スライドドアの軽自動車まとめ

スライドドアの軽自動車まとめ!価格・燃費・使い勝手を比較

スライドドアを装備した軽自動車は、一昔前なら運送に使う貨物車しか装備していないイメージがありますが、最近では両側電動スライドドアを採用するなど便利になっています。開口部が広くて乗り降りしやすく、左右の車に気を遣うことも少なくなる素晴らしい車です。

スライドドアの軽自動車まとめ!価格・燃費・使い勝手を比較

子育てに使いやすいスライドドアを装備した軽自動車まとめ

スライドドアといえば、一昔前は大きなファミリーカーのみの装備でしたが、現在では軽自動車版のファミリーカーともいえるハイトールワゴンに装備されていることも多くなりました。普通車のミニバンよりもボディサイズが小さいため取り回しがしやすく、税金などの維持費が安く燃費も良いので、子育て世代のパパママに人気の車種になっています。

そこで、メーカー各社から販売されているスライドドア搭載の軽自動車をまとめました。燃費や価格、4WDの有無など、気になるところを交えて紹介します。

タント/ダイハツ・シフォン/スバル

軽自動車でレジャーを楽しむ家族

ダイハツが販売しているトールワゴンのタントは、2003年に初代が発売して2013年には3代目へとフルモデルチェンジしています。助手席側のBピラー(柱)がないので、子供が傘を差しながら乗り降りしたり、長尺物を楽々積み込むことができます。

2WD 4WD
ターボなし 28.0km/L 25.8~27.0km/L
ターボあり 26.0km/L 24.6km/L

燃費は、2WDで28.0km/L、4WDでも25.8~27.0km/Lあり、ターボ付きのグレードでも24.6~26.0km/Lあるので、ガソリン代がさほどかからない点も嬉しいポイントです。ボディカラーはモノトーンが全10色、ルーフが白のツートンカラーは全2色あり、水色やピンクなど女性に似合う色もラインナップされています。

軽自動車の電動スライドドア

※電動スライドドア

運転席のパワースライドドアスイッチ

※運転席パワースライドドアスイッチ

グレードによって装備されているパワースライドドアには、ワンタッチでオープンする機能や車内のスイッチやリモコンでも開閉できるようになっています。

軽自動車の安全システム

また、車両だけではなく歩行者にも対応した衝突警報機能がついているので、万が一の時にも衝突を軽減できるので安心して乗ることができます。また、踏み間違いで店舗などに突進することのないよう前方や後方の誤発進抑制制御機能も備わっています。

ノーマルなタントの他にも、パパに似合うスポーティなカスタムグレードも存在します。また、スバルにOEM供給も行っており、シフォンという車名で販売されています。

タントのエクステリア

※タント

シフォンのエクステリア

※シフォン

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,750mm
室内長 2,200mm
室内幅 1,350mm
室内高 1,365mm
総排気量 658cc
車両重量 940kg
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 145mm
駆動方式 2WD・FF/4WD
過給機 ターボ(グレードによる)
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全10色
燃費 28.0km/L
価格 1,220,400円~

ムーヴキャンバス/ダイハツ

ムーヴキャンバスを写真に収める女性

2016年から販売している「ムーヴキャンバス」は、ムーヴの派生車種として登場しました。両側スライドドアを採用し、リアシート下には引き出し式の収納がありバッグの他にも倒れやすい観葉植物などを安定しながら運ぶことができます。

ムーヴキャンバス燃費

2WD:28.6km/L
4WD:27.4km/L

ムーヴキャンバスの燃費は、タントより0.6km省燃費な28.6km/Lで、4WDでも27.4km/Lあります。両側スライドドアを採用していて、全高はタントより85mm低い1,665mmですのでひと回り小さいイメージです。標準グレードの他に、メッキパーツやLEDヘッドライト、テールランプを装備したメイクアップグレードがあります。

シルキーブルーパールのムーヴキャンバス

※標準グレード

ファインミントメタリックのムーヴキャンバス

※メイクアップグレード

タントでは、支援ブレーキが歩行者も対象になっているスマアシ3が搭載されていますが、ムーヴキャンバスでは車両のみになっているスマアシ2が搭載されている点に注意が必要です。今後のマイナーチェンジでスマアシ3へとグレードアップすると予想します。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,655mm
室内長 2,115mm
室内幅 1,345mm
室内高 1,285mm
総排気量 658cc
車両重量 920kg
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 150mm
駆動方式 2WD・FF/4WD
過給機 なし
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全9色
燃費 28.6km/L
価格 1,188,000円~

ウェイク/ダイハツ・ピクシスメガ/トヨタ

店内に展示されているウェイク

ウェイクは、2013年の東京モーターショーで出品された「DECA DECA」を市販化したモデルで、2014年11月に販売を開始しました。全高はダイハツの軽自動車の中でも1番高い1,835mmで、室内高も1,455mmあります。

グレードは、標準グレードの「D」、両側パワースライドドアを標準装備した「L」、ターボエンジンとLEDヘッドライトを標準装備した「G」の3種類展開しています。また、トヨタへ「ピクシスメガ」としてOEM供給を行っている車種でもあります。

2WD 4WD
ターボなし 25.4km/L 24.6km/L
ターボあり 23.8km/L 23.2km/L

燃費は、L・Dの2WDグレードが25.4km/L、4WDグレードが24.6km/L、ターボエンジンを搭載したGグレードの2WDが23.8km/L、4WDが23.2km/Lです。ボディカラーは、モノトーンで全9色、ルーフ色がホワイトのツートンカラーは全5色あります。

安全装備は車両に対してブレーキ支援、歩行者と車両に対して警報をしてくれるスマアシ2が装備されていて、ムーヴキャンバスと同様の装備ですが、タントは歩行者も支援ブレーキが利くスマアシ3ですので、ウェイクも今後マイナーチェンジによって追加されると予想します。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,835mm
室内長 2,215mm
室内幅 1,345mm
室内高 1,455mm
総排気量 658cc
車両重量 990kg
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 140mm
駆動方式 2WD・FF/4WD
過給機 ターボ(グレードによる)
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全14色
燃費 25.4km/L
価格 1,350,000円~

スペーシア・スペーシアカスタム/スズキ

スペーシアのエクステリア

※スペーシア

スペーシアカスタムのエクステリア

※スペーシアカスタム

スズキが販売するスペーシアは、パレットの後継モデルとして2013年から販売されています。両側スライドドアなどの特徴を引き継ぎ、燃費の向上や軽量化などが行われています。歩行者と自動車に対して衝突しそうな場合ブレーキをかけるデュアルカメラブレーキサポートを搭載しているので、万が一の時にも安心して運転できます。

2WD 4WD
スペーシア 32.0km/L 29.0km/L
カスタムターボ 26.8km/L 25.6km/L

燃費は、標準のスペーシアが、2WDで32.0km/L、4WDでも29.0km/Lと、省燃費なので財布にも優しい車になっています。カスタムグレードには、ターボエンジンのモデルもあり、2WDで26.0km/L、4WDで25.6km/Lあります。ボディカラーは、モノトーンが全7色、ホワイトルーフのツートンが全3色の10色展開です。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,735mm
室内長 2,215mm
室内幅 1,320mm
室内高 1,375mm
総排気量 658cc
車両重量 850kg
ホイールベース 2,425mm
最低地上高 155mm
駆動方式 2WD・FF/4WD
過給機 ターボ(グレードによる)
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全10色
燃費 32.0km/L
価格 1,2740,400円~

デイズルークス・日産/ekスペース・三菱

デイズルークスハイウェイスターのエクステリア

※デイズルークスハイウェイスター

ekスペースカスタムのエクステリア

※ekスペースカスタム

三菱が製造し、日産が販売するデイズルークスは、2014年2月より販売しているスライドドアを搭載したスーパーハイトワゴンです。三菱との合弁会社NMKVが開発し、三菱ではekスペースの名前で販売されていて姉妹車の関係にあたります。

2WD 4WD
ターボなし(ルークス) 22.0km/L 21.8km/L
ターボあり(ルークス) 22.2km/L 20.4km/L
ターボなし(ekスペース) 22.0km/L 21.8km/L
ターボあり(ekスペース) 22.2km/L 20.4km/L

デイズルークス・ekスペースとも2WDの燃費は、ターボ付きのエンジンが22.2km/L、ターボなしのエンジンが22.0km/Lと、ほぼ燃費は変わりませんが、4WDモデルを選ぶと、ターボなしで21.8km/L、ターボありで20.4km/Lになり若干の差が生まれています。

デイズルークスのオートマチックハイビーム

デイズルークスでは、ハイビームアシストや上空から見ているような視点でモニターしてくれるアラウンドビューモニターなど、先進の安全装備を備えています。

また、ekスペースでは低車速域衝突被害軽減ブレーキシステムが備えられていて、30km/h以下の場合は衝突を軽減し、15km/h以下の場合は衝突を回避できることがあります。

デイズルークスのボディカラーは、モノトーンが14色、ルーフとボディの色が違うツートンカラーは4色、特別仕様車のボレロとライダーには専用のツートンカラーが2色の全20色が設定されています。また、ekスペースでは、モノトーンが8色、ルーフがホワイト塗装のツートンカラーは、3色の全11色用意されています。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,775mm
室内長 2,235mm
室内幅 1,320mm
室内高 1,400mm
総排気量 658cc
車両重量 920kg
ホイールベース 2,430mm
最低地上高 150mm
駆動方式 2WD・FF/4WD
過給機 ターボ(グレードによる)
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全20色(全11色)
燃費 22.0km/L
価格 1,306,800円~(1,280,880円~)

※()内は、ekスペースの金額・数値

N-BOX/ホンダ

新型N-BOXとN-BOXカスタム

※2017年8月31日発売予定の新型N-BOXとN-BOXカスタム

2011年の発売から爆発的なヒットを記録したホンダのスライドドアを採用した軽自動車が「N-BOX(エヌボックス)」です。2017年8月31日には、新型へとモデルチェンジが予定されています。

2WD 4WD
ターボなし 25.6km/L 23.6km/L
ターボあり 23.8km/L 21.4km/L

気になる燃費は、ターボのないNAエンジンの2WDで25.6km/L、4WDモデルでも23.6km/Lあり、パワフルな走りのターボモデルは、2WDで23.8km/L、4WDモデルで21.4km/Lあります。ボディカラーは、モノトーンが11色、ツートンカラーが9色の全20色設定されています。

自動的にブレーキがかかったN-BOX

30km/h以下の速度帯で、前の車に追突しそうな時は、自動的にブレーキをかけてくれる「シティブレーキアクティブシステム」を装備しているので、安心感があります。また、後続車へはブレーキランプだけではなく、ハザードランプを高速で点滅させる「エマージェンシーストップシグナル」も搭載しています。

2017年8月末には新型へとモデルチェンジしますが、ユーザーに1番選ばれているスライドドアを採用した軽自動車のN-BOXですので、中古車市場の在庫も賑わいます。安全装備などが満載された最終型も豊富にあることが予想されますので、狙い目の1台といえます。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,780mm
室内長 2,180mm
室内幅 1,350mm
室内高 1,400mm
総排気量 658cc
車両重量 950kg
ホイールベース 2,520mm
最低地上高 150mm
駆動方式 2WD・FF/4WD
過給機 ターボ(グレードによる)
最小回転半径 4.4m
乗車定員 4名
ボディカラー 全20色
燃費 25.6km/L
価格 1,198,000円~

スライドドアを採用した軽自動車はファミリーカーにピッタリ

軽自動車のミニバンでもあるスライドドアを採用したスーパーハイトワゴンの車種は小回りが利き、燃費も良く、ママと子供1人なら楽々おでかけすることができます。子供がいない夫婦やカップルにとっても、とても広い室内空間は快適に過ごせて、将来にも備えられる1台です。