボが搭載されていないNAエンジン「L」「D」グレードの2WDで、25.4km/Lを記録しています。車両にのみ衝突回避支援ブレーキが有効なスマアシ2が搭載されていて、うっかりミスによる事故を防ぐ確率を高めてくれます。

D 1,350,000円~
D SA2 1,414,800円~
L SA2 1,555,200円~
L レジャーエディション SA2 1,598,400円~

スポーツ・オープンタイプの車種

屋根が収納可能で開放的なドライブが出来るオープンタイプ、ターボエンジンや専用のサスペンションなどを装備してキビキビとした走りが出来るスポーツタイプの車は燃費が悪いように思えますが、軽自動車なら燃費も良く普通車に比べて維持費も安いものです。

趣味の車やセカンドカーにもピッタリのスポーツタイプ・オープンタイプの軽自動車から燃費がいい順にまとめました。

1位 アルトターボRS 25.6km/L

アルトターボRSのエクステリア

アルトターボRSは、2014年12月にフルモデルチェンジしたアルトの派生車で、2015年3月に発売されました。トランスミッションは5AGSのみ、ターボエンジンが搭載されています。

レーダーブレーキサポートを搭載していて、約5km/hから30km/hの間で作動します。燃費は2WDの5AGSで25.6km/Lあり、パドルシフトやインパネシフトのマニュアルモードでシフトチェンジのタイミングを変えられます。価格はノーマルグレードと、バックアイカメラ装着車によって違い、129万からの価格帯です。

ボディカラーは、「ピュアホワイトパール」「ピュアレッド」「ブルーイッシュブラックパール」の全3色設定です。

2WD・5AGS 1,293,840円~
2WD・5AGS バックアイカメラ装着車 1,304,640円~
4WD・5AGS 1,405,080円~
4WD・5AGS バックアイカメラ装着車 1,415,880円~

2位 コペン 25.2km/L

コペンのエクステリア

コペンは、2014年6月から販売している2シーターオープンの車で、ローブ・エクスプレイ・セロの3グレード展開をしていて、それぞれスポーティモデルのSグレードもあります。

駆動方式は2WDのみ、トランスミッションはCVTとマニュアルが用意されていて、燃費はCVTで25.2km/Lを記録しています。ボディカラーは、ローブ・エクスプレイが全8色、セロが全9色設定で、エクスプレイには「オフビートカーキメタリック」、セロには「ブリティッシュグリーンマイカ」が、それぞれ専用色になっています。

Robe 1,852,200円~
X PLAY 1,852,200円~
Cero 1,906,200円~

3位 S660 24.2km/L

S660のエクステリア

S660は、2シーターオープンタイプの車で、2015年3月から販売している車両です。ターボエンジンを搭載し、CVTと6速マニュアルのトランスミッションを備えています。ベースモデルの「β」、上級グレードの「α」、2017年11月30日までの注文受付で、特別仕様車の「α ブルーノレザーエディション」が販売されています。

燃費は、CVT車で24.2km/Lを達成していて、6MT車では21.2km/Lあります。ボディカラーは、βが全3色、αが全6色、ブルーノレザーエディションが専用色を含む全3色です。

β 1,980,000円~
α 2,180,000円~

4位 アルトワークス 23.6km/L

アルトワークスのエクステリア

アルトワークスは、アルトターボRSが販売されてから9ヶ月後の2015年12月から販売を開始したモデルで、トルク向上や5速マニュアルの追加などが行われています。

燃費は2WDの5AGSで23.6km/L、5速マニュアルで23.0km/Lを記録していて、5AGSグレードではレーダーブレーキサポートやアイドリングストップを備えています。ボディカラーはアルトターボRSの3色に、「スチールシルバーメタリック」を追加した全4色設定です。

2WD・5MT/5AGS 1,509,840円~
4WD・5MT/5AGS 1,617,840円~

SUVタイプの車種

SUVタイプの軽自動車は、車高が高くアイポイントも高いので運転しやすく、わだちが多い雪道でも楽々乗り越えることができます。また、アウトドアに特化した装備を搭載していることが多く、色々な趣味に応えてくれる良き相棒になる1台です。

1位 ハスラー・フレアクロスオーバー 32.0km/L

ハスラーのエクステリア

※ハスラー・スズキ

フレアクロスオーバーのエクステリア

※フレアクロスオーバー・マツダ

2014年1月から販売しているクロスオーバーSUVのハスラーは、CVTと5速マニュアルのトランスミッションが設定され、デュアルカメラブレーキサポートなどの安全装備もある安心して運転できる車です。また、5速マニュアルモデルにもアイドリングストップ機能が備わっていて、ブレーキペダルを踏みながらニュートラルにギアを入れ、クラッチペダルを離すことで作動します。

最低地上高は175~180mmあり、燃費はターボエンジンとAグレードを除くNAエンジンの2WD・CVTモデルで32.0km/Lを記録しています。ボディカラーは、モノトーンカラーが5色、ホワイトルーフツートンカラーが4色、ブラックルーフツートンカラーが2色の全11色展開です。

マツダのフレアクロスオーバーは、スズキのOEM供給を受けて販売されています。ハスラーとは違いベースグレード・上級グレード・ターボモデルの3種類展開で、トランスミッションはCVTしかありません。

A 1,078,920円~
G 1,162,080円~
G ターボ 1,359,720円~
X 1,461,240円~
Xターボ 1,547,640円~

2位 キャストアクティバ・ピクシスジョイC 30.0km/L

キャストアクティバのエクステリア

※キャストアクティバ・ダイハツ

ピクシスジョイCのエクステリア

※ピクシスジョイC・トヨタ

ダイハツが販売するキャストアクティバは、2015年9月から販売されている新型の軽自動車で、同時期に都会的なスタイル、専用サスペンションなどを施したスポーツが、1ヶ月後の10月から販売されています。また、OEM供給されトヨタから販売されているピクシスジョイCは、1年後の2016年8月末から販売されています。

最低地上高は180mmを確保してあり、クロスオーバーモデルとして十分な高さで、燃費はターボモデルではないNAエンジンの「G」「X」グレードで30.0km/Lを記録しています。価格も122万から141万の価格帯です。

X 1,220,400円~
X SA2 1,285,200円~
G SA2 1,414,800円~

3位 ジムニー 14.8km/L

ジムニーのエクステリア

1998年にフルモデルチェンジして改良を重ね販売を続けている軽自動車で唯一の本格クロスカントリーのジムニーは、トランスミッションに5速マニュアル、4速オートマの2種類が用意されていて、駆動方式は4WDのみです。燃費は5速マニュアルモデルが14.8km/Lを記録しています。

最近の車種と比べると2倍近く燃費の差がありますが、2018年にはフルモデルチェンジすると見られていて燃費が20.0km/Lを超えてくることに期待できます。

XG・5MT 1,296,000円~
XG・4AT 1,407,240円~
XC・5MT 1,514,460円~
XC・4AT 1,625,400円~

4WDモデルの車種

2WDモデルに比べて車両価格が高くなり、燃費も悪くなる4WDモデルの軽自動車ですが、凍った坂道からの発進、スタックした時の脱出性能は2WDモデルに比べて安心感があるモデルです。雪が降る地域の人々にとって安心して運転できる4WD軽自動車の燃費ランキングを紹介します。

1位 アルト・アルトラパン 33.2km/L

アルトのエクステリア

※アルト

ラパンのエクステリア

※ラパン

ハッチバック車種で1位・2位に輝いたアルト・アルトラパンですが、4WDモデルの燃費でも1位に輝いています。33.2km/Lを記録しているグレードは、どちらの車種も「X」「S」「L」グレードの3種類で、アルトは100万円からと価格も低燃費です。

アルト価格表
L・4WD 1,000,080円~
L・4WD レーダーブレーキサポート搭載車 1,021,680円~
S・4WD 1,102,680円~
S・4WD レーダーブレーキサポート搭載車 1,124,280円~
X・4WD 1,229,040円~
X・4WD ミディアムグレーバックドア仕様車 1,245,240円~
ラパン価格表
L・4WD 1,312,200円~
S・4WD 1,387,800円~
X・4WD 1,492,560円~

2位 ミライース・プレオプラス 32.2km/L

ミライースのエクステリア

ハッチバックモデルで燃費3位になったミライースも、4WDモデルで2位に輝いています。最新のスマアシ3も搭載され、32.2km/Lを記録しているグレードはベースグレードの「B」から上級グレードの「G」まで、全グレード達成しています。

B・4WD 972,000円~
B・4WD SA3 1,036,800円~
L・4WD 1,004,400円~
L・4WD SA3 1,069,200円~
X・4WD SA3 1,209,600円~
G・4WD SA3 1,339,200円~

3位 ワゴンRハイブリッド 30.4km/L

ワゴンRハイブリッドのエクステリア

ハッチバックモデルでは4位になったワゴンRハイブリッドは、4WDモデルでは3位になっています。「HYBRID FZ」「HYBRID FX」の2グレードが30.4km/Lを達成していて、価格は129万円からになっています。セーフティパッケージを搭載したグレードもあるので安心して運転ができます。

HYBRID FX・4WD 1,298,160円~
HYBRID FX・4WD セーフティパッケージ装着車 1,394,280円~
HYBRID FZ・4WD 1,470,960円~
HYBRID FZ・4WD セーフティパッケージ装着車 1,530,360円~

4位 ハスラー 30.4km/L

ハスラーのエクステリア

SUVタイプで1位をとったハスラーが、4WDモデルでは4位になりました。燃費はワゴンRハイブリッドと同様の30.4km/Lで、「X」と「G」のCVTグレードが達成しています。最低地上高が高く、フルタイム4WDのハスラーは燃費もいいので、雪国でも安心して乗れる1台です。

G・4WD 1,399,680円~
X・4WD 1,587,600円~

5位 ムーヴ 27.6km/L

ムーヴのエクステリア

8月1日にマイナーチェンジしたムーヴも4WDモデルで5位にランクインしています。ベースグレードの「L」、標準グレードの「X」が27.6km/Lを達成していて、進化した安全装備のスマアシ3も搭載しているグレードがあるので安心して運転することができます。

L・4WD 1,236,600円~
L・4WD SA3 1,301,400円~
X・4WD 1,333,800円~
X・4WD SA3 1,398,600円~

燃費がいい軽自動車は色々なタイプがある

通勤や買い物に使いやすいハッチバックタイプ、アウトドアや趣味に使いやすいSUV、子育てや送迎に使いやすいファミリーカータイプのスライドドア搭載車種、雪国で活躍する4WDモデルなど、軽自動車には様々なタイプがありますが、どれも燃費は20.0km/Lを超えているものばかりです。

モデルが古いジムニーは14.8km/Lですが、2018年にはフルモデルチェンジして燃費が大幅に向上すると見られています。自分の趣味や使い方に応じて燃費のいい軽自動車を選んでください。